2018年05月

交流戦開幕戦勝利です。先発ウィーランド投手が好投して7回2/3を投げ、打線も楽天の投手陣を攻略しました。リリーフもエスコバー投手こそヒットを打たれてウィーランド投手の残したランナーを返してしまいましたが、三上投手が後続を断ち、1点リードで迎えた8回の裏には相手のミスもあって6点の追加点をあげましたが、そのまま9回は山﨑投手が9球で締めました。

交流戦前のヤクルトとの3連戦は勝ち越したかったですが、1勝2敗に終わりました。一つには1番から5番まで強打者が続いても、相手投手に良い投球をされると打てないこともあるということです。打線は水物とも言います。

交流戦の楽しみの一つは、ビジターでのDHにソト選手が入った打線でした。ソト選手がDHに入ることによって、センターに桑原選手が使えますから、守備力、攻撃力ともにアップするはずでした。しかし、昨日ロペス選手が足の故障で途中交代。詳細は不明ですが、ある程度の期間の離脱は避けられないと思われます。

ロペス選手という強打者が減ると、打つだけではダメだという状況は、さらに進んでしまいます。しかし、昨日もホームランを打った梶谷選手が絶好調です。桑原選手もソト選手の出現でスタメンを奪われていただけで、一時の絶不調は脱しています。そして嶺井捕手の離脱で急遽正捕手の位置に座った高城選手が、昨夜は打撃でもいいところを見せてくれました。本来は打撃も期待される捕手だった高城選手です。期待したいです。

また1番から5番まで強打者を並べることができなくなった以上、足を使った攻撃にも積極的にならざるを得ないでしょう。梶谷選手はもちろん走れますし、桑原選手も昨夜のチャレンジされた盗塁が今季6つ目、失敗は1回しかありません。昨年はフル出場で盗塁が10しかなく、盗塁死が11もありましたから、かなりの進歩と言えます。既に11の盗塁のある神里選手も、ベンチに控えています。

先発投手は、今日の第2戦は今永投手と予告されており、第3戦は東投手でしょう。しかし両日とも、天気予報は雨です。復帰戦となる今永投手、今やベイスターズのエースの感がある東投手、どちらもやりたかった試合ですが、仕方ありません。次のソフトバンク戦は、石田投手と濱口投手だと思われますが、3人目は楽天戦からのスライド登板があるのでしょうか。2軍から誰かが昇格でしょうか。

昨日2軍では飯塚投手が先発して7回を投げて2失点で勝ち投手になっており、8回をパットン投手、9回を須田投手が無失点に抑えています。いずれにせよ飯塚投手には今週の1軍での登板はありませんし、平良投手も抹消されたばかりですが、他にも京山投手、バリオス投手、熊原投手がいます。

ロペス選手の故障が気がかりですが、それでも交流戦を十分戦える戦力が、今年のベイスターズにはあると思います。交流戦は、是が非でも勝ち越してもらいたいです。
 
応援クリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 


 

ルーキーながら今やベイスターズのエースと言っても過言ではない東投手は、雨で試合中止になった昨日からのスライド登板でした。立ち上がりこそ宮﨑選手のフィルダースチョイスも絡んで1点取られましたし、好調大島選手にホームランは打たれましたが、決して絶好調ではない中で、粘り強く6回を2失点で抑えました。

初回の平田選手のタイムリーヒットは高く浮いた失投でしたし、3回も大島選手のホームランは、普段は左打者には投げないチェンジアップを打たれたものでした。東投手のチェンジアップは、右打者の外角に投げると逃げながら落ちて最高の武器になりますが、左打者に対しては中に入ってきて打ちやすい球になることがあるので、戸柱捕手も嶺井捕手も、左打者には東投手にチェンジアップをまず要求しません。何かデータがあるのか、戸柱捕手が1球、嶺井捕手が2球、阪神の糸原選手にだけはチェンジアップを要求しているのが例外です(他にも戸柱捕手が福留選手と糸井選手に1球ずつ要求したことがあります)。先日の試合から絶好調となっている大島選手にチェンジアップは、配給ミスとは言えないまでも、ちょっと避けるべきだったかも知れません。

東投手は左打者に対しては、まず左腕としてはトップクラスのストレートと、そしてこれもかなり効果的なスライダーがあります。石田投手が左打者へのスライダーがイマイチで、砂田投手が右打者へのチェンジアップあるいはシンカーが苦手であるように、どちらかが良いとどちらかがもう一つということが多いですが、東投手はチェンジアップとスライダーの両方が一級品という、稀有な左腕投手です。

それはともかく、点を失っても味方の反撃を信じて粘り強く投げられるのは、好投手の証です。初回も3回も、その後続いたピンチは切り抜けたし、2回の一死満塁でも点が入らず、4回の先頭が出塁しても東投手自らの送りバント失敗で併殺、5回はソト選手がせっかく相手エラーで出塁したのに、ロペス選手のフライで飛び出して併殺と、味方がチャンスをことごとく潰しても、全く心が折れることがありませんでした。メンタルもかなり強いです。

