大洲市柚木の観光第二駐車場に車を置いて
そっから自転車で徘徊

s_DSC01956


架け替え工事中の肱川橋までやってきた

s_DSC01957


場所はここ




手前(上流)側が仮設の橋

s_DSC01958


大洲城のケヤキはまだ2本残っている模様
(1本は伐採済み)

s_DSC01959


肱川橋南側

s_DSC01961


看板には近寄れないのでズームで

s_DSC01962

橋脚を現在の5基から3基にして川の流れを良くし、
歩道の幅員が十分に確保される模様


仮橋の歩道から

s_DSC01964


先週はお触り可能な橋脚の一般公開があったが、
別の探索に行っていたため参戦できず、一週間後
の訪問となった

s_DSC01965

現在のコンクリ橋脚の中に埋まっていたという
大正初期の煉瓦橋脚はすでに解体済みであった。


これは保存用か?

s_DSC01966

s_DSC01967


橋脚を構成していた御影石と煉瓦

s_DSC01969

s_DSC01970

s_DSC01971

s_DSC01972


あのコンクリ橋脚の中に煉瓦橋脚が埋まっている。
残り4基はコンクリのはぎ取り作業はしないらしい。

s_DSC01973


北側

s_DSC01974

s_DSC01975

s_DSC01976

s_DSC01980


親柱

s_DSC01977

s_DSC01979


下流側から

s_DSC01983

s_DSC01984

s_DSC01985


大洲城

s_DSC01981


大洲城から

s_DSC02085

s_DSC02086


五郎菜の花まつり 3月12日(日)開催

s_DSC02003

s_DSC02006