2019年04月

勝ちました。勝つってこんなに嬉しいことだったんだ。あまりに久しぶりで忘れていました。本当に嬉しい。

昨日のブログには、とにかく打線が点を取らなければ勝てない、筒香選手とソト選手が軸になるけど、宮﨑選手が絶不調の今、それ以外の選手、神里、中井、佐野、梶谷、楠本選手らの誰かが奮起してくれないと、点は入らないと書きました。しかし救世主は私が全く予想していない選手でした。1軍昇格即スタメンとなった2番セカンド石川選手が、勝ち越しツーランホームランを含む3安打の活躍です。

試合後石川選手のヒーローインタビューを聞きながらスタンドで泣いているファンの姿が見られましたが、私も同じ気持ちになりました。私はけして特別石川選手のファンというわけではなく、最近はどちらかというと忘れそうになっていたのですが、この選手がベイスターズにとってどういう存在だったのか、一瞬にして思い出しました。

打撃好調の大和選手を1番に置たのもプチ成功でしたが、2番に石川選手を抜擢したことは、さらなる首脳陣のヒットとなりました。1,2番が機能すれば、ソト選手3番、筒香選手4番が現時点では結果を出せていますので、6番にある程度打てる可能性のある選手を置けば、絶不調の宮﨑選手を復調するまで下位打線に置けます。(もっと言ってしまうと、宮﨑選手は下位打線に置くぐらいなら、いっそ外して復調に専念させることもできます)

それにしても、今日の相手は今季4試合先発して4勝、防御率1点台の山口投手ですから、そうそう点は取れない。10連敗の中、ルーキーにとっては過酷すぎる条件でしたが、上茶谷投手はむしろそのプレッシャーを味方にしていたようにも見えました。山口投手の出来が良くなかったこともありますが、味方が先取点を取って、わずか1点のリードで5回まで投げ、5回には逆転されましたが3失点までで踏ん張ったのは立派でした。

リリーフ陣は、開幕前の想定された山﨑、パットン、三嶋、エスコバー、三上、砂田投手という布陣が、今ではクローザーの山﨑投手こそ不動ですが、パットン、三上、砂田投手の3人が2軍にいます。かわってリリーフ陣をなんとか維持しているのが、今日も2イニングを無失点に抑えた国吉投手や、1軍昇格後まだ無失点の藤岡投手、あるいは笠井投手です。近いうちに石田投手も加わるでしょう。リリーフ投手だけを取れば、現時点でもまだ巨人のリリーフ陣よりは上かも知れないと、今日の試合を見て思いました。

10連敗中は、戦力的に負けても仕方ない試合もあったと思いますが、勝っていてもおかしくなかった試合まで、ことごとく負けていました。不運が重なったというか、負けが続いているために選手が普段どおりのプレーができなくなっているというか、なんで負けるのと思うような試合もありました。

しかし取りあえずこの1勝で、選手たちは連敗の呪縛からは解き放されるでしょう。もう変な負け方はしないと思います。

ただ、戦力的にはまだ厳しい状態のままです。計算できる先発投手がまだ全然足りないのです。朗報としては、東投手が今日2軍で先発して7回を98球で無失点、被安打1奪三振12の完璧な投球を見せていますので、5月6日の巨人戦で復帰でしょう。あるいは、1軍でずっと投げないまま帯同していたパットン投手が抹消されたことは、バリオス投手の昇格を意味するのかも知れません

こうなると一番痛いのは濵口投手の離脱かも知れません。何と言っても、このチームの先発の柱となるべき投手は、今永、東、濵口投手の3人なのですから。濵口投手には最短の10日間で戻って来てくれることを密かに期待していたのですが、明日の先発予告は濵口投手ではなく、なんと昨年は1軍登板がなく、今季も一昨日が初登板、そしてプロ初先発の進藤投手です。もちろん先発と言っても、短いイニングだけで継投していく予定でしょうけど、相手はヤクルトの先発の柱のひとりである原投手です。

しかし今日の試合だって、今季4勝の山口投手とプロ0勝の上茶谷投手の先発でしたが、勝ったのはベイスターズでした。先発投手も常に好調ではいられないし、進藤投手が無難にスタートできさえすれば、充分勝算はあります。

