はまちんの諭吉増産計画

 
  ◎03 ステイフーリッシュ
 〇12 ワグネリアン
 ▲01 ブラストワンピース
 ☆09 フィエールマン
 △10 サングレーザー
 △08 ゴーフォザサミット


 昔の札幌記念はダート2000mだった。そもそも札幌競馬場には芝がなかったもんな。芝コースが出来て最初の開催のときは大いに賑わった記憶がある。調べてみたら最初の芝の札幌記念は1990年。来年で30年になるんだね。
 グレードもどんどん上がって、いまはG2。その中でも1着賞金が7000万と一番高いレースだったはず。メンバーもそれなりに揃うようになり、大阪杯には先を越されたが、G1に昇格する一番近いレースかもしれないね。
 メンバーもそれなりに揃うようになったと書いたが、それでも前走函館記念だった馬が活躍している。秋のG1に照準を合わせている実績馬より、勢いのある馬を狙うほうが配当的にも妙味がありそうだ。
 ステイフーリッシュ。函館記念でも評価をしていた馬で、血統的に洋芝適性は高いと思っている。相手は強くなるが、背負う斤量は軽くなるし、こういう馬が穴のパターンではないかと。
 ブラストワンピースの目黒記念はなんだったんだろうね。そもそも出走してくること自体が疑問だったのだが。




 ◎12 〇10 ▲09 ☆01 △14


 ◎10 〇09 ▲02


 ◎02 〇06 ▲03 △09 10 12

内枠のキンカメを買ってれば当たるレースがあったような気がする。 
函館よりコーナーが緩いので差しが届くんですが、なんか様子見しそうなメンツなので、素直に内枠狙うのはアリかなと。