なんかいる

ドールと写真と日々感じた事をたらたら綴るブログ。グラスアイ、可動関節人形の苦手な方はそっ閉じして下さいませ。

このブログはドール、フィギュアをメインに扱っています。
グラスアイ、リアル顔、アニメ顔、セルフカスタム、人外、
巨頭、市松人形など多々生息しておりますので
どれかに地雷がありそうな方はUターンして下さい。
また写真の加工も好きなのでよく行います。
そちらが苦手な方も(ry
リンクフリーですので興味を持った方はお気軽にどうぞ

なお写真の無断転載は禁止いたします。

使用カメラ  シグマDp2 merrill  オリンパスOM-D EM-5  オリンパスpl-2  写るンです

こんばんわ。「朝晩が涼しい!!」という当たり前の事に感動しているはるぴんです。きっと皆も同じ気持ちに違いないよ。でも私の部屋は諸事象により夜窓を開けていられないので当分はクーラーのお世話になるのであった。正直のど風邪気味なので健康には悪いのはわかってるけど暑くて寝不足になったり脱水症状起こしたりとかやだしー、ホント究極の選択である。このまま涼しくなってくれればいいけど、そう上手くはいかないだろうしねぇ。

さて。今回は空さん野撮は一休みして、超久しぶりのドール紹介でございます。今紹介が終わっているのはブログ解説前からいるいわゆる「古株組」なのですが、初めてからの一年半ちょいでまあ増えましてwここらであらためて紹介記事を充実させたい所なのです。ほとんどの人は遡ってまで他人のドールの性格なんぞ調べないでしょうが、当人の気分的に一度きちんと紹介した方が出しやすいのでね。
後はそろそろ過去写真のストックがやべえという切実な理由と、自己紹介記事は写真一枚ですむので現像に手間どらずさくっと更新できるという殴られそうな理由から。とは言っても紹介文考えるのはそれなりに頭使うので、どちらにしろ楽な道はなさそうである。
ちなみにプラモっ子の紹介記事を書くかどうかはまだ悩み中。骨やキノコやスライムにすら名前があるのに差別かなとも思うんですが、なまじ組み換えが効く分気がついたらまったくの他人になってたりするのでw後は単純に増えすぎて収集がつかなくなってる…(そして今後も増える)
まあホーネット'sくらいはページ作るかとも考えていますが、「予定は未定、決定にあらず」といういつものパターンになりそうですな。と問題は思いっきり先送りしてドール紹介行きます。

華(はな)

ヘッド…リカビジューシリーズキャンディデートオーバーメイク、リップリペ
ボディ…オビツ24L胸




名前の由来…リカに漢字当てるとしたら私なら「梨華」だなー。じゃそこから一字とって…という事で。そろそろ「漢字一文字、よみがな2文字」縛りがむずかしくなってきてるなw

性格…一言で言うと腹黒。大体お人形界のトップを50年以上走ってるような女が表向き設定の14歳通りの性格なワケはない。悪党ではないので他人を犠牲にしてまでの利益追求はしないが相当したたかで計算高い。
しかし設定14歳中身50歳ってちょっとしたロリBBAなのでは…。
回りの人間は時々出てくるレトロ単語に疑惑を感じつつも口の上手さで丸めこまれている状態。
もちろん華の方も情報収集能力をフルに発揮してそれぞれに合わせた飴とムチで懐柔している。素を出すのは管理人の前だけだがその場合すっかりだらけきっておばはん丸出しだったり。まあね、同年代だからね…w

どちらかというとセット服目当てで衝動買いしてしまった子。削りカスタムはミクリカさんで失敗して懲りたので、二重線の書き足しとリップを落としてナチュラルっぽくりぺ。そしてオビツにボディチェンジしたら…14じゃねえだろおまえという結果にw
この写真だとそんなでもないですが、撮り方によっては結構大人っぽくなります。まったく女ってこえーわw

よくよく観察してみると、リカちゃんのヘッド造型というのは中々独特のものがあります。アイプリはレトロちっくでありながら、鼻の穴もちゃんとあり口元の作りこみもそこそこリアル。というか、口のくぼみが深い。このせいで通常のソフビカスタムの様に口モールドを削ろうとすると削りきれなくて腹話術の人形みたいに口横にタテ皺が残ります。まあそれ以前にヘッドが薄くてろくに削れませんけど。
というかノーカスタムでもライティング一歩間違えると思いっきり変な影ができてほうれい線として写ってしまう難しさがあるんですが。
とにかく「アニメヘッド」でもなく「リアルヘッド」でもなくまさに「リカちゃん人形の顔」としか言いようのない強烈な個性があると思います。お手頃値段で手に入るにも関わらず、イメージをガラっと変えたカスタムをあまり目にしないのはちょっとやそっとの腕ではデフォの個性にかなわないからではないのでしょうか。
後はまあファンが多いから下手な事するといろいろややこしくなるとか…。
だから本当ならお人形さんっぽくできるだけふんわり明るく影を消してかわいく正面から撮るのが一番商品の魅力を引き出すのでしょうが、うちに来るとどんな子でも無駄に生々しくなるんですよねー。「生き生きと」じゃないのが困った所ですが、まあせっかくうちに来たんだから世の中に一人くらいこんなリカちゃんがいてもいいよねと開きなおるのでしたw
とりあえず今後「見せてもらおうか、人形界のトップモデルの実力とやらを」という事でちょこちょこリカちゃんらしくない写真を撮るかもしれませんが、これも新たな一面とリカ好きの方もそうでない方も生暖かくスルーして下さいませ。

