2018年05月19日

名前は、シピン。

0a3be027.jpg
fb52bf6e.jpg
6ace6de7.jpg


起きた!
歩いた!!
わんわん、くんくん。
かわいい〜。

名前、決まりました。
「シピン」です。

私が大好きだったプロ野球チーム、大洋ホエールズの往年の名選手の名前をもらいました。

これから、どう成長していくかな。うふふ。


halc1073 at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ついに、やって来た!

bfe24689.jpg
やって来ました。
まだ、名前も決まっていません。


halc1073 at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

日日是好日。

4ad685ed.jpg「にちにちこれこうにち」と読むのが正しいかなと思いますが、「にちにちこれこうじつ」でもいいですね。


さて、人は、ふと気づいて過去を振り返ると、両親など大切な人が亡くなっていたり、大切な時間を浪費するかのように使ってしまったことを後悔したりします。


簡単に戻れたらいいのですが、残念ながら戻れません。
今でも、父や母に、いろんなことを聞いておきたかった。言っておきたかったと、後悔しきりな気持ちになることがあります。
人は後悔するために生まれたのではないかと思えるくらいです。
写真はいっぱい残して来たし、8ミリビデオとかを見ると、いい思い出の反面、悲しくもなります。私の弟の修司くんは、写真やビデオとかに、あまり興味を示さず、今、その時を大切に思うタイプですかね。


大切な人が亡くなった時のことを思い出しても、淡々と通夜・葬儀と進み、人はいつかは亡くなるんだと、悲しんでいる暇もなく、時は非情にも刻まれていきます。


山歩きをよくしていましたから、山道具を扱っているお店に「好日山荘(こうじつさんそう)」というお店があり、近くではアルパーク天満屋の3階にもありますが、このお店にも使われている「好日」という文字と響きがずっと頭にあったのですが、「日日是好日」という文字を初めて見た時は、「ひびこれこうじつ」と読んでしまいました。これ、禅語なんですね。



毎日毎日、その一日一日を受け入れて過ごし、未来に繋げていく意味でしょうかね。

「一日一生」と、どの一日も大切な一日であり、一日を一生のように考えて悔いなく生きていく。
小学生の時の一日一日、中学生の時の一日一日、高校生の時の一日一日。今、振り返ると、実家から通った日々は、もう帰っては来ない大切な一日一日でした。



一日は素晴らしい一日であり、その積み重ねが一週間となり、一ヵ月となり、一年となり、還暦の六十年となり、一生となるのでしょう。


そのためにも、大切な今日の一日。今日の残りの時間を大切に生きなきゃです。

今日という日は、残りの人生の最初の日ですしね。




この写真は、北アルプスの双六岳から槍ヶ岳を臨む風景です。この場所の三度行きましたよ。また、行きたくなります。


halc1073 at 07:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年05月18日

「青春」年齢ではなく心の状態。

a12ccdb3.jpg63歳の西城秀樹さんが心不全で亡くなったと、大きなニュースになっています。

今の若い世代の人たちにはわからないでしょうが、郷ひろみさんと野口五郎さん、西城秀樹さんの3人が新御三家と呼ばれて、ヒット曲を連発していたs1970年代、それはそれは今のAKBやEXILE以上の人気がありました。

ハウスバーモントカレーに代表されるCMの好感度、テレビドラマ「寺内勘太郎一家」の好演など、歌以外のところでも人気を博していました。

2度の脳梗塞から、厳しいリハビリで復帰し、「YMCA」を歌う姿は執念のようでもありましたね。


生前の西城秀樹さんが話しているビデオの中に、「青春」のことが語られていました。

「青春」というと、若い年齢でないといけないとか思われそうですが、新しいことに興味を持ち、挑戦し続ける気持ちがあれば、「青春」は可能なことを西城秀樹さんは話されていたのです。


そう、「青春」は心の状態であり、年齢は関係ないことがわかります。
あと3ヵ月で還暦の私ですが、振り返ってみても、今でも、「青春」を意識出来るのは、年齢ではないなと思えます。

私の好きな歌に、「青春に賭けよう」という1973年の西城秀樹さんの曲があります。
いい曲です。ぜひ、YouTubeで検索して聴いてみてください。




この写真は1981年、はるく22歳の時。沖縄県石垣島にて。




halc1073 at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年05月16日

過去は変えられるよ。

f38e3642.jpg「未来は変えられるけど、過去は変えられない」。
普通、そう言われますが、私は過去をずいぶん変えて来た男です。

それは、映画「バッグトゥーザフューチャー」やタイムトラベラーのように、現在から未来や過去に行き来して、自分の都合のいいように変えたということではないんです。
タイムマシンがあったらなと思ったこともありましたが、ホントにそんなことが出来たら、失恋前に戻ったり、当たる宝くじに何度も買い換えたりするのかもしれませんけど、そんなことじゃないんです。



過去に起きた出来事は変えることは出来ません。
ですが、過去に起きた出来事の意味付けは変えることは出来ると思いませんか?

