なんかいる

ドールと写真と日々感じた事をたらたら綴るブログ。グラスアイ、可動関節人形の苦手な方はそっ閉じして下さいませ。

このブログはドール、フィギュアをメインに扱っています。
グラスアイ、リアル顔、アニメ顔、セルフカスタム、人外、
巨頭、市松人形など多々生息しておりますので
どれかに地雷がありそうな方はUターンして下さい。
また写真の加工も好きなのでよく行います。
そちらが苦手な方も(ry
リンクフリーですので興味を持った方はお気軽にどうぞ

なお写真の無断転載は禁止いたします。

使用カメラ  シグマDp2 merrill  オリンパスOM-D EM-5  オリンパスpl-2  写るンです

こんばんわ。連休もとっくに終わりイベントの戦利品を見ながら良き思い出に浸りつつ日常生活にぶーたれてる方も多いでしょう。まあ通常業務だった私にはいい思い出すらないがな!!
一応一人GWができるくらいは有給がたまってるのだが、とれそうなのはアパレルが暇になるであろう6月、つまり梅雨入り真っ只中(苦笑)まあどうせメイクやらカスタム三昧で家から出ないんだろうからいいけど…うーんもやもや。

さて。相変わらずPCの調子は悪いがそこそこのを購入する費用が不足中なのでそれまでは持たせるために「メモリを空けるため過去画像を消費しようキャンペーン」の真っ只中な私。
でもって最近記事タイトルがラノベ風長めになってますが、確かにこれってあんまり考えられずにつけられるから楽だw小説や漫画や曲のタイトルと言えば「短く覚えやすく語呂が良くテーマを内包しつつネタばらししすぎない印象的なもの」を目指せというのが定石だったんですが、一部分とはいえ時代は変化していくのねと思う私。
と記事に関係ない呟きは置いといて、まずはこいつのターンです。



泰「…なんか酷い言われ様なんだけど」
はるぴん(以下「は」)「何か文句が?」
泰「あーいいもう慣れたわ」(諦)
と言うワケで我が家では少数派の男ドールの泰です。

…ここからは私の偏見塗れの意見なのでお気を悪くされる方もいらっしゃるかもしれませんが…私の頭の中には男性ドールというとキャストで耽美でゴージャスな美青年や美少年か、アゾンやカスタマーさま作のキュートなアイぺっ子というイメージが浮かびます。元々ドールというのは夢や理想を具現化するツールという側面が大きいのでそれは正しい姿だと思います…が。
いざ自分が作るとなると見事に普通の兄ちゃんに(爆)
もちろんベースはヘンゼルヘッドだし縮小もしてあるので私のメイクのへたれ具合を差し引いても顔もスタイルもそこそこになった筈なんですがw



は「うーん小さいサイズのウィッグはしっかりミストで撫で付けないと変な風にふくらんじゃうよね」
泰「言っとくけどそれ俺のせいじゃねーぞ」

別に男嫌いと言う訳でもないしむしろ美形は大好きだし一時期腐っていた事もあるのですが、女集団の中に一人というとどちらかと言うと少年マンガのハーレム物の一見ごく普通の兄ちゃんの方がしっくりくるんですよねえ。もし美形だとしたら超勘違いしたギャグ担当になりそうな気もするし。
それにいつかはブンドドやりたいので、その場合女子同士のキャットファイトはいまいち好みじゃない私としてはザコ戦闘員というかサンドバッグ役がほしかったんですよ。
だからイメージとしてはモテなくて超回復力もない物語シリーズの阿良々木くんみたいな。
泰「いやそれいいとこ全然ないしてかフツーに死ぬし」






泰「なんかアングル似てるし顔もよく見えなくね?」
は「いやー実は本文途中まで打ってから肝心の写真ストックが少ない事に気づいたんだよねー。でもせっかく打った文消して新しい内容考えるの面倒だしー」
泰「…カテが「複数」だった時点でそんな予感はしてたけどな」
いや私ももっと写真あるかと思ってたんだけどwやっぱ野郎は女の子よりポージングがむずかしいというか、格好つける場合は全体的に服もセットも凝って世界観ごと構築しないとただの痛い奴に見えるし女顔でもない奴がかわいこぶってたりしたら殴り殺したくなるしでなかなかバリエーションが増えないですね。



等身だけは八頭身のモデル仕様なんですけどもねwちなみにこいつの履いてるデニムはTYYAのプライス用。巨頭とのバランス上かなりダブダブに作られていたので試しに履かせてみたらウエストはジャストサイズでした。長さは…シワ加工分を伸ばしてみたらちょっと短いけどギリ許容範囲?
ここのブランドのデニムはリアルでいいです。特にこういう普通というか地味コーデほどどこかにいい物を使わないとダサくなってしまうのでね。他のサイズも展開してるのでもっと欲しい所ですがデニムは色移りが怖くてw
その点は全身ABSの旧オビツ六分の一はほぼ気にしなくていいのでありがたいです。



