風のたより Ⅲ

2001年、52歳での早期退職、大阪より淡路島に移住しました。 昨日で20年経ち、72歳になりました。海を見渡せる小さなログハウス、たくさんの友人達に囲まれて楽しく過ごしております。このあと何年こんな暮らしができるか分からないけど、風まかせで生きてゆこうと思っております。タイトルも密かに「風のたよりⅢ」にしました。元々HP「風のたより」月一更新から始まったので、タイトルだけでも初心に戻ろうとする小狡いオジイであります。 《2021年4月1日》

台風14号どないなってんの?

台風14号は予報を裏切って、温帯低気圧にもならず、日本海ではなく瀬戸内海を直進し、なんと淡路島直撃しそうな様相だ。明日は飛びそうなものを片付けなんなぁ。土曜日はライブ中継かな?とにかく被害のないことを願うばかりだ。

今朝は、朝の体操もウォーキングもした。とにかく体を動かさないと老化が急激に進むのはここ数年で実感している。明日は庭仕事で汗かこうと思っていたけど、台風がドーなるんでしょうね。「しなければならないことは何も無い」のだが、したいことが出来ないのが辛いね。

そうそう、昨夜の可愛い釣果を三枚に下ろして刺身にした。格好よくいえば三種盛りなんだが、豪華とは言いづらい。でも自力調達食材が食卓に上るのは、とても贅沢と言える。今夜も余り餌があるので出漁なので、刺身で一杯やれないのが少し残念。なんやいっぱしの飲兵衛になったみたいやね。下戸に近いくせに・・・

午後は、久しぶりに「しまこや」さん覗いて、買い物するつもりだったが、女房が「動きたくない!」とユーもんだから、家トドしている。コロナ禍でもあるので、これが老夫婦の普通の暮らしなんだろな。でも、出かけるのを億劫がるのはよくないと考える。出かけるときは面倒いなぁと思っていても、誰かを訪ねれば、楽しい時間を過ごせるのは分かっている。おしゃべりしてギャハギャハ笑うのが一番の老化防止策だ。

さぁ、珈琲タイムしようかな。だれか来ないかな。女房が「渋皮煮」を作りました。明日が食べ頃かな。岩屋の栗農園が廃業しので栗は諦めていたのだが、マルナカ内膳農家農家名表示の野菜売り場にあったので買ってみた。大きさも味も、これまで馴染みの農園で買っていたものと遜色ない。よかった。昨年は、たまたま訪れてくれた愛知県の方にいただいたなぁ。すでにご夫妻で淡路島移住されてるなんて聞いたけど、島暮らしを楽しんでるんでしょうかね。

珈琲タイムしてたら、アッちゃん&カズミさん夫妻が現れた。スコーラで昼食してきたそうな。そこでパソナ系列店共通カード作ってもらったんだそうな。このカードは淡路島在住者だけに発行されるそうで、なんと平日30%引き、土・日・祝日は20%引きで食事したり、買い物できたりするんだって。夫妻は、今日作ってその場で30%してもらえたんだって。

これは捨て置けないと、俺たちは明日行ってくるわとユーと、カズミさんは「私もいく。乗せてって」なんて言い出した。アッちゃんは用事があるそうな。てなことで明日のランチは野崎の「スコーラ」です。でもヨー考えたら、他店でも同じようにカードは作ってもらえるようなので、必ずしもスコーラでなくともよかったんだ。オープンした頃はよくいったんだけど、もう4,5年は行ってないなぁ。ランチメニューとサラダバー(パンもあり)はほぼ変わりないようだ。カズミさんは、今日隣の人が食べいて牛丼が美味しそうだったので、それが頭から離れないんだって。食べることに意欲を燃やす人は好きだ。

メバルちゃんとの逢い引き

今朝も雨でした。8月9月でこれほど雨の日が多いのは経験ないよね。

まぁ、俺は「Hey Jude」をずっと歌っていたので退屈ではなかったけどね。


午後、MR氏が虫餌買ってきてくれたので、超久しぶりに電子浮き釣りです。
これから早めの夕飯食べて、メバルちゃんと逢い引きしてきます。メバルちゃん、待っててくれるかなぁ。約束はしてないけど・・・・