まだしばらくは苦しい戦いが続きますが、底は脱したと思います。いきなり連勝とはいかないにしても、これからは勝ったり負けたりの、普通の勝負ができるようになると思います。そして東投手をはじめとした選手たちが帰ってきたときには、連勝もできるチームになることも可能でしょう。

応援クリックいただければ幸いです

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 

連敗の原因はいろいろあるでしょうけど、一言で言えば点を取れないからです。投手が打たれる試合もありますが、勝ちパターンのリリーフが登板間隔が開いたり、本来の使われ方と違った使われ方になったりして、調整が難しくなるという、悪循環にはまっている部分もあります。投手陣はさほど悪くないと思います。

野手はもともと守備に目をつぶっての打線なので、ときどき出る守備のミスは覚悟の上なのに、打てない。何よりも9試合で平均2.2点しか取れていないという打線の奮起が期待されます。

私は土曜日も仕事なので、休みは今日からの9連休です。この数日間は、個人的にもなかなかハードな日々でした。9連休を取るために、その前に片付けておかなければならない仕事が山ほどあったのです。その上、なんでこんな日を選ぶのだというような大小のトラブルが3,4件勃発し、ふだんの5割り増しぐらいの量の通常業務をこなしながら、連休に入る前にめどをつけなければならないトラブルの対応をいくつか平行して行うという、とんでもない状態でしたが、アドレナリン全開で、朝から夜まで12時間以上連続で働いて、すべて無事に終了しました。人間いざとなると何とかなるものです。

正直言って、この9連敗の最後の方は全く見ることができず、昨日の試合をようやく録画で見ただけです。 昨日の試合は勝っていてもおかしくない試合のように思われました。大和選手のエラーがなかったら、あるいは宮﨑選手がヒット1本でも打っていたら、勝っていたでしょう。実際ヒットは巨人を大きく上回る11本を打っているのです。

ロペス選手の故障が心配されますが、死球のあと調子を落としていた筒香選手は完全に復調したように見えます。外角の球を引っ張ろうとばかりして失敗しているように見えたソト選手が、ライトスタンドにホームランを打ちました。一方で、宮﨑選手は素人が見ても、外角の球を追いかけて完全にバランスをおかしくしてしまっています。打線は筒香選手とソト選手を軸に考えて、宮﨑選手は外すぐらいの方が、結果が出るかも知れません。そのためには、神里選手の他、中井選手や佐野選手に結果を出し続けてもらう必用があるし、梶谷選手か楠本選手のどちらかでも、期待している打撃を見せてもらわなければなりません。

人間追い詰められたときには、ふだん以上の力が出ることもあるものです。これからの連戦、選手たちには思う存分暴れて欲しいものです。 

応援クリックいただければ幸いです

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 

今朝のブログで今後の先発ローテの予想をして、改めて先発投手の絶対的不足を思い、GWの10連戦には東投手の復帰が必須であり、逆算するとそのためには今日の2軍での先発登板が必要条件となると書きました。

そして待ちに待っていた長浦からの朗報が届きました。期待通りに東投手が先発し、しかも7イニング92球を投げて11奪三振という、申し分のない結果を出してくれたのです。ホームランは打たれましたが、打った楽天の岩見選手を褒めるべきで、決して悪くないチェンジアップでした。最後の7回もチェンジアップで連続空振り三振、そしてストレートで見逃し三振と、三者連続三振で終えています。来週もう1試合2軍で投げてから、10連戦の終盤に1軍昇格というのが、自然な流れだと思われます。これで10連戦の中で、先発投手が誰もいない日ができることは避けられます。いや、それどころか、今永投手と並ぶチーム最強の左腕が帰って来ます。

そして今日の2番手は石田投手。この3試合の使われ方を見ると、石田投手のリリーフ転向はもう確定のようです。左腕リリーフは1軍にもう一人必要で、中後、古村、濱矢投手らが補強されましたが、いずれも期待通りにはいきませんでした。しかし石田投手は彼らに比べれば、1枚も2枚も上の投手です。かなり近いうちに、リリーフとしての石田投手の姿が1軍で見られることになりそうです。