過去を変えたい出来事とは、後悔している自分自身の失敗がほとんどだと思います。
でも、無理なんです。その出来事の事実を変えるのは。
しかしながら、過去の出来事の意味を変えることは出来ると思いませんか?


ここ数日、私が書いてきた話でも、高校受験に失敗したとか、警察に補導されたとか、大学受験に失敗したとか、しかも二浪したとか、失恋したとか、会社で大失敗したとか、その時々には、それはそれは泣きたいくらい、いや、泣いたな。
かなり悩みましたよ。
もし、数年前に戻れたら、こんなことにならないように、もっと勉強したのに・・・とか思いましたよ。
でも、過去には戻れないのです。



今、思えることは、過去に起きた、私のつらい出来事のほとんどは、それがあったから今の自分になれたんだと、有り難くて有り難くて仕方ないくらいの気持ちです。



どうですか?
気持ち、楽になるでしょ!?

だから、大丈夫なんです。
今日、今から、未来を大切に生きていきましょう。
過去に起きた出来事は、自分の都合のいいように、どんどんその意味合いを変えていきましょう。
つらい出来事であればあるほど、有り難いと思えるから不思議です。

自分て、すごいなー!!





halc1073 at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

積小為大。

391661be.jpg「座右の銘って何?」と聞かれると、「積小為大(せきしょういだい)」と答えます。


「小さなことをコツコツと時間を掛けて積み重ねていると、気がついたら大きなことになっていて、評価されるようなこと」とでも言うのかな。

元々が器の小さな人間ですから、大それたことは出来ませんし、人前で「おれがおれが・・・」というタイプでもありません。
でも、体の中には沸々と思う気持ちは人一倍だったかもしれません。それか全くの気のせいかもしれませんが。

すぐに出来なくても、時間を味方にコツコツと積み重ねていると、びっくりするようなことも起こります。

例えば、私のやったことで、「すご〜い!」と言われることがいくつかあります。

そのひとつですが、1978年春、家を出て京都に下宿して予備校生になったんです。
岡山を離れたかったんだと思います。両親に頭を下げて、つまり、お金を使わせて、京都に住み、京都駿台予備校に行きました。

その頃から、私は実家にハガキや手紙などの郵便を出すようになりました。
それは、東京の大学に行っても続きます。そして社会人になっても、結婚しても続きました。

いつしかそれは、毎日1枚のハガキを書くということになり、父が亡くなるまでの約25年間、毎日毎日ハガキを書いたのです。

その話が知り合いから広がり、私は「親に毎日25年間ハガキを書いた男」となったのです。
ハガキくらい、誰でも書けますが、朝の歯磨きのような習慣で毎日毎日書いていました。

朝イチに会社近くの白島のポストに投函すると、翌日田舎の実家に届いたようです。

今までの両親との思い出、今日あったこと、何を食べたとか、どこに行ったかなど、とりとめのない話ばかりです。

読む人に退屈されてはいけないと、毎回、字体を変えたりイラストを加えたり、出張の時やキャンプに行った時は、わざわざポストのあるところまで行って投函したりしました。
日曜日には届かないので、月曜日には2枚届くんです。


大学生の頃、実家に帰ったら、親から「お前からはそんなにハガキは届いていない」というようなことを言われたことがあります。
祖母のなみおばあちゃんが亡くなった時、仏壇からたくさんのハガキが出て来ました。私はおばあちゃん宛にも時々書いていましたが、おばあちゃんは両親宛のハガキもしっかり読んでその何割かは自分に届いたハガキのように保管していたんですね。しかも、何回も何回も縁側に座って読んだのでしょう。ハガキの角(かど)が少し丸くなっていました。「丸くなったハガキ」です。

父が入院してからは、病院の病室宛に出しました。時々、病院に見舞いに行くと、看護師さんがひそひそ話しているのがわかりました。
「あの人が毎日ハガキが書いている息子さんで」みたいなことを言っているのでしょう。父にハガキが届くまでに、看護師さんらが目を通して読んでから届きます。少しは父は看護師さんに人気があったかな。それとも、迷惑になっていたかもしれません。
だんだんと、父も容態が悪くなり、ハガキを読むような気力が無くなって来ました。