こちらは励みになるのでできればスルーしないてぽちしていただけると管理人が喜びますw

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

こんばんわ。世間は盆休みであり、ドール者の中でもかなりの人が夏の祭典へと向かう中、安定の仕事ぶっこまれのはるぴんです。さすがに前倒しで休みはもらってるので実はこれ下書きは木曜に書いてるんだけどね。
短期にがーっと上げてまた開くよりはストックを残したいセコい女です。予約投稿ではないので上げる直前に何かあったらちょっと書き足そう。…とか思ってたが何も無かったぜ。

さて。今回も空さん新宿野撮の続きです。記事タイトルが古いのは…あれですが、言っとくが流石に実写とかモノクロ世代じゃないから!!ばーちゃんはじめ年上の知り合いにヲタが多かっただけだから!!
空「どーだか」
関係ないけど確認のため歌詞検索したら「いいもわるいもリモコンしだい」って歌詞があって「おい正義のヒーローがそれでいいのか!?」と突っ込みたくなったが、考えてみたら鉄人自体は単なる兵器でしかないんだからすげーリアリズムだなと関心しました。レトロアニメの歌詞あなどれんぜ。
空「心底どーでもいいから」



はいぼけててわからないでしょうが歌舞伎町側にまわってきております。
空「人は…さすがにいるわね」
はるぴん(以下「は」)「んーでもこっち気にしてる人とかほとんどいないんだよね。時間的にオールしてこれから帰る人ばっかだからかもしれないけど」
観光地と違ってオフィス街や繁華街って人はいてもほどよい距離間がある気がするんで好き…なのは私だけだろうか。







私の野撮恒例のドールほっぽってスナップターイム!!
空「…殴っていい?」






で唐突に朝ごはんタイム。こういう時はちびっ子の睡の出番ですね。
メニューは某ファーストフードのフレンチトースト。お味は…まあ値段なり(苦笑)
ちなみに自分でフレンチトースト作る場合、フランスパン系の皮がパリパリした奴使って卵液の方にも溶かしバターを入れます。あと香りづけにラム酒かオレンジキュラソー。でほどよく液が染みたら一旦冷凍します(なので気が向いたら大量に仕込む)そして譲れないのがメープルシロップ!!メープルシロップなかったらフレンチトーストつくりません。ケーキシロップでも蜂蜜でも駄目。そこは譲れん!!
…なんか聞いただけで太りそうなブツですけどw人が食べてどうかは知らんがコスパ考えてもやっぱフレンチトーストは自分で作るのがいいな。自作だと見た目雑だからインスタ映えしないけどw
睡「…しぬほどどーでもいい」









そしてまたビルスキーの血が騒ぎまくるのであった。フォビオンブルーよいな。



空「そゆことするから野撮記事はいまいち人気ないんでしょ」
は「いいんだよ私のブログなんだから」



構成上またぐるっと回ってビッグカメラ側。新宿に来ると何はなくともビッグカメラとマップカメラに寄ります。特にマップの場合ここくらいしかDPシリーズ関連のものちゃんと置いてあるとこ知らないんでね…。近所の某カメラ量販店で駄目元で店員に聞いて見たら「えっシグマからカメラ出てるんですか!?」と驚かれた後店長呼ばれたのは忘れんぞw
後いかにも初心者そうなおばちゃんだからなのかフジやオリンパス見てるのに「一番売れてるから」とKissシリーズ薦めてくる店員には軽くイラっとしますwいやカメラに罪はないんだけどさ、ひねくれ者には逆効果だぞその台詞。(使ってる人すみません)ま、最近はとんと機材に興味がなくなってきてはおりますが。フィルム経験なくミラーレスから入ったからもう一眼は使えないでしょうが、シグマもフジもオリンパスもミラーレスだしニコンもフルサイズミラーレス出すからまぁ今後困る事はあるまい。というかそもそもフルサイズとか買うこともないだろうが。



私はある程度暗い場所の場合マニュアル、昼間は絞り優先で撮っているのですが、絞り優先のままいきなり日陰に入ると思いっきりシャッタースピードが落ちて手ブレしまくりというのをよくやらかします。ちなみにこれは1/30秒。手ブレ補正などという素敵機能ナシのDP2Mゆえ当然ブレまくってるのですが、構図が気に入っているのでフィルターでいじいじ。今回は「エッジのポスタリゼーション」使用。超ざっくり言うと輪郭線を強調するカンジなのですがこの効果は2.5次元と言われるドールには結構合ってると思う。ただ顔の部分の陰影で汚れっぽくなる箇所が出てきた場合そこは修正かけた方がいいですな。

