2007年05月

2007年05月30日

春姫

たくさんコメントをお寄せいただいてありがとうございます。
励まして貰ったりアドバイスをいただいたり、いつも助けていただきました。
応援もしていただきました。
今はまだ気持ちが外に向かわないのでお返事できませんが、ちゃんと読んでます。
ごめんなさい。

さきほど春姫を見送りました。
でもまだ信じられない。
タワーの上とか窓ガラスの側とか、彼女がいつも居た場所をつい見てしまいます。
ソファーのかげからトコトコ歩いてきそうな気がして、つい振り返ってしまいます。
茶夢もなんだか落ち着かないようで、めったに鳴かないのに鳴いて……。
HALちゃんのことを捜してるみたいです。
彼女にはHALの亡骸はHALだとは判らないようで、HALちゃんどこにいったのかなぁとごはんのときに捜してみたり。
そんな姿を見てるのも不憫です。

HALの鳴き声も上目づかいの表情もひざに乗せた重みも、全部一生忘れない。
今はまだ哀しくて哀しくてここから動けないけど、あまり彼女を悲しみで引き留めてもかわいそうなので楽しかったことをたくさん思い出すようにします。
HALちゃんは痛かったり苦しかったり、嫌なこともたくさんされたけど、今はもう痛くも苦しくもない世界に向かいました。

最後の二日ほどは意識もあったりなかったりで見ている方もつらかったです。
HALの状態に変化がある度おろおろする私を見てるのは、HALもつらかったかもしれません。
私が泣いてると心配するみたいにごろごろと喉を鳴らしてました。

強制給餌もほんとつらかった。
HALは上手だけど私がヘタだったので。あれ以上続けていくのはつらかったです。

最後の夜には苦しいのか今まで聞いたことのない鳴き声を出してました。
猫がにゃあと鳴くのは、ちゃんと愛想をしてるのだなぁと知りました。
苦しい時はあんな声は出ないのね。

産まれてきて一年と二ヶ月。
うちに来て一年と二週間。
病気になって二ヶ月半。
早かったなぁ。
病気になった二ヶ月半のうち半分は普通の生活で、元気に走り回ってちゃーとバトルしてタワーに駆け上がってばりばり爪研いで。
転移さえしなければもっと長生きできたかもしれないけど、それを言っても仕方ないし。
まろんちゃんみたいにCT撮って放射線を当てれば、転移箇所もちいさくなったかもしれないけど、環境的にうちでは無理だった。
かかりつけの獣医さんたちは出来る限りのことをしてくださった。春姫のために。
末期のリンパ腫の猫が一ヶ月走り回れたのは充分だと思う。
最後はつらい思いをさせてしまったけど、ヘタに長引かなくてよかったかもとも思います。
人間のああいう状態は何度も見たので。HALにはさせたくなかった。
最後の瞬間怖かったのかしっぽがふくらんでました。
茶夢と違って春姫はめったにしっぽをふくらませなかったのにね。

ごめんねとありがとうと愛してるよを伝えてお別れしました。
でもまだ気配が残ってるのでその辺りにいるのかもしれません。
HALちゃんはあっさりした猫なので、気が済んだらすっぱりと旅立つでしょう。

今までお力添えありがとうございました。
へこたれそうになったときに何度も背中を押して貰いました。
blogやってよかったです。

まろんちゃん、つーちゃん、つよしくん、くろくん。
春姫の分もがんばって長生きしてください。お願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

halgray_2006 at 16:03|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!春姫 

2007年05月29日

突然のお別れ

大好きなタワーの上

猫は体がちいさいからあっという間に逝ってしまう。
くりさんちのみーちゃんのときも、りゅうさんちのフミちゃんのときも、哀しくて涙が止まらなかった。
自分の猫のときも、やっぱり涙は止まらない。

今日のお昼に春姫は呼吸を止めました。

まだ信じられない。
寝てるようにしか見えない。
でも、動かないの。

土曜日には本棚の上で茶夢と並んで寝転がってた。
今日の午前中は、診察台の上での点滴を嫌がって私の腕の中に隠れてた。
動かなくなった時も、まだ暖かくて柔らかくてHALの匂いがしてたのに。

