あと阪神戦を1試合残しているとは言え、実質ベイスターズの今季は終わりました。今日からは来季に向けた新しいスタートです。

いくつかのニュースが伝えられています。

まず、ウィーランド投手と来季の契約を結ばないというニュースです。今季の成績と最近の球団の動向から、予想されたことであり、むしろ今日の阪神戦での先発に驚いたぐらいでしたので、仕方のないことだと思います。昨年のウィーランド投手の貢献は、大きなものがありました。しかし来年のことを思えば、ウィーランド投手には感謝しつつも、おそらく既に獲得の目処が立っていると思われる新外国人投手への期待の方が大きいかも知れません。

あくまで私の勝手な推測ですが、来季の外国人選手は、既に来季以降の2年契約を結んでいるソト選手に加え、ロペス選手も残るのではないでしょうか。私的には、ロペス選手には2020年のオリンピックイヤーまで現役でいて欲しいです。投手はパットン、エスコバー投手という貴重なリリーフは絶対残って欲しい。そこに昨年のウィーランド投手、あるいはそれ以上を期待できる新外国人投手の獲得。しかしクライン投手の例もありますから、こう言うと申し訳ないですが、保険としてバリオス投手も重宝な投手です。

もうひとつのニュースは、光山バッテリーコーチの辞任です。まともにキャッチングができる捕手がいない状態だったベイスターズに来て、戸柱、嶺井、高城3人の捕手たちをある程度のレベルまで高めてくれた功績は大きいです。球団は慰留したとのことですが、高城捕手が放出され伊藤捕手が正捕手として入団した時点で、光山コーチの気持ちは決まっていたのかも知れません。

そしてもうひとつのビッグニュースは、番長を1軍投手コーチへ招聘するというニュースです。もちろん良い投手イコール良い指導者とは限りませんが、番長には豊富な経験があり、リーダーシップもあり、指導者としての適性も十分あると思います。篠原/木塚コーチのコンビもよくやってくれたと思いますが、私は番長に大きな期待を持っています。できれば、ブルペンコーチの木塚さんは継続で、番長との新コンビを。ふたりとも大好きな投手だったので、実はこのコンビをずっと待ち望んでいたものですから。

高田GMは、監督はまず2軍監督やヘッドコーチの経験を経てからなることが望ましいと語っていましたが、番長も将来の監督候補のひとりです。そして光山コーチの後任は未定ですが、ここに別の監督候補ともなるような経験のあるバッテリーコーチを招聘することもあり得るのでしょうか。

いずれにせよ、田代コーチの招聘を含め、来季のコーチはかなり入れ替わることになりそうです。これは、チームが次のステップに上がるために、必用なことだと思います。
 
応援クリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村