やっと顔のわかるカットをwとは言ってもこのサイズをアップにするとアラが目立つからあんまりやらないんですが。ヘンゼルヘッドはちょっと童顔なのと16歳という設定上、ガタイだけはいいけどまだまだやんちゃさが残るってイメージで、メイクも極力シンプルにしてます。

そしてこいつだけでは枚数少な目&地味なので同じ日に連れて行った「彼女」にも登場願います。



文「私以外にも一緒に言った子はいる筈ですけど」
は「そこはほら君は文字通り彼女ですし」
かなり前に一度ちらっと言っただけなので誰も覚えていないでしょうが、この二人は唯一の我が家公認バカップル。しかも文は幸薄地味系とは言え面倒見の良い美人OL設定。つまり泰は残念と言われようが我が家では正真正銘の勝ち組なのでしたw



文「妹たちには貧乏籤引いたとしか言われないんですけど、私まで見放したら流石に駄目だろと思って…」
は「うんそれ典型的だめんずに引っかかる長女思考だね!」
泰「誰がだめんずだよ。大体もうそれ死語だろこのババア」
は「ほう大家たる管理人に向かってそういう口をきくのかねこいつは」
文「素直なのは泰のいい所だけど世の中には言っちゃ悪い事ってものがあるんだから謝りなさい」
泰「…なあ何気に文の方が傷口に塩塗りこんでね?」
は「…そういうとこがあんたらがお似合いのバカップルって言われる理由なんだよ」(呆)






…という事で最後はいちゃいちゃツーショットで〆る2人なのでした。



玄「…リア充爆ぜろ」(ボソッ)
は「あーあんた彼女いないもんねー。男ドールはあと進がいるけど50過ぎたおっさんだからもう枯れてるし女性陣のおもちゃにされてるわけでもないし」
可動ソフビドールは男性オーナーが多いし、女性にしても前出のように理想を求める人が多いので本当に少ない凡人男性ドール。ましてやカップルとなると一歩扱いを間違えると寒い上、大抵のオーナーさんは「ドールに一番愛されているのは自分」というスタンスなのでほとんど見かけません。たまに女性が同姓ドールに感情移入しているいわゆる夢小説的なものがあるくらい?
が、寸劇したかったり人間模様に興味のある身から言うといろんなタイプや立場の奴がほしかったりします。それこそ冴えない小太りのおっさんとかエロ爺とかねwそういう「既成キャラ」はアクションフィギュアでは販売されていますが、オリジナルで作るのは結構むずかしかったり。でもスパイス的立場としては導入したい所です。
ちなみに女性でも格好いいおばあちゃんキャラは欲しいのでハロウィンの時期になるとヘッドに転用できそうな魔女の置き物を探してみるのでしたw

こんな王道から外れまくったキャラだらけのブログですが、たまにはそれもいいなと思った方はぽちよろを。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

こんばんわ。やっと連休2日確保したはるぴんです。…まあ鋭い方はお分かりでしょうが、土曜から仕事なんで単なる普通の週休2日です(泣)当然疲れてぐーたらして終わるのでイベント類は毎度のごとく全パスです。
行く方々はどうか楽しんできて下さいませ。

さて。前回PCの不調について愚痴りましたが、あれからどうにか最低限作業に必要な空きメモリを捻出。しかしまだまだ不安が残るのでとにかく過去画像を消費しようキャンペーンは続くのでした。



で、タイトルの○○に入る言葉ですが…正解は「ちびは高い所がお好き?」でした。わからんわなそんなのw
という訳で今回は睡のターンです。ちなみにここは前にフェアリーヘッドの燐を撮ったのと同じ公園…というか同じ日なんですけどねっ。六分の一以下サイズの子は持ち運びやすいので大体4.5人連れてってまとめ撮りしとくのがいつものパターン。なので見た事ある背景がしょっちゅう出てくるのはお許し下さい。
というかそもそも基本行動範囲が近所なので日が変わっても場所は大して変わらんのだがなw季節に合わせてあちこちロケに出かける方々の気力体力熱意愛情には感心&尊敬です。






タイトル通りジャングルジムにおすわり。小さい子は地面に立たせても移りこむ情報量に限りがあるといいますか、こうして高さを稼ぐ方が空が写って広がりが出るんですよね。
…まあ一番大きな理由は「這いつくばって撮るの面倒くせえ」なんですが(死)というか普通にそこらへんで撮ってるので這いつくばってたら目立つというか不審者臭全開ですからねっ!!
「片手にカメラ、片手にドール」という手もありますが私のへっぽこな腕だと間違いなく手ブレしますので(泣)必死に置き場所を探すのでした。あと六分の一よりちびだと持つ所も小さいからうっかり手も写りこみそうだし。



