兎にも角にも、こうも暑いと片付けも何もする気にならぬ。…なんて言うと、広島や岡山の方々に申し訳無い気分にもなるのだが、北海道人的に気温28℃とは、働くかビール飲むかの分かれ道になる温度だったりする。おかしいなぁ、今月始めには、寒くてストーブ着けてた記憶があるのだが…。

一通りの面倒くさい手続きを終えて今、無事に自宅待機期間に入っている。ちょうど6月末から新たな年次有給休暇が発生したので、それを最大使いきって退職する運びとなるのだ。正規の退職日は7月末日の予定なのだが、ああいう機関なのでやっぱり手続きやら通達やらで時間が掛かる、かもしれない。自分の事なのに、呑気である。
いやいやいや、内心はそれほど呑気でもない。やはり来月から無職に逆戻りというのは心理的に差し迫る。就活を初めてまだ3週間も経ってはいないのだから、そうそう結果が出るわけ無いのも分かっちゃいるが、それでも、それでも、落ち着かないね、やっぱり。
有り難いことにこの時期に、工作教室やらショップの下請けやらの仕事が入っているので、取り敢えず近々の収入にもなるし気も紛れる。このまま、ちょっと頑張って自営業に戻ろうかなぁ、なんて逃げの心境も出てくるのだが、そりゃアカン。普通に生活するくらいの額なら稼げても、借金を返せるほどの収入には、ならんのだよ、ならんのだよ自分。
散々な思いをして自衛隊を辞めるに至ったのだが、なんか、もう、何も語りたくない。ガマンして続けるつもりなら愚痴のひとつや二つや三つ四つと出てくるのだが、もう駄目。我慢メーターが振り切って壊れてしまいましたよ。もう1日1分1秒もあの場所に居たくない。メンタル的に汚物まみれになって生活するのはウンザリだ。だから、もう何も言わない。私にとって、最悪の環境だったのだ、それだけだ。

IMG_20180720_155342

この暑さで、2階の室温が殺人的になっているので、なかなか2階の片付けが出来ないでいる。幾分涼しい1階の作業室で、工作教室の準備をしながら、もそもそとゴミを拾ったりしている。明日と明後日は、前々からレジャーの予定を入れているから、思いっきり遊ぶ。週明けには、登録したアート系人材派遣の面談がある。いいしごと、あるといいね。