昨日は足で蹴って競う蹴鞠とその文様を見ましたね。
続いて今日は女の子の遊びとして親しまれてきた手鞠を。

21nov2014 手鞠 C0006178-1
手毬つき・太夫禿 磯田湖龍斎 江戸時代(18c)

手鞠つきが子どもたちの遊びとして広まったのは江戸時代半ば。
それ以前の鎌倉時代には武士の遊びだったそう。意外ですね。
21nov2014 手鞠 C0006178-2


美しい手鞠。
御殿毬と呼ばれ、大変流行したといわれています。
21nov2014 手鞠 flkr
出典:flickr Nullumayulife

御殿毬の前に使われていた手鞠は、このようなカラフルなものではなく、
芯に糸を巻いただけのものだったそう。
家紋にも見られる、皮手鞠紋は丸に継ぎ目のラインが描かれたシンプルなものです。 

絞り麻の葉の間着の下に描かれているのは、
手鞠紋によく似ています。
21nov2014 手鞠 C0006601
廓中美人競_扇屋滝川(部分) 鳥高斎栄昌 江戸時代(18c)

こちらも、黒地に似た文様が使われていますね。
21nov2014 手鞠 C0042032
立美人図(部分) 鳥羽広丸 江戸時代 


明日も鞠にまつわる文様をもう一つご紹介します。


※上記 画像は東京国立博物館資料

今週もあっという間に週末がやってきました。
今日は午後から茅ヶ崎は雨になりましたが、
この3連休はお天気が続きそうです。

お着物のお仕立てやお直しのほか、
お手入れなどお困りのことがございましたら、
お気軽にお立ち寄りくださいませ。
状態を拝見しご提案をさせていただきます。


二瓶和裁のweb shop   針箱
telephone1 
080−4332−5838

電話でのお問合せ

 月〜金曜日10:00ー20:00 土日10:00ー15:00

和裁所営業時間

 月曜日15:00ー21:30 火〜金曜日10:00ー17:00 土日祝日10:00ー15:00

所在地 〒253−0053  神奈川県茅ヶ崎市東海岸北4−12−11

house3針箱HP 

mail9social21social38