茅ヶ崎市南西部の柳島。
江戸時代のころから、江戸への物流を結ぶ重要な湊(港)として栄えました。

廻船業を営んでいた藤間家は、代々柳島の名主を努めてきた家柄です。
今回の展示では、藤間家に代々伝わり2017年に茅ヶ崎美術館に寄贈された
数々の浮世絵を見ることができます。

全作品撮影可とのことでしたので、少しご紹介いたします。

「知らざぁ言って聞かせやしょう」の口上で有名ですね。
美しい女性を装った大泥棒 弁天小僧菊之助。
男であることを見破られた際に口にする威勢のよい台詞です。
IMG_3717
歌川豊国(三代)
豊國漫画圖繪 弁天小僧菊之助

こちらも有名な作品ですね。
(ショーケースに映った照明が入ってしまうため少し傾いて撮影しています。)
IMG_3741
月岡芳年
風俗三十二相 うるささう
茅ヶ崎市美術館

寄贈品の浮世絵もたくさんありますが、
その他にも大正から昭和にかけて隆盛をみた
「新版画」と呼ばれる作品などが展示されています。

茅ヶ崎市美術館
会館20周年記念ー版の美Ⅰー 浮世絵・新版画ー幕末〜昭和
 会 期  2018年4月8日(日) ~5月13日(日)
 休館日  月曜日(ただし4月30日[月・祝]は開館)、5月1日(火)
 開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
 観覧料  一般:200円(150円) 大学生:100円(70円)
      ※高校生以下、市内在住65歳以上の方・市内在住の障害者およびその介護者は無料
      ※(  )内は20名以上の団体料金
 会 場   茅ヶ崎市美術館 展示室1・2
 主 催   公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財
旧藤間家住宅は国登録有形文化財にも指定されています。
その広い敷地が茅ヶ崎市民俗資料館として公開されることになりました。
概要
 開館開始  平成30年4月13日(金曜日)から 旧藤間家住宅の敷地のみ公開
 開館日時  毎週金曜日、土曜日 9時~16時(12月27日~1月4日はお休みです)
 入場    無料
 所在地   茅ヶ崎市柳島二丁目6番30号
 交通機関  JR茅ケ崎駅南口(1)番のりばからバス10分 
        茅33系統(松尾経由)茅ヶ崎駅南口行 「柳島」下車 徒歩5分
       JR茅ケ崎駅北口(3)番のりばからバス10分
        茅31系統(松尾循環)茅ヶ崎駅行 「柳島」下車 徒歩5分
       (注)駐車場はありません。公共交通機関にてお越しください。
建物内の江戸時代の文書や江戸末期から昭和初期頃までの古道具等民俗資料、
藤間家に所蔵されていた書画・骨董等については、現在調査、整理を行っています。
今後建物内で展示、公開していく予定です。
 詳細 茅ヶ崎市HPより

どちらも針箱へお越しの際にお立ち寄りいただける場所です。
お散歩がてら足を運んでみてはいかがでしょうか。

*針箱ブログ 関連ページ*
本日の内容に関連する記事のご紹介です。
ご興味がございましたらご覧くださいませ。

 美人と猫の作品から...

着物のよろず針箱
お問い合わせ
mail-icon-free5 mail@halibako.org
telephone1 
080−4332−5838

営業日  月 木 金 土
時 間  10:00ー18:00 

所在地  〒253−0056
     神奈川県茅ヶ崎市共恵2丁目2−12

house3針箱HP 

mail9social21social38