さらには梶谷選手が彼らしいホームランを、ライトスタンドに打っています。打撃についてはほぼ完全に復調していると思われ、これも近いうちに1軍に昇格して、打線の起爆剤になってくれそうです。

今日は平良選手がブルペンで投げていたという情報もありました。昨日の試合では飯塚選手が実戦で投げ始めています。また、オープン戦では全くストライクが入らず炎上した勝又投手が、フォームも改造し、ストレートの制球にこそまだ難がありますがスピードは150キロを超え、スライダーが制球切れとも絶品で、期待せざるを得ない投球を見せています。

ここまでは故障で離脱する投手が続出し、試合では投打とも波に乗れず、打つ手がことごとく裏目に出る嫌な展開が続きましたが、離脱していた選手たちが次々と復調していることを、今日の2軍の試合で見ることができました。今日の2軍の試合は、潮の変わり目になるような気がします。

応援クリックいただければ幸いです

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

私がリアルタイムで観戦できる木曜と日曜は、開幕以来全勝で来ていたのですが、昨日ついに負けを喫してしまいました。投打のバランスがうまくいかないことが、シーズン中何回かあるのは仕方ないのですが、想定外だったのは先発投手の相次ぐ故障です。先発投手が弱いと、ただでさえ三上投手が離脱し、パットン投手が結果を出せないところに、さらに無理が生じてリリーフに陣も疲弊してしまうことも心配されます。

打線に関しては、筒香選手の死球の影響が払拭しさえすれば、主軸の4人はそろそろ揃いそうなので、あとは1、2番です。

毎年どのチームでもそうだと思いますが、3、4月はそのシーズン誰が使えて誰が使えないのか、手探りでのスタートなります。今はまだDeNAの首脳陣もライトとセカンドの起用に試行錯誤していますが、桑原選手が打撃で結果を出せないこと、中井選手のセカンドもソト選手をライトに回すリスクを冒してまでのプラスは得られないことが分かってきましたので、私は個人的には、まずは剛の神里選手、柔の楠本選手、二人のタイプの違う左打者の並びに期待しています。いずれ梶谷選手が1軍に戻って来るかも知れません。桑原選手も今年も7月ごろには調子を上げてくれるかも知れません。そうなれば臨機応変で対応すれば良いでしょう。

倉本選手が、14日、17日、21日と、約1週間の間に3試合ショートでスタメンでした。倉本選手贔屓の私としては、倉本選手の打撃の調子が上がっての起用なら喜ぶところですが、そうでもなさそうです。最初は大和選手の調子を維持するために、あえて休ませているのだと思いましたが、この頻度を見ると、大和選手には既に軽い故障が起きている懸念もなくはありません。

それでも7、8番打者はあくまで打線の中では脇役です。やはり現在のチームの浮上のポイントは1、2番です。

今年の初めから私はベイスターズの優勝を主張していますが、前提条件が3つありました。

1.梶谷選手と今永投手が復活すること
2.故障者が昨年のように多く出ることがないこと
3.昨季の最大のストロングポイントであったリリーフ陣が今季も健在であること


今永選手は復活しました。しかし梶谷選手は未だ2軍にいます。こうなると、神里選手と楠本選手にその代りをつとめてもらうしかありません。

先発の東、平良、飯塚、石田、濱口投手、リリーフの三上投手と、そして短期間で復帰しましたが筒香選手、故障者は残念ながら、昨年に近いぐらい出てしまっています。この投手たちの復帰が、これからの戦いの鍵になります。

活躍した投手たちが全員翌年も活躍することはむしろ珍しいことなので、昨年のリリーフ陣の何人かは不調になることを想定して、新しい力を期待し、開幕前にはそこに国吉投手、笠井投手らの名前をあげていました。そして国吉投手らは、ある程度は期待に応えてくれています。

しかし残念ながら、楽な状況では素晴らしいピッチングをする国吉投手が、ランナーを出すと球威が落ち、さらにプレッシャーがかかる場面では制球も悪くなるという悪癖を克服できていません。昨日の”オープナー”も大失敗に終わりました。もっともその予感はありました。昨日の”オープナー”は、奇策で相手を混乱させ、対応を難しくさせるどころか、素人でも京山投手のところで国吉を”オープナー”に起用することは、かなり前から予測できていました。ましてプロである広島は完全に予測して準備をしていたことでしょうから。

