涅槃オーディオ

◆◇◆たまに復活します◆◇◆

オフ会2日目

オフ会2日目は、PHILE-WEBのomuraisuさんとFCAさんをお招きしました。
暑い中、遠方からお越し頂きまして、ありがとうございました。
その上、お二人にはオフ会記まで書いて頂きましてありがとうございますm(_ _)m

omuraisuさんのオフ会記
FCAさんのオフ会記

過分にお褒め頂き恐縮です(^_^;)
前日にTHIELのトゥイーターが故障するという事件があり、THIELは小音量での試聴になってしまい残念でした。
エアコンを消せば、心地よい緊張感や音の消え入る様も聴いて頂けたと思いますが、快適なリスニングを優先しました。

最近、クラシック聴きのお客さんが多かったのですが、omuraisuさんはフュージョンやJAZZをよく聴かれるということで、Wilsonは少しトランジェントを意識した音作りに変更してみました。
オフ会に備えて、最近聴いていなかったCDをいろいろ掘り出したりして、とても楽しかったです。

2次会の飲み会もとても楽しくて、ついつい飲み過ぎてしまいました。
気がつけば、リビングで寝てしまっていましたが、二日酔いは大丈夫でした。

ささやかな二日間の夏休みでしたが、とても充実した時間を過ごせました。
みなさん、ありがとうございますm(_ _)m

マジやんごとねぇ!

DSC00307

THIEL君は特注インシュで調子が良いです。

DSC00304

ということで、WILSON君にも
今までいろいろなスパイク受けやオーディオボードを使ってきましたが・・・。
オーディオの場合は、「百読は一聴にしかず」ですので、詳細はオフ会の時にでも(^_^)

新時代の幕開け

DSC00311

新時代の幕開けを告げるような超絶録音です!
今風に言うなら「ハンパねぇ!」もしくは「やんごとねぇ!」です(笑

そんな言葉では何も伝わりませんので、yuさんのCD評をどうぞ!
http://musicarena.exblog.jp/9186612/
http://musicarena.exblog.jp/9277368/

今までマーラーといえば個人的にはブーレーズでしたが、これからはゲルギエフです(笑
【もしこの盤が巧く再生できないようなら、装置のコンディションまたは品位を疑うべきでしょう!】

こんなイメージ PART2(笑

昨日の「こんなイメージ」に引き続き・・・(笑

●B&Wのこのスピーカーは・・・

bw7

こんなイメージ。
yokai100-02




●オーディオマシーナのこのスピーカーは・・・

symphony

こんなイメージ。
hitotume




●VIVID AUDIOのこのスピーカーは・・・

VividGiya
【しっかし、おっさんペアルックで嬉しそうだな】

こんなイメージ。

boo





●JBLのこのスピーカーは・・・

J-ROSE_big

こんなイメージ。

imo07

imo35




●ウィルソンのSYSTEM-Xは・・・

DSC00450

こんなイメージ。

ダースベーダー

【なぜに郵便局長?】



●我が家のTHIEL君は・・・

002

こんなイメージです。

456px-Masujiro_Omura_cropped



【大人編】
ちなみにモレルのこのスピーカーは・・・

morel2

こんなイメージです(汗

_SCMZZZZZZZ_V63806939_

こんなイメージ(笑

デンマークの北欧家具技術を駆使したモダンなデザインのSPですが・・・。

davone1



davone2


私には、こんな感じに見えます(爆

10072725000_s

日本未発売ですが、現地の定価は22.000 DKK(デンマーククローネ)です。
22.000 DKKは日本円で48万円くらいですので、日本で発売されたら定価80万円くらいになるのでしょうか?

デザイン優先!?

自動車メーカーが作ったオーディオシステムですが・・・。

pagani1s

pagani3s

pagani2s

外見で判断しちゃ悪いですが、見るからに音が悪そうです(笑
経験上、独りよがりなデザインの機器は、音も独りよがりな場合が多いです(汗
たぶん独特な音がするのでしょう。

ドイツから来た男前

■GTE TRINITY DAC SYSTEM / Foot finish “GOLD” 定価 12,800,000円(税別)
おそらく世界一高額なDACでしょう(汗


gte1

【プリ機能付きDACです】


gtedac2



gtedac1

【デザイン同様、内部もシンプルですね】




■GTE TRINITY AMP SYSTEM / Foot finish “GOLD” 定価 15,300,000円(税別)


gteamp1

【パワーアンプです】


gteamp2



gtedac3

【パワーアンプの中味もシンプルです】


DACとパワーアンプで2800万円ですか(^_^;)


index_alle_amp_dac

男前ですな〜

ER-PBZ

ER-PBZ-2

カーボンを使ったコンセントタップです。
定価2.500.000円です。

CP_Z

コンセントプレートです。
定価800.000円です。

両方とも、ほぼ定価販売らしいですが、男前ですなあ〜(^_^)

