京山投手は今日も良かったです。良い投手なのは知っていましたが、これだけ安定した力を出せるとは思っていませんでした。昨年より明らかに成長しています。アルモンテ選手にソロホームランを打たれはしましたが、あれは相手を褒めるべきでしょう。6回途中96球でリリーフにマウンドを譲りましたが、立派な投球でした。

先日投手が捕手の要求どおり投げられるのは10球のうち2球あるかないかと書きましたが、今日の京山投手は違います。10球のうち3,4球ぐらいは捕手の要求どおりに投げられる制球力です。それに加えて球速以上に力があって打者が振り遅れるストレート、さらにラミレス監督によればチェンジアップ、カットボール、スライダー、カーブとある変化球の使いどころがいいとのこと。メンタルも強いし、フィールディングもいいです。数年後どこまで成長しているか楽しみです。

リリーフも5回二死からビシエド選手に投げた三上投手は、このところ右の強打者専用のようになって、それが成功しています。2点差で7回となると、勝利の方程式井納投手の登板。7回裏にダメ押しの3点を加えて5点差となったため、8回はパットン投手ではなくて砂田投手。大和選手のエラーもあってランナーをふたり出しましたが、今の砂田投手はら右打者も抑えてくれます。ビシエド選手もピッチャーゴロに打ち取りました。フィールディングもいい。そして9回は山﨑投手はお休みで須田投手。今の須田投手なら、この場面など安心して任せることができます。

解説の谷繁さんが、須田投手が出てきてとき、勝ちパターンで使える投手が何人もいると言っていましたが、昨年の阪神を彷彿とさせるほど、現時点のリリーフ8人は、山﨑、パットン、井納、三上、須田、砂田、エスコバー投手にビハインドのロングリリーフである三嶋投手も含めて、粒が揃っています。ただし、先発投手が6人揃ったときには、 右投手の誰かが降格することになるのでしょうか。

打線も先制、中押し、ダメ押しと、理想的な点の取り方でした。筒香、ロペス、宮﨑選手の主砲3人全員に当たりが出ているのですから、これも当然の結果かも知れませんが。 1,2番のスモールベースボールは今日は見られませんでしたが、大和選手は犠飛にツーベース。右打席専念は完全に成功しています。9番倉本選手は今日はチャンスメークのツーベースとヘッドスライディングの内野安打。2安打2得点です。

応援クリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村