☆今日のファッション用語☆
-秋葉系-
東京秋葉原でよく見かける、おたくのイメージに重ねられるファッション。擦り切れたネルシャツやスウェット、またはよれたTシャツをまとい、趣味の品を詰め込んだリュックやアニメショップの手提げ袋を持ち歩く、というイメージが典型的なもの。

こんにちは!
今日の注目ファッションは・・・











篠田麻里子、涙と笑顔でAKB卒業 7年半の活動に幕
 人気アイドルグループ・AKB48の篠田麻里子(27)が22日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行い、2006年1月22日の初舞台から丸7年半におよぶ活動に終止符を打った。

【写真:卒業公演の模様】マリコ様 笑顔で最後のパフォーマンス!…たかみな号泣

 AKB48最後にして、自身がキャプテンを務める篠田チームAとしても最後の公演に観覧希望の応募が殺到。200倍を超す高倍率のなか当選した250人が声を枯らして声援を送った。

 前日の福岡公演で篠田から次期チームAキャプテンに指名された横山由依(20)は「篠田さんが(公演を)観に来てくださったときに、私を指名してよかったと思ってもらえるチームにしたい。篠田チームAを引き継ぎながら、新しい横山チームAを作れたら。でも今日だけは甘えさせてください」と照れ笑いした。

 アンコールには、総監督の高橋みなみ(22)らチームAメンバーのほか、小嶋陽菜(25)、板野友美(22)、峯岸みなみ(20)の初期メンバーと大島優子(24)も駆けつけた。篠田の卒業ソング「涙のせいじゃない」の歌い出しを高橋が涙で歌えず、思わず篠田ももらい泣き。歌唱後に「すみません。私が泣いたからですよね」と平謝りするたかみなに、小嶋が「早かったよねぇ」と突っ込むと、すすり泣きが漏れていた場内に爆笑が沸き起こった。

 篠田は2005年、AKB48の第1期オーディションに落選し、カフェっ娘(劇場内カフェのスタッフ)からスタートした異色の経歴の持ち主。その後、ファンの声に後押しされる形で秋元康総合プロデューサーの目にとまり、「4日間で12曲を覚えること」の条件を乗り越えて1期生から遅れること1ヶ月半、「1.5期生」としてチームA入りした。

 オーディション合格を経ずにAKB入りした唯一のメンバーは、ファンに対する感謝の気持ちも人一倍。「メンバーじゃなくて、お手伝いで中に入るたびにステージが遠く感じた。だからこそこのステージが大切に思える」と話し、「苦しいこと、悲しいこと、ずっと泣いていたこともあったけど、過ぎてみればひとくくりで幸せだった。その言葉に尽きます」感謝の言葉を連ねた。

 卒業後、歌手活動はしないと話している篠田にとって、最後の曲は「あなたがいてくれたから」。曲名を間違えて紹介したのもご愛嬌で、大島の「マリちゃん、ちょくちょく曲名間違えるから…」の突っ込みで場内は爆笑の渦に。大好きなメンバーとファンに囲まれた篠田は「卒業後はファッションの仕事をやっていきます。目標にされるような人間になれるよう頑張ります」と独立後の活躍を誓い、終演後は“原点”のカフェからハイタッチでファンを見送った。
(この記事はエンタメ総合(オリコン)から引用させて頂きました)



tokyoeye 香港実施報告:世界各国のバイヤーが tokyoeye ブースへ来場

(この記事は「教えてgoo!」より引用させて頂きました。)

★本日のファッション名言★
美しさに限界はない。デザインに飽和点はない。そして靴屋が製品を飾るために使う素材に終わりはない。
 byサルヴァトーレ・フェラガモ