ラミレス監督は、これに懲りず今後も”スターター”は行うと言っていますが、残念ながら有利に戦うためのアグレッシブな作戦というより、先発投手が全く足りなくなって仕方なしに行う窮余の策という感が強いです。

明日からの横浜スタジアムでの阪神戦は、上茶谷、大貫、今永投手の先発と予想されます。追い詰められたような状況ではありますが、ルーキー二人が阪神打線にどう立ち向かっていくか、私はむしろ楽しみにしています。前カードの広島戦の第1戦で、今永投手は7回を投げ終わって100球を少し超えたばかりで球威もありましたから、普通なら8回までは投げて、8回裏の打席で代打、9回は山﨑投手が抑えるというシナリオを描くはずです。そうしていれば逆転負けはなかったかも知れない。三嶋投手とパットン投手に余計な負担をかけずに済んだかも知れない。それなのに7回で降板させたのは、中5日で阪神戦に先発する予定だからでしょう。ローテを崩してまで阪神との第3戦に先発する今永投手には絶対勝たなければいけないという、かなりのプレッシャーがかかると思われますが、彼ならやってくれるでしょう。

広島戦の第二戦に中5日で井納投手を先発させたのも、先発投手が足りないからです。短期的にもそうですが、連休中の10連戦の初戦27日の巨人戦に投げる投手がいなかったのです。これで井納投手が中6日でその日に先発することになりそうです。巨人戦の二戦目28日にも投げる投手がいないので、昨日のように誰かが”スターター”となって、京山投手がロングリリーフとなる公算が高いです。三戦目29日にも投げる投手がいないのですが、抹消となった濱口投手がこの日から再登録が可能です。怪我が治っていればの話ですが。

10連戦の二つ目のカードヤクルト戦は、明日からの阪神戦と同じ上茶谷、大貫、今永投手の先発でしょう。

三つ目のカード阪神戦となると、また井納投手一人しか先発投手がいません。29日に濱口投手が復帰できるとしても、怪我上がりでいきなり中5日で投げさせるわけにはいきません。1試合はまた”スターター”+京山等手で乗り切るとしても、あと1試合をどうするのか。唯一残る希望は、東投手の復帰の可能性です。しかしその東投手は、4月3日雪の影響の残る極寒の東北で2回2/3で降板して以来、実戦では一度も投げていません。また故障が再燃したのでしょうか。そうでなければ、今日の2軍戦での登板が、10連戦に間に合う最後のチャンスです。今日も2軍で東投手の登板がなければ、それは東投手が、故障を再燃させていることを意味すると思われます。

この絶体絶命の先発投手不足を乗り越える手段は、もうリリーフ投手に先発してもらうしか、ないのは確かです。それが”ショートスターター”なのか、リリーフ投手だけの継投で最初から最後までつなぐリリーフデイなのかは分かりませんが。そのためには、回またぎで投げられるリリーフが何人も必要です。2軍でもさほど好調でなかった平田投手の昇格も、平田投手が回またぎの経験が多いからかも知れません。

ちなみに2軍の試合直近2試合の継投は

大貫(2回)-櫻井(2回)-石田(1回)-進藤(2回0/3)-中後(1回)-赤間(2回)
飯塚(2回)-勝又(3回)-濱矢(2回2/3)-赤間(1/3)-武藤(1回)

大貫投手は1軍の先発に備えての登板ですし、飯塚投手は復帰初戦ですから、短いイニングで当然だし、先発投手が2回で交代したら、リリーフ投手がその分回またぎすることも必要となります。しかし深読みすると、桜井、進藤、勝又投手あたりに対する、1軍で回またぎできるリリーフとしてのテストだったのかも知れません。

石田投手は復帰2試合目も中3日で1イニングのみの登板でした。このまま石田投手もリリーフとしての調整を続ける可能性が高くなってきました。飯塚投手の復帰も朗報です。しかしまだ本格復帰には時間がかかりそうなので、10連戦やその直後の新潟での試合には間に合いそうもありません。

