なんかいる

ドールと写真と日々感じた事をたらたら綴るブログ。グラスアイ、可動関節人形の苦手な方はそっ閉じして下さいませ。

このブログはドール、フィギュアをメインに扱っています。
グラスアイ、リアル顔、アニメ顔、セルフカスタム、人外、
巨頭、市松人形など多々生息しておりますので
どれかに地雷がありそうな方はUターンして下さい。
また写真の加工も好きなのでよく行います。
そちらが苦手な方も(ry
リンクフリーですので興味を持った方はお気軽にどうぞ

なお写真の無断転載は禁止いたします。

使用カメラ  シグマDp2 merrill  オリンパスOM-D EM-5  オリンパスpl-2  写るンです

こんばんわ。ダンボールで手を切る度に真冬の訪れを文字通り肌で感じるはるぴんです。ハンドクリームは数あれどやっぱコスパから考えると通常時にはニベア、割れそうになってきたまたは割れてきたらオロナインがベストですな。ブランド信仰は嫌いですがやはり歴史と実績は強し。

さて。先週日曜日はアイドールにパラボセール開始とドール者の懐を狙うイベントが重なりましたが、皆様の家の諭吉はご無事でしたでしょうか。他ブログではきっと戦利品報告やレポが華々しく繰り広げられているのでしょうが、休日出勤の私には縁のない世界です。
というと「その分散財しなくて良かったじゃん」なんですが…わたくし、7日に「欲望に負けるから秋葉原には行かない」とツイートしました。がまあブログタイトル見ればわかると思いますが…
ええ見事欲望に惨敗しましたが何か(殺)



録「随分ぼろっちい袋ね」
はるぴん(以下「は」)まあ袋持ったまま半日近く歩いたし、チャリのカゴに入れたまま米やら物干し竿やら買いに行ったし」
ちなみに私の買い方は「まず「絶対にそこでしか売ってない」ものを買う」→「とりあえず一通り回ってから必要とあれば同じ店でまた買い物をする」なので相当歩きます。なので基本本当に買い物したい時は一人で行くか別行動を容認してくれる友達とだけですね。



ピコS子「やっと…やっと私に体と服と靴が…」(号泣)
は「まーた大げさな」



ピコS子「あなたに2度までも体を持ってかれた気持ちはわかりませんっっっっ!」
は「あーそれはごめん…」



ピコS子「…これは…」
は「いやね、あんたのアイぺがあまりにも酷いんで見切りつけてデカールに変えようかと思ったんだけど、体つけて服着せたら情というか愛着が沸いたというか…」
ピコS子「………」
は「…悪いけどそのままでいてくれる?」



ピコS子「…仕方ありませんね。どんなに線がガッタガタでぜんぜん左右対称じゃなくてグラデもかけられないムラだらけのど下手糞アイペでも私の顔ですから。なんでこんな女に買われたんだという不運は飲み込んで明日を生きます」
は「…(いや全然飲み込んでねーし)所であんたの名前なんだけど、本来なら我が家の法則に従って命名する所なんだけどさ」
ピコS子「…はい?(めっちゃ嫌な予感)」
は「もう半年近くピコS子って呼んでるんで他のが思いつかないんだよねー。とりあえずこのままピコS子で…」
ピコS子「…ひとついいですか」
は「何?」
ピコS子「このボディピコニーモMですよ」
は「あ、じゃピコM子で」
ピコM子(…こいつに何言ったって無駄か…)
な訳でピコS子改めピコM子がレギュラー入りいたしました。どうもかなりの不幸体質のようですが…うん、ツヨクイキロ。あ、名前の方はいいのが思いついたら変えるかもしれません。みなさんも完成前の仮状態の時に適当なあだ名で呼ばないようにしましょう。うっかりすると脳内でそのまま定着しますw
ちなみにデカールの方は別用途もあるので購入したんですがね。決してここからピコがぞろぞろ生えてくることはない…と信じたい。