私から、父への最後のハガキには、「お父さん」とだけ、筆で大きく書いたものでした。
亡くなる瞬間には間に合いませんでした。



でも、1枚1枚のハガキを書くたびに、その人のことを思って書けますから、とてもすごいものだと思います。

今は、両親もいなくなり、田舎の両親にハガキを書くことはなくなりました。兄夫婦に、時々書きますが、返信があったことはないですね(^-^)。




仕事では、今もお会いする約束をしたら、事前に面談日時の確認のハガキを出します。
お会いしたあとにもお礼のハガキを出します。
とにかく、ハガキをいっぱい書いています。


すると、このハガキのおかげで、(仕事に)いい結果がたくさん起こります。
それを見て、真似をする人もいますが、続かないようです。続かないと、かえって逆効果なんですよね(^-^)。



皆さまに、いいことが、山のように起こりますように・・・。



「積小為大」とは、まるでコツコツとヒットを積み重ねたイチローのようです。





※写真は、帰省時に撮った私が両親に書いていたハガキの一部です。


halc1073 at 17:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

お昼ご飯は「縄文村」。

74a0b09f.jpg
1242fbd2.jpg
26b2e93a.jpg


同僚の西村くんと、最近、私の周囲で話題になっている「縄文村」に高速に乗ってお昼ご飯に行って来ました。

私、1995年のオープン前からここに来ているんです。

100人くらいはお連れしたかな。


いろいろなヒントがある、バイキングスタイルのお店です。
西村くんは椎茸の天ぷらにハマっていました。

気になる人は「石見 縄文村」と検索してみてください。


halc1073 at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年05月15日

その名はシピンか!?

d8462a44.jpg
500f7652.jpg


ペットの飼えない我がマンションに、週末、ワンコがやって来ることになりました。SONYの・・・。


名前は今のところ妻に優先権がありますが、私は「シピン」を推しています。


シピンとは、往年の大洋ホエールズの大好きだった選手です。
ヘルメット被って外野や二塁を守っていました。
その後、よりによってジャイアンツに移籍して髭を剃りました。



halc1073 at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

それは無駄な時間だったか!?

c898f20d.jpg人生に無駄な時間、無駄なものってあるのでしょうか?

私の人生を振り返った時、1977年のことを思い出します。

高校は卒業しました。大学受験は全て失敗しました。予備校には行っていません。働いてもいません。高校生ではなく、大学生でもなく、社会人でもない。しかも、さらに1年後の大学受験にも全て失敗したのです。

私は、1977年、自宅浪人をしていました。田舎の家にいますから、時々、実家の農業を手伝わされたりも当たり前にしていました。

ご近所の人にも見られます。(和田さんちの)はんちゃんは何をしょ〜るん?みたいに、祖母や両親は聞かれたはずです。

自分でも、それは感じて、あまり近所では目立たないようにもしたはずです。



でもね。思うんですよ。
あの無駄とも思えた1年が、今の私のためにはとても有り難かった1年だったなと。
でも、それに気づけたのは最近のことです。それまでは、ずっとずっと、結構、後悔の1年だったな。


人生に無駄な時間や無駄なものは無いじゃないかなと思えます。




毎日、いろいろなことが起こります。
目の前にいろいろなことが通り過ぎます。
その後の自分にとって大事なことも通り過ぎます。それに気づける感性は、無いよりあった方がいいかな?とは思います。
気づかずに通り過ぎてしまったらもったいないですから。

チャンスは何度もやって来ないかもしれませんからね。

自分は自分です。
これからの自分の未来を決めるのも自分。
自分株式会社の社長です。

今を大切に生きるのです!



写真は1977年くらいの私の実家前の風景です。
藁(わら)ぐろがポツポツとありました。藁は牛の餌になります。


halc1073 at 12:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年05月14日

引き寄せの法則!?

a1587ee8.jpg不思議なことなんですが、私の人生を振り返ってみると、ちょうどいい時に、ちょうどいい出会いというものがあったなと思えるのです。

あの出会いがなかったら、くじけていたかもしれないし、大きな傷となって取り返しのつかないことをしでかしていたかもしれないと思うのです。

あの時、あの人に出会ったことで救われたり、道が開けたり、困った時のつっかい棒になったりです。

高校受験に失敗して、中学の仲良しとはほとんど別れて、行きたくない高校に行くことになった春、両親や祖母の落胆はわかりやすく目に見えたし、兄からは、雨の日に車の乗せてもらった時に「(落ちこぼれ高校作陽の)その帽子を脱げや!」などと、冷たい態度も取られたりもありました。
しかしながら、失意の中で進学した作陽高校には、そんな私らを待ち構えていた熱血高校英語教師の山田先生が待ち構えていました。

