さだまさし 小説眉山(徳島の山) 

映画化され、皇后が試写をご覧になったという、さだまさしの小説初めて読みました。

さだまさしがほかにも小説を書いているのかは知りませんが、

文庫本で、1時間ちょっとで読み終わりました。



感想

彼の音楽(歌)と同じだなぁというところです。


コスモスと言う歌(山口百恵)

年老いた母の姿の歌、いい歌詞だったと思います。

コスモスの主人公の母は、穏やかで優しい母でしたが、

眉山(徳島の山)の母は、激しく凛とした母像でした

たぶんモデルがあるのでしょうが、

彼の特徴で、ほろりと泣かせる場面などある小品です。

さだまさしは市井の人の何気ない優しさと尊厳を表現すれば

ナンバーワンだと思いました。


親父の一番長い日

鳴門金時芋焼酎 黒眉山(徳島の山)(くろびざん) 1800ml 25度