HALちゃんはうちに来た時には耳ダニがいて、去年の今頃は週に2回病院に通っていた。
ちっちゃい体で治療を嫌がって暴れて、泣いて。
昨日の夜同居人と話をしていて、
「HALちゃんはうちに来なかったらこんな病気にならなくて、もっと長生き出来たんじゃないかなぁ」と言うと、彼は
「そんなん言うったったらHALかわいそうやろ。HALのことかわいがったったやろ? HALかて幸せやよ」
そうなのかなぁ。
そうだったらいいなぁ。
私はHALといられてすごい幸せだった。
毎日幸せにして貰ってた。
HALちゃんありがとね。
でも、やっぱ、もっと一緒にいたかったなぁ。

halgray_2006 at 20:58|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!春姫 

2007年05月28日

転移

24日木曜日、シリンジでごはんをあげようとするとものすごく嫌がって最初の発作があった。
25日金曜日にも同居人が薬を飲ませようとすると嫌がって発作。
どちらもすぐに治まった。
26日深夜キッチンで物音がしたので見に行くとHALが倒れていた。
起きようとするが巧く起きられず、左後ろ足が麻痺しているみたいに動かない。何度も転ぶ。
そのうちに発作が起こった。
バタンと横倒しになり足を突っ張らせる。爪が出ているのですごい力が入ってるみたい。自分ではコントロール出来てない。
体も硬直して小刻みに震える。
今までは1分も経たずに治まり、そのあとはおだやかになり普通に寝そべるのだが、この時はなかなか麻痺が治まらなかった。
何度も起きて歩こうとするが足が動かない。
お腹が空いているのかと思いお皿にドライフードを乗せて出すと、食べに行こうとするが足が巧く動かず前のめりに倒れる。
トイレに行って砂をかけようとするが、体を支えきれず何度も転ぶ。見かねてトイレから出すと歩いて逃げようとするがやはり巧く歩けない。
これが1時頃に始まり、朝の4時までまともに歩けなかった。
よたよたと歩き始めた子鹿にみたいに頼りなく歩くHALに、ちゃーがちょっかいを出す。
HALは逃げるでもなく応じている。
しばらくするとちゃんと歩けるようになった。
朝になりごはんを欲しがるのでウェットを出すが食べず。ドライを出すと少しだけ食べた。
ごはんを食べると元気も出てきて、機嫌良さそうに寝室の窓際で寝ていた。
昼間はそんなようすだったが夜になるとまた何も食べず。
シリンジでごはんを与えるとものすごく嫌がって、よたよたしながら逃げていく。
よほど嫌だったのか別の部屋のHAL巣に行こうとするがジャンプが出来ないので床で座り込む。
リラックスしてない香箱状態。
前足を折らずに並べて頭を低くするが床には着けない中途半端な格好。見るからにしんどそう。
しばらくそっとしておいたが動こうとしないので、リビングの明かりを消して猫ベッドに運ぶ。
暗く静かにしていると落ち着いたのかやっと横になる。
シンドイだろうにずっとごろごろと喉を鳴らし続ける。
朝までずっとその状態。
眼が合うとごろごろ言うので負担になりそうなのであまり構わないようにする。
寝返りも打たず体もほとんど動かさない。
時々体を起こそうとするのはトイレに行きたいのかも。
同居人が5時半に起きてくれたので交代して少し眠る。
水を飲ませようとしたらしいが飲まず。

9時の開院を待って動物病院へ。
会社に行くのを少し遅らせて同居人もつき合ってくれた。
HALの状態と私の話を聞いて先生は「脳に転移したのだと思います」とおっしゃった。
今まで色々と治療をしたが食欲が安定しなかったのは脳への転移があったからかもしれないそうだ。
人間の癌でも脳には転移しにくく、転移すると治療法がかなり限られてくることは知っている。普通に抗がん剤を入れていても脳には効果が薄い。
とりあえず今の状態を押さえるために点滴で薬を入れた。
脳圧を下げるのだそうだ。
それと経口で与えてる薬は今は無理なのでその薬と、ごはんを食べてないので栄養剤。
明日また点滴をしに来てくださいと言われた。
針は腕に入ったまま。
点滴をしている間HALは診察台をいやがったので私の膝に乗せた。
途中で大きな声で鳴いて逃げようとする。
どうしたのかと思ったらおしっこをした。
がまんしてたのか、ごめんね。

予想していたことのうち最悪のことが二個。
転移。
そして脳。
いろいろと考えてることはあるがHALの側を離れてたくないので今日は止めておきます。
HALと過ごせる時間はもう残り少ないです。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

halgray_2006 at 15:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!春姫 | 治療

2007年05月25日

換毛期は過ぎた?

