風のたより Ⅲ

2001年、52歳での早期退職、大阪より淡路島に移住しました。 昨日で20年経ち、72歳になりました。海を見渡せる小さなログハウス、たくさんの友人達に囲まれて楽しく過ごしております。このあと何年こんな暮らしができるか分からないけど、風まかせで生きてゆこうと思っております。タイトルも密かに「風のたよりⅢ」にしました。元々HP「風のたより」月一更新から始まったので、タイトルだけでも初心に戻ろうとする小狡いオジイであります。 《2021年4月1日》

別れの朝

DSC_0000_BURST20240625050216063_COVERDSC_00214:30に目が覚めた。窓の外には完全には明けてない朝があった。いや、梅雨らしいどんよりした天気だからそう見えるのかもしれない。なんとなく体は怠いが、いい時間に目覚めたのと、雨は降ってないようなので、素早く着替えて車に乗った。早朝田圃散歩は4回目だと思うが、初めて少しの蒸し暑さを感じた。と言っても汗が出るほどではないんだがね。

DSC_0022DSC_0023少しコースを代えながら歩く。いつもより2000歩ほど多く歩いた。がんばる必要ないのだが、なんとなくそうなった。途中「覚王寺」の境内に入ってみた。ここの本堂を取り壊してるのは知っていたが、その後工事の様子がないので気にかかっていた。この前、麻雀仲間(地元の人たち)に聞くと、もう本堂は再建しないのだそうな。その他いろいろ聞いたが、あまり書かない方がいいだろう。俺的には、年数回だが本堂前で手を合わせてきたので、少し寂しい。

農業者が減り、放置農地が増えてるのと同じで、お寺さんの持続も難しい時代になったのだろう。少子高齢化が叫ばれて久しいが、政治家たちは何してきたんだろうね。もちろん政策的なことだけで解決する問題ではないが、少なくとも、子どもの欲しい夫婦が心配なく産める環境は作ってあげたいね。

なんてこととは関係なく、今日はこれといった予定なく、食糧品買い出し以外はごろごろしていた。
それでも3時の珈琲だけはきっちり淹れた。珈琲飲みながら、なんの脈絡もなく高橋真梨子さんの歌が聴きたくなった。スマホをいじってると「別れの朝」が流れてきた。う~ん、いい歌だ。彼女の歌声も胸に響く。その後「ジョニーへの伝言」「五番街のマリー」など懐かしい歌が続く。そういえばアッちゃんは彼女の大ファンだったなぁ。俺は特別ファンてことはなかったけど、なにか心に残るもんがあったんやろね。この頃は、聴きたい思った時PCやスマホで即座に聴けるのがいいね。

高橋真梨子さんのお陰で、午後の珈琲が3倍美味しく飲めた。

明日は2か月ぶり「お日さまカフェ」へお手伝いに行く。先月は例の初救急車体験から転倒騒ぎとあって参加できなかった。MRIで脳に問題ないことも分かった。とユーことは、生まれてこの方、脳に問題ないのにドーしてこんなに頭が悪いのだろう。使い方が悪かったんやろなぁ。勿体ないことした。楽しい人生だったから、まぁいいか。

お日さまカフェのみなさん、お元気でしょうかね。
明日は美味しい珈琲淹れますからね。

お好み焼き 新ちゃん

結局雨は降らなかったけど、いつ降り出してもおかしくない感じだったし、暑くはないけどムシムシ感があり、なんだか体もだらっとしていた。こんなとき何もしなくてもいい暮らしは幸せだ。エアコンを除湿にすると快適で、朝から居眠りしていた。あぁ、幸せだ。

午前は買い物、午後は二人でお茶を。なにか新曲ないかなぁと昔買った歌本みてたら「東京ブギウギ」を見つけた。朝ドラで何回か聴いていたので、演奏してみた。もちろん上手くできる訳はないが、ヨシ笛とギターに合う曲ではないようだ。レパートリーに加えるのはやめた。

17:00 車で家を出てHRD氏をピックアップして、お好み焼き「新ちゃん」に向かう。ここは、年数回訪れる店だ。HRD氏とお店に人は地元の顔見知りだから、なんか俺たちもそんな感じで居させてもらっている。

113131526店で待つこと数分、ヒロシさん&セイコさん夫妻が現れる。今日は5人でお好み焼き&たこ焼きだ。俺はいつもの通り「ねぎ焼ミックス&たこ焼き」の黄金コンビだ。他の人はヨー知らん。

640x640_rect_140446564ただ、女房のみ生中を持ち、HRD氏・ヒロシさん・俺はノンアルビール、セイコさんは水で乾杯。
う~ぬ、今日のようなジメジメ感のある日は、俺も生中飲みたい。迷惑顧みず、ヒロシさんに車出してもらえばよかった。今度はそうしよう。

なんてことで、サッとお好み焼き屋さんで夕食を終えた。
美味しくて短時間で済む、こんな夕食があってもいいよなぁ。

たまには、チョット高級感のあるお店もいいし、今夜のような超庶民的な夕食があってもいいのだ。

楽しい夕食だった。

梅雨らしい日

昨日来、ずっと降り続いてる感じだ。田圃散歩もできないし、水やりも必要ないので退屈だ。寝てるんだか起きてるんだか分らん時間を過ごす。いつもなら女房から買い物指示が出るのだが、なんのお声も掛からない。女房も多分寝てるんだろう。

