hamachan_2012のブログようこそ

一期一会を大切にして多くの人とブログを通じて交流できたらと思っています

多くの趣味を持って第二の人生をエンジョイしています。

『市民の第九 ・2017』 神戸文化ホール

scan20171227_15173697
 
『市民の第九 2017』は一昨年、14年振りに再開し今年で
3回目になるとのこと。今回、初めて行きました。
私の第九暦は4年前に県立芸術文化センター(神戸フロイデ合
唱団)と久しぶりです。

指揮 朝比奈 千足(チタル)
 県立神戸高校、慶応大学卒業後、ベルリン国立高等音楽学
 校を卒業後、クラリネツトの独奏者としてデビュー。大阪
 フィルハーモニー交響楽団などでソリストとして演奏する。
 1976年からベルリン国立歌劇場の音楽監督スイットナーの
 指揮助手を務め、当時の東ドイツのズール交響楽団を指揮
 者としてデビューを果たす。東京都交響楽団の指揮して日本
 デビューして全国各地において本格的な指揮活動を展開する。
 1979年に神戸市のオーケストラ設立計画に参画し、神戸フィ
 ルハーモニックの結団と同時に音楽監督および常任指揮者
 となる。

管弦楽 神戸フイルハーモニック
 神戸市民自身のオーケストラを持ちたいという強い要望に
 応えるべく、1979年4月芥川也寸志、朝比奈隆、井植貞雄
 砂野仁の各氏をはじめとする多くの文化人や実業家によつて
 その支援母体となる『神戸市交響楽協会』が設立され、同年
 6月に『神戸フィルハーモニック』発足した。
 1980年1月のデビューコンサート以来、毎年定期的に演奏会
 を重ね、現在は2回の定期演奏会、ニューイヤーコンサート
 を開催している。

合唱 神戸文化ホール第九合唱団
 合唱経験初心者から第九を何回も歌ったことがある経験者まで
 が、神戸文化ホールで第九を歌おう』という熱い想いのものと
 市内7つの区民センターで練習を重ね、結成して混声合唱団
 です。初心者コースは全20回、経験者コースは全12回の練習
 を経て、本番に挑みます。
神戸文化ホールの中ホールで2回、大ホールでも練習できたのは
良かったと話されていました。

第九だけですので最初から階段に座って待っておられました。
200人の参加とのことでした。
最後は『きよしこの夜』全員で歌いました。2回目はハミング
でした。合唱団の皆さんと客席と一緒に歌いました。
元気をもらつた感じでした。カラオケの友人も来年は誘って
行きたいと思いました。

『きよしこの夜』を歌って思い出したのですか゛県立芸術文化
センター(神戸フロイデ合唱団)の時は交響楽団の演奏で歌った
ことです。料金も安いからやむを得ません。
印象に残ったのは、コンサートマスター(第1ヴァイオリン
首席奏者)の演奏は力強くて汗だくの演奏だつたと思います。

なでしこ月曜シネマ『家族はつらいよ』山田洋次監督作品(DVD)

jpgパート1

scan20171217_15004572
  パート1では、蒼井優はまだ結婚していなかつたので
  名前は間宮憲子でした。訂正


名匠・山田洋次監督が『男はつらいよ』シリーズ終了から
約20年ぶりに手がけた喜劇。山田監督の『東京家族』で一
家を演じた橋爪功、吉行和子、妻夫木聡、蒼井優ら8人の
キャストが再結集して現在に生きる新たな一家に扮し、熟
年夫婦の離婚騒動を巡って織りなされる人間模様を描く。

結婚50年を目前に控えた平田夫妻。夫はもうすぐ誕生日
を迎える妻にプレゼントを欲しいものを尋ねるが、その
答えはなんと『離婚届』だった。突如として持ち上がっ
た離婚話に、彼らの子供達は大慌て。すぐに家族会議が
開かれることになるが、それぞれが抱えてきた不満が噴
出してしまう。


家族会議が始まった。次男庄太(妻夫木聡)が結婚したい
女性(間宮憲子)を両親にあってもらいたいと、この会議
に同席する。

母・富子は父さんが嫌になってきた。洗面所の前で皆が 
  がいるときに、プツトとおならしたり、靴下・パン
  ツを裏返さず放り投げる。これまで私にはストレス
  になっていた。父さんもまだまだ元気なうちにスト
  レスから解放させてもらいたい。
  創作教室の友人ら一緒に暮らそうと言われている。
  生活も弟が書いていた小説の印税も入ってくるので
  大丈夫です。
父 ・御嬢さん、こんな家族に嫁に来るのは嫌でしょう。
次男 嫁にくるとは古臭いことを言う。二人は結婚する
   んです。  
場面が変わって・・・
次男庄太と婚約者・憲子は帰りがけに父が愛犬とさんぼ
にている公園のベンチで父と話し合う。

憲子 生意気言うようですが、お母さんは別れたい理由
   をちゃんとお父さんに話されました。お父さんも
   言葉で言わないと分からいのです。寂しいとか、
   自分にはお前が必要だと
父  そんなこと言えるか。お説教はもう結構だ。

2階の夫婦の部屋
夫 判子を押した。45年お前と一緒になつて良かった。
妻 そんなこと本当にいっているの。その言葉をきいて
  やめるのは・・・ 離婚届を妻は破る。

なでしこ月曜シネマ『家族はつらいよ』2 山田洋次監督作品

とき  2017年12月11日(月)
    午前の部:10時~ 午後の部:14時~
ところ なでしこホール(西区民センター2階)


scan20171215_14514903
     スタッフ                                        
                                               平田家一家

scan20171215_18552719


巨匠・山田洋次監督によるホームコメデイの第2弾熟年夫婦
の危機を乗り越えた平田家の面々が新たな騒動に巻き込まれ
る。一家の主である周造を演じる橋爪功。その妻富子を吉行
和子演じるなど、個性的キャストが再集結。一家に新たな騒
動を引き起こす周造の同級生・丸田を小林稔侍が演じる。

ストリー
周造(橋爪功)と富子(吉行和子)の熟年夫婦の危機(家族はつらい
よのパート1)
から数年後、気ままなドライブ楽しんでいる周
造だったが、
周造の車にへこみ傷が目立つようになり、家族
は高齢者の危険運転を案じる。そして運転免許返納させよう
とする頑固な父をだれが説得するか兄弟夫婦でなすりつけ合
っているのを見透かした周造が激怒。平田家は再び不穏な空
気に包まれる。前日、周造が家に泊めていた高校時代の友人
・丸田(小林稔侍)が息を引き取っており、てんやわんやのお
お騒ぎになる。

丸田には身寄りもないことが分かり、火葬場へ周造一人が行
くことになつていたが、3人で久しぶりに飲んでいた高校の
同窓生家族も集まって見送ることになつた。3人の飲み会で
丸田の自宅に大きな銀杏の木があって、銀杏を集めて一緒
に遊んだことなど思い出を話し合っていた。銀杏の実を2袋
持ってきて棺桶に埋め尽くした。火葬にされたら異常な弾
けるような音が鳴り出した。
弾ける音に驚いて係員(笑福亭鶴瓶)が出てきて『テロでは
ないでしょうか』丸田の顔の周りで銀杏が弾けている場面
は大笑いでした。

周造の自動車免許の
返納の問題は、家族会議で検討するど
ころで無くなった。家族会議の時は鰻重の出前を史枝は毎
回頼んでいたが、今回も流れてしまった。

友達が『家族はつらいよ』パート1を見て面白かったと聞
いていたのでツタヤで借りてきて見ました。
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