にほんブログ村 

↑読む前にワンクリックお願いしますペコリ(o_ _)o)) 

はまちんの諭吉増産計画


  ◎13 レッドルゼル
 〇04 ドゥラエレーデ
 ▲01 イグナイター
 ☆11 キングズソード
 △03 ミックファイア
 △14 ウィルソンテソーロ

  自信度:C

 今年は東西横綱のレモンポップとウシュバテソーロが不在の場所。大関はウィルソンテソーロになるのかな。まだ横綱になれそうな感じはしないが。新星の若手オメガギネス、ドゥラエレーデは入門前の実績が一番。で、海外(地方競馬)から来た謎の3頭。平幕優勝もありそうな混戦の場所といったところか。
 正直今年はメンバーレベルが低い。さらに土曜の府中は時計がかかっていて、今年は高速決着にならないのではないかと思っている。地方馬に頑張ってもらいたく、3頭のうちどれかに本命をと思っていたのだが、ちょっと足りないかなぁ。イグナイターは南部杯でレモンポップの2着の実績があるが、タイム差的には2秒と大きく離されていた。1600mよりも短い距離のほうが合っているので、中央のマイルのG気任呂舛腓辰噺靴靴い里なと。でも最内枠を引けたのはプラスだと思う。道中ロスなくまわってどこまで踏ん張れるのか。
 ミックファイアは同世代には負けなしだったが、前走で古馬相手に大敗。チャンピオンズカップを回避するなど順調ではなかったがちょっと負けすぎた。距離短縮で豊富なスピードを活かす競馬でどこまで通用するかチャレンジしてほしい。楽に先行できればチャンスはあるかと。
 スピーディーキックは牝馬で実績は一番乏しい。盛り上げてくれる出走に感謝。
 坂路で49秒台をだしたドゥラエレーデの本命を考えたが、どうやら予定通りの調教ではなかったようで、初めてのマイル戦を考えての調教なんだろうけど、そもそもこの馬はスピードはあるからね。まあ馬体重次第だな。大きく減らしてくるようだと危ない。
 オメガギネスは重賞を勝っていない。登録時は除外対象だったらしいが、それでもルメ様が調教をつけていたらしい。で、他の馬の回避で出走できることになったんだから、陣営のやる気度は感じる。だが、この血統でG気鮠,討襪箸六廚┐覆い里世。
 ウィルソンテソーロは最近は1800m以上の距離を使われて打てマイル適正に不安が残る。この枠でどういうポジショニングするかな。なし崩しに外を回すと内の先行馬などにやられそうな感じがするのだが。
 昨年よりメンバーレベルが落ちているなら、素直に昨年の上位馬を買おうと思って本命はレッドルゼル。この馬の高速決着にならない馬場のほうが脚質的にも合っている。前走はタガノビューティーに遅れをとったが、今回は同じ斤量になるので。

 【はまちんのレース回顧】

 予想を長々と書いたのに、1〜3着馬の名前がいっさい出てこないなんて、とんでもない予想だよな。言い訳をすれば、長々書くほどどの馬も信用できていないという証で、どう転がってもこうなったかと思えるのかなとレース前に考えていたけど、結果が出ても納得できていないのだが。
 ペプチドナイルはノーマーク。この馬もマイルは初めてだったのか。距離短縮で狙い目なんて言葉も目にしたけど、買える要素はキンカメくらいだもんな。でもハイペースの中、先行して外を回して差し馬を封じたんだから内容的には強かった。状態も良かったのだろう。
 ガイアフォースは初ダート。血統的にダート適性があると思っても、初ダートのG気嚢チしたケースはほとんどないはず。裏を返せばそういう馬でも連対できるメンバーだったということか。結局は芝でもダートでもG気任肋,舛れないレースが続くのだろう。
 セキフウは末脚が安定しているが、あくまでもG靴力辰如やっぱりそれくらいのメンバーだったんだと。
 キングズソードの脚が一番目立っていたね。ウィルソンテソーロは前走で逃げていたけど、番手で競馬するとは思ってなかったな。結果的に外からドンフランキーが突っ走ってハイペースに紛れ込まれた。
 地方馬はこんなもん。オメガギネスは疲れがあったかもって素晴らしい言い訳。






 ◎05 〇14 ▲04 ☆11 △13
 自信度:C


 ◎10 〇14 ★01 05 09 12 13
 自信度:B


 ◎10 〇14 ▲04 ☆11 △02 10 13 05
 自信度:C

 オメガギネスってそんなに強いのか?

 G1馬は多数出てきているが、このレースに直結するレースかというとどうなんだろうかといった感じ。近年流行の芝血統ダート馬というのは、当たり前かもしれんが、パワーよりスピードということになる。東京ダ1600はスピードが活きる馬場なのでチャンスがあるのでは?と思ったりもしている。
 本命はガイアフォース。キタサンブラック×クロフネ。中距離を疲れているけど、馬に迫力があったのはマイラースCや安田記念の頃かと。そういう意味で再度マイルに挑戦するのは面白そう。ここでクロフネの血が騒ぐか騒がないか...騒いでもらいたいもんや。
 対抗はウイルソンテソーロ。キタサンブラック×アンクルモー。本命がキタサンブラック産駒なら対抗もついでに。地方の中距離ダートをこなしてるのでスピードがないのかなという懸念もあるが、母はアメリカンなので案外良さそうなんだが...。
 ▲はドゥラエレーデ。ドゥラメンテ×オルフェーヴル。4歳ダート界はレベルが低いのでは?と思ってはいるが、芝馬かつムルザバエフが乗れば走るのがこの馬。