今回枚数は通常ペースとはいえドール写ってるのは半分以下というヲイマテ状態なのですが、ここで使いきると次回本気でビル写真ブログになりそうなんでご勘弁を。ドールと通常スナップでブログわけるかってのはしょっちゅう考えるけどこのブログですら大体週一更新で落ち着いてきてしまった今、とても管理できるとは思えない…。
私は素敵なドール写真を撮る人ならばドール以外の写真もぜひ見せて欲しいってタイプなんですけど、やっぱドールブログなんだからドール以外邪魔!!って人もいるんでしょうね。てかそもそもドール写真が素敵じゃない時点で詰んでるんですが。それに最近外で写真撮ってないんで写真が好きと言っていいのかかなり危うくなってきましたよ。でもブログ村の写真カテに未練があるのでドール写真の方にちょっとだけ割り振ってるセコい女w
空「とりあえず地雷持ちみたいな繊細なタイプは最初っからこんなブログ見に来ないから考えるだけ無駄でしょ」
は「そだねー」(即答)
空「…やっぱあんたはもうちょっと物事を考えた方がいいと思う」


何の考えもなく暴走するへっぽこブログですが、それでもつきあってくれる心の広大な方はぽちよろを。
 ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

こんばんわ。体調ふっかーつ!!…と言いたい所ですが、まだだるさを引きずっている年には勝てないはるぴんです。その代わりと言ってはなんですが、あまりの暑さに皆店にすら行きたくないのか出荷が落ちて忙しさがやや緩和されたんですが、それはそれで来月のお給料がね…。なんと言うかこうちょうどよく忙しいってのはないもんですかね。まあ同じ忙しさでも涼しくなれば疲れ度合いも減るんだけどね。でも秋物~冬物になると同じ量でも嵩張ってうっとうしいという問題が。
あと私事だと、実家の四畳半ほどのスペースを私の資材置き場に使えるかもなんですが、その条件が「自力で片付ける事」いや今の部屋に戻って来た時も腰まで摘みあがった不用品という名のゴミを片付けて壁や天井塗りなおしたからさ、同じような事をやればいいんでしょ!!(自棄)ま、でもほら今は暑いから涼しくなってからね…という逃げ。でもこれで今いる部屋を完全にドール特化の部屋にすれば、スペース問題で諦めていた六分の一部屋や十二分の一部屋やシルバニア部屋(住人はデスクトップアーミーとガバナーとポーズスケルトンだがw)や等身大三歳児自作球体関節人形の製作なんかも夢じゃない…と何もせずに妄想だけしてみるのでした。

さて。今回からまた空さん新宿散歩の続きです。前回漫喫でひと休みの後夜明けの新宿へとしゅっぱーつ!!
ちなみにエレメンツ弄り始めて2年目にしてTIFFもCamera Rawで開ける事を知りましたw…がしかし調子に乗って弄りすぎたら、ブログのプレビュー画面で結構諧調が破綻してる事が判明。うーん次回はも少し押さえ気味にしなきゃと反省するのでした。









空「まだほとんど人がいませんね」
はるぴん(以下「は」)「夏休み時期でオフィス街側の早朝だからね。始発前なんで前夜から前乗りで来なきゃいけないという制約はあるものの野撮にはいい環境かも」
空「あとすっげー髪ボサなんですけど!!撮影前にチェックくらいしてよね!」
は「あーこの時はまだタングルティーザー持ってなかったからなー。あれ発明した人マジパネぇ」
空「…まさかその人もドールショップやイベントで売られるとは思わなかったでしょうね」
は「うん良すぎて後で人間…てか自分用も買ったもん」
空「それ順番逆だから」



人工物と撮っても意外とスケール感は誤魔化せてるかな…と思った一枚。






ほぼ同じ場所同じ時間で撮ったもの。まず測光ポイントを5枚目はドール、6枚目は背景に変えてみてからそれぞれ明るさやコントラストを調整、5枚目には更にキラキラ感アップのため逆光フィルターをかけてみたり。
逆に6枚目はシルエットっぽく落としてシンプルに。肉眼での見え方はこちらの方が近いかな。
わたしにとってやっぱ写真はありのままを伝えるより弄って色々遊ぶ方が楽しいのです。現像でここまで変わるからね。



ま、顔が見える場合の女子ポトレはふんわりハイキー影飛ばしがセオリーのようですのでそうやってみる。
空「実はそんなセオリー守る気ないくせに」
は「なんせ「可愛くないのについ見ちゃう写真」を目指してるからな!!」
空「あーはいはい頑張って」(棒)






空「今回はめずらしくアップが多くない?」
は「いやーやっと三脚使用から逃れてアングルが自由にとれるようになったから反動で寄ってみたんだわー」
空「ってことはすぐ通常運転に戻るワケね」



新宿に来たら自分内お約束の駅前ポスト上での写真。ちょっと関節消ししてみたんだけど手首の辺りがまだ不自然ですね。反省。



新宿野撮はまだまだ続くよーということで歩道橋の上からのスナップを。なんかドールよりこういう写真が増えていく予感がするのですが、まあしばらくお付き合い下さい。


だれだれ気味の私にどうか愛のぽちをよろしくなのです。
    ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