ピコDボディは足が重く重心が下にあるので初期ピコSボディより自立はさせやすいです。がその分股関節に負担がくるのかすぐゆるゆるに(泣)こいつも足上げポーズ保持はできません。がぐーたら者という設定なのでそのぐったり感がアリというか、ボディの個性にキャラも引っ張られるといういい例ですな。
ピコSはフル可動になってから格段に性能が上がったのでピコDの方も楽しみです。でもにーもボディ全般に言えるんだけど膝は旧の方が綺麗なんだよね…。



一旦は没ったけど再現像で復活。ハイライトや逆光を後入れしてみました。この写真だとボケてますが一緒に写ってる猫のガチャはなんとなく合わせてみたらいい感じだったのでそのまま相棒化。ドール単体もいいけど他の何かと絡めるとそれはそれで物語性が出てよいですね。



撮ったのは夏なのでこの花が満開中。そしてこの花の名前を僕は知らない(いや調べろ)
ツツジやレンゲもですがマゼンタに近い赤の花は現像時に色飽和との戦いが待っている…。階調を残しつつ鮮やかにするのは本当に難しいです。



そこに木かあれば上るのが私のジャスティス。






座りポーズは安定性がいいとはいえやはりバランス取りは大切なわけで。こいつ(と旧ピコSボディの銀)はウエストをぶったぎってオビ球で繋ぐというとても素体を人様に見せられないカスタムをしております。そのかわり体育座りや胴体横倒しができるくらい可動が広くなったのでポージングの際のバランス取りがかなりしやすくなりました。座りではありませんが一枚目のポーズとか無加工のままでは絶対できませんし。
ただバランスがよくなったとはいえやはり高い所に乗せるという事には落下のリスクがつきものでして。
…ぶっちゃけると睡に関しては新宿のビルの吹き抜けで突風に煽られ二階相当の高さから下の側溝に落とした事があります…。幸い水が貼ってあったので上半身と下半身が外れただけで済みましたが、自分では手が届かなかったので清掃のおじさんが通るのを待って頼んで更に二時間待って網で救ってもらいました(殴)
さすがの私もこれには反省したので自分の身長より高かったり向こう側に落とすと取れない塀の上とかは用心するようになりました。いや、例えば子供が「すいませんおたくの庭にボールが入ったので取らせてください」とチャイム鳴らすのはまだしも、いい大人が「すいませんおたくの庭にドール落としたので取らせて下さい」はねぇ…。いくら私でもこっぱずかしいぞ。
また高い所じゃなくても「海岸で撮ってたらうっかり転落、そのまま波にさらわれた」という話も聞くので、不安な人は無茶はしない方がいいです。私は多少の破損は自分で直すつもりなんで結構扱いが荒いですがそれも手元にあってこそですし、ましてや直せない子ならなおさら慎重にとか思うんですが、撮影に夢中になるとつい我を忘れるので怖いです。こんなだからキャストや創作人形に手が出せないんだなw
でそういう過去があったのでこいつにはなんとなく頭が上がらない私です。
睡「…だからってなにかしてもらったおぼえはないよぉ」
はるぴん「うっそれを言われると」
そのせいか儚げ伏し目ちゃんのつもりで作ったのに今ではたまに毒吐きジト目ちゃんになってしまいましたよw












野撮恒例終わりのひとり打ち上げinアフタヌーンティールームカフェ。オサレカフェってだいたい薄暗いのでピントがシビアなドール撮影には不向きですwなので最後はドール抜きで雰囲気写真に走ってみましたw

睡「…ねえねえけっきょくのところどこでとるかきめてるのはとってるかんりにんだよね?」
はるぴん「まあそう言われればそうなんだけど」
睡「じゃ「「馬鹿」は高いところがお好き?」でもせいかいなんじゃないの?」
はるぴん「…」(言い返せない)

そんなこんなの相変わらずなお馬鹿ブログですが今後もお付き合い下されば幸いです。

世間の行事ガン無視で進む話題性も何もない記事ですが、それなりに楽しんでいただけたならぽちよろを。
 ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

こんばんわ。お久しぶりのはるぴんです。仕事が忙しいというのはさんざんぼやいていたのですが、追い討ちをかけるようにPCの調子が絶賛悪化中(泣)
まずは画像編集用のノーパソが何もしなくても空きメモリが減っていく状態になり画像の取り込みができず編集も激重…。ググル先生に聞いてバックアップ無効にしたものの状況はあまり変わらず、いらないファイルの削除とのいたちごっこです。
あとネット用のPCも激重になりページによっては開くのに30分以上かかる上画像表示ができない事もあるという…ただこっちはそろそろ10年近く使ってるんで仕方ないとも思ってますが。Vistaだしなw
というか先月めっちゃ働いたので私にしてはささやかな余裕ができた所にこれだよ!!なんで生活必需品は臨時収入時を狙い定めたように壊れるんでしょうかね。まあ金欠時に壊れられるともっと困るんですが、あれ買おうこれ買おうと夢見た所に水をさされるがっかり感は半端ないっす。ああうちの連中からの「ボディはー?新しい服はー?」という声が耳に痛い(てか結局ドール関係にしか使わないんかい)

