着物のよろず 針箱

-日々のできごと-

茅ヶ崎市南西部の柳島。江戸時代のころから、江戸への物流を結ぶ重要な湊(港)として栄えました。廻船業を営んでいた藤間家は、代々柳島の名主を努めてきた家柄です。今回の展示では、藤間家に代々伝わり2017年に茅ヶ崎美術館に寄贈された数々の浮世絵を見ることができます ...

牡丹流水文様の刺繍をほどこした江戸時代の小袖裂を見てみましょう。丁寧に刺繍されていますね。Piece from a Kosode with Peonies and StreamPeriod:Edo period (1615–1868)Culture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 着物のよろず針箱お問い合わせ mail@halibako ...

小花の唐草文様あしらった江戸時代の小裂を見てみましょう。PiecePeriod:Edo period (1615–1868)Date:18th–19th centuryCulture:Japanvia The Metropolitan Museum of Art 小さく可愛らしい花々と、その蔓の唐草文様。庭の緑もずいぶん元気に伸びてきました。花も少しずつ ...

↑このページのトップヘ