らぐじゅありーな猫(なんじゃそりゃ!)

短毛種の猫にも毛ぶきってのはあるのだなぁとしみじみ思う今日この頃。
去年まではそれほどでもなかった抜け毛が今年はすごい。
猫が増えたってのもあるんだろうけど、やっぱ子供の頃は毛も薄くて抜け毛の量もたいしたことなかったみたい。
今年はすごいぞー!
一回ブラッシングするとちゃんと茶夢玉(茶夢の抜け毛を集めて丸めたもの)が出来る。前はがんばってもパチンコ玉にもならなかったのに。

前はビーボンと言うラバーブラシをちゃーには使っていてそこそこいい感じだったのだが、今はファーミネーターです。
ヤフオクで半額くらいだったから買った。
ちゃーだけなら躊躇したけど、2にゃんだし。
これいいですよ〜〜。
すごい取れますよ〜〜。
でもね、それもここ3ヶ月くらいなのだ。
買ったばっかの頃はそれほどでもなくって、たいしたことないじゃんと思ってたんだけど、今は換毛期なせいもあるかもだけどすごい取れる。

ちびすけの頃のちゃーはブラッシングが嫌いで、なんとか好きになって貰おうとビーボンを買ったの。
おかげで嫌がらなくなり、今ではファーミネーター出すとすりすりするくらい好きになった。
おとなになって、皮下脂肪もそこそこついて、ブラシが痛くなくなったのかなぁ。
ちゃーもHALに負けず劣らず骨張った猫でした、1歳くらいは。

HALはまだコドモなのでブラッシングはあまり好きではない。
皮膚の下すぐ骨と筋肉なので気持ちよくないんだと思う。
体を撫でてお尻をあげるようになったの、ちゃーでもここ数ヶ月だもん。
おこちゃまには判らない快感なんだろう。

24日HALが食べたもの
・a/d缶:70g(91kcal)
・カリカリ(ワイソング):6g(22kcal)
・CIAO缶:15g(カロリー表記がないので不明)
・アイムス缶:15g(13kcal)

HALちゃんは強制給餌が嫌で引きこもってます。
雨で調子もいまいちなのかもしれません。
HALがこもってるのでちゃーがすごい前に出てくる。今べたべたです。
甘えられる時に甘えておいてください、茶夢さん。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

halgray_2006 at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!茶夢 

2007年05月24日

流血の日々

強制給餌の毎日は流血の日々である。
そう、HALに強制給餌をすると決めた時からこれは覚悟をしていたことなので今更驚きはしないが、それでも痛いものは痛い。

子猫時代の茶夢と遊んでいたときも毎日流血だったが、所詮子猫。大した傷ではなかった。
でも数はすごかった。
ぱっと見はまるでリストカットが趣味な人みたいな腕だった。

そして今、一応大人猫なHALとの日々は、痛い。ひたすら痛い。

あれですね、猫の爪ってのは深く入ると内出血するんですね。知りませんでした。
腕とか比較的脂肪層が薄い部位は表面に出来る傷でこんもりと盛り上がり、太股とか脂肪層が厚い部位は(私だけかも)傷はほとんど判らなくて青あざみたいになるね。
幸い私は傷の治りが早いほうなので助かってます。
あ、でも、小指の傷は痛くて今絆創膏貼ってるんだけど、打鍵しにくくて困るかも。

HALちゃんはぼんやりした猫なので、そしてこないだまで元気がなかったので、それほど大変ではなかった。
けども、おとつい辺りからやっと、私に捕まるとやなことされると学習したらしく(遅っ!)ふたりの間に緊張感が走っている。
ふたりの関係を例えるなら、サリバン先生とヘレン・ケラーのようである。
端から見てたら虐待だろうなぁ。
でも違うのよ。

服には穴が開くので給餌用の服を決めた。
ほんとはもっと厚手で長袖の方が安全なのだろうが、今の時期暑いのでふつうのTシャツだけどね。

私のスキルが上がる前に、HALの逃げる力の強さが勝ってしまった。
どなたかいい方法をご存じでしたらご指導下さい。
もうね、逃げ方はノラ猫並みです。
渾身の力を込めて、体をひねって、逃げないと殺されるとばかりに必死で逃げます。
そいやこないだH先生が抗がん剤の注射を打つ時に「慣れましたね〜。最初はどうなることかと思ってましたが」とぽつりともらした。
そうやったんか、先生!
どうなることかと思ってたのかぁっっ!
確かに最初の頃のHALは手に負えないおてんばぶりだったが。
レントゲン撮るだけでも殺されそうな声で絶叫してたもんなぁ。
思えばあの頃からたいそう(大げさって意味です)な猫でしたね。

