不振の原因は先発、リリーフ、打線、守備(全部?)ですが、根本は先発にあると思います。早くから打ち込まれるから中継ぎが疲弊する、先制されるから打線が焦り不振になる、打線が不振だから守備力のある選手を使えない、等々。

というのは、先日島くじらさんに頂いたコメントですが、私も全く同感です。ですから、東投手と濱口投手が戻ってきたからには、リリーフも落ち着き、打線も本来の攻撃に戻るはずです。昨日の試合で、私などの期待を大きく上回る内容だった濱口投手の投球と、それに応えた野手の働きを見て、それを実感しました。

4回表、ソト選手が四球を選ぶと筒香選手がすかさずヒットで続く。そして何よりロペス選手の先制スリーランが大きかった。濱口投手の内容を思うと、かなり試合は有利になりました。さらに石川選手の嬉しい誤算?のソロホームランでこの回4点。
 
しかし4点では、満塁ホームラン1本で同点です。魔境神宮球場では、4点はセーフティリードではありません。満塁ホームランなど出なくても、1点ずつ返されでもしたら、ヤクルト打線は本当に怖いです。その意味で、相手に返される前に、5回表に先に追加点を入れたのは、実は大きかったと思います。ノーアウトから神里選手がヒットで出て、すかさず盗塁。そして宮﨑選手の進塁打で1死3塁。俊足の神里選手が犠牲フライでも内野ゴロでも点が入る状況を作り、ソト選手がタイムリーヒットです。

9回表の筒香選手のだめ押しツーランも、最後の乙坂選手の守備も良かったですが、やはり神里選手の働きがキーになったように思います。 確かに三振も多いですが、今はその欠点をどうこう言うよりも、長打力と俊足という長所を生かすことが優先でしょう。センターの守備も現在UZR3.0(UZR100は10.7)と12球団トップクラスで、完全に桑原選手からセンターのレギュラーを奪った感のある神里選手です。

今永、濱口、東投手が柱となり、上茶谷、大貫投手がその間を埋める先発ローテの形ができました。明日からのローテは、阪口、東、大貫、今永、上茶谷、濱口投手の順になるでしょうか。もっとも、明日火曜日のひたちなか市での巨人戦は、雨で中止の可能性が濃厚です。

2軍の明日からのローテは、中川、平良、バリオス、飯塚、井納、京山投手となるでしょうか。この中の誰かが、おそらく平良、飯塚、井納投手のうちの一人が、近いうちにローテの6番手として1軍に昇格することもあるかも知れません。一方で、先発投手に故障者が多い時には、宮城、勝又、濱矢、櫻井投手らの先発もありましたが、育成のために今後も彼らにも機会を与えなければならないという、ある意味うれしい悩みが生じるぐらい、2軍の投手事情も変わってきます。


ピタゴラス1 のコピー


やはり横浜スタジアムでなぜか勝てないことが影響しているのでしょうか、阪神には2勝7敗と負け越していますが、ピタゴラス勝率では、DeNAは阪神を上回っているのです。見方によっては、得点力、失点阻止力では阪神に負けていないのです。今週後半の阪神戦は、今永、上茶谷、濱口投手で、絶対勝ち越しましょう。

中日ともピタゴラス勝率ではではさほど大きな差はなく、中日の主力選手に故障者が増えている現状を見ると、近いうちに抜くこともできるかも知れません。ヤクルトとはまだ差がありますが、この3連戦を3タテできたことで、少し自信を持ってもいいのではないでしょうか。ヤクルトは圧倒的な攻撃力の割に投手力に難があります。

交流戦前に少しずつでも借金を返したいものです。そうすれば、今年の交流戦は、ソト選手をDHとして、ライトにもう一人ある程度打てて普通に守れる選手(その候補は梶谷選手や楠本選手ですが)が使えますので、ベイスターズとしての交流戦史上最強の打線が組める可能性があります。3、4月に6の借金を作り、5月終了時には借金が8で最下位に沈んでいながら、交流戦で12勝6敗と大きく勝ち越して2位に躍進した、昨年のヤクルトの例もあります。

応援クリックいただければ幸いです

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村