夜、遅くまた出てくるかもしれません。風呂入ったら寝てしまうかな・・・
(16:45)

IMG_20210915_210153釣りからケーってまいりやした。釣果はこんなもんです。
左からチヌです。決してババタレなどと言ってはなりません。
その右はタイです。決してチャリコなどと言ってはなりません。
後の2匹は可愛い可愛いメバルちゃんです。可愛すぎるチューねん。





Hey Jude

台風14号は東シナ海に停滞状態で、今日明日ほとんど動きがないようです。その後、日本海に抜けるようだが、徐々に勢力が衰えて東北地方に到達する頃は温帯低気圧に変わるとユー予報です。淡路島に被害がでるようなことはないだろうが、秋雨前線を刺激するとかで何日か雨が続くようだ。雨、多過ぎ!

昨夜来の雨は、結局一日中降り続いておりました。起きたとき、いつもの通り下ジャージ、上半袖Tシャツに着替えたのだが、寒くて長袖シャツを羽織ルことになった。長袖着るなんて何ヶ月ぶりなんやろね。まだ半袖でいい日も多いだろうけど、ぼちぼち衣替えの用意もしとかんといかん季節なんやねぇ。

てなことで、今日も予定の作業ができなかった。急ぐことではないのだが、伐採したプラタナスの葉が枯れ、濃い茶色でなんかすごく目立つ。薪として使える部分はそれ用にカットして、葉や細い枝は有機肥料として土に還るようにしたいのだが、このお天気では、いつ作業できるか分からんね。今週は無理なのかなぁ。

で、皆さんは俺が家トドしてるとお思いでしょうが、これが違ったんですね。

数日前、たまたまYOU TUBEで聴いた懐かしの曲「Hey  Judo」(ビートルズ)がとても心に染みて、ギターコードも英歌詞もうる覚えのまま適当に弾き語りして遊んでいた。それで改めていい曲だなぁと思い、ちゃんと弾き語りできるようにしようと考えたわけだ。

ネットで検索すれば無料楽譜だとか、歌詞コード譜とかたくさんあるのだけど、プリントアウトが上手くできない。できないようにしてるものもあれば、俺の操作が未熟なこともある。

それでPC見ながら、まず歌詞を手書きで書き写した。英文を手書きするなんて何十年ぶりだろう。英語さえできたらもっとレベルの高い大学に行けただろうなユーほど、苦手な俺だが、なんか手書きしてるとなんとなく、歌詞のいいたいことが分かってくる。そうか、文法とか用法・発音など抜きにして、好きな洋楽の歌詞などを書いていれば上達したのかも知れんなぁ。まぁ、60年遅いけど・・・。

ちなみに後で、歌詞の和訳を見つけたのだが、ほぼほぼ間違いなく歌詞の意味は捉えていたようだ。俺って凄い。

それから、手書きした歌詞をPCのワードに打ち込んだ。これは意外と簡単だったが、スペルの間違いがないかチェックするのが大変だった。かなりしつこく粘ったつもりだが、これで良しプリントアウトして、それを元に練習してたら、一文字だけ間違いがあるのに気づいた。すごく残念だった。

話は少し戻って、プリントアウトするのに2枚のA4用紙にまとめたかったので、文字の大きさ、行間なども苦労した。ちゃんと見える大きさで、行間に赤マジックでコードを書き入れたいので何度も試みた。

やっと歌詞が2枚のA4用紙に収まったところで、プリントアウト。さぁ本当に大変なのが、ワードの上にコードを赤マジックで記入していくこと。オリジナルキーはFなのだが、Cの和音がこの歌に合ってる気がしたので、キーCを探す。これはすぐ見つかったのだが、訳の分からんコードや、小節に区切ってないので、どこでコード変換するのかが最難関だった。訳の分からんコードは勝手に変えてしまった。初心レベルのギーターなんかそれでいいのだ。

IMG_20210914_100059なんとか出来上がった歌詞&ギターコード譜で何度も何度も歌った。徐々に気分は50年前に戻り、それなりに調子よくなってくるが、如何せん高音が出ない。これはドーしようもないね。今も現役バリバリのポールに改めて感動!