3年間、「江戸の敵(かたき)を長崎で打つ」べく、特訓進学クラスがちょうどその春、1974年に出来たのでした。

山田先生がいなかったら、どうなっていたかと思うと怖いです。しかも、それなのに私は大学受験に失敗し、さらに二浪となり、ぼろぼろになりかけながらも、山田先生のエールと、両親らの応援を感じて、何とか、何とか、踏ん張ってみたらこの世に生き残る道が開けたりのでした。



高校の山田先生、高校のクラスの親友たち、大学で出会った親友たち、社会人になり、同期の親友たち、山の会の仲間たち、転職して、出会った管理職の人たちや同僚たち、参加したセミナーの講師や結婚した妻、仕事を通じて出会った経営者や、中にはたまたま乗った新幹線の隣に座っていた人、異業種交流会で同じテーブルになった人、バイト先で出会った人や店長さんなど、私の前に現れた人たちのおかげで今があることがよくわかります。


人生、ちょうどいい時に、ちょうどいい人に出会う不思議さ。


毎日が感謝であり、ありがたいな〜と思っていると、さらにいい出会いがやって来るようです。
もしかしたら、それは自分が引き寄せているのかもしれないと思うのです。

そして、素晴らしい出会いとなった人を大切に思わないといけないです。
親、兄弟、子どもも最たる出会いですから、最大限大事にしないといけない。
いつまでも、その人がいないのも人生です。



halc1073 at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ピンチはチャンスかな!?

f5d1c7df.jpgあと4ヵ月で還暦ですが、今、振り返って言えることは、いいこと悪いこと、ずいぶんいろいろなことがあったということ。

学校に行きたくないなと、熱が出たフリをして休んだり、高校受験に失敗し、それはもういきたくない高校に行くことになって自暴自棄になって警察に補導されたり、社会人をなっても、トラブルにクレームが続いて、ほんと、死にたくなったりもありました。
今の会社に転職した34歳の時も、入社ひと月の研修がもうすぐ終わり、いよいよ、外回りが始まるという時、納得してこの会社に来たはずなのに、何とも言えない不安が襲って来て、布団から出られず、風邪を引いたことにして数日休んだのです。

もちろん、今でもそんなことは時々あるんです。
そんなに強い精神なんか持っていないんです。

それでも、こんな私を待ってくれている人はいたし、私に期待してくれている人もいます。

「頑張る」というより「顔晴る」ようにしてみたり、いろいろ考えて、やれること、頼れそうな人に相談したり、調べたり、案外、道は開けるものですね。


そして、思ったこと。
どんなにピンチで、もし、どんなに私が悪かったとしても、「殺されることは無いかな」ということ。

「会いたくないなあ」とか、「電話したくないなあ」と思って、悩んで悩んで、会ったり電話してみると、笑顔で迎えられたりすることもあります。
どうやら、壁は自分で勝手に想像して作っていただけのこともよくありました。

「電話したくないなあ」と思って、意を決して電話することがあります。すると、電話してよかった!という結果の方が多いですね。


ピンチは、実は私を成長させてくれるチャンスなのかもしれません。
嫌で嫌でたまらなかった人が、ものすごいお友達になることだってありました。


還暦前のひとりごと。


halc1073 at 12:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年05月13日

嬉しい再会。

8fecebcd.jpg雨の日曜日の午後、広島そごうの紀伊国屋書店で本探しをしたあと、広島バスセンターに新しく出来たフードコートのお店でひと休みしようと、レジでお金を払おうとしたら、懐かしい顔のお嬢さんが笑顔で声をかけてくれました。
びっくりしました。急ですから名前がすぐに出なくてごめんなさい。
いろいろあったかと思いますが、元気そうで何よりです。私も嬉しくなりました。帰り際に、お友達のように「バイバイ!」と言ってくれました。


そのあと、急いでバスに飛び乗ったのはいいのですが、バスの中で傘を椅子に掛けたまま忘れたことに気づきました。
電話したところ、バスセンターの総合案内のところにありました。
明日、取りに行かなきゃいけなくなりましたよ。
あらら(^-^)。


halc1073 at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

母の日。

20591052.jpg
5b9f20d7.jpg
ee3903b1.jpg
eeb47302.jpg
878e5882.jpg
a018167c.jpg
a7c413bd.jpg