DSC_0020午後、ヨーコさん、ヒロシさん&セイコさん夫妻、OSM女史が現れ、いつもの訳分らんトーク炸裂。内容は一切覚えてない。それでいいのだ。

そんな一日だったが、梅雨らしい梅雨は、農家にとっては大切なわけで、これにより俺たちは秋には美味しい新米が食べられるわけだ。今日でほとんどの田圃は田植えを終えたことだろう。

明日も⛈マークがたくさん並んでいる。いいことなんだろう。




アジサイ祭は雨

ジュリーは誰もが認める雨男である。彼が主催する宴会や旅行では必ず降る。ただし、この時期開催するアジサイ祭だけは、雨男とは言わないようにしている。雨とアジサイはセットのようなもんだ。これだけはジュリーのせいではない。

今日も、午前中は晴れだったが、午後から曇りはじめ、宴会の始まる15:00くらいにはぽつぽつ、それから本格的な降りになった。まぁ予報通りだ。

ジュリー邸は、家の基礎下が屋根状態になってるので、BBQはできるし、20人程度は座って飲み食いできるスペースがある。今日のような天気だと我が家では絶対無理だ。コロナ禍以降屋外宴会したのは一度きりだ、それを含め約20年間、我が家の屋外宴会で雨を降らせたことは一度もない。俺の唯一の自慢だ。

さてさて、今日は一時外出を認められたアッちゃんの参加もあり、久しぶりに大盛り上がりしていた。説明は要らないだろう。画像をご覧ください。


DSC_0007DSC_0008DSC_0009DSC_0010DSC_0011DSC_0012DSC_0013DSC_0014DSC_0015DSC_0016DSC_0017DSC_0018DSC_0019

まだ梅雨入りしてないの?

DSC_00044:30にアラームセットしてるのだが、それ以上に風雨が凄く目覚めてしまった。窓には横殴りの雨が直撃しています。窓の外のゴーヤの葉が揺さぶれれ、何本も折れてるようです。数日前の風雨では、折角咲いた花が全て飛んでしまいました。今回もそうでしょう。今年、ゴーヤの実はできないかも。

DSC_0005夕方の写真です。朝の強い風雨が信じられないほど無風快晴です。海も空も樹木に夏色です。歓迎しないけど、蒸し暑くなりました。ちょっと窓を開けると蚊が侵入してきます。明日も午後から⛈マークが並んでおります。関西梅雨入り宣言もあったようです。いよいよ本格的な夏の始まりです。なんとかこの夏を乗り切りたいものです。一夏一冬が自分の寿命を刻んでるのをヒシヒシと感じます。

午後、ヒロシさん&セイコさん夫妻、ヨーコさんが現れ、賑やかにおしゃべりした。最初は京都の何とか寺がいい、奈良のどこそこがいいなんてチト文化的な話をしていたが、後半は墓じまいがドーの、永代供養がコーのなんて話になっていました。俺なんかなんの財産もないし、お墓もいらないし、お気楽でいいなぁと思いながらアレコレチャチャ入れていた。

もちろん最後は

「知らんけど・・・」

で締めるのは忘れない。

さて、今夜はいつものメンバーで麻雀です。

明日は15:00よりジュリー&花ちゃん邸庭にて、恒例の「アジサイ祭」です。したがって、我が家でのカリンバ隊やお茶の会はありません。

ついでに言っておくと、来週の土曜日も俺たちは出かけるので居ません。悪しからず!

お見舞い ⅩⅢ

DSC_0001DSC_0003今朝も田圃散歩してメーりやした。写真に撮ってしまえば代り映えしない景色なんですが、気持ち的にはいつも新鮮です。心から「生きていて良かった」と思えるのです。4:30起きなんて無理ヤーとおっしゃる方も多いかと思いますが、是非一度お試しください。

午前、アッちゃんのお見舞いに行ってきました。もうお見舞いが必要な状況ではないのだが、リハビリに疲れてるだろうから、チト息抜きできればいいかなと思っております。今日は、俺たちも行くつもりだったけど、ジュリー&花ちゃん夫妻も予約を入れていたようだ。で、今日はその”権利”を頂いて、その代わりアッちゃんの洗濯物を持ち帰るなんてことで調整したのであります。ほんとドーでもいいことでスマン!

アッちゃんの話では、ボチボチ退院の話も出てるようで、退院後は通院リハにするか、自宅派遣してもらうかになるようだ。

「車の運転許可が出るかどうか心配だ」

なんて言っておりましたが、海平においてその心配は全くありませぬ。ハルボンタクシーはじめ、たくさんの個人タクシーが林立しております。サービス合戦を繰り広げております。わが社は、無料ランチ付きなんてサービスもございます。

とりあえず、土曜日は「アジサイ祭」(ジュリー&花ちゃん邸)に参加のため一時帰宅するようです。半年前は最悪のケースも・・・なんて思わざる得ない状況だったのに、人の生命力はまさに神秘やね。