ピコSボディのホーネットちゃんと。頭が大きい分植毛ヘッドにはMボディが合う気がします。後バランス取るためにブーツは11用着用。そのままではすっぽぬけるため丸めたマステを靴の中に入れて靴下と固定。
ホーネットちゃんのスカートはエリーちゃん服のスカート部分をオビツ11用につめてゴムウエストにしたものですが、隣のアゾン服と比べるともたつきが酷い…。それと襟の開いた服だと首が長くてバランス悪く見えますね。しかしここで短くすると今度は襟のある服が着られなくなるのでボディを2パターン用意した方が良さそうです。



ニコネット「わーい新しい服だっ♪いぇーいピースピース♪」
ジトネット「どっかで聞いたセリフ…ってかあたしの新しい服は?」
は「予算がつきたってのもあるがその芋ジャージが似合いすぎててねえ。新製品でいいのが出るまで待ってて」
逆にメガミデバイスボディには襟元の開いた服を。ニコネットのようにボディ色を生かしたコーデにするかジトネットのように完全に隠すかにした方がしっくりくる感じです。しかしまあジトネットも相変わらず貧乏籤体質ですな。
後アゾ゛ンで購入したのは空さんのもげた足首パーツと大きい子のウィッグなんですが、12分の1関係の買い物のせいで予算オーバーしました。一個一個は小さいから油断するけど単価はそこそこするからね…。来年からピコ服は極力自作しようと思います。でないとマジ破産するわ。



で、こちらはボークスでの買い物。とりあえず野外に出るための靴、デニムを履くための肌色タイツは絶対買おうと。スマドの靴と共有するつもりだったんですが、スニーカーはイケてもローファーはDDの方が足幅広くて駄目だったので。それと通販で一度失敗してますからねぇ。幸いオビツ50に入ったので無駄にはなりませんでしたが、靴に関しては連れてって試着するか純正の方が確実ですな。
そして制服。本当はスタンダードなセーラー服と黒ニーソor黒タイツが欲しかったんですが店頭になかったので一旦DOLKとSENにも行きましたが、やはり店頭にはカラフルなアニメコス風の制服しかなく…。違うんだ私は多少ダサくても普通の服がほしいんだ、特にスカートの裾のぶっとい白ラインは二次元ならいいけど三次元だと一気にダサくなるからやめてー!!と心で叫びながら(好きな方すみません)ボークスに帰って着回しの利きそうなこれを選びました。付属のソックスが黒二ーソなら…とは思いましたが、考えてみたらボークスの黒二ーソやタイツとか3回は湯通しして一ヶ月は洗剤液に漬けとかないと安心して履かせられないwのでよそで通販で別途購入しようと思います。当然色抜き処理はしますけどね。一応今後の目標としてはもう少し3分の1サイズの服を充実させようと…
録「…服とは関係ない何かがあるんだけどこれは何かしら?」
は「あ、それは削りとか盛りとかあって時間かかるから早めに買っておこうと…」
録「…増えるのね?」
は「えーと…(しどろもどろ)」
「ふ・え・る・の・ね?」
「はい…」
前々からカスタムしてみたいなとは思っていたDDH01ヘッド。来年に大好きなアニメ「lain」が放送から10周年を迎えるので思い切って玲音をドール化しようと購入してしまいました。但しボディがまだ決まってなくて、MDDではロリすぎ、オビツ50、48では大人すぎ、パラボ45では服が調達困難という…。まあじっくりやろうと思ってるので形になるのは当分先ですね。

で。さっそく購入品試着ターイム。



ひで郎さん見てますかー?w黒髪ロング姫カット制服美少女(私の中で)ですよーw
まあ二ーソじゃないのが惜しいですがいつかは買いますのでw
しかしDDを久しぶりに撮ったがまーふにゃふにゃで自立しやしねえ。これはとっとと放置中のオビツマルチスタンドを組み立てねばと思いつつ、とり急ぎ40用の椅子に座らせました。サイズ的にびみょーなんですがまあしょうがない。しかしこんなので野撮デビューできるのか不安です。金属フレーム買う人の気持ちがよーくわかるわ…。



ウィッグはアゾンで購入したドルクオリジナルウィッグの姫カットブラック。いつもの裾ウェーブロングの方が少し茶色がかってる分かえってリアルだったかも。今はもう真っ黒の方が天然記念物ですよね。そしてぱっつん前髪のせいなのか少し若く…じゃなくて幼くなったような。前のだと20代に見えるからカジュアルは似合っても制服だと無理してる感が…w

