ラッキーライラック
_20180306_162828


✔️チューリップ賞  回顧  

阪神JFの1.2.3着馬が揃った事で避けられたのか、小頭数となった2018チューリップ賞。

人気は、3連勝で2歳チャンプとなったラッキーライラックが単勝1.8倍と断然。
続いてリリーノーブル、マウレアと、やはり阪神JF組が順当に人気となりました。


✔️レース展開
サヤカチャンがハナへ、プレッシャーをかけるようにカレンシリエージョが直後を追走。

その離れた3番手にラッキーライラック
それをマークする形で内から、マウレア、リリーノーブルという隊列。


_20180306_162858


2頭が離して逃げた事を考えてもスローペースの上がり勝負でした。

_20180306_171256


  各馬の短評  


✔️ラッキーライラック(石橋)
好スタートから離れた3番手に収まる。
直後にマウレア、リリーノーブルらにマークされながらも、仕掛けどころで並ばせる間もなく楽に抜け出し圧勝。
年を越して更に成長したのか、ギア性能、トップスピードともにモノが違った。

(石橋脩騎手) 
「ゲートを出て決めようと思っていました。
ここ2回は前を目標にして最後にかわすという形でしたが、今日は、自分から先に前に躍り出てどんな感じになるか確認しておきたかった。問題ありませんでした。しっかり走れて、成長も感じていました。上手に仕上げてくれた関係者のおかげです」 


戦前の陣営コメントに「本来マイルは短い」というのがありましたが、スピードの乗りもよく、合わない事はない印象です。好位から付け入る隙を与えないレースぶりは、ダノンプレミアムに似てましたね。

過去のチューリップ賞勝ち馬のその後を考えても、桜花賞では当然主役。
馬自身は、パワーもあってスタートから折り合いもつくので、外枠有利な桜花賞ですが内でもさほど問題ないと思います。

あとは石橋騎手ですね。
傍目から見ればラスト100mは流してもよかった。ベテランジョッキーならあの場面ではあそこまで追わないはずで、少し余裕のなさを見せつける形になったような気がします。

近年の桜花賞は、断然人気でも危なげなく勝利を挙げているわけではないですし、更に有力ジョッキーも集まりますからね。 
窮鼠猫を噛む、なんて言いますが、圧倒的な力を見せてしまったせいで、一かバチかの賭けに出させてしまうという不安も・・・
(御飯がセルにトドメを刺さず散々痛ぶったせいで、自爆する隙を与えてしまった、みたいな。違うかな^^;)


と、ひねくれた見方をしましたけれど、ダノンプレミアム同様、「まともに走れば」まず勝ち負けだと思います。
その、まともに走りやすい阪神外回りという事を考えると、もしも単勝オッズがダノンと同じなら、コチラに突っ込むくらいの信頼度は自分でも感じています。

あとは、シンザン記念を圧勝したアーモンドアイがどこまでやれるか、ですね!


✔️マウレア(武豊)
戸崎騎手からのスイッチ。ラッキーライラックをマークする形で直線向くも、並びかけられず、リリーノーブルとの叩き合いを制す。

武豊騎手
「いいレースができましたが、勝ち馬が強く、追いつけるような気配がなかった。乗り味のいい馬で、レベルは高いですよ」 

権利取りが至上命題だったからこその2着、という印象で、再度の関東からの輸送もあり、上積みを含めて本番は厳しい戦いになりそう。

今回はマークして届かずでしたが、先行したクイーンカップ(鞍上は戸崎騎手)でラストは極端に脚を無くしており、難儀なレースになりそう。
個人的には、武豊騎手は「先行」してくると予想します。

キレッキレのディープというよりしぶとく伸びるイメージで、他のレースと比べると阪神は合っていそう。
少し勝負弱いところが見受けられるので、人気でアタマから買いにくいです。

✔️リリーノーブル(川田)

