行政書士かあさん♪

大阪府箕面市の女性行政書士、濱坂和子のブログ。仕事のこと、子育てのことをつづります

ブログを引っ越します

 ライブドアでブログを始めて、5年がたちました。

 当初は、自分の開業独立までの記録と、文章を書くトレーニングと思って始めたのですが、更新頻度はその時々の状況に左右されつつも、けっこう続いたなぁと、自分でもちょっとびっくりしています。

 そしてこのたび、ライブドアからアメブロへ引っ越すことにしました。アメブロはいろいろと評判がよいそうで、人から勧められたこともあり。

 行政書士かあさん♪(アメブロ) http://ameblo.jp/office-hamasaka/

 まだ使い勝手によくわからないことも多々ありますが、少しずつ読みやすく改善していきたいと思います

 今後とも、どうぞよろしくお願いします。

試されているみたい

 今日は夕方家にかえったあと、息子と娘をそれぞれの習い事に連れて行って時間を費やし、戻ってきて次の仕事のための資料を作成していたら、あっという間に7時近くになってしまいました。

 わが家の子どもたちはまだ小学生なので、夕食の時間があまり遅くにずれこむと、どうしても生活のサイクルが崩れがち。大慌てで、夕食の準備にとりかかりました。

 私は日頃より、二箇所の生協から食材を届けてもらっているのですが、その二つともが水曜日に届きます。先週「鮮魚おたのしみボックス」なるものを頼んでおいたら、アジが二種類届きました。

 冷蔵なので、今日明日じゅうに食べてください、とあります。

 ああ、なんだか私の母親度を試されているみたい。子どもがいなければ相当な手抜きをしそうですが、新鮮なアジが届いているし、これはもう頑張るしかない。

 大慌てでアジをさばいて、子どもたちが喜びそうなフライにしました。

 中骨も揚げて煎餅にし、今晩はこれで一杯やりました。

夜の仕事は

 今日はまったく違った性質の案件が交錯した1日でした。

 長らくおつきあいのあるお客さんの書類を作成し、それに関連した役所を回って事務所に戻ったら、許認可の要件の問い合わせが入って、それについての資料を作成し、それから民事案件の問い合わせメールにお返事を書いて。
 
 さて、そんな1日が過ぎて夕方になり、超特急で家族の食事の準備完了。
 ここまで段取りして、これから夜は地域の会議です。
 行政書士事務所はこれにて本日閉店です。

本日のアテ

738f39b7.jpg今日は家で手作り豚まん。ビール→紹興酒コースです。

あ、ピータンも切らなくちゃ。

明日はPTAの仕切り

 いつもは夜中はあまりパソコンに触らない私ですが、明日は午前中、子どもの小学校のPTAの仕切りがあり、朝はバタバタしそうなので、夜に行政書士業務の書類作成作業をしています。

 私は子どもの小学校で、PTAの副会長を2年やりました。もうじき総会があって、次の人にバトンタッチできます。(会長職はお父さんがやるので、副会長が学校の中でいちばん忙しいお母さん、ということになります。)
 自営業なので、空いた時間を有効利用して淡々とこなしてきました。

 こんなところに書いていいのかどうかわかりませんが、時々ややこしいことを言ってくる保護者の対応が私のところへ回ってくることもあります。この2年間、時にはそんな方の相手もしてきたわけで。

 明日は、各委員会で委員長を決める会議です。ややこしい人が出てこないことを祈るばかりです。

家電の買い換えが本当に省電?

 この夏の電力不足が心配されていますが、家庭でできる対策として、「エコな家電に買い換えろ」という記事を週刊誌で見かけました。

 家庭単位で見れば、電力をやたらと食う古い家電を捨てて、新しい省電タイプの家電を入れたら、単純に毎月の電気の消費量は少なくなるでしょう。当然、支払う電気代も減るということなんだそうですが。

 エコポイントの時にも思ったのですが、これは毎月の電気代だけ比較して済む問題なんでしょうか。

 まだ使える旧タイプの家電を捨て、新しい最先端の家電を10万円、20万円と出して買ったとして、長い目で見たら、いつか投資した費用を節約した電気代の差額で回収できる日がくるかもしれないですが、一般家庭でそれを達成できるのは、何十か月も先のことでしょう。

 それに、古い家電を処分すること、また新しい家電を生産することで環境にかける負荷(その時に消費するエネルギー)と、その家電が使用されている期間、家庭でどれだけ消費電力量が減ったかどうかを比べてみないとわからないと思うのですが、そういうデータはないので、今ひとつよくわかりません。

 買い換えということだけを見れば、消費増進で経済効果になるのでしょうが、単純に比較するには材料不足です。「壊れるまで(直せるものは直して)大事に使う」派の私としては、何だかなぁ、という気持ちです。

人気ブロガーの日記から

 先日、震度6強の揺れがありました。これで余震というのですから、このたびの震災がどれほどのものだったか、改めて思い知らされます。

 先日から、私が普段から愛用しているレシピ本の筆者、「こうちゃん」さんのブログを読んでいます。

 この方は大のビール党だそうで、偶然書店で見かけたビールのおつまみのレシピ本を買ってきたのがきっかけでした。(本日、日曜日の昼ご飯も、彼のレシピのお世話になりました。)
 私は先に本を買ってしまいましたが、ブログで人気に火がついたのだそう。