この後しばらく録の写真が続くのですが、時間も枚数もたまったので今日はここらへんで続きはまた次回に。
へっぽこ写真ブログですがなにとぞよろしくお願いいたします。

みなさまの優しさが活力元になってますので、気が向いた方はぽちっとなと。
 ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

こんばんわ。急激に冷え込ンできて毛布ぐるぐるのみのむし状態でPCに向かうはるぴんです。暖房…は人間が軟弱になる気がしてねえ。でもクーラーはガンガンにつけるので結局単なる暑がりです。冷え性の友達に教えてもらった「ドライヤーを当てつつ足の指を揉んだりグーパーしたりする」というのがすごく気持ちいいです。風が通るからブーツで長時間歩いて帰ってきた後のムレ防止にいいかも?

さて。現在PC内の大掃除中の私、それ故過去の自分の写真を見直す羽目になったりします。写真はブログ始める2年前から初めてるので量はそこそこあるんですが、なんつーか…放置しすぎて腐りそう?w
もちろん新しい出来事とか季節ネタもやりたいのですが、たまる一方でもあるのでどんどん消化していきましょう。
ちなみに新しいネタ用に撮影セットの半分、今までモニターを置いてた所に白い布を貼って雑貨とスタイリングしたり購入物や新規カスタム子の紹介などに使うスペースにしました。でここに置いてあったものは何処へというと、残り半分のドール部屋スペースに一時避難w今後はできるだけ物移動を減らすよう別場所にまた小物保管スペースを作らねば。一個一個は可愛いんだから雑貨屋みたいに出して飾りながら収納したいんだけどなー。ムリかなー…(遥か遠い目)

写真は2年前の冬のご近所散歩。いくら5軸手振れ補正つきのE-M5とはいえ手持ちだとISO高めで画質荒れるし手ブレだって起こすし…ということで最初っからアートフィルターや現像でデザイン処理バリバリかけるつもりで撮った、いわゆる「雰囲気写真」です。そして私の野撮回にありがちなドール少な目(殴)
記事タイトルはF.S.フィッツジェラルドの長編小説…からなんだけど、私実は本編読んでません(殺)いえ海外小説ってミステリーとファンタジーとSF以外はどうも肌に合わず。宗教観始めとした考え方の違いなんでしょうか。
じゃなんで引用したかというと言葉の響きが好きなんです。「やさしい」じゃなくて「やさし」で止まってる所がポイント?古い小説や音楽や映画の和訳タイトルは素敵なのが多いですね。
と、無駄に前置きが長くなった所で写真を。






光「久しぶりのあたちの出番なのらー!!ガンガン行くのらー!!」
はるぴん(以下「は」)「残念ながら君の出番はもうほとんどないのだよ」
光「ひどいのら、いつもあたちの扱いが不当なのら!!最近はちびっ子と言いながら固い頭軍団の出番が増えて割りくってるのら、改善を要求するのら!!!」
は「まあ人数いると平等にはねー。でもあんた古株だしいざっていう時には頼りにしてるのよ?」
光「…まあ、それならいいのら。やはりあたちの地位は高いのら」
は(…ちょろい)



という訳でここから雰囲気風景写真。まだ夜というより夕方ですね。






花壇の花とか通りすがりのレトロ店内とか。白く飛ばしてふんわり感を。






雑草を撮るのは好きです。僅かな光を浴びてキラキラしてる所をデザイン的に。相変わらず一見何写ってるのかわかんない写真ですけどw






前のは最近現像した写真ですが、ここからは一年前くらい、エレメンツ買ってすぐ現像した写真ですね。とは言っても対して変わっちゃいませんがw



お店の前にあったオブジェ。店名が「蟻ん子」だからアリなのか。足の生えた鉄アレイとも言うがw















この日はほとんどアートフィルターのクロスプロセスで撮ってました。色合いが似てるのはそのせい。



ドールもそのノリで撮る。ブレてるのは味よ味。
光「味だとしたら激マズなのら。あたちの美しさをもっと鮮明に記録するのら」
は「アーアーキコエナーイ(棒)」









コンクリ大好き…なんですけど「そんなの撮ってて何が楽しいの?」と問われても説明できる自信も語彙力もない。



単なる住宅地の国道沿いの空き地なんだけど、こうして写真に撮って自分の好きなようにする事で日常がもっと好きになれる気がするのです。「撮る価値のあるもの」なんて自分が決めることよ。



