浴衣のお出かけから帰ってきたら、浴衣と帯をハンガーなどに掛けて風を通しましょう。
湿気のあるうちに、シワを伸ばしておくといいですよ。
乾いたら、きちんと畳んでおきます。

シーズンの終わりや、かなり汗をかいて気になるときは浴衣のお洗濯をしておきましょう。
ご自宅で簡単にできますよ。
 
ただし、絞りや絹物などの特別な浴衣につきましては、必ず専門店
(一般のクリーニング店ではなく、着物を扱う悉皆屋さん)へ依頼してください。

帯は染みなどがなければ洗う必要はありません。畳んでしまっておきましょう。
洗っておきたいときは、帯も悉皆屋さんへ出すと安心です。
一部、化繊の兵児帯などはご自宅で洗えるものもあるようですが、
その場合は表示に従って洗ってください。

それでは、浴衣のお洗濯の手順を紹介します。
色が落ちやすいので、1着ずつ洗いましょう。

浴衣をきちんと畳みましょう。
12jul2011 浴衣を洗濯 pic1

洗濯ネットに入れます。
12jul2011 浴衣を洗濯 pic2

桶、または洗濯機へ。
12jul2011 浴衣を洗濯 pic5

中性洗剤、おしゃれ着洗いなどの液体洗剤を使いましょう
粉末の洗剤を使う場合は、蛍光剤の入っていないものを選び、必ずよく溶かしてから使います。
12jul2011 浴衣を洗濯 pic4

12jul2011 浴衣を洗濯 pic3


手洗い、洗濯機(”弱水流”や”手洗い”で)とも、2〜3分洗いましょう。
※色落ち、色移りしやすいので、つけ置き洗いはしないでください。
素早くすすぎをしてください。2〜3回水換えをしましょう。

仕上げをパリッとさせたい時は、最後のすすぎ水に洗濯のりを加え、3分ほどおきます。
※頁下、糊づけについてをご一読くださいませ。

 軽く脱水し(1分くらいで。時間をかけると色うつりしやすいです。)、
裏返しにして物干竿や着物ハンガーに袖を通して乾かします。

この時期は日射しが強いので、直射日光が当たらない所がよいでしょう。
12jul2011 浴衣を洗濯 pic6

大まかに乾いたら(襟や縫い目が、軽く湿っている程度)、アイロンを掛けて仕上げます。


糊づけについて
すすぎの最後の水に糊を溶かして使用します。
ただし虫喰いの原因になりますので、シーズン終わりの保管のためのお洗濯の際は
使わないようにしましょう。

襟、袖など部分的に糊をきかせたい場合は、スプレータイプのものが便利です。
着用前のアイロンがけの際に使用するだけなので簡単です。
汚れも防ぐことができますよ。

梅雨も明け、浴衣シーズン突入ですね。
針箱にも現在浴衣のお仕立てのご依頼が続いています。
皆さんのお出かけに色を添えられますように。

着物のお仕立て、お直し、和裁用品 針箱

針箱HP        http://www.halibako.org/

携帯はコチラ        http://bit.ly/g2JWr1

twitter     http://twitter.com/hali_bako

針箱メール             mail@halibako.org