早朝の田園風景

今朝も4:30起きで里山を散歩してきました。見慣れた風景なんだけど、いつも新鮮です。我が家の庭からは海が広がり、3分車で下れば山里の風景が広がっている。景色は季節ごと、時々刻々と変わる。俺はなんと贅沢な暮らしをしてるんだろうと思う。そう思うのは、40年間大阪とユー大都会に暮らしていたことと、生まれて小学生まで育ったのが瀬戸内海西端の小さな島だったことに起因するんるんだろうなと、この年になってしみじみ思う。

俺はこれまで12回引越しした。都道府県的に言えば大阪に居た40年が一番長いのだが、同じ家となると淡路島のこの家になる。この家に、淡路島に、島の人たちに感謝している。俺は淡路島の土になる。そんなん迷惑だと言われても、淡路島から出ることはない。

そんな思いは、今朝おれが何気なくスマホで撮った写真を観てもらえればわかる。何気ない日常的な風景が心地良いのだ。


DSC_0038DSC_0035DSC_0034DSC_0033DSC_0032.trashed-1721336593-DSC_0031.trashed-1721336592-DSC_0030







午後、久しぶりにMRN氏が現れる。氏も今年はほとんど釣行してないそうだ。正直、俺も今年は釣行を増やそうと思っていたのだが、なかなか腰が上がらなかった。数年前、一応現役釣り師引退は宣言している。でも何本かの竿とタックルや小物類は捨てきれないでいる。メバルが攣りたい。アナゴを食べたい。でも体が動かん。

かずみさんが合流した。明日、アッちゃんのお見舞い予定なので何か用はないかラインしてたのだ。そのラインには気づかず来たらしい。結果、俺たちはお見舞い予約していたジュリー&花ちゃん夫妻の代わりに行くことになった。

「ハシダですと名乗ろうか」

といえば

「あなたたちは手作り菓子の夫婦と言われてるからダメダメ」

と言われた。

まぁ、何でもいいけどな。

線状降水帯

DSC_0023おはようございます。
日頃は夕方の書き込みですが、今、7:00です。
激しい雨に風も強く、嵐といった状況です。
DSC_0025全国的に雨模様のようですが、淡路島もヤバイかな?なんて思うほどです。
被害が出なければいいけど・・・我が家は止むまで外出は控えるつもりです。
皆さんもお気をつけください。

DSC_0026大雨でも太陽光パネルは細々と仕事をしております。設置して15年経つが、原価償却してまだまだ現役として活躍しております。なかなかに偉い。俺の人生で唯一の成功例かもしれない。

9:55

雨も風も収まりつつあるようです。朝一でオーバー目に書いて申し訳なかったかな。それでもあの時は心配だったもんね。
さて、お昼は、前から気になっていた「まぜぞば」を食べに行きます。どんなんやろね。
傳さん&ヨーコさんお薦めの「鯛と鳥ラーメン」(鳴門市)にもいかなくてはならない。
「台南家」もご無沙汰してるし、太陽珈琲のマルゲリータも食べたい。
あ~、忙しい。糖尿病正規軍になりそう。
まぁいいか。健康より美味しい暮らしの方がいいよな。もう長く生きれるわけではないんだから。

DSC_0027640x640_rect_0a35d962f5139cde6ae49ad4d2fe3be1DSC_0029「まぜそば」食べてきました。いろんな種類ありましたが、俺たちは一番オーソドックスな「台湾まぜそば」をチョイスしました。もちもち麺、程よい辛さに満足してたんだけど、だんだん濃い味についていけなくなりました。もう20年も若ければお代わりしたかもしれないんだけど、ここ数年、濃い味、しょっぱい味には極めて弱くなりました。辛さはまだまだいけるんだけどね。餃子は良くも悪くも普通かな。今度は「塩まぜそば」を試してみるつもりです。それでも濃いと感じたらモー行くことはないかな。

なんか残りの出汁に白飯いれかき混ぜて食べると「追い飯」なんてこともできるらしいが、糖尿病予備軍には無理だ。俺たちが一番客だったが、そのあと5,6二人入ってきたが、皆さん若い層だった。若い人ががっつり食べる店のようだ。

初田圃散歩&初ちりめん

今日から田圃散歩始めようと、4:30にアラームをセットして寝た。しかし、その30分前くらいに、海からのけたたましい騒音で目が覚めた。漁の船のように思うが、それにしては音量が半端ない。まぁ、この謎は後で判明する。

結局アラームが鳴る前に起き出し、アラームは解除した。

4:50に家を出る。もう夜は明けているが、陽射しはまだだ。特に里の方は山陰になるので、海側より少し遅れて陽が射すことになる。

1年ぶりの田圃道は最高に気持ちよかった。

風は全くなかったが、半そでシャツの腕に感じる冷たい空気感がなんとも言えず贅沢だ。心地良すぎて申し訳ない。

数日前に植えたばかりだろうと思われる田圃。もう一面緑の広がる田圃。

満々と水を湛えるため池からは狭霧が登っている。

深い緑の山々と空を分ける稜線

そんな風景の中を白鷺が2羽、ゆったりと舞う。

そのうち海側の稜線から朝陽が顔を出す。

なんと贅沢な景色なんだろう。なんと心落ち着く広がりなんだろう。まぁ、俺の表現力では言い表せないので、以下ランダムな写真でお楽しみくださいと言いたいところだが、写真も下手だ。新しいスマホのカメラも使い方がよく解ってない。機械音痴は嫌だね。