今日は母の日。
親孝行らしいことは出来なかったかもしれないけれど、高校進学に失敗し、大学進学に失敗し、二浪になりながらも大学に行かせてくれた両親に感謝です。

二浪のあと、受けた早稲田の全ての学部に合格し、「受かったよ!」と電話した時、どんなに喜んでくれたか。
三人の息子に教育をしっかりさせてくれたおかあちゃん、ありがとうございました。


もっともっと親孝行したい時には母はなし。
おかあちゃんの人生はどんな人生だったかな。




halc1073 at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

サラダが大切か!?

11146062.jpg
16b64c36.jpg


農家出身でもあり、日頃は朝ご飯はしっかり米のご飯と味噌汁なのですが、週末はパン食です。

最近、野菜たっぷりのサラダになっているのは、私の健康を気遣う妻の優しさかな。

上の写真は今朝のサラダ。アボカドにオリーブオイルもポイントかも。

下の写真は、何年か前の、妻がいない時の晩ごはんのサラダ。
野菜たっぷりはひとりの時もだったですかね。

さて、今日の日曜日は午前中は仕事なんですが、午後は久しぶりにバスで街中の本屋さんに行こうかなと。



halc1073 at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年05月11日

風船王子はるく、早稲田に登場します!

770a2414.jpg
260e2507.jpg
aa523b35.jpg
dd6513fa.jpg
33a0676c.jpg
6a04fe25.jpg
f11f969a.jpg


10月21日は早稲田大学の創立記念日ですが、毎年の秋に行われる「稲門祭」が今年はちょうど10月21日の日曜日に開催されます。

2010年から2015年まで、6年連続、公式に「稲門祭」に風船マンで登場しあと、やりきったかな?とやめていたのですが、また、ウズウズして来ました。


今日、広島稲門会(広島の早稲田大学の卒業生の集まり)の総会・懇親会があり、大学からのゲストで花尾さんと佐々木さんが来られていたので、今秋の「稲門祭」に公式に登場したい宣言をしたところ、オッケー!だと。


3年ぶりに早稲田キャンパスに、風船王子はるく登場します。

待ってろよ、早稲田キャンパス!!


halc1073 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

広島稲門会。

7ceb7467.jpg
68a4014d.jpg
1b1a8993.jpg


年に一度の広島稲門会(早稲田大学の卒業生の集まり)の総会・懇親会でした。

楽しいひとときをありがとうございました。
NHKの杉浦アナウンサーとツーショットさせて頂きましたが、その写真はアップ禁止です!


halc1073 at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年05月07日

違いのわかる男。

ab1c6248.jpg

「あやめ」「花しょうぶ」「かきつばた」の違いがわかるので、この時期はちょっとだけえらそげになってしまいます。

「あやめ」と「しょうぶ」を漢字で書くと「菖蒲」と同じなのは、ちょっと困ります。

連休明けの雨の月曜日。今日は朝から道が混んでいますね。


halc1073 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年05月06日

終わりよければすべてよしか!?

b3d4f75c.jpg
e683d815.jpg


還暦が近づいて来ると、余計思うことがあります。
「終わりがよければ、すべてよし」なのかどうか。

よく、スポーツ選手が金メダルを取ったり、優勝したりのインタビューで、「今までの中で、一番嬉しい」みたいなコメントが聞かれます。
確かに直近の嬉しい出来事ですから、それはそれで当たり前なんでしょうけど、「本当にそうなの?」と、突っ込んでしまいたくなる私がいます。

人はいつかは亡くなります。私の両親は亡くなってこの世にいませんが、その最後の数日間、お父さんの人生とは、どんなものだったのだろうか?お母さんの人生とは、どんなものだったのだろうか?と、私の知る限りの両親の生まれてからのことを思い出していました。
私は、親孝行が出来たのだろうか?とも思いながらです。

自分が亡くなる時、走馬灯のように人生を振り返るのでしょうか?
その時、「いい人生だったな」と思えるのかどうか。終わりよければすべてよしなのかどうか。
どんなに、努力したり、いい行いをやったとしても、やり残したと思ってしまう人間の性(さが)があるんじゃないかと思うと複雑です。