光「とりあえずあたちの価値を全世界に広めるのら」
は「…ま、上げてはみるけどね(苦笑)そう簡単には広まらないよ」
光「簡単じゃないからこそ立ち向かう価値があるのら。諦めたらそこで試合終了なのら。」
は「はいはい」(適当)

と言うわけで過去の夜散歩写真でした。次の現在進行形のネタはあるんですが、明日早番なので…。セッティングはしたので撮影はスムーズに進むと信じたい。
こんなマイペースブログですが次回もなにとぞよろしくお願いいたします。

マイペースと言いつつみなさまのぽちは励みになってますのでできればよろしくです。
 ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

こんばんわ。「目に見えるものすらとっちらかってるのに見えないデータなんぞ整理できるかー!!」とPCに向かって叫ぶ馬鹿野郎なはるぴんです。油断してたらCの残りメモリが一桁になってまして、こりゃ重いししょっちゅうフリーズするわと納得。後はひたすらバックアップ→削除→デフラグの繰り返し。フォビオンのRAWデータは重いからねえ…。でもシステムイメージにエラーが出てるのでいつぽっくり逝ってもおかしくありません。せめて来月のお給料出るまで耐えてーとドキドキしながら現像をする始末。一応Flickrにもかなり上げてあるのですぐにストックが無くなる危険はないのですが、これも何らかの理由で突然サービスが終わったらアウトです。画像データの保管と管理ははPCに弱い人間にとっては頭の痛い問題ですね。便利になったのか不便になったのかわかりゃしねえw
欲しいものは山ほどありますが、部屋の大掃除とPC購入が最優先です。でないと何買っても写真が撮れやしないw
しかし部屋については置いてある全ての物を何らかの形で動かさなきゃいけないという大仕事なので脳みそが追いつかず作業がフリーズ。ここ数ヶ月仕事の忙しさの為にストレスで買った物を開けもせず買い物袋のまま部屋の隅に積み上げる…の繰り返しなのでまず自分が何をどれだけ持ってるか把握する事から始めねばw
しかし「必死に働く→お給料が入ったとたん何か壊れて不本意な出費を迫られる」のコンポはなんとかならんもんでしょうか。いや金欠時に壊れるよりはマシだけどさ。

さて。そんな訳で今回ストック写真から。記事タイトルにもあるように鵙(もず)のターンです。



鵙「単独カテは初めてね」
はるぴん(以下「は」「うちのメンバーでは2番目の古株なんだけどね」

この文鳥ヘッド、最近はほとんど見かけません。そもそも六分の一入れ目っ子が少数派で、リアル大人顔になると更にレアに……。
それでも発売当時は「nanoHaluka」として作家さんが監修したり、プライスをはじめとしたファッションドールに興味のある方がお迎えレポを上げてたりしたのですが…
いかんせんこのヘッド、めちゃくちゃ写真が撮りにくい。
アイそのものが小さい上に推奨サイズ゛のオビツアイでは奥目になるので中々光が入らず、白目がほとんど見えないので高確率でグレイ状態、更に目の下に涙袋があるのでその影が隈に見えてしまい「怖い」と言われいつしか出てこなくなるという…。むしろ海外での方がカスタム例が多いかもしれません。あちらには「リアルな少女顔六分の一ソフビヘッド」がありませんので。私がこのヘッドをカスタムしようと思ったのも海外のめっちゃ美人なカスタム例を見たからなんです…が…。



鵙「そこで言葉を濁すのは何故かしら?」
は「素敵なものを見て作ったものが素敵になるとは限らないという話なのですよ」
鵙「私に責任はない…というよりむしろ被害者よね?」
はいヘッドに罪はございません(泣)初期のカスタムってのを差し引いても線がガタガタだわまつ毛貼ったボンドがはみ出してるわ酷いもんです。最初に同じヘッドで可憐な少女を目指して作った文が何故か幸薄地味OLになったので、対になる妖艶美女を作りたかったのですが…。この有様です。ただその時の精一杯の記録でもあるのでリペはしませんが。



