はまちん競馬のツイッターを始めました。
https://twitter.com/hamachinkeiba

 にほんブログ村 
<はまちん競馬予想陣のブログと競馬関連ブログの更新情報>
下記への掲載は、にほんブログ村トラコミュからできます。
相互リンクは随時募集中です。
Powered By 画RSS

フィリーズレビュー





馬   名性齢騎手斤量79
11ナンシーシャイン牝3大野拓弥54.0        
2タンスチョキン牝3国分恭介54.0        
23ノーブルコロネット牝3池添謙一54.0        
4メイショウマンボ牝3川田将雅54.0        
35サウンドリアーナ牝3戸崎圭太54.0        
6ドラゴンサクラ牝3四位洋文54.0        
47コスモアンダルシア牝3バルジュー54.0        
8ハイマウンテン牝3浜中俊54.0        
59サマリーズ牝3藤岡佑介54.0        
10ラトーナ牝3藤田伸二54.0        
611タガノハピネス牝3幸英明54.0        
12サンブルエミューズ牝3岩田康誠54.0        
713エメラルハヤブサ牝3田中健54.0        
14ニシノモンクス牝3小牧太54.0        
815シーブリーズライフ牝3田中勝春54.0        
16ティズトレメンダス牝3川須栄彦54.0        


 ◎サウンドリアーナ

 ◎サンブルエミューズ
 
 ◎エメラルハヤブサ

 ◎ノーブルコロネット
今年もクラシック戦線はディープ産駒が盛り上げるんですかね。牝馬路線はレッドオーヴァルとアユサンですか。チューリップ賞がちょいと微妙でしたので、ここらで1頭名乗りをあげて欲しいものですよ。

 ◎サンブルエミューズ

 メイショウマンボ

 BOX買い

 メイショウマンボ

 BOX買い

 はまちんの諭吉増産計画

 エイシンの冠名で有名だった平井氏が亡くなったそうで。。。最初に活躍した馬で記憶に残っているのはエイシンガイモンかな。日本ではなじみのない血統の馬を持ち込んできて、血統派としては悩まされたところもあるが、逆に勉強になったこともある。最近は息子がエーシンの冠名で頑張っているので、親父の後を引き継いでほしいが。エイシンフラッシュは良い土産になったはずだな。ご冥福をお祈りします。
 さて予想。過去の馬券になった馬をみても、桜花賞に直結するレースとは言えない。やはり桜花賞と同じ条件であるチューリップ賞のほうが直結するし、メンバーも揃う。フィリーズレビューは1ハロン短いということでスピードタイプが多いわな。
 軸として信頼度が高そうなのはサンブルエミューズ。土曜の阪神で1400m以下のレースが2鞍あったが、サンブルエミューズの父でもあるダイワメジャー産駒が1勝2着1回と悪くない。フェアリーステークスのレースは評価していないのだが、クラウンロゼは今日も勝ったし、2着だったウキヨノカゼはクイーンカップを勝った。今回のこれくらいのメンバーなら威張れるわな。
 本命はちょっと捻ってナンシーシャイン。持ちタイム1.21.6は悪くなく、そのときのレースは開幕週で前が残る馬場だったにもかかわらず、メンバー中最速の上がりで追い込んできたのは評価できる。それがデビュー2戦目の競馬だからなおさら価値は高い。前走は逃げる馬がいなく逃がされただけで、正直相手が違った。関東馬で初の西下は非常に不安な材料だが、420kg前後と小さい馬ながら、速いタイムで坂路を駆け抜けたのは、間違いなく状態は良い証拠だし、これだけ速いタイムを出して西下しても問題はないと判断したものだろう。自在に立ち回れる強味があるので、最内枠はプラスになるはず。
 あとはねぇ・・・。サウンドリアーナは休み明けだし、前走の大敗が気に入らない。前にも書いたが血統的に平坦がベストの馬で、距離短縮はプラスだが、坂のある阪神は全くダメという可能性もある。実績を考えれば圧勝しても不思議ではないメンバーなんだけどな。
 メイシィウマンボは地味血。差し脚が安定しているだけに大崩れはないが、重賞で勝ち負けできるような血統ではないな。s−ブリーズライフも同様。
 これくらいのメンバーなら1勝馬で本番の権利獲りに賭ける馬にもチャンスがありそう。血統的に1200mよりも1400mのほうが競馬しやすそうなニシノモンクスが面白い存在か。