DSC_0022DSC_0021DSC_0020DSC_0018DSC_0017DSC_0016DSC_0021DSC_0022DSC_0018








時間は少し経って、久々の早起きでウトウトしてたら、昼前、ジュリー&花ちゃんがバケツ一杯の生シラスを持ち込んだ。う~ん、早朝のけたたましいしい騒音はこれか・・・シラス漁の船がたくさん出てたのだろうと想像できた。シラスを見ると、正直まだ小さくて、釜揚げには難しいだろうと思われるサイズだ。

シラスの釜揚げは美味しいけど、面倒でもある。少しずつ少しずつ熱湯に浸し、素早く揚げ、簀の子に広げて熱気と水分を飛ばさねばならない。花ちゃんたちが漁師さん(マレット仲間)からいただいシラスは、この倍あるらしい。それで、我が家にバケツ一杯分置いていった。

傳さん&ヨーコさん夫妻は居ないらしいので、KWT夫妻、くろちゃん&たかちゃん夫妻に押し付けに行く。運よくミサオちゃんもいたので押し付ける。そこに居た、タカちゃんの母上は、こんな大量のシラスを見るのは初めてのようで、至極感動していた。確かに、ついさっきまで、目の前で泳いでいたシラスを頂くなんて贅沢な話だ。しかし、そこに至る手間を説明してきたのだが、釜揚げは上手くできただろうか。

我が家では、釜揚げは俺の仕事なのだが、おすそ分けしに行ってる間に、女房がほとんど終えていた。女房、偉い!

3時のお茶に傳さん&ヨーコさん夫妻が現れたので、ちゃんと釜揚げしたシラスをお裾分けした。この2人が一番の幸運者だったのだ。まぁ、通院だったとのことでいいんだけどね。

基準より小さなシラスで揚げるのは難しかったが、お味の方は全く問題なかった。
漁師さん、ジュリー&花ちゃん夫妻、島暮らしならではのご馳走、ありがとうございました。

けだるい一日

DSC_0001_BURST20240616112930952蒸し暑さに体が馴染みません。朝は爽やかな空気感なのだが、なんだか体が怠い。年のせいかもしれないけど、何もやる気にならない。それでも水やりだけはしないとと、外に出るが、なんだか昨夜降ったみたい。鉢植えの土も湿っている。

DSC_0011DSC_0002折角外に出たのだからと、放置庭の咲く花や野菜たちを見回った。みんな元気だ。それでいいのだ。生き生きしてれば、それが野生してるものであれ、植えたものであれ、俺は嬉しいのだ。

DSC_0012DSC_0003DSC_0011ゴーヤ、ミニトマト、インゲン、ピーマン、シシトウなどの花が咲き始めた。収穫が目的ではないが、気持ちが豊かになる。食べることができたらラッキーとしておこう。

.trashed-1721098746-DSC_0008午後現れたのは、OSM女史のみ。3人で淡路島ローカル話題でのんびり話していた。昨日のような大賑わいも楽しいけど、のんびりおしゃべちタイムもいいもんだ。

ハルボン倶楽部デビュー

昨夜はいつものメンバーで麻雀だった。他の3人は俺の息子世代、いやもっと若い人もいる。もちろん麻雀が好きでないと参加できないが、毎週のごとく集まれるるのは、参加者の人柄によるところが大きい。勝ち負け以上に一緒に時間を過ごして楽しいから続くのだ。もう1年半ほどになる。俺一人年寄りなのだが、自分でも不思議なくらい、この若いメンバーに溶け込んでると思う。いや、麻雀にそんな力があるのかもしれない。あと何年できるか分らないけど、迷惑かけない程度にできる間は参加したいものだ。

帰宅は01:30頃だったかな。麻雀を楽しむためには、それなりの集中力も必要なので、帰宅後1時間は椅子に座って気持ちが収まるのを待つことになる。この時間がなんとも心地いいのだ。

何時に就寝しても、一応5:00には起き出す。さすがに体は怠いので、目覚まし体操は軽めに短時間で済ませる。水やりして朝食摂って、後はダラダラと過ごす。ウトウトもしている。昼食後もまたウトウトする。ある意味至福の時間だ。

14:00頃にはカリンバ隊集合だ。今日はヨーコさん、セイコさん、ユキエちゃんのフルメンバーでの練習だ。短時間だがいつになく真面目に練習していた。

途中、お隣のルミコさん(KWT夫人)がきて、なんだか神妙に聴いていた。
そこに、傳さんがタカちゃん(KRIW夫人)&母上を伴って現れた。タカちゃんの母上が、こちらに来てるのは聞いていたが、我が家に来るの初めてだ。つまりハルボン倶楽部デビューとユーことになる。我が家にしても初めてのお客さんを迎えるのは久しぶりだ。コロナ禍以降、集まること自体はばかられていたこともあるし、我が家自体があまり活動的でなくなっていたこともあるだろう。