でもって我が家で唯一のモモコボディ。可動域こそ少ないもののやはりシルエットは綺麗です。ただモモコ服はお高いのと、こいつのキャラ的に求める「海外セレブが着るような大人っぽくセクシーなカジュアル&ドレス」がなかなかないのでいまいちポテンシャルを発揮できてないという…。今バービー服を着てる事から考えるとそういうキャラにするには最初から海外ドールをチョイスすべきなんですが、個人の好みからすると綺麗だけどなんかゴツイという印象が拭えずwあと入れ目っ子見かけないし。
しかしこの写真思いっきり白目むいてて我ながらこええw夢に出てきたらごめんよw



多少の加工はするとはいえ、もともとの冬の晴れた午後の光のキラキラ感と暖かさは絶対人工の照明では出せない気がする。



ちなみに私はぱんつが見えても写真全体の雰囲気が好きなら平気で載せるタイプです。
鵙「まあたかが布一枚にガタガタいうのは子供でしょうね。もっとも男はいつまでも子供って説もあるけど」
さすが家の六分の一ではラスボス的立ち位置の鵙さん。一般ウケはしない顔だけどなw実際最近はサボってるけどflikcrでは海外からの方が反応よかったりするし。

さてさて。ドール写真はここまでですが後はクリスマスディスプレイのスナップをぺたぺたと。雑貨スキーとしてはこういう写真やディスプレイは見るのも撮るのも大好きです。それに季節モノは旬があるので去年のストックを今片付ける。でないとまた一年お蔵入りだしw







金属の質感表現はフォビオンセンサーの得意技。但し室内なので光量が少なく現像で持ち上げているのと単に私が下手っぴなので真価を出し切れてないのが悔しい。



斜めに傾け過ぎたw動物の置物とかぬいぐるみはオサレを意識するほど可愛くなくなるという例ですね>



リアルにすると可愛くなくなる例その2。まあサンタとはいえただのじいさんですからね。こんなのが目覚めたら部屋にいたり煙突から出てくるのを見たら何も知らない小さな子ならトラウマ決定です。一応フィルターでメルヘンっぽくしようとはしてみたがw







でここで日本的カワイイを。シンプルというか記号化というかつくづく簡略化の得意な国民性ですよね。ディズニーとサンリオキャラを比べるとよくわかる。オールドミッキーとかミッフィーちゃんはシンプルなんだけどね。



クリスマスとコスメの成分はあんま関係がないと思うので、やっぱパケ買いなんだよねw



食品関係も便乗パッケージ売りでしょうが、赤(と緑)がメインカラーのクリスマスは食べ物を美味しそうに見せるのに向いてますね。




もう無くなる「スイマー」の入ってたブースから。小窓から漏れる灯りってシチュエーションは好きです。
これを撮った時はスイマーが無くなる事などまったく考えてなかったのですが、年齢上卒業したとはいえ子供の頃すきだったお店や商品やブランドが無くなるのはなんとなく寂しいものです。思い出として残すという事で撮っておいて良かったと思いますが、ちょっと切なレトロっぽい仕上がりになってるなと思うのは私が感傷的になってるからでしょうか。

という訳でドールとスナップでお送りした今回の記事。写真はまだまだあるのですが、残りは季節を選ばなさそうなのでまたネタがなくなった頃にでもw
金銭面では割ける予算が限りなくゼロに近いので、今年のクリスマスは中止の危機なのですがなんとか無い知恵をしぼって参加したいものです。それが限りなくネタ記事に近くなろうとも…w

久方振りにサイドバーを弄ってブログ村ランキングバーを設置してみたり。
マイナーなドールやカスタムが多い我が家ですがちらっとでも見ていただければ幸いです。という訳でこちらもひき続きぽちよろしくです。
 ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

こんばんわ。仕事も落ち着きプライベート充実モードにシフトしたいはるぴんです。が、完全休みではないので中々通販の受け取り日が決められません。ほら再配達って私も運送会社も迷惑じゃないですか。かといってあんまり引っ張ると下手すりゃ来年受け取りになっちゃいますし。しかし例のごとく「部屋を片付けるための棚を作る場所が確保できないくらい散らかっている」状況をどう打開すりゃいいんでしょうか。近所の好奇の目を浴びながら外で組み立てるしかないのか…。