1日4回の給餌。1回につき早くて30分、遅いと1時間半かかります。
HALの世話に押されて時間が全然足りず、写真が貼れません。
つまんないblogでごめんなさい。

22日HALが食べたもの
・a/d缶:75g(97kcal)
・カリカリ(銀のスプーン):2g(8kcal)

23日HALが食べたもの
・a/d缶:80g(104kcal)
・カリカリ(ワイソング):2g(6kcal)
・モンプチパウチ:30g(9kcal)

う〜ん、がんばっているがやっぱ足りてないですねぇ。
実はこっそりa/d缶に砕いたカリカリをふやかしたのを混ぜ込んでいるのだ。
これは計算に入れてないのでギリで足りてるかなぁ?
うちの人間用の体重計ではちびっとだけHALの体重が増えているのだが。
もうちょっとだけ自分で何かを食べてくれるとありがたいなぁ。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

halgray_2006 at 19:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!春姫 | 食餌

2007年05月22日

復活!

昨夜のHAL
HALは昨日病院から帰ってきてもずっとぐったりしてほとんど動かなかった。
もうこのままダメなのかとも思った。
力無く抵抗するHALにシリンジでごはんをあげるのは心苦しかったが、元気になって貰いたくて続けた。
だんだん拒否が強くなり、夜には嫌がって鳴き声をあげた。
でも自分で食べないんだから仕方ない。

同居人が寝たあと、HALは少しずつ復活してきた。
リビングの猫ベッドで寝ていたのが、pc前にいる私の側にやってきて隣の椅子の上でくつろぎ出す。
深夜2時には本棚の上にジャンプして上がった。
ここに上がれるようになったらもう大丈夫だろう。
やっと安心して眠れる。
前夜はいつなにがあるか判らなかったのでほとんど眠れなかったのだ。

朝もすっきりと元気そう。
なにより眼に力がある。
昨日まではどんよりしていた。

カリカリを出すと少しだけ食べた。
新しい缶詰を開けてみるが匂いを嗅いでやめ。いつものアイムス缶も口を付けず。
シリンジごはんには激しく抵抗する。
今までは猫を被っていたのか?
腕にかき傷と服に穴を作ってなんとか食べさせる。

ごはんが済むとお昼寝。
ソファで私が横になっているとひっついてきて毛繕い。
そういえば元気がなかった時は顔の周りしか毛繕いしてなかった。
やってなかった分ていねいに時間をかけておめかししていた。
その後ふたりしてぐーすか寝る。

その後も流血しながらのシリンジごはん。
いったい昨日までのあんたはなんだったの? と言いたくなるほど元気が戻っている。
本当にもうだめかも……と思ったので、それくらい状態が悪かったので、この復活は嬉しい。
元気になった分激しく抵抗されるが、それはそれで嬉しいのだ。困るけど。
まだちゃーと追いかけっこするほどではないが、ねずみのおもちゃを追いかけたり猫じゃらしを捕まえようとしたりする程度は元気。
このままたくさん食べてもっと元気になって欲しい。

21日HALが食べたもの
・a/d缶:55g(71kcal)
・カリカリ(銀のスプーン):5g(20kcal)

銀のスプーンはさすがにいかがなものかと思うが、他に食べるものがないので食べるだけましか。
a/d缶の量をもっと増やさないといけないのだが、ものすごく抵抗される。
だんだん捕まらなくなる。
先が思いやられる。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

halgray_2006 at 23:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!春姫 | 治療

2007年05月21日

8回目の抗がん剤治療

8回目の抗がん剤治療。
本当は明日22日火曜日の予定だったのだが、19日土曜日に帰宅してからずっとぐったりして動かない。
心配になって今日病院に連れて行った。

19日は帰宅後すぐにHAL巣にこもり、2〜3時間後トイレをしに出てきて、そのまま西日の当たる場所でひなたぼっこしながら寝てた。
今日は復活が早いなぁと思ってたら、HAL巣に戻ろうとしてジャンプするが飛べず、HAL巣の前で動かなくなった。
しばらくそっとしておいたが移動しようとしない。
床だと冷たいだろうと思いリビングに連れてくる。
香箱を組んだような格好で頭を低くしてだるそうにうずくまっている。
ほとんど移動せず、人間のごはんの間はテーブルの下でうずくまっていた。