俺が歌いまくったせいか、女房が夕飯作りながら

♬ ふふふ、ふふふ・・・♬

の鼻歌が Hey Jude だった。女房はビートルズとユー名前くらいは知っていただろうが、Hey Judeは知らなかったと思う。KOKIKOKIのレパートリーに「イエスタディ」と「イマジン」は入ってるけどね。

「ほっとらいん」さんの影響で50年ぶりにギター持ち出して、一人「Hey Jude」弾き語りするようになった訳だ。出会いは何かをもたらす。まだまだ新しい出会いに期待感を持っております。もちろん、今仲良くさせてもらってる人たちが一番大切なんだけどね。





ニョロ君、居るかなぁ

昨夜、少しは降ったのかなぁ。確証は無いが降ったかもしれんなぁ程度の痕跡はある。鉢の土に触れてみると、乾燥しきってるようではないので、水やりはしなかった。夏野菜たちも、もう終わりたがってるようにも見える。季節の変わり目なんだね。

お天気は相変わらず不順で、いつ降り出してもおかしくない空模様なのに、急に陽が射したりで訳わからん。それでも8:30ごろウォーキングに出た。真夏の強烈な熱気はないが、まだ秋とは言えないムシムシ感がある。丁度いいくらいの汗をかくので、ウォーキングとしては悪くない。

午後、ちょっと見せてもらいた物があってMR邸を訪れた。すぐお暇するつもりで鍵をかけずに家を出た。にもかかわらず、結局お茶をいただいて、ドーでもいい話して、「今晩、チョッとだけ行ってみようか」なんてことになった。MR氏と釣行なんて何ヶ月ぶりだろう。それなりに釣行出来ない理由もあったのだが、これだけ空くとユーのは、俺の方にフェイドアウトの気持ちがあり、MR氏がそれを察してることもあるのだろうな。

たまたまコロナ禍と重なってしまったが、いろんなことが出来なくなってるのは、もうすぐ73歳とユー年齢も大きいのだろう。俺の両親は共に83歳で亡くなっている。それが根拠とは言えないのだが、俺の寿命もそれくらいだろうなと思っている。正にあと10年の命だ。ただ10年生きてるだけでは意味がない。機嫌良く遊んでなくちゃ俺でない。10年後の晩秋、デッキに出て大好きな珈琲を手に持ち、大阪湾を眺めながら、この景色は何十年観ても飽きないなぁなんて思いながら、手にした珈琲カップが落ちる。続けて体が崩れ落ちる。俺が夢見る死に方なんだが、実際は家で死ぬといろいろややこしいらしい。病院に運ばれて2,3日で逝くのが、もっとも人に迷惑かけない死に方らしい。

なんていいながら、さてさてニョロ君たちは海で元気してるのかなぁ。明日の晩、我が家で天麩羅になってくれる奇特なニョロちゃん、待っててな。

雨に咲くは話の花

さぁ、今日は冬のお楽しみ焚き火の薪作りにハゲむぞ!!!と鼻の穴を最大限開いた。しかし、朝食を終え外に出るとしっかり雨が降っていた。結果的にほぼ一日中降っていた。天気予報より女心の空の方が勝っているようだ。女性は最強である。

暇なので、マルナカ内膳店へ買い物にでた。買い物に出た日は、お昼の弁当を買って帰る。でも、もう普通の弁当は飽きた。俺がチョイスしたのは弁当ではなく、店内にあるベーカリーのフィッシュバーガーとサラダパン(ハード系)をチョイスした。このフィッシュバーガーが、めっちゃ美味しかった。衣がサクサクでパンとの相性抜群だった。なんたって140円は安い。これから何度も買うことになるだろう。

