最近、「小音量時のローレベル再生」がマイブームです。

パワーアンプをeAR1001にしてから、小音量にしても大音量時と情報量がほとんど変わらないので重宝しています(^_^)
むしろ小音量時の方が、より多くの音が聞こえてくるような・・・。

漆黒の中から「すっ」と音が立ち上がり、音がたなびいて「すっーー」と消えていく様はとても儚く美しいです。
これは大音量では味わえない魅力ではないでしょうか。

ところが、だんだん気温が上がってきまして、エアコンなしではもう音楽が聴けません。
しかし、エアコンをつけると、細かな情報が運転音でかき消されてしまうのです(T_T)

・・・ということで、先日「夏用セッティング」にしてみました。
「小音量〜中音量路線」から「中音量〜大音量路線」への変更です。
具体的にはラインケーブルをmogami2549から2534に変更して、SPの振り角度を調整しました。

久しぶりに和太鼓なんかを大音量で聴いていると、テンションが上がってきて、エアコンの運転音などすっかり忘れていました(^_^;)