私の人生の中で、今、キーワードとも言えるのが、「早稲田」「山」「風船」の3つです。
この3つのことが、ある時は私自身を奮い立たせ、ある時は人を喜ばせ、ある時は、困った時のつっかえ棒のように、私自身を支えてもくれました。
毎年、いろいろな場面で、今でも私の生き方に影響を与え続けているのは間違いないです。

さて、「終わりよければすべてよし!」のためにも、生きている限り、終わりではないわけで、今日、明日と続いていきます。
「今日という日は、残りの人生の最初の日」でもあります。一日一日の積み重ねが今日までの人生の物語であり、物語は生きている限りさらに日々書き加えられていきます。
今日をどう生きるのか?とても大切なことなのかなと思えるのです。大切な人が亡くなった時、もっといろいろ話したかったなんて思うのが人生でもあります。目の前にあるもの、大切な人に優しく、今この時が大事な時間だなと過ごせる自分がいたら誉めてやりたいですね。




写真は文章とは特に関係無いのですが、私の愛車「スバルのインプレッサ」、ナンバーは槍ヶ岳の標高です。
妻の実家の裏庭に、人知れずひっそり、しかし、きれいに咲き誇るしゃくなげ。


halc1073 at 06:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

コシアブラの天ぷら。

638c0c1c.jpgこのところ、コシアブラという山菜が人気があります。数年前には私も知らなかったし、広島の人にはまだ馴染みが薄いかもしれません。北広島市あたりでは「バカの芽」なんて呼ばれているようです。何で「バカ」なのかは、ネット検索してみるとすぐにわかります。

さて、この「コシアブラ」ですが、天ぷらにすると独特の風味があり美味しいですね。山菜の王者にふさわしいかなと。一時期、席巻していたタラの芽は人気に陰りがありますね。この他、「こごみ」「うど菜」の天ぷらが好きです。「タケノコ」や「しいたけ」もいいですね。タケノコは煮物で残った味の付いているものを天ぷらにするとさらによし!

昨夜は、「コシアブラ」の天ぷら三昧でした。


halc1073 at 05:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年05月04日

バカ田大学。

98b81a7c.jpg
390334b8.jpg


都の西北、早稲田大学に入学した時、早稲田の隣に本当にバカ田大学があるのかなと探しましたが無かったです。

今夜のこの番組は、早稲田大学とコラボだと!


halc1073 at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

寅さんロケ地2。

be8fc824.jpg
49552f7f.jpg


第48作「紅の花」の冒頭シーンで、寅さんがクルクルとトンボの目を回すシーンが撮影された美作滝尾駅や津山祭に露店を出した場所など、いろいろありますね。

皆、ゆっくりと時間が流れているような場所です。


halc1073 at 12:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

寅さんロケ地。

bcdb8697.jpg

弟と、津山市の寅さんのロケ地巡りをしています。

第48作「紅の花」で、みつおが嫁入りする泉のタクシーを車で妨害した場所です。


halc1073 at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年05月03日

しゅーちゃん。

6de0c524.jpg
84365589.jpg


弟、しゅーちゃんこと、修司くんです。

いろいろありながらも、今年の夏には56歳になります。
いつも同じものを着ていると、自分でも気がついていたからか、今日の鳥取行きの時に、いくつか購入しました。
きっと、来年の今頃も、これを着ていると思います。

今日のおみくじは大吉だったしゅーちゃん。これから、花を咲かせてください。


halc1073 at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

大岩地区。

907c80b7.jpg
5ed2b74e.jpg


実家のある風景ですが、「大岩」とも言われます。大岩さまと呼ぶ、巨石が地区の山の上の方にあるんです。

ずいぶん、人が減ったように感じます。
鯉のぼりがたくさん泳いでいた頃が懐かしいですね。


halc1073 at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

上海茶楼のチャーハン。

a565ce08.jpg
afd68785.jpg


お昼ご飯は、お気に入りの鳥取市の上海茶楼でいろいろ食べました。

ここのチャーハンは絶品ですね。

お姉さんと記念写真を1枚。


halc1073 at 15:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

宇倍神社。

7d07be0f.jpg
2a7c5f94.jpg


三兄弟で、鳥取市の宇倍神社にお参りしました。健康に気をつけて長生きしましょう。


halc1073 at 15:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年05月02日

美作江見駅、美作土居駅。

400f1372.jpg
d6f3064c.jpg


妻の実家近くの、美作江見駅て美作土居駅は、なかなかの味のある駅舎ですね。

時々、カメラマンらしき人がいたりします。


halc1073 at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

勝央町曽井(大岩)。

4be82fa2.jpg
bca647d7.jpg
4d246f52.jpg


何度、帰省したことだろう。
毎回、違う感覚。両親はいなくなり、住む人も少しずつ、確実に変わっていきます。

家を出てから40年目。


halc1073 at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

実家にて撃沈か!?