さて、タカちゃんの母上は、ハルボン倶楽部の常連さんになってもらえるだろうか。

女房の手作りお菓子は「淡雪羹」だった。これは16個作れるので、全員に行き渡ってよかった。

日付が変わるまで麻雀を楽しみ、昼過ぎまでダラダラ過ごし、午後は大勢でおしゃべりを楽しむ。

海兵良いとこ、一度はおいで! の一日だった。

初冷房

昨日、水やりしなかったもんだから、なんだか気になって、5:00前に起き出して水やりした。心なしか、葉がぐったりしてるように思えた。美味しい実を付けるためには、水分はギリギリまで抑えるのがいいと聞くが、俺の場合は食べるのが目的でなく、成長の過程を楽しむためだから、やはり毎日水やりすることにした。

てなことで、いつもより早めの朝食になったのだが、そのころにはすでに夏の陽射しが、見た目暑苦しく感じた。それで、少し草刈りしようかなんて気持ちも萎えた。これからより動かない日々が続きそうだ。

11:00過ぎ家を出て、丸亀製麺に向かう。冷たいうどんが食べたくなったのだ。ざるうどんが美味しかった。

その後、近くの内膳マルナカで買い物した。駐車場に停め、車から出たとたん、押し返されるような熱気に襲われた。

「おおっ、本物の夏が来たぁ」

と叫んでいた。

それでも帰宅後、いつも通り昼寝した。屋内で暑さは感じなかった。

3時のお茶に現れたヨーコさんが、今日初めて冷房を入れたなんて話してた。我が家はそれほどまで暑くないけどなぁなんて答えていたのだが、ヨーコさんが帰って、快適四畳半に入ると、ムッとした熱気だった。この部屋は西日が当たるからね。

それで、今このブログを書いてるのだが、たまらず今夏初めて冷房を入れました。気持ちいい。まさに快適四畳半です。誰が考えたのか、四畳半とユー空間は、冷暖房も素早く効くし、必要なものを置けるスペース的にも十分だし、何より一番落ち着ける広さだ。

なんて書いてるうちに、チョット寒く感じてきた。

さて、今夜は麻雀だ。2週空いたのでうずうずしている。この年になって麻雀が楽しめるなんて思ってもいなかったので、ウキウキ気分だ。

お見舞い Ⅻ

今朝はあえて水やりしなかった。草花や野菜たちも、本格的夏を迎えるにあたって、一日くらい水をもらわなくても耐えるようになって欲しいからだ。鉢植えの野菜は可哀そうだと思うけど、それくらいの生命力がないといけない。明日は5:00に起き出して水あげるからね。

10:00 約束通りHRD邸に行く。氏が、ソーダ水を作る道具を買ったので、使えるようにしてくれというリクエストにお応えしてだ。昨日チョット見たんだけど、我が家のと違うし、一番感じな炭酸ボンベが無かったので、我が家のが合わなければ、返品して我が家と同じものを買うように提案するつもりだった。そうすれば我が家に4本あるボンベを共有できるので、大いに節約できるのだ。

炭酸ボンベは最初買うときはかなり高い。ただ次回からは空になったボンベを持っていくと、満タンボンベに替えてもらえるのだ。つまり炭酸のみの値段になるわけだ。

で、我が家にあるボンベを持って行ったのだが、これなんと同じボンベで共有できることが分かった。セッチングしてみると、普通に炭酸水ができた。これは本人にも行ったのだが、チトお安い物なので、使い勝手とユーか、ボンベやボトルをセットするのが面倒だし、道具自体が軽くて安定が悪い。でも、もう買ってしまってるし、一応使えるのだから、壊れるまでこれで行けばいいか。我が家に無駄に4本あるボンベもフル活用できるので、よかった面もある。

午後は、アッちゃんのお見舞いなんだけど、面会時間は16:00~と指定された。12回目だが、こんな遅い時間は始めてだ。俺たちは暇だから何時でもいいのだが、夕食に近いから何持って行ったらいいのか迷う。

アッちゃんは、話しても、歩く姿を見ても、なんで入院してるのか分らんほど普通だ。夕食は18:00からなので、持ち込んだ和菓子も食べてもらえた。話題も食べ物の話ばかりで、我が家で繰り広げられるアホ話と変わりない。

「退院したらまず焼肉いこか」

と言ったら、

「前は肉やったけど、今はウナギが食べたいねん」

なんてゼータクユーとりました。そういえばヒロシさんがそんなこと言っていたなぁ。京都から買ってこようかなんてね。

来週の土曜日は、一時帰宅できそうだ。ジュリー&花ちゃん邸での「アジサイ祭」とユー名のBBQ宴会に合わせてのことだ。それができれば退院もソー遠くないだろう。1月はドーなることかと、かなり気が重かったけど、本当に良かった。本人はリハビリがきついとボヤいていたが、これだけは頑張れとしか言いようがない。全快に向けてのことだから頑張り甲斐があるやんなぁ。

アッちゃん、ガンバレ!