 そして、この方は仙台を活動の拠点にしています。「仙台は素材が旨くて安い。三陸の魚、最高!」というようなことが、私が持っている本にも書かれていますが、改めて読み返すと、そこに出てくる地名は、大津波で破壊されたと報じられている地名ばかり。

 地震のあと数日して彼のことに思いが至り、それ以来、定期的に彼のブログを読みにいっています。

 最初の揺れで家具が倒れ、電化製品が壊れ、食器が砕け飛び、床が傷だらけになったけれども、気持ちを奮い立たせて片づけて、やっと…と思っていたら、先日の大きな余震で、またしても同じ状態に戻ってしまったと、写真とともに記事にアップされていました。

 被災地では復興へ向けて、前へ進み始めたところだったことでしょう。彼に限らず一帯の皆さんがそうだったことですが、前を向いていこう、と思った矢先、またしてもこれでは、いたちごっこです。
 本当に、揺れが一刻も早く収まってくれることを祈ります。

住民登録と現住所のアンマッチ

 春は引越しの多い季節です。

 行政書士が扱う民事の案件で、手続の途中に当事者が引っ越すということが、時々あります。
 この春も、相続のお仕事をさせていただいていて、相続人のお一人が異動でお引越しをされた、ということがありました。

 一連の相続手続の中で、実印をついて印鑑証明書を添える、という場面がたくさんあるので、「どこの印鑑証明書を添えたらいいんでしょう?」と聞かれます。
 不動産を相続する人だったら、登記情報に現住所が載りますので、引越しのタイミングを見計らって転居後に登記したほうがいいのでしょうが、この方は不動産は相続されないので、「書類に署名捺印した日の住所の印鑑証明書を添えてください」と申し上げました。
 この辺は、ケースバイケースになるところだと思います。

 協議離婚の場面でも、引越しが済んでいるのに住民票の異動がまだで、印鑑証明書は古い住所のまま、というケースが、けっこうあります。

 養育費を支払うご主人が住居を移し、住民票の異動がまだで、公正証書を特別送達する場合は、住民登録の住所と送達先でアンマッチが起こります。送達謄本が届かないと困るので、この場合は奥さんに公証人に対し、住民登録の場所と現住所が違う理由を上申書に書いてもらいます。

 引越しは骨の折れる作業ですから、役所への届出がどうしても後回しにされがち。しかし、転入届は新しい住所に住み始めてから14日以内にすることとなっていますので、どうぞお忘れなく。 

パンジー食堂、今年も開店

 今年も2月ごろから、パンジーやビオラの苗を植えて春を心待ちにしていました。今年の大阪は、2月から3月にかけて寒い日が続き、雪もたくさん降って、桜の開花にも影響が出ているようですが、わが家のパンジーたちも、いつもよりちょっと遅めの感じがします。

 しかし、このところようやく春らしくなってきて、いっとき霜にやられて元気がなかった苗たちも、元気になってきました。

すみれ2
すみれ
すみれ3


tumaguro さて、このパンジーたち、実は観賞用ではありません。

わが家が毎年パンジーを育てているのは、すべてはこいつらのため(何年か前にブログにアップした写真です)。ツマグロヒョウモンという蝶、写真は幼虫です。



terutuma ついでに、うちの息子がその時に描いた絵も。


 羽化まで見送ることができたのは、実は一昨年前のこと。去年はパンジーがうまく育たなかったのと、猛暑の影響か、アシナガバチが大量発生して、幼虫がやられてしまったのが原因ではないかと考えています。

 今年は寒めの春ですが、どうなることやら。今年も、わが家のパンジー食堂は開店です。

1か月先は読めない

 今日から4月。新年度です。

 今日、大阪府行政書士会の会報「行政書士大阪」が届きました。
 私は大阪会の企画広報部員です。企画広報部では会報の発行、HPの管理、CMや広報月間の企画などを担当していて、私は会報チームに所属しています。

 毎月の会報では、十人ちょっといる企画広報部員が順番で、編集後記の執筆を担当しており、今日届いた4月号は私が書いています。

 が、これを書いたのは、1か月と少し前。
 2月の半ばに、掲載される号が届くころは新年度だなぁ、桜の季節だなぁ、花見だなぁ……と思い書いたのですが、私の思いとは裏腹に、日本全体が桜を楽しむというムードにはない、今年の春。

 紙媒体というのはどうしてもタイムラグが出てしまいますね。この点がどうしてもネットに劣るところです。
 新聞・雑誌好きの私は、紙ながらの良さもあると信じているのですが。

 しかし2月に、これほどの試練の春が訪れようとは、誰にも予見できませんでしたものね。なんだかとってもタイミングが悪く、マヌケな編集後記と相成りました(汗)
livedoor プロフィール
Recent Comments
訪問者数

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