ゴールデンウィークも今日から後半。
昨日は富士山の振袖をご紹介しましたが、
その富士山の東側に位置するのが箱根山。

箱根は古くから温泉地として賑わいました。
奈良時代(738年 天平10年)に開湯。
その後豊臣秀吉が小田原征伐(1590年 天正18年)の際に利用したころから
知られるようになり、江戸時代には江戸からも多くの湯治客が訪れたそう。

箱根七湯は当時から人気があり、浮世絵にも多く描かれています。

03may2013 箱根c0022722-1
箱根七湯名所 どふが島 鳥居清長 江戸時代(18c)

03may2013 箱根c0022722-2

湯上りに浴衣でくつろぐ様子が描かれています。
タイトルにある”どふが嶋”は、箱根七湯のひとつ堂ヶ島温泉のことで、
早川渓流にある芦ノ湖を水源とした温泉地です。

ちょっと肌寒い日が多い今年の連休、
温泉でゆっくり温まるのも良いかもしれませんね。

浴衣、甚平、夏の帯などのご案内ページを作りました。
割引価格もご用意いたしましたので、お時間がございましたら覗いてみてください。
 浴衣と甚平と夏の帯2013


※上記画像はすべて、東京国立博物館( http://www.tnm.jp/ )の資料です。 

03may2013 today 水木水木の花です。
大きな木なので、
花を近くで見る機会は少ないですね。
一つ一つの花は素朴で可愛らしいです。











お着物まわりのお手伝い 針箱

針箱HP          http://www.halibako.org/

携帯はコチラ         http://bit.ly/g2JWr1

  twitter     http://twitter.com/hali_bako

針箱メール       mail@halibako.org

お問合わせフォーム  http://bit.ly/zcIJsy