ハマダ鉄男 ノート

ハマダさん、出番です。

2007年07月

2ちゃんねる、お好きですか?

悪名高き、2ちゃんねる

合コンで「2ちゃんねる見てるよ」というと
男女ともに恋愛対象外になるのは
自分統計上確定事項だ。
(賢い)自分は、そんなことをうっかりカミングアウトなぞ
しない。
日々学習しているのだ。

さて。
気心知れあった友人とだけ、2ちゃんねる談義を
するわけだが、ほぼROM専門という楽な身分は
かなり快適だ。
スレによっては、荒らしが横行し
いたずらにスレ数を浪費しているものもある。
しかし粘着がつきにくい、からみにくいネタでは
情報や前評判、評価基準のナマの声が聞けて
とっかかりを求める側としてありがたい。

難点としては、その情報源が
ネット人にかぎられ、なおかつ世代制限が
低く設定されてしまうことだ。
できれば80歳、90歳くらいのじーさんにも
書き込んでほしいと思ってしまう。

ま、そうなったらもっと炎上する可能性も
でるわけなのだが。

そんなアナタは「2ちゃんねる、お好きですか?」

朝青龍やっちった!

朝青龍、仮病騒動シデカシタ!
疲労骨折だか何だか知らないが、
サッカーで「うほほい」はまずかろう。

何でもフジテレビのスーパーニュース
画像が流れたらしいが、
朝のめざましテレビで非難報道されるとは・・・

個人的に、力士としての彼は嫌いである。
おそらく子供っぽすぎて、日本武道の美学の境地に
まだ至らないというのがポイント。
彼の頭の中では、勝つ>負けるが全てなのだろう。
そりゃ〜当然の考えなのだが、
日本が戦争に(イマイチ)勝てきれない原因である
”戦いの美学”に興味がないのかもしれない。

そりゃ〜国籍違うし、日本人じゃないんだから
まるきり100%受け取り方は異なるだろう。
が、そこは国技、親方たちの指導を求めたい。

もちろん朝青龍にも長所はある。
茶目っ気や気さく(っぽい)受け答え。
カジュアル&フレンドリーすぎる気がしないでもないが
長所短所をうまくミックスして
今後の対応に期待することにしよう。

ハーマイオニー

a9e5078b.jpg映画"秘密の部屋"、いやトイレでのハーマイオニー
かわいいのう。

ハリーポッターと秘密の部屋

a5f97c7c.jpg昨晩TV放送されていた「ハリーポッターと秘密の部屋」。
ダニエル・ラドクリフはじめ、み〜んな超若い。
最新作を見て?だったところが、旧作品で解明されて
結構楽しい。

それにしてもあの魔法学校、ヤバイくらいに怖い仕掛けが
たくさんありすぎ!
動く階段はまだしも、パイプの中を蛇が通っちゃまずいだろ。
(封印が解けたからなのだが)
夜の森には魔物がてんこ盛りだし、そもそも教師がおびえるって
いうのはどーよ?

ちなみにこういう映画で、ラストシーンの秘密の部屋の
セットはかなり大好きだ。

選挙どうしよ・・・

今週末の選挙。
正直、投票に迷っている。
自民党には杉村太蔵がいるし
民主党にはさくらパパ・・・

こうなったら無所属?ととびおりる勇気もない。
なんだかな〜
とりあえず安倍首相には、日本を任せたくなくなってきた
このごろ。

子供は邪気が無いか?

最近随分と日が長くなった。
梅雨あけしたら、ますます子供の姿も
遅くまで目にすることだろう。

昨日路地を歩いていると、
どこからかチビッコの大きな声が。
何やら何度も叫んでいる。何だって?
おっぱい、ふくらむ!おっぱい、ふくらむ!
おっぱい、ふくらむ!(以下リフレイン)」

最後のほうは、もはや悲鳴だ。
う〜ん気になる。
おっぱいがなぜ?
どのように?

無邪気とはいかないが、邪気アリアリでもない。
そんなお子様には小邪気(チジャキ)というのは
どうだろう。

時をかける少女 レビュー

c9889fd9.jpgテレビ初放送、アニメ「時をかける少女」を
(こっちも)初めて観た。
日本アカデミー賞を総ナメということで
結構斜にかまえていたのだが・・・

これは、本当に完成度の高い映画だ。
物語の一つ一つが、キッチリとつながり
無駄がない(ように見える)。

それなりに無気力な主人公が
後半にいくにつれて、必死さ丸出しで
元の生活を取り戻そうとする。
走る→飛ぶ→走る→飛ぶ・・・

こういう映画こそが、
その時々の大切さとか、命のかけがえなさとか
平和という尊さを教えてくれるんじゃないのか?

ちょっとDVDが欲しくなった作品。

ハリーポッターと不死鳥の騎士団 レビュー

88c17fd9.jpg最近目覚めが早い。
いや、早すぎである。
そのくせは休日でも例外なく訪れ、二度目のチャンスを
逃してしまった。

こういう日は、朝一番の映画を見に行こうと
ホクホクしつつワーナーマイカルへ。
選んだ1本は「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」。
ダニエル・ラドクリフ君の(異常な?)成長ぶりを
要チェックだ。

物語の感想としては、
とにかくファッジがむかつく!
ピンクを基調としたその服装にも、ちょっと嫌悪感を抱くぐらいに。
それに加えて、ハリーの複雑な感情がかわいそうなくらいだ。
前作もそうだが、映画を100%楽しむには
原作を見ておかないと、間がもたないのも確か。
チビッコ泣かせなのか大人殺しなのか、
原作を読んでいない立場のコメントはアテにならないだろうが
「友情っていいな〜」と思える作品です。

プチポテト 柚子七味

CMで見たときから、絶対に買ってやる!と
きめていた商品。
そのお味はどんなもんや?

プチポテトはナビスコ系の練りポテトチップス。
食べ応えがあるが、歯ごたえを楽しみたい人には
やや物足りない。
反面、カルビーやコイケヤなどは
まさに味ムラどんとこい、の質感重視タイプ。

おお、いい感じに柚子が効いている。
それに加え、あとから七味がツンとくる。

しかし。
その場ではおいしいと思ったのに、
ブログを書いている今は、まったく思い出せない味でもある。
記憶力の問題?

祝・準決勝進出!

サッカーメンバーおめでとう〜
最後までハラハラさせおって!
ようやった!ようやった!
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「モブログ」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