夜にヒルズのサイエンス・ダイエットの缶詰をあげる。残ったのをちゃーにも分ける。
しばらくしてちゃーが吐いた。
夜ごはんに食べた缶詰とSD缶と両方があまり消化されずに出た。
その後HALが吐いた。
HALはほとんどが水。ほんのかけら程度に固形があった。
SD缶が悪かったのか、もしかしたら飲み水になにか異物が混入していたのかは判らない。吐く前にHALは水を飲んでいた。

ちょとだけ具合が良くなっていた(SD缶は自分で食べた)が吐いたのでまたぐったり。
猫ベッドで寝ようとするが居心地悪そうに何度も体勢を変える。体を横にするのがツライみたいだ。
心なしか呼吸も大きく数が多いような気がする。
横になって眠れないので香箱状態でうとうとするがちゃんとは眠れてないみたいだ。

20日も同じ状態でずっとぐったりしている。
朝と午後にシリンジごはんをあげるが、シンドイのに逃げようとするのがかわいそうであまり量をあげられない。
夕方の猫ごはんの時間にはアイムス缶を半分ほど食べた。
その後も時間を置いて少しずつ何度か食べた。
ごはんを食べると状態が少し持ち直したらしく、やっと横になって眠るようになった。
体がツライらしくほとんど動かない。
シリンジごはんから逃げる時と、トイレと、鼻先に缶詰持ってこられて食べたくなくて逃げる時くらいしか動かない。
動くのもだるそうで、ちょっと移動するとそのままそこから動かない。床の上で寝そべったりする。
動く時も足下はふらついている。
ここまで状態が悪いのは最初に病院に連れて行ったとき以来。
あの時の方がごはんを食べていたので今より元気があったかも。

今日の朝病院が開く頃を見計らって家を出た。
着くとすでに3組の患者さんが診察中だった。

体重は2.14kg。2日で200g減っている。すごいショックだ。
先生に様子を話すとすぐに血液検査とレントゲン。
レントゲンは前回(4/16)とほとんど同じ状態。血液も前回(5/1)と変わらず、貧血がマシになっているくらい。
原因が判らずH先生も首を傾げる。
ごはんを食べてないので少し脱水している。
本当なら輸液を入れたいところだが、HALは輸液が苦手なので抗がん剤を入れることに。
今まで6回目以外は抗がん剤を入れると元気になっていたので。
ただこのまま何も食べないようであれば、明日また輸液をしに来てくださいと言われた。
嫌がっても吐かない限りはシリンジごはんをあげないといけない。気が重いが仕方ない。

今日の診察代

再診料:500円
静脈注射:3250円(抗がん剤)
内服薬:1550円(2種 各10日分)
血液検査:3000円(院内)
X線撮影:4500円(単純 1枚)
a/d缶×2個:700円
消費税:670円

合計14170円


19日HALが食べたもの
・a/d缶:53g(68kcal)
・ヒルズSD缶:25g(27kcal)

20日HALが食べたもの
・a/d缶:30g(39kcal)
・ユカヌバ栄養アシスト缶:15g(29kcal)
・アイムス缶:47g(42kcal)

a/d缶は素直に食べたり嫌がったり。
ユカヌバの処方食はすごく嫌がられた。少ない量で高カロリーだったのに。残りはもったいないが廃棄。
ウォルサムの高栄養・免疫サポートはミルクを混ぜるせいかあまり嫌がらずに食べてくれるのだが、これをあげるようになってからぐったりしだしたのでしばらく止めておく。

シリンジごはんは液状に近い方が食べやすいのだろうか。
それだと量が増えるので、シリンジで吸える限界くらいのなるべく濃いめのペースト状にしているのだが。
少しずつを回数を増やして与えるのがHALにはベストかなぁ。
飼い主のメンタル面でのダメージはでかいが。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

halgray_2006 at 17:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!春姫 | 治療

2007年05月19日

通院日

すごくHALっぽい

今日は通院日。
先週土曜日は行くのが遅くなってめちゃくちゃ混んでたので、今日はいつもより早めに行った。
お天気がはっきりしないせいかもしれないが、意外と空いていた。
今日は猫が多かった。