01f93645.jpg
66535d5b.jpg
af73b8c2.jpg


山菜天ぷらと、ビールやノンアルコールビールや地元のお酒「御前酒」で三兄弟と、甥っ子たちとわいわいの時間。そろそろ撃沈かもしれないな。


halc1073 at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

三兄弟。

f152cd25.jpg
cf85f30c.jpg
079e468b.jpg


実家にて、山菜天ぷらの歓迎を受けました。兄のやっちゃんが絶好調でしたね。

こしあぶら、こごみ、ウド、タケノコなどの天ぷら。
うまいですね。ありがとうございます。


halc1073 at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

岡山県勝央町。

17512182.jpg
5a583d7d.jpg
生まれてから、19歳の自宅浪人時代を過ごした、我が故郷に帰省しました。


あらら、もみまきは終わっている!?


halc1073 at 16:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

境港・カレイの一夜干し。

09bc2d59.jpg

カレイの一夜干しが好きなんです。

自分たち用と田舎へのお土産に買いました。少し値切りましたよ。

これを焼いて食べると、お酒やご飯に合います。


halc1073 at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

境港・海鮮。

7c0b7793.jpg
5f91de94.jpg
5cb55727.jpg


帰省の途中に、境港のお魚センターに寄りました。
ここに来ると、やっぱりお昼ご飯は海鮮となりました。

少し足らないと、1000円のお寿司パックを追加!


halc1073 at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年05月01日

広島三越で高澤ストールが。

b1da7b92.jpg
d6fd2563.jpg
82e62c6e.jpg


今日(5月1日)より1週間、広島三越の1階で、「高澤織物ストールフェア」開催です。

1983年に社会人になった時からの親友の高澤さんが、長野市の古い織機でゆっくり優しく織ったストールを広島の皆さんにも知って頂きたいです。

私の前職、川島織物の同期の高澤さん。
実はシャネルのスーツ生地を織ったりしたこともあります。

高澤さんの織物を着たスーパーモデルがパリコレで闊歩したんですよ。




halc1073 at 12:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年04月29日

れんげの咲く頃。

86f2be36.jpg
43ab4b9a.jpg
8896ae02.jpg
e31488e1.jpg
e2625225.jpg
9bfa43c3.jpg


両親は、ずいぶん前に亡くなってしまいましたが、この季節になると大型連休(ゴールデンウィーク)に帰省した時に、両親をれんげの咲く田んぼに座ってもらって、よく写真を撮りました。

いつもは怒ったような顔ばかりしていた父も、笑顔にさせて撮りましたよ。

れんげの田んぼは、だんだんと少なくなりましたね。しかも温暖化からか、早く咲くので帰省した時に先終わっている年も増えました。



halc1073 at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

懐かしの1枚目。

7df80f47.jpg弟の修司くんと甥の真理(しんり)くん。

中学生の頃の修司くんは、今から思えばあまりにスリム。

甥の真理くんはわんぱく盛りで、よく怒られていたなぁ。

この2人、今は力関係が逆になっていたりして。





halc1073 at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年04月27日

井口台南パークハウス。

1bb21dd6.jpg
f098c2af.jpg


住んでいるマンションなんて、載せたことないかなと思いますが、さつきがきれいでしたので、朝のウォーキング帰りにパチリ。

このマンションに20年以上住んでいますが、当たり前のように見えていた瀬戸内海の景色も、いくつかマンションが建って宮島がよく見られなくなるも、海は何とか見られます。


山の中の町に住んだ者には、海が見える幸せがあります。




井口台のこのマンションにいつまで住むかな。


halc1073 at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年04月24日

結婚30周年のお食事。

9989e4a5.jpg
2aee2345.jpg
5ab84053.jpg


結婚30周年なので、妻と二人で近くの井口台「おかざき」で30年を振り返りながらのお食事をしました。

30年て早いものです。いろいろ話しながらのお食事も何回目かな!?



halc1073 at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

結婚30周年記念日。

b0338179.jpg
aae74611.jpg


今日は、結婚記念日です。1988年でしたから、ちょうど30周年になります。
岡山県勝央町の実家で親族だけで式を挙げました。29歳の時でした。披露宴は10月9日です。