でまあそんなこんなで更新の方は滞ってたんですが、水面下では6分の1っ子を新しくカスタムしたりリメイクしたりウィッグ変えてイメチェンしたり服を買ったりメガネガチャを回したりガバナーローズちゃんの頭をガチャフィギュアに差し替えてみたり武装神姫やデスクトップアーミーをお迎えしたりしていました。
…そんだけやってどの口が忙しいとか言うんだとお思いでしょうが
これくらいやらないと私のストレスは納まらないんだよぉぉぉぉぉぉぉ!(絶叫)
ふっどうせ先の事などまったく考えない年中ビンボー江戸っ子キリギリス気質さ(開き直り)
ただPCを購入したとしてもデータ移動やソフトのインストールし直しという苦行が待ち構えているので、当分写真は過去ストックからの流用でしのぐ事になりそうです。今使ってるカメラ両方とも型古いんだけど最新ソフトインストールしてバグらないんだろうかと不安なPC、カメラ音痴の私。写真撮ったり現像や加工するのと機械が得意なのはまったく別物ですからねえ。



という訳で画像がないとあれなので重さと戦いつつ過去ストック没写真からの再現像。これは今は無き前アパートのドール置き場の普段の一コマですが、このカスタードイエローの壁は今見るとレトロで好きだったなと。とっちらかってるのは今も昔も変わりませんが、お洒落に散らかすという超高難度技はいつ見につくんでしょうか。



これはオリンパスEM5を買った時フィルターを色々試した中の一枚なんですが、どれを使ったか忘れてる上に再度エレメンツで調整したので見本としての意味なくなったよねという。
私にはめずらしいふんわり系青転び写真です。しかしスクエアサイズは好きではあるがブログの仕様だとでかく表示されるので粗が目立つのが怖いです。



初野外の時の音さん。最近根性がなくてドールの野撮してません。新しい子の順番待ちもあるんで古株の出番が回ってくるのはまたしばらく後ですかねぇ。



初期ウィッグの録。私の中ではブログ開設前からうちにいる奴らが古参ってカンジでして、こいつはアパート引き払ってから最初に来た子かな。とうとうウケ狙いというか好奇心に負けてDDに手を出してしまいましたw
そしてやっぱ(あくまでうちの子の中では)数字持ってるなと再確認。みんなDD好きなのね…。

で今回思ったのは「私にとってドル活とドール写真を撮るのはある意味別物」という事です。
というのは、うちの場合完成して性格のついたドールはしまわずに出しっぱですぐに顔の見られる場所に置いておきますし(ヘッドのみの子でも胸パーツつけてスタンドに立ててある)何人かはすぐ手の届く所にスタンバってますのですぐにポージングして遊んだりできます。なのでドル活をしてない日っていうのはないんですよ。
ただネットに上げるなりイベントに行くなりして発表しないと他人からは「何もしていない」としか判断できませんわな。
スマホじゃなくてガラケーだからってのも大きいんでしょうが、たとえ機種変しても更新ペースが上がるかというと、やはり撮って出しとかスマホアプリでの加工だと私的には多少の不満が残るんでPCとソフトとある程度まとまった時間は必需品になりますね。ここが「とにかくうちのこのかわいさを伝えたい」という人との違いのような気がします。というかそもそもうちのこ私にとってはどんな子より大事で大好きですが、根本的に私の好みが一般とズレてるのとカスタム技術がへっぽこのせいで客観的に見たらあんまかわいくないしさw
私の場合ドール写真とは言っても、あくまで写真は別物でまずイメージがあってドールにはそれを再現するためにモデルになってもらう形なので、ある意味「ドール遊びとは繋がっているが別の趣味」になるのです。
で時間が限られてる場合は「ドール遊び」の段階で力尽きるというか満足しちゃうとw

もともとドール購入とともにブログを始めたのではなく、ドール初お迎えから写真を撮るまでに2年、ブログ開始までは実に5年という腰の重い女なので今の状況はある意味原点回帰と言えなくもないんですがw
でもブログを始めたことによって交流させていただいた方からの暖かいお言葉や刺激は何物にも代え難いものがあります。影響をうけたりいろんなやりとりがあったからこそ生まれた灯や幸みたいな子もいますし。
なのでなんとか時間を作ってバリバリ更新したい所です。
そのためにはまずPCと撮影環境の改善をしないと、このままではただでさえ無い時間と精神的余裕がゴリゴリ削られていくw
とはいえ最初にも言った通りPC新調してもセッティングに時間とられると思うので、更新ペースはスローなのがしばらく続くと思います…のでよければ時々過去記事でも読んで暇潰ししてみて下さいw
GW週?普通に週休2日シフトですが何か(泣)



そして唐突に始まる「PC内整理のため風景ストックを救えシリーズ」この頃はミニ三脚使用だったんですがタイマーを使う知恵が無くブレてます…が雰囲気が好きなので図々しく採用するんだぜ。