こんにちわ。前回の熱中症緊急搬送から復職した所、10分間の小休止が増えてて「私の犠牲は無駄ではなかったのね!!」と思ったはるぴんです。そして「焼け石に水」という諺はこの際忘れるように。まあクーラーつけてた所でその半径数メートル以外はうちの部署は安定の外気温+5℃がデフォなんだけどな!!
そして扇風機の前で「わーTMレボリューション状態!」と言ったら20代前半の派遣さんに通じなくてジェネレーションギャップを感じましたよ。
後は労災認定が下りる様事務方の頑張りに期待するのみです。ただ返ってきたお金はそのままフォロワーさんからお嫁に来る神姫達の身請け金になる予定ですけどもw
何でしょうかねこの我が家の輸吉連中の定住率の低さは(自業自得)

さて。前回の記事ですが、私にしては結構好評だったようでありがとうございました。ただそれが同情票なのか数字持ってる録のミクさん風ツインテ写真だったからなのかいまいちわからずwなのでも一回録のターンで行こうと思います。写真もまだ余ってるしなw



と言うわけでさっそくごろごろ写真。
録「ま、無駄に立たされるよかよっぽど楽だけど」
はるぴん(以下「は」)「相変わらず喋ると残念なぐーたら女だよねぇあんた」
録「オビツマルチスタンド大を作るのめんどいとか言って数年放置してる女に言われたくないわよ」
ちなみにまたざっくりとですが関節は消してます。なんつーか直に戯れる分には全然関節オッケーなんだけど、写真に置き換える場合時々邪魔になるのよね。ちなみに少しでも消す手間を少なくするため小道具としてレース巻き巻き作戦を決行w



前の写真とほぼ同じアングル、ポーズ変更なしですが、フォビオンセンサーで元写真に白とび部分が多い場合露出とフィルライトを思い切りマイナスに振るとこういうとろっとしてコントラストの強い独特な画面になります。ただまだまだへっぽこの私はこう現像できる写真を意図して撮れるわけではないので偶然待ちなんですけどもw
で黒潰れ部分が寂しいのでブラシでバラを足してみたが…うーんセンスがどこにも見当たらないぞ。
ちなみにこっちは関節消してません。これはあくまで個人的な意見なんですが、私「写真やカメラについて語ってる癖にパーツがきちんと嵌められてなくて変な隙間ができてる」写真がなんか気持ち悪くて、「いや語る前にやることがあるでしょ」と突っ込みたくなるんですが…何のことはない本人がやらかしてるというね(殺)
DDの肩関節ってオビツと違って動かしてる内にすぐ隙間ができるのは単に私がまだボディの扱いを熟知できてないせいなんでしょうか。






アングルだけ変えてみる。どんどんローアングルになっていくのは単なる趣味でしかない(死)
でも顔にピント合わせて手前の手や足をぼかすと簡単に奥行きが出るのはよいですね。ちなみにこういうのをよく「一眼レフならでは…」と言う人がいますが、あくまでレンズのF値とセンサーサイズの問題であってミラーレスだろうがハイエンドコンデジだろうがマイクロフォーサーズ以上のセンサーサイズならできます。この2枚はF4.0くらい。ドールのように接写するものをあまり低い開放値で撮るとピントがめちゃくちゃシビアになって、まつげの先にピント合わせたら目がぼけたとか言う事になるので程々に。でも暗いと明るいレンズ便利なんだよねぇ…wあっレンズによってボケ味がどうとかは私は知らんwま、このアバウトな性格のおかげでレンズ沼にハマらなくてすんでるとも言えますが。(代わりにフォビオン沼に頭まで浸かってるけども)



これはアングル変える途中でうっかりシャッター押してしまったものwぶっちゃけ多少ピンボケしてるんですけども、自分の意図しない構図になったのが面白くて無理くり加工でいじいじ。でも余白恐怖症なのでついいつもの蝶ブラシを…いいかげんもっとブラシの種類増やしたいんですけども、市販の素材集だと下手するとエレメンツで読み込めないのがあるからなぁ…仕事なら迷いなくフォトショとイラレ契約するんですが、趣味だとムラあるんで使わない月分がもったいないと思うセコい貧乏人。



逆さアングルってなんとなくドラマチックに思えるのは私だけだろうか。
ちなみに関節消ししてて一番面倒臭いのは肘ですね。隙間があるからラインから整えないとどーにもこーにも。これは肩にも隙間があったのでうっとうしかったです。前も行ったけど修復ツールだけじゃ無理で近くからスポイトで色取って、ブラシの太さや透明度を変えながらちまちまやっております。まだ下手なんで違和感アリアリですが。
よく「ドールは2.5次元」っていうけど関節消したりシームレスにするとCGっぽくなりますね。でも別にイラストもどきを狙ってはいません。描くなら自分の絵柄で一から起こさないと意味ないって思ってるから。
とりあえずはうちの連中をモデルにして自分のイメージを演じてもらってるって事で…映画のスチールとかポスターが一番近いかな?基本可愛さは狙ってないので通常のドールフォトのようなグラビア路線とはずれてるとは思う。そしてネックレスが裏返っている事にいまさら気づく奴…。