さて。前回紹介した里帰りライリ's。「似てない双子」設定という事で、かねてからやりたかった「色違い、ちょいデザイン違いのお揃い服」をやってみたいと思います。基本家の連中はボディまで改造してたりするので服サイズがバラバラなんですよね。
ただ、前回紹介の時のキャミワンピこそアゾンで揃えましたが、服予算からまっ先に削られて行く女子力皆無の我が家。ここは六分の一ドールの救世主、エリーちゃん服とリカ服に頼る事にしましょう。



という訳でエリーちゃんウエイトレス服ピンクと水色。魔女っ子ライリがまたあらぬ方向を向いてますが、気にしないで下さい。
魔女っこライリ(以下魔ライリ)「あそこにガラスの仮面を読んでいる老婆が…」
はるぴん(以下「は」)あーそれうちの亡くなったばーちゃんだわ。ここ元ばーちゃんの部屋だし仏壇あるしボケる直前までマガジンとジャンプと花ゆめ購読してたから」
ちなみに「私が死んでからガラカメが完結したら最終巻を仏壇に供えてくれ」と頼まれているのだが作者のやる気スイッチの問題なので果たせるかはわからんよばーちゃんw



一番驚いたのはL胸でも入った事wこれはエリーちゃん服にしては縫い目も細かくて出来はいい方かと。まあ糸のほつれが多いとか胸元が地味とかエプロンのサイズがばらばらとか身長が違うので多少ハイウエストだとか(最後のは品質に関係ないが)突っ込み始めればきりがありませんが、なんせ100円です。文句は言えない。
これをベースにリボンやレースでデコったり、ニーハイや靴で全体コーデすればもっと可愛くなると思います…と思うだけで自分はやらない奴(殴)
ちなみにバイザー、ソックス、靴もセットですが、靴とソックスはオビツ11やピコ達サイズなんでそっちで活用します…というかエリーちゃん服買う場合ほとんどちび達の靴目当てだったりしますwなんせ100え…(しつこい)
でもバイザーはプチフェアリーには小さくプラモっ子にはでかいという使えなさでした。でもひゃく…(いいかげんしつこい)



留学生ライリ(以下留ライリ)「アナタはピンクがとても似合いマスネ。とても可憐で可愛いデース」
魔ライリ「おねえさま…(ぽっ///)
隙あれば妹に触ろうとする油断のならない姉である。



こちらはリカ服の水着とワンピースセット。厳密にはお揃いではないですがセットという事で統一感がありますね。バッグとか小物も付属してますが…一緒に撮るの忘れたw
そして魔ライリがどこ見てるかわかんないのはもはやデフォである。…どうやらアイプリが薄めの子をぽかん口にするとアホの子になる危険が…いや私のリペと写真が下手なだけですが。



服とは関係ないが、旧オビツボディと長い事つきあってきた身としては今回のリニューアルでのボディラインの向上には目を見張るものがあります。バストもですがこのヒップラインの自然で綺麗な事。可動をほぼ維持したまま造形を改善していったオビツの中の人は素晴らしい。



留ライリ「究極のペアルックと言えば生まれたままのこの姿なのデース」
魔ライリ「おっおねえさまこれはマジ垢BANの危険性が…」
留ライリ「大事な所は隠しているし何かしてるワケでもありませんからまったく問題ないのデース!」



留ライリ「ワタシは神に誓ってアナタを悲しませたり傷つけるようなことはシマセン」
魔ライリ「おねえさま…(うるるっ)」
留ライリ「しかしアナタが人に見られた方がコーフンするという性癖に目覚めた暁にはワタクシとしてもやぶさかではないのでいついかなる時でも全力で協力いたしマス」
魔ライリ(…」
は「…いい加減妹をフリーズさせるのはやめなさい。まったくどっちが雪の魔女なんだか」
留ライリ「…チッこのお邪魔虫が」(ぼそっ)
は(…黒いなこいつ)