夜景を絞り優先で撮ると超スローシャッターになるので車が通ると意図せず下のような写真にw



あえてありえないような空の色に現像して遊ぶの図。

というワケで更新は停滞しててもドールやフィギュア熱は悪化もとい更に高まっているんだぜという報告でした。ひで郎さんやSatomi様との三姉妹コラボ企画もありますし、まだ紹介してない子の記事、メイク待ちのヘッドが6個ほど転がってる(死)などなどネタは頭の中には腐るほどあるので気長にお付き合い下さいませ。

心折れそうな時の特効薬になりますので心優しい人はどうかぽちよろを。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

こんばんわ。昼の2時に起きてもまだ眠いはるぴんです。本来なら休みだった筈の昨日にしれっと仕事を入れられてへたる私。最近は休み初日は寝こけて何もできないと割り切っております。だから2日連続休みがないと私事が何も進まないわけでね…(涙)ずれこんだだけで明日休みだといいなぁ…。
とにかく部屋の整理をしないと何もできない所まで来ているのは確か。大体諸事情で生活空間が10畳から四畳半になり、荷物は減らしたものの引越しダンボールを入れた時点で部屋が半分埋まり、その後もストレスで色々買ってでも開けることすらできず買い物袋が積み上がっていくという…。特にドール、プラモ、ハンドメイド好きの場合不定形の細かい資材が多いんで徹底した分類は必須なんですが時間と棚が足りない…。
あー写真撮りたいドールメイクしたい部屋セット作りたいドール服作り始めたいレジン始めたいパテこねたい塗装したいイラスト描き再開したいいいいいい!!!(全部材料はあるんだが腐海化した部屋に飲み込まれてすぐに出せない状態)どうにかして整理システムを一から構築しないといけませぬ。
てか本人の部屋はともかくドール部屋兼撮影スペースすら定位置がなくなったりあっても戻すのが面倒で居座ってるドール達やら脱ぎ散らかしたドール服やらしまう気力のない撮影小道具やら買ってきて開けてないドール用品(少なくともここに置いておけば他の物にまぎれて無くなる事はないので)でドールサイズ汚部屋になっていくのはなんとかならんもんか。
マジ掃除洗濯ごはん作りしてくれる嫁がほしいです。養う甲斐性はないけど。
フルタイムで働いてるお母さんとかどうやって自分の趣味の時間を捻出してるんでしょうか。家事や子育てそのものが趣味じゃなかったら…というか私だったら確実に発狂するわ。ま、こんなだから独り身なんですが。

とまあ愚痴という名の前置きが長くなりましたが、そんなこんなで写真を撮る時間が無くまたストック写真で記事をでっちあげる私です。

さて。一口にドール撮影と言っても、服や小道具に拘って一枚絵としての完成度を追求したり、ポージングや見せ方でまるでドールが生きてるように演出したりと人によって拘るポイントは様々です。で、拘り始めると必要なのに邪魔になってくるのが「ドールスタンド」の存在です。対応としては
①必要悪と割り切って使う
②使うけど工夫して隠す
③使うけど後でソフトで消す
④使わない
のどれかになりますが、私は④(今後は②、③もありえる)ですね。一応持ってはいるんですけど保管時にしか使ってなかったりまだ組み立ててなかったりします。
で使わない理由は前出のように演出上邪魔ってのもありますが、真の理由は
面倒くせえ。…だったりします。さらに野外となると
これ以上荷物増やしてたまるかが追加される(死)
基本「街中をぶらぶら歩きながらこれだと思った場所を見つけたらゲリラ的にさっと出してさっと撮るスタイル」なので機動力が命の私はスタンドをセッティングしている時間も惜しい…ので、自分なりに多少は工夫してはいます。
もっともオビツしかいなかった時はあまりその辺考えなくても素体の力で自立してくれたのですが、そうじゃない素体も増えてくるとやっぱ多少は考えないといけないワケでして。
で今回はその一例としてにーもフレクションボディの姫の野撮写真を挙げて説明したいと思います。
まずは
①膝立ち



姫「これブレっブレでピントが葉っぱに行ってんじゃない?また枚数稼ぎ?」
はるぴん「その通りだけど今回はそこは見逃しておくれ」
で、「いやちょっと待てアップだったら関係ないでしょ」という突っ込みがきそうですが、まさにこれはバストアップ撮影時に使える技です。この場合その辺の花壇の淵のコンクリ部分にドールを配置しているのですが、座り姿勢だと低くて花と一緒に写せなかったんですよね。膝立ちだけでも結構な安定感が出ますし、写らないという事で手持ちのカメラの予備バッテリーとかwを重石にしたり挟んで安定させたりできます。わざわざお立ち台スタンドを持っていかなくてもカバンで底上げして高さ調整なんかもアリ。フレーム外だから写らないしっ。汚れるのが嫌ならティッシュかハンカチでも敷きましょう。

