お知らせ

特別養護老人ホームハモニカ(岡山市東区浅川)における新型コロナウィルス感染症の発生について、その後の状況を報告いたします。

【第1報】12/24付以降、当施設における簡易抗原検査において陽性(+)と判定された方が確認された為、これまでどおり 岡山市保健所へ報告・相談・指示を仰ぎ 医療機関での受診による新型コロナウィルス感染の医学的診断(診察・処方)うぃ受けるべく調整をお願いしておりましたが 12/25~ 現在に至るまで、ただのお一人も受入先が見つからない異常事態が発生しております。
報道等でご存知のとおり 岡山県は「医療逼迫警報」 が12/20付で発出されており、12/30時点での病床使用率は70.8%と公式発表されており、まだなお増加傾向です。

これらを踏まえ、当法人と致しましては 医療機関による医学的診断を待たず 12/24時点でのご利用者様 全64名 を対象に「生命を守る行動」を取る事に致しました。
具体的には、
①簡易抗原検査を毎日実施
②24時間に5回の巡回・定時観察(体温・血中酸素濃度の測定、全身観察)
③ゾーンニング(感染疑いのある方とそうでない方の施設内での住み分け)
④職員配置の強化 等を講じております。

12/25~12/31(7日間) で、感染(疑い)のある方は以下のとおりです。

簡易抗原検査による感染(疑い)のあるご利用者様 34 名

うち
体温 36.0~ 体温36.9 平熱で推移しておられる方 33 名
体温 37.0~ 体温37.9 微熱で推移しておられる方    1名
体温 38.0       以上の方            0名

第1報でお知らせしたご利用者様を加え ほぼ全員 新型コロナウィルス感染症(疑い)による症状は 軽症又は無症状 であることをお知らせ致します。

岡山県医療逼迫警報下にて、医療機関の受診が受けられなかったことにより続報が遅れ ご心配をおかけしておりますこと深くお詫び申し上げます。
県下の状況を鑑み 何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

尚、岡山市保健所より新たな指示が入り次第、当ホームページにてお知らせします。