そんなこんなで繰り広げられた茶番劇をお送りしました。健全なライリファンの方見てたら申し訳ありません。いや確かに百合好きえろ好きは管理人の性癖ですが、ここまで暴走するとは本人も思わなかったぜ(特に留ライリ)

で、我が家に戻ってきたという事で新たに命名を。我が家のドール名法則、「漢字一文字、読み仮名ニ文字」の法則に則って
留学生ライリが「雷」(らい)←「ライ」リから
魔女っ子ライリが「雪」(ゆき)←雪の魔女から

になりました。私のネーミングセンスの無さには今更言及するまい。
雷「サンダーのことデスネ。女子には少し勇ましい名前ではありますが、夜空の雷光の美しさは素晴らしいモノデス。悪くありまセン」
雪「わたしも冬は好きなので…問題はないです」

「手放しても戻ってくる人形」とだけ言うと何かオカルトの匂いがしますがw私が人形者として成長(単に節操がなくなったとも言うが)とか、いいタイミングでオビツ24ボディが発売になったとかそういうのを見計らったように帰ってきたこの子達にはやっぱり「縁」を感じますね。ヘッド譲った人の中にはそのまま音信不通というか自然消滅しちゃった関係もありますし。
は「という訳で、雷、雪、今後ともよろしくね」
雪「ふつつか者ですがこちらこそよろしくお願いします」
雷「ワタシにとっては雪のいる所ならどこでもパラダイスなのデース!!よろしくするのデス!!」
雪「………」
は「…雪、大変だろうがブログの存続のためにも貞操だけは死守してくれ」
雷「チッ余計な事を…」(…ぼそっ)

こんな暴走ブログですがお付き合いくださる方はぽちっとなと。
 ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

こんばんわ。やっと忙しさに一段落がつきそうでのたっとしてるはるぴんです。しかしその間完全放置していた部屋の惨状にフリーズしてしまう現状。仕事のストレスで「終わったらこれ作るんだー!!」とちまちま買い込んだ材料やら何やらが増えまくり、棚を増やしてレイアウトの変更から考えねば…。「デッドスペースを無くし効率的に物を取り出しやすく尚且つオサレ」…。うん私の萎縮が始まってるっぽい脳味噌では無理な計画だね!!
まあとりあえず「ドール置き場」と「ドール撮影スペース」は別にしましょう。撮影の度に大小10体以上の移動は面倒だったらありゃしない。というか無計画に増やしすぎだろ自分…。

さて。わたくしブログ暦はまだ一年経ってませんが、ドール暦は五年、写真歴は二年半程になります。今でこそ「一度うちに来た子は最後まで一緒」という主義ですが、始めた当初はよくわからず、実はmomokoやえっくすきゅーとにもちょろっと手を出していたのです。ただ、アイプリの撮影の難しさ、オビツと比べた場合の素体の動かなさや扱いにくさ、何よりも他のセルフカスタム入れ目っ子との馴染まなさに、ひきとってくれるという子供のいる友人にヘッドのみタダで譲りました。その頃は写真も撮っておらず記録も残らず、その存在は記憶の底に埋もれる事になったのです。

それから五年、気がつけばプラモっ子やリカちゃんも仲間に加わりカオス度を増した我家に友人からの連絡が。
友人「子供も大きくなったんで段捨離してんだけどー、あんたにもらったお人形、捨てるのもなんだしタダでもらったのを断りもなくオクに出すのもどうかと思って。なんなら返すけどどうする?」
私「…ひきとるわ」



…というわけで。五年の歳月を経て我家に帰ってきた「北欧からの留学生ライリ」と「魔女っ子ライリ通常版」です。この手の構図になると脳内で「ひぐらーしーのなーくぅー♪」というメロディが響き渡るぜ。



例のごとく複数撮影でかたっぽにピントが合わなかったのを何とか現像で誤魔化そうとして誤魔化しきれなかった図。



最近ブームの柄ブラシ蝶バージョン。



仲良く並んで。…てか魔女っ子ライリどこ見てんのよ。
魔女っ子ライリ(以下「魔ライリ」)「えっあそこに精霊さんが…」
はるぴん(以下「は」)「…あんたもしかして不思議ちゃん?」