このアングルはつけまの立体感が出るんで好きです。そしてまた肩関節部分の継ぎ目消しがめっちゃめんどいというね…。2枚目の方はベタ塗りレイヤーでカラーフィルター作って肌のピンク味を増してみた。通常のカラーフィルターにしなかったのは白い部分を消しゴムで白く抜くためです。
そして寝っ転がり写真の最大の利点は髪の毛をある程度重力無視して配置できるという事。特にロングやツインテだとこうかはばつぐんだ!!私はまだやってないけど、半透明白アクリル+下からの透過光で影を消して真上から撮れば宙に髪の毛が舞ってるような写真も撮れるかもしれません。六分の一以下だとイラスト用のB4トレス台でいけるか?今度やってみよう。
録「今度っていつよ」
は「…聞くな」



座りポーズに移行。DDはオビツに比べポージングの自由度は少ないですが、旧にーもボディと同じで決まるアングルでは女性らしさを出しやすいですね。コツがあるならいわゆるS字を生かした曲線的ポーズというか、頭悪い言い方するとくねっとさせるというかwとにかくすべての関節部分で直線を作らないよう少しでも捻るか傾けるか心がける事でしょうか。そういう意味でも重心の制約のない座り、寝転がりポーズは自由度が高くてお勧めです。



最後に普通なら一番多く使われている筈なのにうちではあんまり無い正面アップ。まあメイクの粗がばれるってのもあるし私顔アップのみでバリエーションとか物語性出せる腕がないんでつい引きアングルに走るんですけどね。そしてあまりウケないw
で今回気がついたのですが
ボサりやすいウィッグでのアップは先に撮っておかないと泣きを見る。
いやマジでボサ毛やアホ毛を修正するのが大変でしたよ。特に顔は体と違って少しの違和感でも気づかれますからね。まつげにひっかかってたりするともう…(泣)でもう最終的に修正跡と後に移りこんでた椅子を消すという誤魔化しのためキラっキラにしてみた。
これが自分に厳しい人ならボツにするんでしょうが、自分に甘く貧乏根性丸出しの私はせっかく撮ったんだから何としても使ってやるとあがくのでした。例えそのせいで逆に面倒な目に合うとしても…。
録「だってこの人馬鹿だから」
は「…」(言い返せない)

というワケでお送りしてきたごろごろ&ぐーたら写真ですが、撮るのに必要なスペースは大体1m×60cmくらいです。結構大きいんじゃね?と思う方もいるかもしれませんが、自分が寝てる布団の上に布をかけて適当に小道具を転がせばあっという間です。立たせると高さがいるし床も平らにしなくてはいけないけど、この方法なら布の下がいくら散らかってデコボコしてようがわからないからね!
コツはしわにならない…というか、しわになっても様になる布を選ぶ事。今回のようなファーとかベルベットのような毛足の長い布、サテンのような光沢のある布がおすすめ。マルチカバーなら最初から端の始末ができてるので便利です。後はカラーバランスを考えて小道具を配置すればOK。小道具も無理してドール用を調達しなくても別用途から調達する方が安くしかも人と被らないものに出会える可能性があります。ちなみに椅子は園芸用の鉢置きで900円くらい、ミニクッションは雑貨屋のアウトレットで200円、レースは手芸屋のワゴンセールで50円、造花と青いスカーフはダイソーで100円、ネックレスも人間用のアンクレット流用で300円くらいです。目立たないけどちょこちょこ転がってるパワーストーンは別趣味でストーンマーケットで少しずつ集めてた物なのでノーカンという事で。
安いからと言ってすべて100均に頼るとよっぽどセンスが良くないとちゃちくなるので、少し普通の雑貨屋の物か手作り品を混ぜるようにしてます。
ただ私はドールにハマる以前から雑貨大好きなんで問題ないですが、男性にはちょっと敷居が高いかもしれません。しかしそこは「娘(彼女)へのプレゼント」という魔法の言葉でどうにかしましょう。ダイジョウブウソナンカツイテナイヨ(棒読み)

で今回の趣旨とは直接関係ないんだが、これおととい更新してたらパンツの日にちょうどよかったのにと思ったw
ツイッターを見てると、思いっきりフェチに走ったこだわり写真を上げる人と「娘のパンツ姿なんて他人には見せられない」という人に分かれてますが、共通点として「パンツを特別な物と捉えている」なと。私のように「ふとももは好きですが所詮パンツだってただの布であって服と変わらない」という人間は少数派なのでしょうか。てかパンツに夢を見ないから下着姿でもやらしさが足りないのねと無駄な反省w

今回撮った写真、微妙にアングル違いのがまだ残ってるんですが、それはネタ切れの際のストックとして置いておこうと思います。「写真は厳選したものを出す方が上達が早い」というセオリーに真っ向から戦いを挑む私(殺)そうでなくても最近は撮影より現像の方が楽しいんだよなー。
まあピンボケと手ブレだけは現像でどうにかなるものではないのでそこだけでもなんとかしたいです…と写真を始めてから3年間言い続けている進歩のない奴なのでした。