雨のせいか、仲間たちも暇だったのだろう。竹谷の農家NKO氏を始めに、傳さん&ヨーコさん夫妻、TSR夫妻、アッちゃん&かずみさん夫妻と現れた。我が家は一気に密になったが、全員ワクチン接種は終わってるのでまぁエエやろ。今日のメンバーは、NKO氏の巨大タマネギをお裾そ分けした人たちなので、ここでそろって顔を合わせたのは良かった。

とにかくこのメンバーだから、新しくできたレストランやカフェがどうの、洲本市20%ポイント還元がこうのと話が飛び交う。NKO氏は、言葉のやりとりの早さとともに、めまぐるしく変わる話題の展開に呆然としていた。NKO氏は朴訥に話すタイプなので入り込む余地がない。内容的にも

「私は淡路島生まれの淡路島育ちやのに、淡路島のこと一番知らんのやなぁ」

としみじみしていた。まぁ、我が家もこの人たちの情報で、行ってみたい店、行かない店の判断してるから同じようなもんだけどね。でも地元の人って、基本的に自分に関係あるところしか動かないよね。俺たちのような移住者はネット等で得た情報を元に、あちこち動き回るよね。

予期せぬ雨だったけど、我が家らしい賑やかな午後になってよかった。

それにしても皆さん、よくしゃべる。しゃべって笑うのが一番の老化防止策だ。楽しく長生きしましょうね。

豪雨のち青空

5:00 起床。ん?なんだこの騒がしい音は? 雨か? 雨だったら相当強いよなぁ。なんて思いながら外を覗くと、軒から滝のような雨だれが落ちていた。我が家は小さいくせに屋根は広く、角度も45度あるので、雨だれが凄いのだ。

予報では雨マークなんてなかったのに、この雨なんて信じれん。気象庁さん、もっと頑張ってよ。今日も午前は予定たっぷりだったのになぁ。ナ~ンもすることがないので、定番家トドしていたら、なんや陽が射してるではないか。

体は完全にトド化してるのだが、女房の「ウォーキングいくよ!」の声には「はいはい!」と機嫌良く返事してしまう。このごろこんなことが多いんよね。それだけお天気が急激に変化してるってことやね。

IMG_20210911_090610歩いてると、目の前には青空が広がっていた。護岸には釣り人が群れていた。この人たちは島外から来れたのだろうが、今竿を出してることは、あの豪雨の中、車は知らせてたんだろなぁ。俺だって、30年前はそうだった。生暖かい空気の中、気持ちよいウォーキングとはいえなかったが、しっかり汗かいてのはよかった。

午後はカリンバ隊4名集合で、俺は珈琲を淹れ、女房の焼いたケーキを出し、少しの間おしゃべりに付き合い「ボチボチ練習しいや」とその場を離れた。今、この書き込みしてるのだが、カリンバ隊のおしゃべりは続いている。カリンバの音って鳴っていたかなぁ。

まぁ、いつもと同じ何やけどね。

いい汗かいた朝

朝食前にしっかりハルボン体操をした。このごろチト運動サボり気味なので自分にカツを入れるためだ。それでかなり汗かいたが、あえて着替えず朝食を摂った。8:00 斜面に出てプラタナス最後の1本を伐採した。この樹が一番大きかったのでかなり苦労した。充電式ノコギリではギリギリだった。電動チェーンソーもあるのだが、電線引っ張るのが面倒なんよね。

その後、伐採した樹を薪にするためカットした。これがなかなかの何仕事で、薪は40㎝くらいにカットして、残りの枝葉は適度にカットして斜面の木々の間に投げ込む。数年後には有機肥料になるだろう。もちろん大なり小なり毎年やってることなので、地面との境目は養分豊富なピートモスになっている。田舎暮らしとはいえ、敷地内でこんなことができるのが嬉しい。ただ、女房は「汚い。放棄場があるのだから捨てにいってよ」とうるさい。俺は綺麗さなんて全く求めてないので聞き入れる気はない。自宅敷地内で土に還るのが一番よろしい。可能なら俺自身ここの土になりたいものだ。