午後の飲茶

いつもより少し早めに家を出て、HRNクリニックに向かった。待合室には何人か居たが、みなさん、予約で胃カメラ等された方のようで、診察自体は俺が一番だった。7.8年通ってると思うが、一番は初めてだなぁ。今日は採血もしたし、昨日のMRIの報告もしたりで、診察そのものはいくらか長かった。それでも、清算を済ませ、隣の薬局で薬をもらったのが 9:00過ぎだった。

11:15にHRD氏を迎えに行く予定だったのだが、早く終わり過ぎたので、イオンで買い物した。それが問題で、俺は採血のため朝食抜きだったのでお腹ペコペコ状態だった。昼ご飯は西浦の「シャングリラ」で飲茶ランチの予定だったので、お腹空かせて行くつもりだったのだが、売り場でお結びを見ると、たまらず手が出て、籠に放り込んでしまった。支払いを済ませると素早く車に乗り込み、パクついた。美味しい。具は昆布がよろしい。日本人でお結びが嫌いな人っているんだろうか。

食って少し後悔したが、まぁ1個だけだから、お昼ご飯に影響ないだろうなんて、自分に都合よく考えることにした。しかし、これはまた想定外の難題が起こる。超空っ腹にお結び1個なんて、火に油を注いだようなもので、余計お腹が減ってたまらん。本当にもう1個買いに走ろうと思った。ここはなんとか制御した。俺は偉い。


DSC_0012そんなことしてても、まだ時間あるので、いったん帰宅した。1時間ほど、空腹感と戦ってHRD氏を迎えに行った。小一時間ドライブを楽しみ「シャングリラ」に到着。ここは2階建ての建物なのにエレベーターがある。車椅子で行ける配慮がなされている。車椅子と俺と女房で満員だが、これがなければ身障者排除なんるんだもんね。この建物のオーナーは偉い。

西浦にはここ4,5年で、春のタケノコのようにお店ができてるが、車椅子に配慮がない店の方が多いように思う。お店出すなら♿専用駐車場とスロープは設置してほしい。それが人に優しい世の中につながるだろう。残念なのは♿専用駐車場とスロープはあっても、いざテーブルに着くと、脚の部分が円形で車椅子がテーブルの下に入りきらず、非常に食べ辛い姿勢になる場合がある。折角の配慮が、最後のところで至らないことになってしまうのだ。飲食店の皆様、4本脚テーブルの方がよろしいかと。

「シャングリラ」も円形脚だったが、まぁなんとか食べれる程度に入り込むことができた。

DSC_0016DSC_0001_BURST20240612123820461DSC_0017飲茶ランチセット(1980円)は、味も量もまずまず満足だった。ノンアルビールやジャスミンティを頼んだので、ランチとしては少々お高めだが、天下の印籠「3割引きカード」が身に入らぬかなんてことで、ホボホボ一人分タダなのだ。せめて20分くらいで行けたらもっと行くだろうけど、昼飯食べに往復1時間半チト辛いかな。まぁドライブがてらくらいの気持ち的余裕があればいいのかな。

脳は立派なんだけど・・・

MRI検査に行ってきた。予約通り、MRIは9:00きっかりに始まり、その画像を診ながら医師の診察は予約の10:00前に終わっていた。こんな大病院でこんなスムーズに診てもらえるとは思ってなかったので、大いに感動した。

それだけでなく、脳神経内科医の診察は

「脳になんら問題は見当たりません。少し血管の薄いところはありますが、その先が鮮明に写ってるので大丈夫です。この前の酷い頭痛は一過性の後頭部神経痛で間違いないでしょう。もし、今後同じような痛みがあれば、とりあえずロキソニンを服用してしてください。それでも治らないようならHRNクリニックで診てもらってください。それでもダメなら、紹介状貰ってこちらに来てください」

と至極簡単明瞭に、俺が知りたいことをスパッと答えてくれた。小気味よい応対に感動しながらも

「う~ぬ、俺は何ら問題ない立派なの脳の持ち主なんだ。ただ、使ってなかっただけなんだ」

なんて考えていた。

そして、支払いは4400円ほどだった。因みに前回の診察は74円だった。間違いではありません74円なのです。なんか申し訳ないなぁと思いながら、自動支払機に100円入れたら、当たり前だけど26円おつりがでてきた。なんだか恥ずかしかった。今日も、MRIには2人技師さんが付きっきりで世話してくれた。約30分かかったと思う。あんな凄い機械に入ったのだから10、000円くらいはするだろうと思っていた。

掛かりつけ医の紹介状をもらうと、診察内容も共有され、日時もしっかり予約してもらえる。やっぱこのシステムを活かすためにも、掛かりつけ医を持つのは大事だなと思った。

今回の騒動を冷静に振り返ると、頭が痛くなった時点で、早めにロキソニンを飲んで抑えてしまえば、夜中に救急車を呼ぶこともなかったし、カズミさん、ジュリー&花ちゃん夫妻を2:30にたたき起こすこともなかった。さらには転倒、怪我をすることもなく、スマホを壊すこともなかったのだ。

多くの人に迷惑かけてしまったが、これも経験したからこそ言える訳で、一つの情報として皆さんと共有できてよかったとしておこう。

皆さん、後頭部に激痛が起これば、とりあえず露基礎にを服用してみてください。もちろん、手の震えや口がもとらないなどの症状があれば、即救急車ですよ。

今回の初救急車騒動は、今日で解決しました。明日は、報告がてらの定期健診でHRNクリニックに行ってきます。正直ユーと、掛かりつけ医を替えようかと思っていたのだが、今回の件で引き続き診てもらうことにした。現金な患者だこと。