可愛さや癒しからは程遠い路線を進むへっぽこブログですが珍味として楽しんでくれる奇特な方はぽちよろをw

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

こんばんわ。ここ最近忙しいとばかり言っていたら案の定やらかしたはるぴんです。何をかというと
仕事中に熱中症でぶっ倒れて救急搬送されました。
…ニュースでは毎日のように報道され、亡くなる方もいる熱中症。決して笑い事ではありません。と言いつつも「んなもん涼しい所で休んで水飲めば気合いで治るんだから今だけ乗り切れば」…と他人事のように考えてらっしゃる方も多いでしょう。実際私もそうでした。だかしかーし!!現実はそんなに甘くはありません!!
というワケであくまで個人的なケースではありますが、ちょっと記事にしてみたいと思います。
病気や事故なんかは同じ境遇の人が見たら不快になるからネタっぽく書くべきではないという考えの方もいらっしゃるでしょうが、火事騒ぎの時もそうでしたが
しんどい思いしたんだからせめてネタにでもしなきゃやってられんわ
というのがポリシーでございましてwま、他人を悪く言うのではないのでそこはご勘弁。もし本気で嫌ならUターン推奨です。
なお記事タイトルにもある通り、写真と記事の内容はまったく関係ございませんwあくまで個人的な感覚ですが、やはりドールブログにはドール写真が欲しいのでね。最初は過去ストックでお茶濁そうと思ったら、夏っぽいストック写真がないので急遽撮り下ろしました。自宅療養中に何やってんのと自分でもツッコミたくなったがw
画像の下の写真についてのコメントと熱中症に関する文章が同時進行していきますので読みづらかったらすみません。



とにかく涼しげな写真という事で、私にとっては珍しい青振りふんわり写真。録のウィッグはドルチェがおまけキャンペーンやってた時にもらったもの。別にミクさん意識してメイクした子ではないのだが…ツインテの力おそるべし。

さて。まずは知っているようで知らない熱中症の症状と重症度分類。私もなってから調べました。

・Ⅰ度
(軽度) めまい・失神
「たちくらみ」とういう状態で、脳への血流が瞬間的に不充分になったことを示し、“熱失神”と呼ぶこともある。運動をやめた直後に起こることが多いとされている。脈が速くて弱くなり、顔面蒼白、呼吸回数の増加、唇の痺れなどもみられる。)

筋肉痛・筋肉の硬直
(筋肉の「こむら返り」のことで、その部分の痛みを伴う。発汗に伴う塩分(ナトリウム等)の欠乏により生じる。“熱けいれん”と呼ぶこともある。全身のけいれんはこの段階ではみられない。)

意識 : 正常   体温 : 正常   皮膚 : 正常   発汗 : (+)

・Ⅱ度
(中等度) 頭痛・吐き気・嘔吐・下痢・倦怠感・虚脱感・失神・気分の不快・判断力や集中力の低下、いくつかの症状が重なり合って起こる。
(体がぐったりする、力が入らないなどがあり、従来から“熱疲労”と言われていた状態。放置あるいは誤った判断を行えば重症化し、Ⅲ度へ移行する危険性がある。)

意識 : 正常   体温 : ~39℃   皮膚 : 冷たい   発汗 : (+)

・Ⅲ度
(重度) 意識障害・けいれん・手足の運動障害・おかしな言動や行動・過呼吸・ショック症状などが、Ⅱ度の症状に重なり合って起こる。
(呼びかけや刺激への反応がおかしい、体にガクガクとひきつけがある、真直ぐ走れない・歩けないなど。)

高体温
(体に触ると熱いという感触がある。従来から“熱射病”や“重度の日射病”と言われていたものがこれに相当する。)

この分類に基づいて自分が倒れた時の状況を振り返ってみたいと思います。



こっちはマゼンタよりのいつもの色合い。試しにちょっと関節消し加工をしてみましたが…うーん雑。
録「それより涼しい格好といって下着しか思いつかないその溶けた脳をどうにかしなさい」
はるぴん「だって夏服あんま持ってないんだもーん」

当日日曜日は例のごとく朝から32度超え。そして私と言えば前の週に9連勤したのがたたって2日ある休みの前一日は寝込んでほぼ絶食、更に次の日は寝倒したのが祟って時間ペースが狂って徹夜で仕事へという自己管理力皆無野郎。それでも「この一日さえ耐えれば寝られる…」というよくあるパターンで土曜は乗り切ったわけです。

で問題の次の日。朝9時からいつものごとくピッキングに入ったのですが、そんなにキツイ作業でもないがいつものごとく汗がドバドバ。なんせ現場はトタン屋根直の古い倉庫、上からジリジリ焼かれる上クーラーはつけているものの棚にさえぎられているので中々冷気が回りません。もちろん水分補給は各自自由にと上から口を酸っぱくして言われているので合間にミネラル麦茶を飲んでました。当人もこの時はまだ「なんか今日はキツイな~」と思いつつ、他のパートさんと「このままじゃぐでたまになる~w」と軽口を叩き合う余裕はありました。
でそれが終わって今度は出荷作業。こっちは機械が近いので更に暑くおまけに走り回らなければいけない一段キツイ作業、が、いつもの事なのでひーひー言いつつも仕事をしてると、30分ほどして休憩時間に。
ちなみに通常は昼と三時休憩のみなのですが、ここ数日はあまりの暑さに上の判断で10時30分にも休憩が追加されることになりました。今思うとこの追加休憩がなかったらもっととヤバい事になってたかもしれませぬ。