体重2.32kg。
シリンジごはんのおかげか、ちょっとだけ体重が戻っていた。よかった。
先生にはシリンジでごはんをあげてることを告った。
22日火曜日に抗がん剤を打つので今日は栄養剤を入れておく。
過去二回皮下輸液でぐったりしたのを先生も気にしてくれて、今日は血管に栄養剤を入れてくださった。ありがとうH先生。
中身はビタミン剤とブドウ糖とアミノ酸だそうだ。
これで食欲が戻るといいですねとおっしゃった。
ついでなのでシリンジも分けて貰った。
東急ハンズで買ったシリンジは連日の酷使で目盛りがはげてしまったのだ。
シリンジ二本あると吸い上げの間に逃げられなくて済むかもしんないし。
東急ハンズのシリンジは2本で1000円だったのに、病院シリンジは1本50円だった。

ここ数日、朝起きると茶夢が吐いたあとがあった。
白い泡々で毛とかは混じってない。量も少しなんだけど気になっていたので先生に聞いてみた。
白いのは胃液なんだそうだ。
近所で工事やってるのでそのストレスらしい。
お腹が空きすぎなのかもしれないので、夜にちょっと何かをあげてみるといいかもしれない。

今日の診察代

再診料:500円
静脈注射:3100円
10mlシリンジ 1本:50円
消費税:180円

合計3830円

しかし、つくづくすごい病院だなぁ。
抗がん剤と栄養剤ってほとんど値段が変わらない。

先生が機転を効かせて血管注射してくれたのに、HALはやっぱり帰ってくるとひきこもってしまった。
ただ今はHAL巣です。
お昼ごはん食べて貰いたいんだけどなぁ。

血管に点滴で輸液を入れることもできるんだそうだ。
それだと皮下輸液と違ってずっと付いてなくてもいいそうだ。
いよいよ食べなくなるとそうすることになるだろう。
そうならないためにももっとごはん食べて貰いたい。

17日HALが食べたもの
・カリカリ(ワイソング):9g(34kcal)
・アイムス缶:72g(65kcal)
・ウォルサム高栄養サポート:10g 30cc(47kcal)

18日HALが食べたもの
・アイムス缶:25g(22kcal)
・ウォルサム高栄養サポート:12g 35cc(57kcal)
・a/d缶:50g(65kcal)

18日は朝から自分では何も食べなかった。
夜になってウェットをちょっとだけ食べた。
ウォルサムの流動食はほとんど液体(ポタージュ状)だが、a/d缶はペーストをのばしたもの(いわゆるどろどろの流動食。乳幼児の離乳食みたいな)だからお腹が膨れるのだろうか?
カロリーを摂るだけで言うとウォルサムの高栄養免疫サポートの方が効率がいい。
少ない量で高カロリーが摂れる。
でも食べ物の質で言うとa/d缶の方がいいのだろうなぁ。
しかし、これを100gもあげるのは大変だ。
シリンジ2回分くらい食べるとHALが嫌がる。
ウォルサムの方は2回ちょっとで終わるけど、a/d缶を30gあげるとシリンジ3回ちょっとだもん。
カリカリを食べてくれるとありがたいのだが。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

halgray_2006 at 15:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!春姫 | 治療

2007年05月17日

とりたて屋さん

早くしてよ〜

茶夢は子猫の頃から肩乗り猫でした。
体が大きくなるとやめるかなと思ってましたが、いまだに乗ります。
子猫時代は肩に乗せて移動できたので、両手が使えて便利だったんですが、さすがにこのごろは重くなったのでツライです。バランス崩しそうになると爪立てるし……くすん。

生ごはんの用意をしていると必ず乗ってきます。
じゃまされないようにキッチン台から離れたところでやってるのにぃ。
こやってみると冷蔵庫前ごちゃついてますね。なんとかしよう。
しっぽが頭に巻きついてるので判るかと思いますが、本猫はめちゃくちゃごきげんです。耳許でごろごろ言いっぱなし。
ちゃーは性格が素直なので判りやすいです。
冷蔵庫からヨーグルトを出すだけでごろごろ言います。

まだかな、まだかな

レンジ台に乗るのなんて日常茶飯事……って、ダメじゃん。
こっちのがごちゃついてますね。なんとかしようその2。
キッチン周りは生活感ありすぎなんで出したくないんですが、写真的にはおもしろいのが撮れます。