②座らせる










これは家では定番ポーズ。下手すると立ちポーズより枚数多いかもしれませんw場所さえ見つかれば、縦構図にも横構図にも対応でき上半身の自由度も高く変化のつけやすいポーズです。二枚目は一枚目を撮った後違う花壇で上手く花と高さの合う場所を見つけたので撮りました。
ちなみににーもフレクション素体はそのままでは後ろにそっくり返る状態になってしまうので、見た目が耐えられるギリギリまで股関節とふとももの干渉部分を削っています。前かがみになれるかというのは重心の取り方に関係するのでポージングにおいてかなり重要ですし、削る程度の改造ならそうそう失敗はしない…と思います。
あっ今気がついたけど4枚目ぱんつ見えてるが私は気にしないからいいや。
姫「…そこは気にしろや」(怒)
座りポーズの場合このような意図せぬパンチラが時々ありますが…没にするか否かは個人の好みですね(マテ)



もちろんそのままアップに移ってもオッケー。

③寄りかかる



自力で立てないならば何かに頼るしかないという事で、撮影ポイントを探す時は「よっかかっても不自然にならない何か」があるかが結構重要w幸い家は街撮りメインなので意外とそういうものがあります。
ちなみにこれは某郊外のデパート内。「そんな所で撮るなんて…」と言う人も多いでしょうが、前から何回も言っている通り平日なら観光地よりもよっぽど人否です。それに「街中=人ごみ」も偏見で、意外と人が来なかったり通りが途切れたりするタイミングは多いんですよ。六分の一なら「自分の体で隠す」という裏技がありますし、見られてもマナーを守った上で堂々としてればそうそう変な目を向けられたりもしませんよ(と思う)



これは階段の踊り場にある休憩所の窓際で。階段はあまり人の来ない穴場撮影スポットです。もちろんたまには人が通りますが、階段利用者ってマイペースなのかあまりこっちに注意を払わず去っていく傾向が多いような。






で気に入った場所が見つかると似たような写真を量産する悪癖。惜しむらくはガラスに入ってる格子線が無ければ…なんですけどね。てかこれにピントもってかれる時もあったりするし。
ちなみに今回去年の現像と今日現像したのが混ざってます。前の方が自然に近くはあるけれど、ぱきぱき写真好きとしては今の路線で行きたい所。とは言っても些細な差ではあるのですがね。

で、立ちポーズの場合、足首と膝関節の硬さが重要でして、にーも素体をお持ちの方の中にはハズレ引いたり古くなったりして立たせると膝から崩れ落ちるという経験をした方もいらっしゃるのでは。そんな場合のお勧めが
「木工用ボンドの流し込み」瞬間接着剤と違って不要になったらぺりぺり剥がせるしお湯でも落ちます。但し間接塗装をしてる場合それも一緒に剥がれますw私の場合自分でやってるのでちゃちゃっとやり直しますが、ディーラー製のカスタムボディの場合はやめときましょう。
またフレクションボディやソフビヘッドは煮てから組み直すと歪みが直って保持力等が復活する場合がありますが、加減を間違えて煮すぎると逆に変形したり、うっかり他ボディや新ボディの場合ABS樹脂部分を煮ても不安なのであくまで自己責任で。
ちなみにこのボディ煮、汚れ(残念ながら色移り等の沈着製汚れには効果ナシ)落としや匂い消しにも効果あります。その場合は中性洗剤や重曹を加えてもいいでしょう。でも吹き零れるので鍋の前を離れないようにね!!
足首についてはジョイントをオビ球に変えるか、ブーツを履かせて固定しちゃうかかな。

他にも今回書かなかった方法としては「寝転がりポーズ」(ただし人が入っても平気な芝生や草むら限定。間違っても花壇でやってはいけません!)「靴に磁石を仕込む」(足場が鉄ならこうかはばつぐんだ!)などがあります。
私は手ブレするのでやりませんが「片手にドール手持ち、片手にカメラ」もメジャーな方法ですね。

とまあつらつら書いてまいりましたが、にーもは今後エモーショナルボディに移行するという事、オビツ24のボディラインが飛躍的に向上した事などを考えるともう必要の無い知識になるかもしれません。しかしどうも新ボディの評判がいまいちというか、私も店頭で触ってきましたがSなのにXSに近くにーもの最大の魅力のむっちり感は減っていますね。またオビツのように軟質素材が使えないので股間や膝裏の切れ込みが大きくなりそこが気になる人もいるでしょう。ボディフェチとしては白肌が一般発売されたら即効買いますがw不評の手首ジョイントはどうせオビ球で対応できるよう改造しちゃうしね。
そんな感じなのとやはりフレクションに愛着があるという方もいると思いますので、外撮りでポージングに悩んでる人や野外デビューする方にちょっとでも参考になれば幸いです。
でも一番大切なのは「常日ごろから色々遊んでボディの癖を掴む」事だと思います。野外の場合室内より足場が悪い事が多いのですべてが応用できるとは限りませんが、自分の中の引き出しを増やす事は決して無駄にはならないと思います。ま、やることはドールで遊ぶだけですんでw固く考えずに楽しくドール写真ライフを送りましょう!!