ここで休憩室に行く途中いきなり胃のあたりが痛くなって本人「え?朝一応パン食べたのになんで?」と思いつつ、椅子に座ったらそのままつっぷして顔が上げられない状態に。とは言っても意識はあるので、心配して保冷材や塩飴をくれた同僚にお礼を言いつつ、「これはさすがにすぐ仕事は無理だからちょっと休んで動けるようになったら自力で早退しよう」とまだまだ軽く考えておりました。



ちょっと角度を変えてライト越しに。

ところがどっこい(古)落ち着くどころか息は苦しくなってくるし、様子を見に来た社員さんが触って「震えてるけどヤバくない?」(本人自覚ナシ)と何やら怪しい空気に。で私も座っているのすら辛くなってきたので机の上に横にならせてもらったのですが、一向に収まらず過呼吸状態に。回りの「これ救急車呼ばないと駄目だろ」と言う声に、病院大大大ッ嫌いの私は「大丈夫ですー休んで落ち着いたらタクシーで帰れますー」とぜーはー言いながら粘ったのですが、説得力なく救急車を呼ばれる事に。
ただその時上司が病院との電話で「はい、普段は「ものすごく」元気なんですけど」というのを聞いて心の中で「その形容詞いる!?」と突っ込んでしまいましたが。
こういう事を言うと「お前よゆーじゃん」と思われるでしょうが、実際はかーなーりしんどかったんですよ。ただこれは私だけかもしれませんが、どうも心の中に無駄に冷静な第三者的突っ込み担当が住んでいるらしいです。これはあれか24時間ネタ探ししてたまんが描き時代の名残りかw

そしてサイレンとともに救急車到着。この時点になると意識はあっても体が動かないのでされるがままにその場で血圧測られたり瞳孔見られたりなんか指にくっつけられて計られたり、名前生年月日年齢、朝食食べたか、朝からどれくらい水分をとったか、トイレに最後に行ったのはいつか等を聞かれました。(横では上司が仕事場の気温等環境説明をしてた)
でしつこいですが病院死ぬほど嫌いの私はこの後に及んで「行かなきゃ駄目ですか」とごねたのですが(今思うと大人げない…)「自分で動けないなら無理でしょ」と説得され初救急車体験となりました。
で車内では再度血圧等を測られ同じような質問をされました。ただ名前とか朝食とったかとか簡単に答えられる質問はともかく、困ったのが「どこが苦しいですか」という質問。
なまじ普段殺しても死なないくらい元気な人間なので、「いやしんどいはしんどいけどこの程度で苦しいと言っていいものか、そもそもめったに病気にならんからどう説明すればいいんだ!?」と内心でパニくって結果答えが「わかりません…」
いやマジ語彙力がないせいでこんな所で困るとは思わなかったよ!!馬鹿は非常時にも大変だという事を人生折り返し地点にして再確認した瞬間でした。てか意識があって救急車乗るのって何気にこっぱずかしいです。付き添いで上司も乗ってるしな…。



2人だとピントとか絞りとか面倒なのでここからは録ソロのターン。うんますますミクさんっぽくなってくw

そして病院到着…ですがこの段階になると気が抜けたのか結構朦朧としてたような。手上げてとか指握ってとか言われたけどかろうじて動かす事はできても力が全然入らない状態。が、生まれて初めて点滴の針刺された時は思わず「痛ったー!!」と叫んでしまいましたよ。呆けてたので我慢がきかない状況だったんだろうけど、あの太さってもはや針じゃないんじゃ…採血の方は全然わからなかったからな。
でそのまま意識がぷっつんして一回「あー点滴されてる…」と目を覚ましてまた寝たって感じです。
で一時間ほどしてお医者さんが来たのですが、ここで血液検査の結果極度の貧血だった事が判明。
そういえば貧乏時代ジュース目当てで献血に言ったら「血が薄すぎる」と断られたり、爪が反ったり生理がめっちゃ重かったり氷ガリガリ齧ったり(後で調べたら氷食症という症状らしい)してたけど…普段まったく症状がないどころか殺しても死なない奴だからわかんなかったぞ?
とりあえずお医者さんからは「もし何かあって大量出血するような場合やばいですよ」と怒られました。もちろん心の中で「嫌そういう場合は健常者だってやばいでしょ」とつっこんだのは言うまでもない。まあ問答無用で専門科のある病院への紹介状書かれたんで対処はしないとまずいだろうけとも。

で、点滴の効果スゲーというか、だるいはだるいけど歩けるようになったのでタクシーで駅まで送ってもらった後電車で家に帰ってそのままばたんきゅー、念の為一週間の自宅療養となりました。



気分を変えてセピア+ドライブラシフィルター+ざっと関節消し。

とまあこのようなカンジだった熱中症レポなんですが、最初の重症度分類に照らし合わせると最初の眩暈とか胃が痛い(熱けいれん)のⅠ度→倦怠感、虚脱感、吐き気、体が動かないのⅡ度に移行した時点で脱水症状と貧血が重なって動けなくなったようです。幸い熱自体はさほど上がらなかった所を見るとⅢ度のような重篤な症状にならずにはすんだようで、過呼吸は貧血+パニックから来たもののようです。救急隊員にも「精神疾患での通院暦ありますか」って聞かれたし。(ないけど)