なんてことで作業は体力の限界2時間ほど頑張った。今年で一番たくさん汗かいたと思う。今日は朝から日射し強かったものなぁ。でも、日陰で水分補給してると秋らしさも感じられた。この作業は数日かかりそうだ。いい汗かいてシャワーする楽しみは多い方がいい。体も絞れる。

IMG_20210910_095019IMG_20210910_095053IMG_20210910_095110IMG_20210910_094920所々、秋の花たちも見られる。花ショウガ、ムクゲ、フヨウ、シュウメイギクとなぜかすべて白の花ばかりだ。まぁ俺のように清楚系だ・・・お願いだから石投げんといてな。

IMG_20210910_095501オクラの実が先っちょに1個だけ尖っていた。なぜか感動した。

午後はTSR夫妻が現れ、持ち込みの珈琲豆で淹れた。名前は忘れたけど、一般的な珈琲豆より粒が大きいものだった。さっぱり味で飲みやすい豆だった。

女房がベークドチーズケーキ焼きましたので、時間があれば明日お茶しに来てください。お待ちしております。

我は海の子

IMG_20210909_072426昨夜来の雨は、ゴミ出しの時も降っていた。朝食時、我が家から海方面を眺めるとこんな感じ。今日も予定ごとはナ~ンもできんなぁと、素早く諦めた。シートでウツラウツラしてると

「オトーさん、寝てるの?雨やんでるで。ウォーキング行こか」

と女房の声。

「寝てません。寝てません。行きます。行きます」

と、なんや俺は悪さしてるのを見透かされたようで動揺している。悲しい習性だ。

IMG_20210909_092301埋め立て地護岸周辺を歩いてると、霧もかなり薄くなり、灰色ながらも紀淡海峡の島々がくっきり見えた。漁港を出た漁船が、海面を割って猛スピードで漁場に向かう。太平洋では大波だったのだろうが、淡路島に到達する頃は小波になって、波消しブロックに当たり水泡となってゆく。そんな当たり前の光景が新鮮に感じる。俺のDNAは海で構成されてるに違いない。

IMG_20210909_155448IMG_20210909_155412午後のお茶してると、ベランダのフェンスに小鉄が座って海を眺めている。海には西陽が射し、まさにオーシャンブルーが雄大に広がっている。小鉄はただの猫でなくウミネコになりたかったのかも・・・。しかし、お前はこの前病院で豚と言われたからなぁ。空は飛べんやろ。

なんていつものようにドーでもいいことを考えていたら電話。SMYNG氏からだ。

「今、鳴門鯛釣りから戻ってきたところです。食べ助けしてもらえませんか?」

「シャーない、助けたろやないか」

IMG_20210909_161947といただいたのがこれ。50㎝程のまさに食べ頃の鯛だ。あの鳴門の渦潮の海中を泳ぎ回っていた鯛だ。俺のように年から年じゅう、ゴロゴロしている家トドとは訳が違う。しっかり身は引き締まっている。早速三枚に下ろし、刺身と荒煮にすることした。

我は海の子。生まれも海、若い間はネオンの海、年老いて海に帰る。
おいら幸せだ!


気まぐれ秋雨前線

”女心と秋の空”

なんてユーけど、全く安定しない一日でした。俺的には午前曇り、午後から雨ってことでそれなりのスケジュール組んでいたんだけど、予定通りだったのは昼寝だけだった。

その昼寝から覚めて、さぁ珈琲タイムしようかと思っていたところに、傳さん&ヨーコさん夫妻が

「どうせ寝てるやろ。起こしに来たったで」

と現れた。

ヨーコさんは、昨日東京から帰島したところだ。今回はご母堂のご機嫌伺いだけでなく、淡路島の施設入居具体化とユー、重大な任務を負っていた。このような所謂老後の問題は、自分たちも経験してきたし、これから自身の問題でもある。で、スムーズに話が進めばいいがなと気になっていた。