アラブの石油王とかが、「うちはコンセントがたくさんあるから、とりあえずプレートの方を20個くらいもらおうかな?」「えっ!1600万円。安いなあ〜。本当にそんな値段でいいの?」という会話が聞こえてきそうです(笑

男前な値段(笑

nordost_top

VALHALLAで有名なNORDOSTが、最高級のODINシリーズを発売したそうです。
しっかし、その価格がパンチが効いています(笑

OdinInterconnect

ODIN RCAインターコネクトケーブル 1mペア 2,000,000円
             6mペア 4,000,000円
※XLRも同価格
 
OdinSpeaker01

ODIN スピーカーケーブル 3mペア 4,000,000円 
     6mペア(バイワイヤー仕様) 6,400,000円

価格は全て「税抜き」です(笑

無限ループに・・・

少し前まで、頭の中で「ポニョ」が無限ループ状態でしたが・・・・



今はなぜか、Perfumeも参戦し・・・・。






・・・全然、仕事がはかどりません・・・_| ̄|○
これは何かの罠か?

頭の中で無限にループ

20080722mog00m200058000p_size5

♪ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた〜♪
♪ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まん丸おなかのおんなの子♪

『崖の上のポニョ』の主題歌です。

【音が出ます!!注意!!!】
http://jp.youtube.com/watch?v=Kcxewsa8pwY&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=KdftF6mVXFA&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=CeEGCBle6hQ&feature=related

最近、この歌が頭から離れません。
気がついたら口ずさんでいます(汗

オサレは足元から 続編

一昨日、オーディオボード+アルミスパイク受けに変更したところ、とても具合が良くなりました(^_^)
ところが今日聴いてみたら、高級オーディオショップみたいな音になっていました_| ̄|○

アフリカ黒檀の場合は、そんなことにはならないのですが・・・。
しかし、アルミスパイク受けはTHIELでも使っていて、非常に具合が良いので、相性の問題のようです。
やっぱりTHIELの足元と同じにしないとダメなようです。

オサレは足元から

DSC00253

黄色い子ですが、鳴らせば鳴らすほどどんどん音が良くなっていくのですが、どうも音が野暮ったいです(汗
これはイカンです(汗

・・・ということで、かなり前から考えていた計画を実行することにしました。
それはスパイク受けをアフリカ黒檀からアルミに交換することです。

黄色い子は、高域がキャンキャンする悪い癖があり、これをアフリカ黒檀で緩和していたのですが・・・。
他にもいろいろなスパイク受けを試しましたが、なぜかアフリカ黒檀を越えられない・・・。
でもアフリカ黒檀は野暮ったい・・・と袋小路でした。

ちなみにボードにスパイク直刺しも試しましたが、どうも音像が浮き上がってしまいます。
ほっておけば落ち着くかも?と我慢して聴き続けましたが、やっぱりダメでした。

ところが入手したアルミスパイク受けは裏面に分厚いスポンジ両面テープが貼ってあり、こいつが音最悪です。
ということで剥がそうと頑張りましたが、ホームセンターで買った「強力シール剥がし」では全く歯が立たず。
結局、業務用の超強力シール剥がしを入手して、激闘2時間、やっと両面テープを全部剥がしました。

・・・でこいつに交換してみると、高域が綺麗に伸びて、情報量も20%アップ、音場も横方向に綺麗に広がっています。
なによりあの野暮ったさが消えた!!!

あとは、このボードを外して、その代わりにアルミと某特注インシュを組み合わせたら、THIEL君にかなり肉薄できるのでは?という希望が見えてきました。
しかし、今日はここまでです(^_^;)

疲れましたが、努力が実って良かったです!

夏用セッティング

最近、「小音量時のローレベル再生」がマイブームです。

パワーアンプをeAR1001にしてから、小音量にしても大音量時と情報量がほとんど変わらないので重宝しています(^_^)
むしろ小音量時の方が、より多くの音が聞こえてくるような・・・。

漆黒の中から「すっ」と音が立ち上がり、音がたなびいて「すっーー」と消えていく様はとても儚く美しいです。
これは大音量では味わえない魅力ではないでしょうか。

ところが、だんだん気温が上がってきまして、エアコンなしではもう音楽が聴けません。
しかし、エアコンをつけると、細かな情報が運転音でかき消されてしまうのです(T_T)

・・・ということで、先日「夏用セッティング」にしてみました。
「小音量〜中音量路線」から「中音量〜大音量路線」への変更です。
具体的にはラインケーブルをmogami2549から2534に変更して、SPの振り角度を調整しました。

久しぶりに和太鼓なんかを大音量で聴いていると、テンションが上がってきて、エアコンの運転音などすっかり忘れていました(^_^;)

ブログ紹介

OZさんの「箱庭ハイエンド」は辛口ですが、痛快です。

評論家の方々もこれくらい自由奔放に書きたいと思っているでしょう(笑
Profile
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