医療関係のガイドラインによると、「自力で動けなくなったら病院へ、意識が無くなったら即救急車」という事なので仕事場の判断は正しかったようです。てか私一人だったら絶対行かなかったと思うw
ただ笑い事じゃなく自分で動けないって事は当然水分補給もできないワケです。実際私も手元にペットボトルあっても気分悪くなってからは自力で飲めなかったし。そうなると熱はともかく脱水症状は悪化する一方ですからねー。
また、今回の私のように熱中症により自律神経の働きが狂うと持病がある方は悪化したりするそうで、熱中症ヤバイというのはそういう側面もあるそうです。貧血ならまだしも脳梗塞とか心不全とか命の危機ですし。
なのでまずとにかくならないのが一番!!です。
今回の反省から言えるのは「その日の疲れはその日の内に」って事です。特に一人暮らしの方は食欲ないからって抜いたり食べても冷やし中華とかそうめん、面倒だからアイスですますとかしない、夜も夜更かししないでとっとと寝る、寝苦しかったらケチらずクーラー稼動!!と疲れをためないのが最善の方法です。
もちろん職場での水分補給や休憩は当然ですが、今年の暑さは異常なので会社側ががんばって対策しても状況がハードなのはどうしようもない場合も多いと思います。それでも疲労が蓄積されてるのとそうじゃないのでは発症率が段違いになるので、普段の自己管理がものを言うワケですな。くれぐれも自己過信は禁物です。特に年くってくるとマジ無理きかない体になりますからねー。



06ヘッドのちょっとあおり気味で幼く見える角度がすごく好き。

で、ここで本当に怖い話を。救急搬送+血液検査+一時間ちょいの点滴を終えて会計に向かった私に告げられたのは、MDD一体分のお値段でした…(吐血)
給料日前で持ち合わせが足りなかったため付き添いに来てくれてた社員さんに立て替えてもらいましたが、一人だったら「すいませんこの近くにア○ムありませんか」と聞かなきゃならない所でしたよ。
ツイッターでもつぶやき(そしてめちゃリツイートされたw)ましたが、症状がⅢ度になり高熱で内臓等に疾患が出て入院ともなるとDD、スマド、下手すりゃフルチョや限定キャスト代が飛んでいくわけですよ。
で更にハードな職種の場合軽度でも数日は休まなければいけなくなり、その間のお給料は…これ労災があればまだましだけど、イベントで無理してぶっ倒れたとかなら全部自己責任ですからね。どれだけ怖いかおわかりになりますでしょうか。
それに熱中症含む自律神経にダメージ来る系は一度なると癖になりやすいそうで、実際うちの会社でも一旦治ったと思っても何度もぶり返して退職した人がいるから気をつけてと言われましたし、Ⅱ度で済んだ私でも数日たって普通に買い物に行ったら急に手に力入らなくなって焦ったりしました。
なのでとにかく予防、ちょっとでもヤバそうだったら即効休むか自力で医者へ!!です。こういうのってすぐ治ったら治ったで大げさだったかなとかサボって申し訳ないとか思いがちですが、無理してぶっ倒れる方が何倍も迷惑(とお金と治るまでの時間)がかかるのが身に染みてわかりましたからね…。
ちなみに自力で往診できる=だるいけどまだ自分で動けるレベルなら保険適応内なので点滴打ってもらっても数千円ですむそうです。なのでそこはケチらないでいきましょう。






顔があまり見えなかろうが気に入った角度だとなめるように撮って結果似たような写真を量産するヤーツ。

長くなってしまいましたが、ドール者の場合仕事だけではなくイベント、野撮と何かとハードな状況になりがちです。対策はいくら立てても立てすぎって事はありません。それにドールや大量の薄い本を持ったまま搬送されるのも相当恥ずかしいので、そんな事にならないよう皆様お気をつけて楽しい夏をお過ごしくださいませ。
まあその前に台風に気をつけなきゃいけないってのもなんだかなーですが。大丈夫なのか地球。



アップの方が楽という人もいますが私はピント位置がシビアになるので苦手です…メイクの荒もばれるしw
これもネックレスにピントもってかれたんでレイヤー複製+ガウスぼかしでネックレス回りの部分をぼかしたレイヤーを重ねてなんとか全体がふわっとしたカンジにしました。あとはいつものごまかし蝶ブラシw
ちなみに今回の適当セットで撮った写真はまだあるので、おいおい記事にしていきたいと思います。

~おまけ~


はるぴん「こっこれは薬であって決して浪費じゃないんだからねっっっっ!!!」
ローズ、プラム、アッシュ「「「こんなところでツンデレ口調になってもまったくかわいくないと思いまーす」」」
動けるようになったのでおかゆを挟んで栄養補給にGOの図。普通にうなぎは好きだけどなんとなく今回みたいに理由がないと食べずらい庶民なのであったよw
しかし今回の件で一番悲しいのはやはり予期せぬ出費でメガミデバイスマジカルガールとデスクトップアーミーFGOを諦めざるを得ないという事であった…。き、きっとコトブキヤとメガハウスなら再販してくれる…ッ!!と信じてこの夏は地味に過ごします。はい。


心身ともにへたった私にできるならば愛のぽちをよろしくです。
   ↓
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ

↑このページのトップヘ