横浜DeNAラミレス監督「責任を取りたい」カナロコ10/10(水) 5:00

「選手に一切責任はない。僕が全ての責任を取りたい
球団は今季で契約が満了するラミレス監督に対し、シーズン終了後に続投を要請する方針とみられ、進退について指揮官は「球団の方々の考えと僕の考えがある。みんなで話し合って決めたい」

責任を取りたい、と言うのはいろいろな意味に取れるし、まして通訳を介しているので分かりませんが、いずれにせよ最後の阪神戦が終わった後には、監督の去就が分かります。

高田GMは9日の試合後、「今年は優勝できるという期待が大きかっただけに、期待を裏切り申し訳ない。来季も今シーズンのように期待されるチームで始まって優勝してもらいたい」と話した。すでに今季からチーム編成の権限を三原一晃球団代表(50)に委譲しており、同代表も「GMの職務を今年は信頼して任せてもらっている」
この記事で注目すべきは、今季からすでに三原球団代表にGMの職務を任せているとのことです。だからこそ、高田GMも安心して勇退できるということなのでしょう。既に新体制は、始まっていたのですね。

応援クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村