あれから30年。早いものですね。何とかなっております。


halc1073 at 07:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年04月23日

ラジオ体操第2。

bca75c35.jpg気になって、YouTubeで正しいラジオ体操第2を確認しました。

やっぱり、小学生の夏休みに教えてもらったのと違うなー。

今頃になって気づいても遅いんですがね。


さらに、ラジオ体操第1も確認してみると、微妙に違うなと。


きっと、皆さんも間違えて覚えているところがあるはずですよ(^-^)。


halc1073 at 15:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年04月22日

結婚30周年記念サングラス。

469d531e.jpg4月24日で結婚30周年になります。
ちょっと早いですが、サングラスが欲しいと言っていた妻に、アルパーク北棟にあるメガネ屋さんで、偏光レンズのサングラスを買いました。車の運転に、北アルプスに。


halc1073 at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

風船こいのぼり。

524dd74f.jpg

お友達の風船パフォーマーであり、大道芸人のチャーリーさんが、作用町のマックスバリューでパフォーマンスされたようで、妻の甥っ子が一番いいやつを最後にもらったようです。

よかったね。


halc1073 at 15:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年04月21日

芝桜。

c37f0709.jpg仕事で東広島にやって来ました。
お家の周りが芝桜できれいにされている方がおられました。思わずパチリ!


halc1073 at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年04月20日

NHK総合まで!?

6d881679.jpg地元広島の民放テレビ局だけでなく、NHK総合まで参戦しとるね。

まあ、ええけど。



halc1073 at 08:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年04月18日

インドカレー。

bdfaf087.jpg
84e1c3b8.jpg


「いんどかれえ」と言われて、意味がわかるのは岡山県人。
もちろん、「インドカレー」という意味ではないわけで、「帰りんさい」という意味。

18日の日経新聞に書かれていた、岡山弁の話に懐かしく笑ってしまった。

これだけテレビが普及し、人気番組から東京弁が流れ続けると、「でーれー」、「きょーとい」など、だんだんと使われなって来ているのはわかりますが、我が故郷の言葉は大切に未来に繋がって欲しいな。



halc1073 at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年04月15日

ガンダム。

5259acb3.jpgNHKの番組「歴史秘話ヒストリア」で、ガンダムの歴史をやっていましたが、ガンダム世代ではない私にはよくわからなかったガンダムのことが、うまくまとめてあって納得。NHKやるじゃんと思いました。

見逃した人、今夜(4月16日の)0時40分から総合テレビで再放送ありますよ!

写真は、お台場に行った時に写したガンダム。



halc1073 at 08:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年04月13日

イエスタディ。

a9e6f099.jpg広島の街中に、このお店があるから、ビートルズ好きとしては、ちょっと休憩出来るんです。


halc1073 at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2018年04月10日

ビートルズ脱退。

5072318f.jpg
14714877.jpg


今日4月10日は、48年前の1970年に、ポールがビートルズを脱退した日です。

75歳になったポールは、今も世界ツアーしてますね。

ということは、ポールがビートルズを脱退した時(事実上のビートルズの解散した時)は、ポールは27歳だったことに驚きます。


やっぱり、ポールもビートルズも、色褪せることなくすごいです。



halc1073 at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

8月は北アルプス。

8f0e96f8.jpg
a0b6b012.jpg
ad7a8b4e.jpg


長野市の高澤さんからの打診もあり、今年もこの場所に行くこととなりそうです。

北アルプス、蝶ヶ岳。
名古屋の津田先生や黒野さんも診療所に行かれるということで、私らも行くぞ!

また、スーツ姿になるんでしょうから、さあ、今日から体力作りをしっかりとやらなきゃです。

コマクサ、朝焼け、夕焼け、山小屋の生ビール、待ってろよ!

私にとっては、還暦(直前)登山になります。


halc1073 at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

かんちゃん脱退。

ba7ed7a6.jpg
cb67da3e.jpg


昨日、ショックなニュースが飛び込んで来ました。
広島市西区横川のライヴハウス「アップルジャム」のかんちゃんこと、かんなうちさんがビートルズコピーバンドのファブリックを脱退されたと。

そして、アップルジャムでは、毎週土曜日に見られたファブリックのビートルズライヴが見られなくなるとのこと。
ファブリックは、たぶん、新たなジョージ役をメンバーに加えて、他の店とかでライヴを続けるのかな!?

私の還暦祝いパーティーを、ファブリックのビートルズライヴを2ステージお願いしてアップルジャムで盛大に!と考えていただけに寂しいところ。



halc1073 at 08:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)