唯一の欠点は、打撃です。大学時代がDH制で全くバッティングをやっていなかったせいかと思っていましたが、コメントでご指摘をいただきました。大学時代はDH制ではなかったのですね。タイムリーを打てとは言いませんが、送りバントはもうすこしうまくなって欲しいとは思います。でも本当に、今の所それが唯一の目立つ欠点です。

ベイスターズの得点は、結局3回のソト選手ヒット、ロペス選手同点ツーランホームラン、筒香選手の特大の逆転ホームラン、いずれも初球を打ったもので、たった3球で入れた3点だけでした。

中日はビシエド選手が絶好調で、平田選手もアルモンテ選手も好調、そこに大島選手も好調になってきて、油断できない打線になっていますが、そのたった1点のリードを、エスコバー、三上、山﨑投手の新勝利の方程式が守りきりました。

エスコバー投手は今季は変化球も改善しましたが、相乗効果かストレートも力を増して、特に今日は絶好調のビシエド選手との対戦で、ストレートを3球続け、最後は高めのつり球155キロのストレートで空振り三振に仕留めたのが凄かった。社会人時代それで頭角を現してプロ入りし、ルーキーの時も全投球の半分がその球を占めて武器になっていたサイドスローからの動くストレートを完全に捨てた、ニュー三上投手も無失点です。山﨑投手はもう貫禄です。特に絶好調でない日であっても、たった1点しかないリードを守り切ります。

解説の田淵さんは、強いチームはこういう勝ち方もできなければならないと言い、評論家の江本さんはもっと(点を入れて)突き放さないとダメだと言っていたそうですが、相手の吉見投手だって良かったのですから、私は田淵さんに賛成です。時には打線が爆発し、時には投手が守りきる、いろいろな勝ち方ができなければ、優勝できません。
 
応援クリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 

井納投手が抹消され、国吉投手が1軍に帯同しているとの情報がありましたので、国吉投手の昇格は予想どおりでした。国吉投手は怪我もあって2軍降格となっていましたが、このところ好調で2軍のクローザー格となっていましたから、1軍でも十分期待できます。 

しかし飯塚投手の抹消で山本捕手の昇格は予想外でした。

飯塚投手の抹消は、来週火曜日の楽天との交流戦開幕投手に、2軍から誰かが昇格してくることを意味します。そしてそれはまず間違いなく、先日火曜日の2軍の試合でそこそこの好投を見せた今永投手でしょう。

山本捕手はルーキーながら2軍の試合では多用されており、首脳陣にかなり期待されている選手であることがうかがわれます。もっとも今回の昇格は、第三捕手として緊急時にそなえて試合の最後までベンチに残るのが仕事で、同時に山本捕手に1軍を経験させることが目的で、それも交流戦の開幕投手が昇格してくるまでのことかも知れません。

楽天戦の第2戦、3戦の先発は 今日先発の東投手と、1回先発を飛ばされる平良投手ということになるのでしょうか。それとも今日か明日の2軍戦で先発する投手のサプライズ昇格があるのでしょうか。

交流戦の先発ローテは、順番どおりなら、今永、右腕の誰か、東、石田、ウィーランド、濵口投手ということになりそうです。私的には、飯塚投手と平良投手にも期待していますが、この二人の現時点での球威と制球では、たとえセ・リーグでは通用しても、パ・リーグの強打者たちには餌食になりそうに思われ、交流戦のローテ6人にこの二人ともが入ることは不安があったものですから、先日火曜日の今永投手の好投は大朗報でした。

さて、交流戦の前に、今日の中日戦と明日からのヤクルト戦も残っています。この4日間で勢いをつけて、交流戦に臨みたいものです。
 
応援クリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 

予想通り今日の試合は雨で早々に中止が発表され、既に発表されている明日の先発予告は、今日からスライド登板の東投手でした。DeNAが主催の試合ですから、かなり早い段階で中止は決定されており、東投手は初めから今日の登板の準備ではなく、明日への準備に切り替えられたはずです。エース東投手の登板を飛ばすのはもったいないので、東投手のスライド登板は歓迎です。対する中日の明日の先発は、今日予告されていた柳投手ではなく、吉見投手です。

明日先発予定だった平良投手の先発が飛ばされることになりそうです。

そしてもう一つのニュースは、井納投手の抹消です。このとこと井納投手はリリーフしてもパッとしない投球が続いており、昨日の試合では4点ビハインドの6回から登板しました。勝ちパターンのリリーフの役割は剥奪され、まさにロングリリーフの役割です。井納投手のリリーフ転向は、勝ちパターンのリリーフだからこそ意味があるのであって、ロングリリーフなら他にも投手はいます。昨日6回に出てきたときは、そのまま第2先発として最後まで投げて、そのまま先発に再転向の準備をするのかもと、一瞬思いましたが、2イニングで交代でしたので、そんなことはないなと思い直したものでした。

