現状での表ローテを当てた巨人3連戦は2勝1敗に終わりました。第2戦は9回裏あと一人、いやあとストライク一つでスイープを狙える展開でしたが、山﨑投手が連続四球のあと坂本選手に打たれて失点して追いつかれ、延長戦でサヨナラ負けを喫しました。

その前の阪神戦では、3試合でたった1点しか取れず3連敗を喫していただけに、巨人戦は3連勝しておきたかったですが、残念ながら現状の戦力ではこれで致し方なかったかも知れません。1ヶ月ぐらい前のブログに、今季のペナントの行方を決めるであろうと書いた真夏の30戦もあと6試合を残すところまで来ましたが、ここまで24戦して12勝12敗のイーブン。当然勝ち越しを期待していたので満足はできませんが、30戦が始まったばかりのところで、伊藤捕手、パットン投手、宮﨑選手が次々と骨折で離脱。正捕手、セットアッパー、正三塁手を一気に欠いてしまったのが痛かったです。

3人の穴を埋める方法を8月9日のブログで4つ妄想しましたそのうち ”筒香選手をサードにコンバートする”は実現して、それなりに機能しています。”伊藤裕選手が突然覚醒する”という妄想については、初めの数試合は奇跡のような活躍を見せてくれましたが、守備の不安もあり、覚醒には至っていません。”細川選手か梶谷選手が昇格してきて活躍する”という妄想は、梶谷選手が復帰戦でいきなりホームランと盗塁で期待させてくれましたが、まだ私が妄想したほどの活躍は見せてくれていません。”倉本選手の昇格”については、筒香選手がサード守れているので必要性は減りましたが、2軍とは言え8月打率.317、出塁率.364と好調なだけに、個人的には昇格を期待しています。

あとは今いるメンバーの底上げしかありません。

”倉本選手の昇格”を妄想したのは、入団以来期待してきた選手ということと、その前日サードのスタメンだった柴田選手の打撃があまりにも情けないものだったからです。翌日からはサードスタメンはずっと筒香選手で、柴田選手はセカンドの守備固めと大和選手を休ませる時のショートという元の役目に戻り、このところいい活躍をしています。昨日の試合でも、先制点を呼ぶツーベースを打ち、追加点につながるバントを決め、守備でも良いところを見せてくれました。

昨夜は乙坂選手もタイムリーヒット2本でヒーローとなりました。乙坂選手も、ようやく本物になりつつあるように思います。宮﨑選手の抜けたサードの穴は筒香選手が埋めましたが、筒香選手の抜けた外野は、乙坂選手や神里選手にやってもらわなければなりません。

伊藤光捕手の穴は、戸柱捕手も、嶺井捕手が、それを埋めるべくよくやってくれていると思います。 

パットン投手の穴だけはどうにも埋まらず、リリーフ陣が皆本来の役割より1段階難しい場面で登板しなければならなくなっています。ただようやく、三嶋投手がパットン投手の代わりを何とかやれそうな目処が立ってきました。どんな場面でも出て行って抑えるという、三嶋投手の元々の役割は、国吉投手らに託されます。まだ不安もありますが、やってもらわなければなりません。

優勝はかなり厳しくはなってきましたが、まだ可能性は0ではありません。選手たちが諦めていないのに、ファンが諦めるわけにはいきません。今週、大瀬良投手を中5日で起用するカープに巨人を叩いてもらいたいという他力本願もありますが、何よりもまずベイスターズ自らが勝たなければなりません。

魔境神宮球場ではヤクルトに3タテを食らいましたが、今週はホーム横浜での試合です。先発は上茶谷、平良、井納投手でしょうか。前回のリベンジでヤクルトをスイープしたいところです。その後の広島でのカープ戦は、濱口、石田、今永投手の左腕トリオでしょう。決戦モードに入ったカープは床田、九里投手(いずれも中5日)、ジョンソン投手(中4日)でしょうか。ここも勝ち越さなければなりません。今週巨人との差を3まで詰めることが、目標となります。

応援クリックいただければ幸いです
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村