hamachan_2012のブログようこそ

一期一会を大切にして多くの人とブログを通じて交流できたらと思っています

多くの趣味を持って第二の人生をエンジョイしています。

絵本作家・長谷川義文の原画特別展『いいから・いいから~  世界展』明石市立文化博物館


CIMG1355
 
CIMG1354
 
CIMG1353
 
長谷川さんは、グラフィクデザイナー、イラストレーターを
経て2000年(平成12年)に『おじいちゃんのおじいちゃんのお
じいちゃん』で絵本作家デビュー。独特の筆使いとリズム感
あふれる文章で子供たちの素朴な思いや身近な風景を描いた
絵本は、世代を超えて愛されています。
絵に添えられた文章も面白く、くすっと笑ってしまいます。

絵葉書は売り切れた言われましたが、『ぼくは、1年生の時
におとうちゃんが病気で亡くなりました。ある日、父親参観
のお知らせをもろうてきた。お母ちゃんに渡すと、お母ちゃん
がいったるわ。といった。こんでもええわ。気にせんでいい
から。いったる。おかあちゃんがいったる。おとうちゃんの
かわりや。絵は後ろをみると、お母ちゃんはお父ちゃんの服
をきてこちらを見ていた。




scan20170523_17044189
 
『天国のおとうちゃん』一緒に風呂屋へ行ったことが、描か
れていました。

scan20170523_17070609
 
scan20170523_17093155
 
MBSテレビの番組で『とびだせ!えほん』というコーナーが
あります。長谷川義史さんが各地を出歩いて出会った人達と
の会話や風景などその場所で絵を描かれます。私のお気に入
りのコーナーです。
今回の展覧会でもちちんぷいぷいのコーナーで描かれた絵が
展示されていました。
4月13日のコーナーで紹介された絵をテレビから引用しました。
鹿児島県霧島の絵本の旅
CIMG1293
 
CIMG1292
  
CIMG1290
 
CIMG1289
 

第14回カラオケステージ 『歌の集い』

開催日 平成29年5月14日(日)
場所  新長田ピプレホール
時間  開場 AM9:00  開演 AM9:30
出演者 172人
ゲスト 好美(有村好美)
協力カラオケ喫茶、教室 25
主催  カラオケステージ

カラオケちかの吉田千加子さんと互郎〇さんが出演
されるということで、応援に行ってきました。
客席ではカラオケちかのマスターも来られていて、
お話できました。ちかさんが早い目の出番だったのは
この発表会が終わったら、直ぐに姫路へ行かれて出演
者のバックコーラスを何人かで出演されるという忙し
い日程とのことでした。
会場はJRや地下鉄新長田駅から近いので観客は大勢
来られていました。
カラオケ教室で習っている先生と思わぬ出会いがあり
ました。プログラムから竹の台のカラオケ同好会の吉
崎さんの名前もありました。残念ながら垂水駅近くの
カラオケ喫茶の予定がありました。残念でしたが、二人
の歌は聴くことができませんでした。
互郎〇さんとちかさんが歌い終わられたら、3人で控室
で弁当を食べに行って入室したら、雰囲気がちょつと違
っていて、会合をされていて、失礼しました。カラオケ
の控室は、その奥の場所にありました。控室で食事をし
ていると、後から来られた人も間違って入室したと話さ
れていて、大笑いしました。

互郎〇さんの歌 
福田こうへいの『親子鷹』を熱唱されました。
CIMG1340
 
CIMG1341

    

吉田千加子さんの歌 
  高山秋子の『十三の恋唄』
好美さんのレッスンをうけられてから
一段と上手くなりました。
CIMG1346
 
CIMG1347

 

互郎〇さんの案内で3人で垂水駅から近くのカラオケ
喫茶(パリス)へ行って沢山歌って帰りました。
10曲歌ったのはやりすぎでした。

映画 『団地』 阪本順治監督 藤山直美主演 ピプレホール

scan20170513_15185492
 
とき 2017年5月11日(木) 午前13時30分
ところ ピプレホール
スタッフ 監督 阪本順治
     脚本 
阪本順治
     制作 武部由実子、菅野和佳奈
出演者  藤山直美
     岸部一徳
     大楠道代
     石橋蓮司
あらすじ 
大阪近郊の古ぼけた団地の一角で山下ヒナ子(
藤山直美)
は、夫の清治(
岸部一徳)と共に団地で暮らしている。
2年前に一人息子の直哉(中山卓也)を交通事故でなくし
た夫妻は、老舗の漢方薬局を閉店し、半年前に団地へ
引っ越してきたのである。
ヒナ子はスーパーマーケットでレジ係を務めており、
清治は団地の林での植物観察を日課としている。
この二人に、団地の住人は好奇心を隠せない。後日、
清治は行徳君子(
大楠道代)は清治に次の自治会長選挙
では推薦するつもりと伝える。最初は断ろうとする清
治であったが、日が経つにつれて次第に乗り気となつ
ていく。投票の結果、君子の夫の正三(
石橋蓮司)が大
差で自治会長に再選される。清治は、君子が清治の人
望のなさを団地の住民と語っている現場に居合わせる。
その言葉に傷ついた清治は、自分は死んだことにして
ほしいとヒナ子に告げて、床下に閉じこもる。団地の
住民たちのあいだでは、清治はヒナ子に殺されたので
はないかという噂か広まる。団地を襲った不安は一気
にあらぬ方向へと走り出して・・・・

受賞 
主演の藤山直美は、第19回上海国際映画祭にて金爵賞
最優秀女優賞を受賞した。

制作
本作品の企画は、藤山直美のスケジュールが2週間ほど
空くと聞いた阪本順治によつて立ち上げられた。約1週
間で脚本を書き上げた。阪本は、本作の舞台に団地を
選んだ理由について問われた際、団地は外階段が多く
いわば縦長屋となつている。その縦長屋の構造の中で
住民がすれ違うのがすごく面白くて、ビジュアル的に
も、昭和の匂いがする、風合いがそそられるものはあ
りません。今の団地の風景を描きたかった。

批評
批評家の藤井仁子は、本作における最良の意味でB級
映画なつまり低予算で早撮りされた映画だけが持ちう
るデタラメなまでの痛快さを称賛している。

感想
藤山直美の映画や舞台はこれまで観たことがありませ
んでした。テレビしかありません。即席ラーメンみたいに
2週間で制作された作品とは思われない面白い映画でした。
清治の自治会長選挙のため、自治会の改革を3点ほど
掲げて、団地の人たちを集めてフオークダンスの会を催
す計画が映し出されて面白かったですが、実現できず
残念でした。

                   
 自宅から 西神中央駅へ行く道筋は多くありますが、竹の台
小学校の北側にある、新緑の美しい道を通っていくことに
しました。
CIMG1336
 
CIMG1337
 
CIMG1338
 
CIMG1339
 
  自宅の庭の花々
CIMG1329
  
CIMG1330
 

CIMG1331
  

CIMG1333
 

CIMG1334
 
CIMG1335
 

CIMG1332 - コピー
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