でも井納投手が登録抹消で2軍に行くとなると、また話は変わってきます。1軍のリリーフは、井納投手なしでもやっていけるという判断がなされたことになるからです。先日19日の5対1で勝利した巨人戦では、エスコバー、三上、山﨑投手の3人で最後を締めましたが、エスコバー投手と三上投手が好調なので、当面はこの3人が勝利の方程式となるのでしょう。三嶋投手も良いので、ロングリリーフからこれまでの三上投手のポジションに格上げでしょうか。ロングリリーフは武藤投手で務まりそうだし、2軍には国吉、田中、須田投手らも控えています。

開幕前はリリーフ陣が手薄と思われたのが、三上、エスコバー、三嶋、砂田投手らが揃って昨年より良くなっており、一方で今永、濱口、ウィーランド投手が出遅れて、先発陣が手薄になっています。井納投手の先発再転向は本当にあるかも知れません。

東投手がスライド登板で平良投手の登板が飛ばされ、今永投手が昨日2軍でそれなりの投球を見せたことに加えて、井納投手の抹消で、先発ローテ再編は必至です。

すべての投手がその最大の力を出せるなら、1軍のローテは東、濱口、石田、今永、ウィーランド、井納投手となりますが、飯塚、平良投手も誰かが不調ならすぐ取って代わり、2軍のローテには他にバリオス、京山、熊原、櫻井、坂口投手がいて、育成とともに1軍ローテに穴が空いたらそれを埋める働きをするというのが理想でしょうか。

応援クリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 
 

昨日の試合は、山井投手の投球が良かったと言っていいでしょう。40歳で完封ですか。キレ、制球ともに素晴らしく、まず失投らしい失投もありませんでした。もちろんそれでももう少し何とかして欲しかったですが、切り替えていきましょう。

飯塚投手は昨日も勝ず6試合で4敗目となりましたが、前回の登板後のどうしていいかわからないというコメントに比べると昨日は、「負ける要因を作っているのは自分。投球のテンポとか、負けるべくして負けている」「(山井投手は)コースにしっかりと投げていたし、カウントを取る球、ボール球とテンポも良かった。勉強になりました」というコメントで、また何かを掴んで成長してくれる希望が持てます。

今日は雨の予報。せっかくエース東投手の登板予定なのに、今年は雨に祟られる事が多いです。来週からのローテーションにも影響が出そうです。

先日20日のブログでちょっと交流戦の先発ローテについて触れ、東、濱口、ウィーランド投手には交流戦でも十分期待ができ、飯塚投手も昨年は1試合だけでしたがある程度試合を作れたと書きました。石田投手は良くても悪くてもやってもらうしかありませんが、6人のローテの中に、少しでも甘くなると球威ではパ・リーグの強力打線を抑えきれない可能性の高い投手が、飯塚投手と平良投手と二人もいることが少し不安でした。そこでパ・リーグにも通用する今永投手の復帰が待たれるが、目処は立っていないと書きました。

その今永投手は昨日の2軍戦で巨人を相手に6回2/3、111球を投げて被安打5奪三振8与四球2、失点3自責点0と、まずまずの好投でした。スピードガンの甘い横須賀ではなく、平塚での投球で球速も145キロは出ていたとのことですから、かなり復調しているのは間違いありません。球速が戻っていること、111球を投げられたこと、2軍の選手とは言え、三振を奪えていることから、私は1軍復帰も近いのではいかと思います。今永投手が交流戦に戻ってきれくれる可能性は高くなったのではないでしょうか。

今永投手は失点3はありましたが、すべてエラーがらみ、特に4回、5回の失点は、いずれも巨人の1番陽岱鋼選手の打球をサード山下選手がエラーしたことからの失点でした。宮本選手の降格で自分が昇格できなかったことがショックだったわけではにでしょうけど、こんなに目立つエラーをしていては、山下選手にもなかなか1軍のチャンスが来ません。

嶺井捕手が足の負傷から2軍降格となり、戸柱捕手が昇格してきました。ラミレス監督によれば、嶺井捕手はそれほど長くはかからないとのこと。そして、「高城はこれまで出場した試合で、よくやってくれている。それを引き続きやってもらいたいということでチョイスした。戸柱は2軍から上がってきたばかりでもあったし、今日も途中出場で3失点。今年は戸柱が守った時の(投手の)防御率が高いので考えないといけない。いいタイミングを見て、使おうと思っている」と語っているとのことです。

一昨年、昨年前半とは全く違い、嶺井捕手の評価が大きく上がって、戸柱捕手の評価が下がっているのが分かります。昨日先発マスクだった高城捕手の方が、戸柱捕手よりは評価が上ということです。まさに起用もその通りの起用になっていますが、ラミレス監督がここまではっきり口にするのは驚きました。しばらくは、高城捕手がマスクをかぶる機会が増えそうです。

応援クリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村     
 

↑このページのトップヘ