いずれにせよ、10連戦の先発投手は絶対的に足りていません。少々の工夫では乗り切れそうもありません。いっその事、パットン投手を10連戦のうち3回ぐらい先発させ、8回は三嶋投手、6、7回はエスコバー、砂田、藤岡、笠井投手で乗り切り、ロングリリーフとして京山、国吉、平田投手が控える、それぐらい思い切った策が必要かも知れません。

ここまで、投手起用においてラミレス監督と三浦新投手コーチの息が合っていないところも散見されましたが、これから10連戦に向けての難しい局面を、この新コンビが乗り切ることができれば、その後の展開はずっとスムースになると思われます。これからの2週間をどう我慢して乗り切るかで、ペナントレースの結果も大きく変わってくるでしょう。

応援クリックいただければ幸いです

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 
 

絶好調の中日打線が、これまたここ数年の低迷を完全に払拭して絶好調の大野投手と、ベイスターズ打線の天敵山井投手を擁してホームナゴヤドームで待ち受けるところに、筒香選手抜きの打線で立ち向かうのはやはり厳しかったです。長いシーズンにはこういうカードもありますが、この2連戦に限っては、連敗したこと以上に、筒香選手が復帰できなかったことと、濱口投手が打球を受けて負傷したことの方が心配です。

筒香選手は今日からにでも復帰との報道もあります。本当にそうなら良いのですが。一昨日は楠本選手をレフトに回し、ソト選手をライトに置いて、左腕大野投手に対して中井選手が6番セカンドでした。しかし、中井選手も大野選手からヒットを打つことはできませんでした。昨日筒香選手の代わりに外野のスタメンの一角に名を連ねたのは関根選手でした。しかし2打席全くいいところなく連続空振り三振。次の打席では早々と佐野選手を代打に送られています。

剛の神里選手と柔の楠本選手。1、2番を担うふたりは同じ左打者でもタイプが違うので、得意不得意とする投手も違うようです。一昨日は楠本選手が2安打で神里選手がノーヒット、昨日は神里選手が2安打で楠本選手がノーヒットでした。二人ともがヒットを打って、二人だけで1点をもぎ取るような試合もあるのですが。

どちらかがダメでも、一人だけでも出塁してくれれば、3番以降の4人が好調なら点が入ります。しかし筒香選手が不在、宮﨑選手がもう一つの今、なかなか点が入りません。筒香選手の代わりにスタメンに入る選手が、せめて筒香選手の半分も打てる打者だといいのですが。関根選手が与えられたチャンスで全く結果を出せず、佐野選手を代打の切り札にとっておきたい、中井選手も左腕投手相手に思うように結果を出せず、右の代打中川選手も未だノーヒットとなると、もう一人二人、打てる野手が欲しいです。

ファームでは梶谷選手が一昨日の試合などはホームランを含む5打数5安打。細川選手は相変わらず三振は多いですが、打率は昨年より上がっきています。 伊藤裕選手は既にホームラン5本を打って量産体制に入っています。彼らが1軍でも活躍できるようになれば、筒香選手の不在もそこまで痛手にならないのですが。

投手に関しても心配です。1軍ローテで計算できるのは、今永、井納、濱口投手だけだったのに、その1角が崩れるのはかなり痛いです。昨日の時点で登録抹消になっていないのは、軽傷であったからだと信じたいところです。

東投手も宮城で雪の影響の残る寒い日に3イニング投げたきり、試合での登板がありません。イースタンリーグの巨人戦で登板があるかと思っていたのにそれがなかったのは、あの寒い日の登板でまたアクシデントがあったのか。あるいは逆に、明日土曜に2軍で先発し、ゴーデンウィークに入った27日土曜日に2軍で長いイニングを投げて、そのまま昇格して5月2日土曜日に1軍で先発するというスケジュールが立っていると思うのは楽観的すぎるか。

石田投手は2軍で実戦登板を開始しており、5月後半に1軍で投げることが目標になると思います。飯塚投手と平良投手は、今の所復帰がいつになるか分かりません。

ラミレス監督が開幕前にいみじくも言ったように、3、4月は勝率5割を少し超える程度が目標となりそうです。そのためには、今日からの広島戦とその次の阪神戦を3勝3敗以上で乗り切ることが必要です。

応援クリックいただければ幸いです
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村   

↑このページのトップヘ