とりあえず目線を正面にしてみた…つもりだったが変わんねえw。二人ともオビツ24ホワイティに換装してあります。



留学生ライリさん。小さい子のいる家に預けてた割には髪の毛の痛みもなく大事に扱ってくれてた友人に感謝。
実は当時の私はえっくすきゅーとだと断然ちいかちゃん派だったのですが、争奪戦に勝てず次に好みですぐ買えたライリさんをお迎えしたのでした。このソバージュ系ではないウェーブ、Sボディが主流のきゅーとで外人感を出すためかSボディ上半身+Mボディ下半身に白肌という今考えると結構冒険的な仕様が災いしたのかあまり人気が無かっ…げふんげふん。



魔女っ子ライリさん。口は大好物のぽかん口にりぺ。なんか月羽っぽくなった気が。
この二人は「北欧」「雪の魔女」という事でアイプリ始めとした全体の色合いが淡いです。実物はそりゃもう天使か妖精かってくらい超絶可愛いのですが、
…とにかく写真が撮りずれえ(号泣)
AFは迷いまくるし、ネタにもした様に油断してるとどこ見てるかわかんなくなりますし。私は現像時に部分的にコントラスト弄ったりアイプリのテカリを修正したりしてますが撮って出し状態だとかなりぼんやりしてしまいます。当時は茶系でまとめたバンビさんライリの方が評判良かったのはそのためかと。



でオビツボディに生まれ変わった二人ですが
留学生ライリ(以下「留ライリ」)「留学当時はS胸だったワタクシですが日本には鶏の唐揚げとかソイラテとか胸にいいという都市伝説のある美味しい食べ物がいっぱいなのデース。素晴らしいのデス。」
魔ライリ「…」



留ライリ「どうしマシタカ?」
魔ライリ「………」
は「いや箱表記が間違ってたとかじゃない限りそれがM胸だから普通の筈よ?」
「似てない双子」という設定なのでボディでも個性を出したいと留ライリをL胸、魔ライリをM胸にしたのですが結果生まれた胸囲の格差。オビツさんちょっと振り幅が極端すぎやしませんか。



留ライリ「胸サイズごときで悩む事はないのデス。アナタはありのままで十分尊いのデース」
魔ライリ「おねえさま…」(うるっ)



留ライリ「というワケデ」(がばっ)
魔ライリ「おおおおおおおおおおおおねえさまっなにがどういうわけでこうなるのですかっっっっっっっっ!?」(焦)



留ライリ「可愛いものを近くで見たいというのは人であれば当然の欲求なのデース。何ら問題はないのデス」
魔ライリ「ででででもちちち近すぎやしませんか」(汗)



留ライリ「…アナタが嫌なら仕方アリマセンネ…」
魔ライリ「いえおねえさまが嫌なんてそんなこと絶対ありませんっ!」←流されやすい奴
留ライリ(…ニヤリ)

…はい。今まであまり披露する機会がありませんでしたが、わたくし百合大好物でございます。しかし今までのカスタム子の場合同じヘッド使用でもシンナー縮小したせいで並べると大きさの問題でしっくりこなかったり受けにまわるようなおとなしい性格の子が中々作れなかったりしたのですが、めでたく百合要員ができました!!
とは言っても一応全年齢ブログだし垢BANは嫌なのでキャッキャゥフフ程度に留めるよう自制しようとは思います。この手の展開がお嫌いな方、そして健全なきゅーとファンの方すみません。とりあえず事前に注意書きはします…(やめる気は皆無)

そしてまだ写真はあるのでこのノリのまま次回に続きます。それでもいいよという方はまたよろしく。



魔ライリ「…わたし…この家に帰ってきて本当に良かったんでしょうか…」
留ライリ「ワタクシはこの上なく幸せなのデース!!」(キラーン!!)
…今回会話形式という事で効果等を増やしました。表情の書き換えまでいかなくても陰影のつけ方とハイライトの位置と背景効果でかなり遊べますね。
手持ちのクリップスタジオと連携すればもっと漫画っぽい効果が楽しめるかな。でもソフトの操作が死ぬほど苦手な私にそれができる日が来るのか…。

皆様の励ましが活力になっておりますので、お優しい方はぽちっとなと。
 ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

↑このページのトップヘ