それと、折角立派な脳を持ってるのだから、何とか使わなくちゃなぁ。でも俺の脳は宝の持ち腐れでおわるんだろうなぁ。今更賢くなってもしょうがないし、アホは気楽でいいものなぁ。人の役には立たんけど・・・。

アジサイの咲くころ

昨夜は日付が変わるころまで降っていたようだ。ゴミ出しのため外に出たとき、陽は射していたが植物たちの葉には水滴が浮いていた。ただ、まだ蒸し暑さはなく、雨上がりの割には爽やかな空気が漂っていた。

DSC_0006DSC_0005DSC_0004DSC_0001ゴミ出しを終え、敷地内のアジサイの様子を見て回った。ガクアジサイ、スミダノハナビなど20年ほど前に250本ほど植えたのは、約半数に減っており、葉も花も小さく、茎も細くなっており、そろそろ寿命かなぁなんて思ったりする。自分で挿し木し、毎日水やりして育てたアジサイたちなので愛着がある。一生懸命育って咲いてくれた花達だ、撤去せず自然に枯れるのを待つと決めている。

7,8年前から少しずつ植え始めたアナベルは、今が盛りだ。満開は1週間後だろうが、開き始めた今も、みずみずしくて俺は好きだ。なんせ放置庭なので、観においでとは言えないが、道路沿いなので通り掛かりにチラ見していただければ嬉しい。

陽射しに萎えがちな気持ちを奮い立て、ウォーキングに出た。まだジメジメ感がないのが救いだが、20分も歩くと首筋・方あたりが熱くなる。市役所回りはほとんど陰がないからなぁ。

DSC_0010DSC_0009DSC_0001_BURST20240610092014632それでも海側に出ると、海と空と雲が鮮やかに輝いていた。素晴らしい。なんか生きててよかったと思う。

明日は医療センターでMRIを撮り、明後日はHRNクリニックで定期診察だ。これで何もなければ救急車騒動は一旦終わりとする。まぁ、今のところなんの症状もないので、90%は大丈夫と思ってるのだが、なんせ75歳やからねぇ。後頭部神経痛なんてのが、今後どのような展開になるのか見当がつかない。持病にならなければいいのだがなぁ。あの痛さはもう嫌だ。少しおかしければ速攻ロキソニンで抑えるしかないのだろう。

いい報告ができますように!

特攻隊員の哀しみ

一日雨でしたね。にもかかわらず、次々と親しい仲間が現れた。
NKO氏、傳さん&ヨーコさん夫妻、カズミさん、OSM女史たち。
誰も来なかったら淋しい日曜日を過ごさねばならなかった。
皆さんに感謝!

いつもなら なんの話をしたなんか全く覚えてないのだが、今日は一つだけ印象深く覚えていることがあった。

NHKの番組で、星の果実園のマサくん&ノリちゃんが出て、世界一になった鳴門オレンジマーマレードが取り上げられたようだ。そこから数年前の「ブラタモリ」の話になり、そこで案内係をしていたのがNKO氏の甥御さんだとユー話になり、NKOさんがポツポツと話し始めた。

先日、NHKが取材に訪れたとユーことだ。それは「ブラタモリ」とは関係なく、氏のお兄さんが、第二次世界大戦の特攻隊員として散ったことについての取材だった。自分も知らなかったお兄さんのことも、いろいろ資料を見せなながら教えてくれたそうだ。詳しくは書けないが、その一つ一つが胸に浸みた。今、この時代だから、戦争の悲惨さを忘れてはならないとの思いで、氏も取材に真剣に向き合った。

陽気な仲間たちも、さすがに神妙な面持ちで氏の話を聞いていた。

後期高齢者の俺が、4人兄弟の末子で、俺だけが日本で生まれている。上の3人は当時日本の統治下にあった朝鮮半島で生まれている。我が家は所謂「引き揚げ者」なのだ。

俺は平和な日本しか知らないが、俺の親世代は戦時下を生き抜いた人たちだ。そう思うと、いま世界のあちこちで戦時下にあることに改めて恐怖を感じる。

「平和な世界を!」

と叫ぶのは簡単だけど、戦争のない時代なんてあり得るのだろうか。
覇権争い、宗教・民族紛争・・・当事者にしかわからないことなんだろう。

とりあえず俺は、今俺の周りにいる人たちと、楽しく穏やかに暮らしてることに感謝しながら生きていこう。
改めて皆さんよろしくね。

舟歌を弾きながら・・・

朝の陽射しは強かった。それでも空気は冷たく感じるくらいで、そよ吹く風がとても心地よかった。ここ数日好天が続き、鉢植えの花や野菜の土はからからに乾燥していた。水をやると、とても嬉しそうにしていた。スッーと土に浸み込んでいくのがいい感じだ。

午前は買い物に出て、午後はカリンバ隊のヨーコさん、ユキエちゃんが集まり、短時間であるが珍しく集中して練習していた。今「川の流れのように」を練習してるようだが、ここ数年、歌謡曲を見直すようになっている俺がいる。イントロ、メロディ、サビが心地よく響くのだ。