~おまけ



ドール写真とは関係ありませんがガラス超しの風景を撮影したい場合ガラスにレンズを密着させればこのように格子模様やガラスの汚れは飛びます。やっぱ私フォビオンセンサーの雲の描写は好きだわー。
ただ手ブレ補正が無いので片手撮りができないのと日陰に入ると途端にシャッタースピードが落ちるのでまめに設定変更が必要なのとドールの場合必要以上に汚れやメイクミスや埃といった粗まで拾ってくれやがるので現像が大変ですが、昼間の野外では手放せませんね。

何だかんだで最近は週一ペースまで更新頻度が落ちてしまってますが、もう少しハイペースにしたいのでモチベ維持のためにできれば応援のぽちよろを。
  ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

こんばんわ。ネタはたまってるのに写真撮る気力が絶賛壊滅中のはるぴんです。そして外は暴風というか春一番?買い物に行く気力もなく明日の朝ごはんどうしようと悩みつつ今回の記事は過去ストックからサルベージしてお送りいたします。とは言っても久しぶりの「記事内容に関係ない写真(ドール以外もあり…というかむしろそっちの方が多い)をぺたぺた貼るといういわゆる「没写真を救え!!」回ですが。
そして毎度のごとく記事内容は独断と偏見に塗れており、人によっては不快になったり耳が痛かったりするかもしれませんがそういう時はすばやくUターンして下さいませ。



(微妙なので未現像だったものをとにかく弄くりまくってみたヤーツ。がやはり微妙さは抜けず)

さて。今やインスタ、ツイッター、ブログ、フェイスブックと誰でも仕事関係の宣伝や趣味や私生活を世界に発信できネットで沢山の人と繋がれる時代。新学期や就職と言った生活の変化を機に新たに始めてみようとする方も多いのではないでしょうか。
だがしかし。来る人もいれば去る人もいるという事で、あれほどやる気MAXで始めたのに最近更新頻度がた落ちだよー!!という私のような方もいらっしゃると思います。というワケで今回のタイトルになったのですが、何のことはない自分の頭の中の整理と分析と言い訳なので適当に読み流して下さい。
なお今回の文章は仕事でやっている人や有名ブロガーといった「確実な読者がいて利益等が発生する」ケースではなく「あくまで趣味でやめても特に実害は出ない」タイプについてですので。






(趣味に走った鉄塔夜写真。好きな人からは割と好評だがここはドールブログなんで興味ない方すいません)

で更新が滞る理由を自分なりに分析してみましたが、大まかにわけると
①物理的理由
→①時間がない
 ②体力がない
 ③PC,スマホ、カメラなどの機器の不調
②精神的理由
→①全般的に気力がない
 ②飽きた、他の趣味ができたなどのモチべダウン
 ③人間関係での疲れ
などが思い当たりますね。もちろんどれか一つが原因などという単純なものではなく、いろんな原因が絡み合っているのが普通だと思います。ちなみに私は①の全部と②-①ですかねぇ(苦笑)
この中の①-③の機器の不調というのが曲者でして、時間がない時にPCが重かったりフリーズしやがると倍HP削られるといいますか…「ブログからツイッターやインスタメインになった」というケースが増えているのは撮って出しでアプリで簡単加工ですぐ転送、そして見る側の反応も早くて多いからでしょうね。てか機器に関してはいい加減買い換えたら済む話でもあるんだがな!!

とりあえずこのように並べてみましたが、マイナス要因が一つであれば意外と他の要素で乗り切ったりできるものです。例えば忙しいのにバンバン更新しているのはモチべの高さが他を上回って尚且つそれ自体がストレス解消の一部になっているからかと。



(なんとなくふんわり写真を目指してみたらしい当時の自分)

このモチべMAX期真っ最中だと、えてして「好きならどんな大変な事も乗り越えられる筈!!」と停滞気味の他人に暴言吐いたりしてしまいがちなんですが(経験アリ)色々あったり落ち着いたりしてみると「いやいや世の中「凄く好き」と「凄く嫌い」の間にもいろんな好きの形があるから」と当時の自分に言い訳したくなるのですよ。で「あの時の自分はどこ行った」とか思ってみたり。
よく言われる物事を続ける最初の山が三ヶ月目っていうのはこの初期衝動モチベが切れたと同時に興味そのものも失ってしまった状態なのでしょう。まあ未練を残さずさくっと切り替えられたのならそれは精神衛生上よろしい事ではありますが。






(睡の自己紹介カット用の没写真。今はこのウィッグが駄目になったので同じ黒のロングウェーブに変えてます)