東京から淡路島の施設だから、ほとんど荷物は運べないけど、引っ越しすることになるんだから、様々な手続きは大変なようだ。でも何よりご本人が納得した上でないと何も進まない。その点、いまのところ、納得済みで事が運んでいるようだ。この先、「淡路島の人口が増えるのはいいことだ」ね、なんてことから世界の人口問題について語り合うなんて、我が家にしては珍しくシビアで有意義な会話となった。我が家のレベルがチョッとだけ上がった。

明日も午前は雨模様、何して過ごすかな・・・まぁ家トドがゴロゴロしてるだけのことなんだろうけどね。


最強コストコ隊

IMG_20210907_060242稲の様子をじっくり見たかったので、1ヶ月ぶりに田んぼ散歩に出た。5:00はとっくに過ぎてるとユーのに、世の中はまだ暗かった。まず驚いたのは、すでに稲刈りを終えた田圃が数カ所あったことだ。徐々に明るくなって、稲の様子がはっきり見え始めた。

IMG_20210907_051930IMG_20210907_052151稲穂が黄金色に染まり、あちこち凸凹になり、もう刈り穫ってもいのじゃないかと思われる田圃。
黄金色に染まってるけど、まだしっかり直立している田圃。
稲穂はたわわだがまだ青い田圃

IMG_20210907_052737IMG_20210907_055813IMG_20210907_053430そう、俺はこの光景を見たかったのだ。車で通り過ぎながら見てはいたけど、秋の冷気に包まれゆっくり歩きながら、時折シャッター押しながら、成長した稲穂を眺めるのはとても心豊かになる。俺の見る限り今年は豊作なんだろうと思う。

朝食後、プラタナスの伐採を始めた。今朝は1本だけのつもりが残り3本ともやってしまった。ただ3本目がもう少しで終わりとユーところで充電池が切れた。惜しいけど、急ぐ必要はない。明日10分やれば終わる。これで倒木や大量の落ち葉で通行人(車)に迷惑かけるリスクは減った。明日からは、切取った材を薪にカットしたり、細い枝は短くカットして有機肥料になるよう斜面にばらまく。この作業が3日はかかるやろな。今週中を目途に楽しみましょう。充電式ノコギリは優れものだ。壊れたらすぐ買い換えたいと思わせるお勧め機器です。

作業を終え、汗びっしょり後のシャワーの気持ちいいことこの上ない。リクライニングシートに寝っ転がり、このまま心地よい眠りに入るのだろうな思っていたところに、カズミさんから電話。

「もう帰っるから、TSR邸に取りに来て」

おおっ、そうだった。今日はたくさんの注文をとり、カズミさんとセイコさんは、垂水のコストコに買い物に行ったのだった。我が家もいくつかお願いしていたのだ。女房は「それ以上綺麗になってドーする?」と送り出し、まだ帰宅してないので俺はノコノコと出かけた。TRS邸のテーブルには食料品店のように大量の食品が並んでいた。注文受けた家ごとに種分けし、金額を算定してゆく。まぁご苦労さんなこった。

IMG_20210907_110710画像は我が家分。昼食は、そのなかからホットドッグ&コーラ(180円)で済ませた。このホットドッグは何回か食べたことあるけど、ボリュウムたっぷり、1個で十分にお腹が膨れる。カズミさん&セイコさんの買い物パワーは世界最強と言っても過言ではない。ホットドッグは現場でタマネギ・辛子・ケチャップを自分でトッピングし、飲み物はフードコート内で食べるのが原則なのに、それらをすべて持ち帰ってることだけ見ても凄い。

この迫力に、これからも定期的に行って欲しいもんだなぁなんていっていたら、隔月に敢行する予定だとか。ありがたいことだなんて、買ってきてもらうのを当たり前に捕らえている自分が怖い。

さて夜は「チキンの丸焼き」で晩酌だ。とっても楽しみ。
プロフィール

halubon1022

最新コメント
ギャラリー
  • メバルちゃんとの逢い引き
  • Hey  Jude
  • 豪雨のち青空
  • いい汗かいた朝
  • いい汗かいた朝
  • いい汗かいた朝
  • いい汗かいた朝
  • いい汗かいた朝
  • 我は海の子
アーカイブ
ブログ内記事検索
  • ライブドアブログ