出負けからやや行きたがる素振りを見せながら、マウレアの外に位置する形でラッキーライラックをマーク。
直線では早めに捕らえにいこうとするも、水を開けられマウレアにも捕まり3着。


川田騎手
「調教の段階から力むところがあって、そういう競馬になってしまいました。これで落ち着いてくれると思います。本番はよりいい競馬ができるでしょう」 

機動力のあるルーラーシップ産駒ですが、追い比べではどうしてもラッキーライラックには適わず。負かすには『 前 』に位置する事が絶対条件になりそうです。

マウレアとの差は、仕上がりと、仕掛けのタイミングもあったでしょう。

本番では、2.3着候補。


✔️サラキア(池添)
4馬身ほど出遅れ、馬群に取り付くとやや行きたがる。直線はインを伸び離れた4着。

「ゲートで馬が下がった時にスタートを切られて後方になってしまいました。最後はいい脚を使っているだけにスタートが痛かったですね」 

新馬戦もチグハグでしたが、今回も本気で走ってないような雰囲気で、レースを覚えてくればもっと良くなりそう。

今回の中では一番上積みを感じます。


✔️レッドランディーニ(浜中)

スタートから出たなりで後方待機し、じりっと詰めるが力負け。

「ゆっくりと出たなりのポジションで、いつもの競馬で、最後も頑張っています。しかし、前3頭は強いです」 


✔️シグナライズ(ルメール)
リリーノーブルの後ろで折り合うも、直線反応薄い。ラストを見ると、タフなマイルより1400向き。
そもそもさほど強くなさそう。

「人気の馬の後ろでリラックスしていいレースが出来ましたが、直線では反応出来ませんでした。フラフラするところもありました。前のポジションでレースをした方がいいですね」 


✔️スカーレットカラー(岩田)
スタート遅れ最後方へ。やや抑えつつ、外へ出すも伸び一息。

「スタートがよくなかったですね。脚は使ってくれていますが、位置取りが後ろすぎました」 

本命に推した馬に文句を言うのはカッコ悪いですが・・・岩田騎手の騎乗ぶりには少しガッカリです。出遅れは仕方ないにしても、自らインを譲って、最後方へ手綱を引っ張った時点でアウト。

ただ、終わってみれば舞台適性や流れからも馬券内は厳しそうで、フェアリーSの内容から中山向きかもしれません。


その他・・・

・カレンシリエージョ

そもそもマイルはスピード不足。


・サヤカチャン

終始つつかれる厳しい展開も、以前のような見せ場はなし。短縮でどうか。


ウインラナキラ

荻野極騎手
「力む所はありませんでしたが、切れ味勝負で見劣りしましたね。展開ひとつでガラッと変わってくる馬だと思います」

穴に期待した手前、フォローしておきます。

今回は直線での反応はまったくありませんでしたが、阪神2000での未勝利は上がり2位に1秒差をつけて前残りを差しきり、という好内容。
ジョッキーも何かしら手応えを感じているようですし、現状では未勝利と同じ、
2000以上、後方待機で狙ってみたいと思います。
良ければチェックしてみてください。


 まとめ 

「同舞台の阪神JF組はやはり強かった」

というコトですね。

その中でもラッキーライラックはスタートから勝負どころの加速力が際立っていたので、やはり桜花賞は最有力。

チューリップ賞が小頭数だったせいか、現在フィリーズレビューはなんと27頭が登録しているようで、そこでの結果に注目したいと思います。


予想の方は、◎スカーレットカラーで撃沈。

昨年は札幌の未勝利上がりだったミスパンテールの激走がありましたが、今の活躍を考えると、能力があったという事でしょう。
ちなみに昨年は、「阪神マイルが合いそう」というメモのおかげでミスパンテールを買えたのはプチ自慢。

阪神JF⇒チューリップ賞⇒桜花賞

と同舞台が続くこの路線は、基本ベタでいいんですね!

最近の重賞は荒れる事も少なく、しっかりとした見極めが必要ですね(>_<)


それでは!