OZさんの「箱庭ハイエンド」は辛口ですが、痛快です。

評論家の方々もこれくらい自由奔放に書きたいと思っているでしょう(笑