お天気が良かったので、木綿の着物と化繊の長襦袢を洗いました。
手順をご紹介しますので、よかったら参考にしてみてください。
洗った後はさっぱりするだけでなく、生地がいきいきしますよ。
 ※初めて洗う時には、色落ちや縮みが出る場合があります。
 目立たないところ(下前の襟先など)で試してみてください。

1. 洗濯ネットに入るサイズに畳みます。  
畳む b
          長襦袢にプラスチックの襟芯を
入れている場合は外します。
襟芯b







半襟は洗えるもの以外は外してください。
                   これはポリエステルの洗えるものなのでそのまま。
                       半襟b
          
           

2. 洗濯ネットに入れます。
ネットに入れるb






3. 桶で手洗い、もしくは洗濯機の弱水流や手洗いモードで洗濯。
洗濯機へb



   洗剤は普通の洗濯用で大丈夫。
                  蛍光剤の入っていないものを選んでください。

洗剤b

    



                  
4. 化繊の長襦袢は、静電気予防のため柔軟剤を。
   ただし、長期間着用の予定がない場合は使わないほうがいいです。

5. 物干竿に通すか、着物ハンガーで干します。
干すb
日差しの強い時は、直射日光を避け、裏返しで干しましょう。





6. 大まかに乾いたら(襟や、縫い目など厚みのある部分が少し湿っているアイロンをかけるb程度)、
アイロンをかけて仕上げます。