「趣味なんだからそれが原因で辛くなったら本末転倒じゃーん、さくっとやめちゃえばー」という意見もごもっともですが、私の場合ドール趣味というか家でこそこそドールと遊んだりカスタムしたりはやってるので「ネタはある、更新したい!!でもこの状態で写真撮っても後で見てとんでもないものしかできない!!」というね…。
この「更新したいけどできないパターン」も人それぞれで「ネタそのものが思いつかない」「フォロワーさんの中に関わりたくない人がいる」などがありますね。
更新したい人というのはやはり自己表現とその対象が好きで、更に何人かネットで繋がってる方がいてその方に忘れられたらどうしよう」という気持ちがあると思います。
やっぱり趣味の世界でも人間関係は大きなファクターのようで、「反応がなくて空しいからSNSやめる」という方もいれば「知り合いと繋がるため惰性で続けてる」という方もいますし。
「インスタ疲れ」という言葉ももう出てきてるあたり、人の業って深いよねえって思いますw



(またなんとなく懐かし女子カメラ風夜写真)



(アンダーでノスタルジックに…というと聞こえはいいが単に暗かっただけだというね。前のアパートでの写真なので個人的ノスタルジー感はあるが)



(自分で撮ってきた写真をモニターに映して背景に。いつ見ても無駄なドヤ顔の光である)

世の中上手くいかないもので「好きなのにできない」「嫌いなのにやらなきゃいけない」というストレスはSNS関係に限らずあちこちに溢れています。私なんかはまだ人間関係問題がほぼないからましなほうなんでしょう。
仕事に関しては「嫌いじゃないけど年なんで体力の限界ってもんがあるんですよ!!」というカンジですかねw
かと言って暇になりすぎると時給制の場合先立つものが…という問題がw
長い事フリーだったんで「仕事ある時はとにかくぶっこむ」という貧乏性が抜けません。ただ忙しいと節約する余裕もなくなるのとストレスでの衝動買いで思ったよりお金はたまらないんですがね…(遠い目)



(雲ひとつない晴れの日の夕焼けは空のグラデの諧調の調整が死ぬほどむずかしいと思い知った例。ほどよく雲のある日にドールも連れてリベンジに行きたいと思いつつ中々行けない…)

とまあぐだぐた書いてはみたものの、私にとってブログはあくまで趣味で別に止めようが誰も困ることはありません。だからこそ自分の意思が全てを決めるわけです。そして私はドールははもちろん写真やこんな駄文を書き散らかすのも好きだし、数少ないかまって頂いてる方ともこれからも縁を繋いでいきたいのです。
という訳で、最近の悩みを整理するためにうだうだ書き連ねてきましたが、結局は「まあできる範囲でたらたら続けるから見捨てないでね」という今までと何ら変わらぬ状態が続くだけなんですけど(殺)
ほらアパレル関係は半袖出る前にいかに長袖売り切るかが勝負だから!!もう少ししたら落ち着く筈だから!!(笑)
と己に言い聞かせて日々がんばる私なのでありました。
…最近の暑さで無駄に半袖の出荷が倍にとかならなきゃいいけども。



(多分まだ使ってないと思う空さん写真。このウィッグも現在相当傷んでるので次を探し中だが、MSDサイズの選択肢がどんどん狭まっている気がするのは私だけだろうか…)

今似た様な悩みをお持ちの方も、これから環境が変わって同じ悩みを持つ方も、煮詰まったらこんな風に問題を切り分けて考えるのもアリだと思います。
で、その結果やめる事になってもそれで自分が納得するならかまわないんではないでしょうか。
中には「自分があれほど好きだった事に飽きたり嫌いになったりする事」に罪悪感を持ってしまう方もいるかもしれませんが、時は流れて人は変わるものなので「好き」との別れが来てしまう事があるのも仕方ないのです。
だから他人が何を言おうが気にせずに(まあ休止するなら挨拶して頂けると見てる側は安心しますけど)
で、気持ちが戻ったらまた再開すればそれでいいんです。趣味だもん。
自分の嫌いな奴のために自分の好きな事に制限かける程馬鹿らしい事はないよ。…とは言っても上手く立ち回れない時もありますが、自分に正直かつ無駄な見栄やプライドのために人の足を引っ張ることのないよう「うちはうち、よそはよそ」精神でいきましょう。
プレッシャーになるかもとはわかっていても好きな方にSNSやめてほしくないというのも本音なんですが、辛そうにしているのを見るのも後で実は辛いのを隠してたって知るのもそれはそれでいやという矛盾というか我侭なのが人の困ったところ。自分がブログ始めてからは一年ちょいだけど、ドール暦は5年超えなのでその間にも好きだったブログが無くなったり更新停止したりしてるケースが多々あるんで…。そういう方も趣味が変わったとしても知らない所で健やかに日々を送っているのなら幸いです。

とまあとりとめもなく語ってみた今回の記事でした。実は水面下で訪問者数がキリのいい数字になったんでその記事とそれ用の撮り下ろしがしたい所なんですが、先の事はまーったくわかりませんw
こんな奴ですが今後ともよろしくお願いいたします。

へたれかけたモチベの特効薬になりますのでお気がむいたらぽちよろを。
  ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

↑このページのトップヘ