ナンパの流れを紹介します

1.活動場所を決める
2.女の子を見つける
3.あいさつをする
4.声をかけた理由を伝える
5.一言だけ自己紹介をする
6.相手をほめる
7.質問をする
8.誘導する
9.ギラを唱える


1.活動場所を決める
目的:トラブル回避
警備員やキャッチがいるところでナンパはしない
ナンパはひっそりと行うことが基本
長期的に活動するならばトラブルは避ける

2.女の子を見つける
目的:視界の中で確率が高い子を探す
暇そうにゆっくり歩いてる子で
AV女優みたいな押しに弱そうな顔を探す

3.あいさつをする
目的:相手の注意をひく
「ういっす」「お疲れ」「あ!」「無言(手を振る)」
声かけは横からが基本、何も言わずに軽く会釈でもよい

4.声掛けた理由を伝える
目的:キャッチとの差別化
女の子がたくさんいる所はもちろんキャッチが多い
女の子の一番の関心はなんで私に声をかけたかということ

5.一言だけ自己紹介をする
目的:キャッチとの差別化
この段階ではまだ全く信用されていない
なので自己紹介は一言だけでよい

6.相手をほめる
目的:相手をリスペクトしてる姿勢を伝える
女の子が普段言い馴れていない言葉を並べる
そんなこと言ってくれる人は滅多にいないから
もしウソだとしても本音は嬉しい

7.質問をする
目的:Yesの返事を積み重ねる
女の子の気持ちを確認するために質問する
4の段階で質問をすると相手の警戒心が増してしまう
質問ばかりだと嫌がる子は多いので段階を踏むこと

8.誘導する
次回書きます。

9.ギラを唱える
次回書きます。


■ポイント
ナンパは自分自身でなく相手について話すことが基本
初対面の人が自分から打ち解けることはない
正直さと誠実さは違うように明らかなウソでも
相手をリスペクトした表現なら相手は喜ぶ

A:出会いがないんで・・
B:モデルさんかと思いました

Aの解説
自分についての話はしない
相手に聞かれたときのみ答える

Bの解説
あなたに興味がありますという姿勢がポイント
明らかにウソだとしても喜ぶ女の子は多い