江戸時代の小裂を見てみましょう。

白い枠線のように見えるのは分銅繋文様。
その内側には藤の花と葉が織り出されています。
色使いも可愛らしい印象ですね。
12aug2017 DP12112-1
Piece
Period:Edo (1615–1868) or Meiji period (1868–1912)
Date:18th–19th century

*針箱ブログ 関連ページ*
本日の内容に関連する記事のご紹介です。
ご興味がございましたらご覧くださいませ。

 分銅繋


着物のよろず 針箱
お問い合わせ
mail-icon-free5 mail@halibako.org
telephone1 
080−4332−5838

営業時間 10:00ー18:00
定休日  火・水 *日不定休  
所在地  〒253−0056
     神奈川県茅ヶ崎市共恵2丁目2−12 

house3針箱HP 

mail9social21social38