最近の歌は・・・なんて言い方はしたくない。今の人がいいならそれでいい。俺も若いころはロックだフォークだ洋楽だぁなんて英語の歌詞なんて分らんのにイキガッテいた。俺たちのころはギターを持って歩くだけでカッコいいと思い込んでいた。女性にモテたい一心でカッコつけていた。

それが悪いとも思わない。若いほとんどの男がそうだろう。それが俺にとってはギターだっただけだ。俺が60年弾いていても上手くならないのは、邪まな気持ちで弾いていたからではない。ただただ、音楽的才能に恵まれたなかっただけだ。それでもごく少数ではあるが、モテたこともあるのでいいのだ。

今は女房のヨシ笛伴奏として、約100曲演奏してる。ジャンルも特に問わなくなっている。その中で「悲しい酒」とか「舟歌」なんかがとても心に響く。もっと歌謡曲のレパートリーを増やせたらいいなぁなんて思っている。

でも俺の青春はなんといってもBeatles。これだけは譲れない。今も時折、彼らのYouTubeを観ながら聴きながら「うん、これだ」と50数年前にタイムスリップしている。

俺も長く生きてるなぁ。

焼肉の夜

5月14日、人生初救急車で医療センターへ搬送してもらった。診察の結果「お帰りください」と言われた。まだ頭は割れるように痛いのに、帰れと言われるとは思わなんだ。せめて一泊くらいさせてくれたらいいのになぁと思いつつ、まぁ入院するほどのことはなかったとユーことで、チト安心感もあった。

しかし、そこで困ったのは、タクシー会社に何度電話しても繋がらない。時刻は2:30。仕方ないので、迷惑顧みずカズミさんに電話する。出ない。この時間だもの仕方ないわなぁ。

次、ジュリー&花ちゃんに電話する。即出てくれた。事情を話し、迎えに来てもらう。お二人が仏様・観音様に見えたものだ。

後で聞くと、カズミさんは、2階から1階に降り、受話器を取った瞬間切れたとユーことが分かった。2:30に起こしてしまっていたのだ。

DSC_0026で、まぁ今夜お礼の焼肉食べ放題になった。3人をピックアップし、有井焼肉店に向かう。俺たちも焼肉は何年かぶりだが、3人も同じようなことを言っていた。飲み放題食べ放題と告げたのだが、思ったほどの食べっぷりではなかった。遠慮してたのか、昔ほどの食欲はなくなったのかな。でも、締めのコロッケは、やはり感動的に美味しかった。

お礼なんて抜きで、ワイワイ焼肉は美味しく楽しい。焼肉を見直した。次回は俺もビールを飲みたいので、誰を運転手に仕立てようかなぁ。ここが淡路島のつらいとこだなぁ。

心の平穏

市役所周辺護岸を歩いた。曇天なので暑くはなかったが、風がなく昨日のような爽やかさはなかった。それでも墨絵のような紀淡海峡は何度見ても神秘的で穏やかな気持ちにさせてくれる。
俺たち夫婦にしては珍しく会話も穏やかだった。

「なんかこんな景色を観ながら散歩してると、先のことなんかドーでもよく、とりあえず今日一日穏やかに過ごせたらエエよなぁ」

「ほんま、とりあえず今日一日、3食美味しく食べれたらエエよね」

「そっちかい?」

「食べたいものを食べること、美味しいと思えることが一番の幸せやろ」

「まぁそれは間違いないことや」

「そやからモー痩せなくてもエエねん」

「そっちかい?」

まぁなんでもよろしい。こうして老夫婦が並んで歩いてること自体が幸せなんだろう。

帰路、市役所に寄って無料温泉券(6回分)をもらった。これは冬の楽しみにとっておく。俺たちは温泉好きではないのだが、冬、大浴場に浸かるのはやはり気持ちよい。

散歩の途中、YNGST氏から

「するめイカが獲れたので、よかったら貰ってください」

なんて電話をもらったので、帰りに寄った。昨日TVニュースでイカ漁解禁なんてやっていたので、さっそく日本海まで出かけたのだろう。新鮮イカを4杯もいただいた。さて、これをドーして食べようかな。パスタとかパエリアの具材もよし、大根と煮るもよし、今日ならもちろん刺身も行ける。持つべきは釣り友達だ。

話題はころりと変わるが、昨夜はバレーボールと阪神VS楽天戦を、目まぐるしくチャンネル変えながら見ていた。バレーボールは熱く、野球は冷え冷えとしていた。俺にとって今年の野球は終わった。でも今夜はW杯サッカー・アジア二次予選、VSミヤンマー戦があるので楽しみだ。

明日は麻雀はなしで、御礼食べ放題焼肉に行く。ここに出てくるのは21:00頃になると思います。

DSC_0020DSC_0025DSC_0024小鉄は昼寝、ユキエちゃんにもらったビオラの寄せ植えが元気です。越冬ハイビスカスも元気だが、花は咲きそうもない。植え替えようかどうか迷ってる。
プロフィール

halubon1022

最新コメント
ギャラリー
  • 別れの朝
  • 別れの朝
  • 別れの朝
  • 別れの朝
  • お好み焼き 新ちゃん
  • お好み焼き 新ちゃん
  • 梅雨らしい日
  • アジサイ祭は雨
  • アジサイ祭は雨
アーカイブ
ブログ内記事検索
  • ライブドアブログ