こうやっていつもとりたて屋さんにせっつかれてる私。
同居人は茶夢に、朝の起き抜けに足もとスリスリ攻撃でおやつをねだられてます。

HALちゃんは病気をする前は、私がごはんを用意すると「はい、はい、こっちよ〜」とばかりにケージへと先導してくれました。(HALのごはんはケージの中であげてたので)
またあんなふうにごはんを催促するようになってほしいなぁ。

HALは強制給餌を始めてから自分でも結構食べるようになりました。
胃が刺激されて食欲が湧くのか、無理矢理食べさせられるくらいなら自分で食べるわと思ってるのかは不明ですが。

15日HALが食べたもの
・カリカリ(ワイソング):7g(26kcal)
・アイムス缶:25g(23kcal)
・ウォルサム高栄養サポート:15g 35cc(72kcal)

16日HALが食べたもの
・カリカリ(ワイソング):15g(56kcal)
・アイムス缶:80g(72kcal)
・ウォルサム高栄養サポート:10g 30cc(47kcal)

HALはシリンジで食べるのが結構上手で助かってます。
今はまだ濃い液状なんで巧く行ってるだけかもしれないけど、もちっと慣れたら(HALも私も)a/d缶をあげたいな。
たくさん食べて太って貰わないと。
ちゃーよりでかくなっていいからね。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

halgray_2006 at 19:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!春姫 | 茶夢

2007年05月15日

手のひらごはん

「あら、今日はお魚が安いわ」

12日土曜日に抗がん剤を打ってからHALはめちゃめちゃ元気。
なんで6回目だけ元気なくなっちゃったんだろう。
今回は栄養剤を打ってごはんたくさん食べてからだったのがよかったのかも。
でも栄養剤の効果が切れたので食は落ちました。
ごはん食べないけどめちゃ元気という以前と同じ状態。危ないクスリ打ってるひとみたいな。

強制給餌をぽちぽち始めてます。
a/d缶は開けると大きくて食べきるのが大変なのでウォルサムの高栄養・免疫サポート というのを使ってます。
ミルクっぽい流動食。パウダーなので少しずつを溶いて使えるので便利です。
これだけだとちゃーでさえ口にしないので、山羊ミルクを混ぜてあげてます。
そう、こないだHALが久しぶりに山羊ミルクを飲んだの。
先週先々週はぷいってそっぽ向いてたのに、おいしそうにぺろぺろと完食しました。
日々微妙に好き嫌いが動くので一度ダメでも何度か試してみる。
その時のHALの体調と食べるものと食べる量を総合して判断しないと見誤るかもしれない。

ちゃーは子猫の時から食が細く色々と苦労しました。
その中で手のひらごはんが今でも成功してます。
食べ残した数粒のカリカリを手のひらに乗せて差し出すと食べてくれる。
片づかない時に便利です。
でもHALはこれやってもそっぽ向いてたのだ。
だからHALにはだめだなぁと思ってたんだけど、昨日ウェットを途中で食べるの止めたので「あとちょっとだよ」って手に乗せて顔の前に持っていったら食べてくれた。
これも一種の強制給餌かなぁ。
匂い嗅いで口を付けない時にやってみると結構食べてくれる。これは嬉しい。
でもそのあと手が魚臭くて取れないけど。

今まで食べる量を結構アバウトにしてたんだけど、ちょっとちゃんと記録していくことにする。
缶詰1/4とかってやってたんだけど、食べなくて捨てちゃう分が出てきたからちゃんと把握できなくなってきた。
カリカリだと計るの楽だったんだけどなぁ。

14日HALが食べたもの
・カリカリ(ワイソング)3g
・アイムス缶 67g
・ウォルサム流動食 25cc

ウォルサムのパウダーもちゃんと計ろう。
流動食をあげてるせいか自分で食べる量が減りました。
あげなきゃもっと食べるのか、あげても食べないのか判らないけどね。
なんとかして体重は増やしたい。
このままだと2kg切っちゃう。それは怖い。

昨日の記事で嘘タグはってしまいました。すみません。
タグに貼ったことも書こうと思ってたんだけど、フミちゃんのことが哀しくてだめでした。
まだ涙が出る。だめだ。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ

halgray_2006 at 21:55|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!春姫 | 食餌