森光子 いきいき生涯現役 

「昭和19年だか20年、終戦になる前の戦争がいちばん激しいときに、マーガレット・ミッチェルの『風と共に去りぬ』の上下巻を友人から借りたんです。新聞で二重にカバーして、その上からさらにデパートの包み紙で三重にして、電車の中で読んでたんです! 若かったから怖いもの知らずだったのね。憲兵に見つかったら牢屋行きですよ。」



「私が生まれたところは、京都木屋町通りで、高瀬川と鴨川の間にありました。一年中川のせせらぎが聞こえて、それがちょっと自慢でしたよ。母の艶(つや)は子どものときから三味線が好きで、芸妓になりました。

夏になると、1階も2階も川の上に涼み床というものを出しました。

母がそういう商売をしていましたから、小さいときからちっとも遊んでもらえませんでした。」(引用)

森光子は今いくつでしたかね、

彼女が夜寝る前と、おきたときにする体操とやらをやってみましたが、

かなりハードで彼女のしている回数の半分も出来ませんでした。

スクワットというのです


1. 両脚を肩幅より少し広めに開き、つま先をやや外側に向ける。手は頭の後ろで組む。

2. おじぎをするように、上体を倒して、お尻を突き出しながら、腰をゆっくり下ろす。このとき、ひざがつま先から出ないように注意。太ももからお尻にかけてじわじわと負荷がかかるのを感じながら、行うこと。ひざが90度になるまで下ろす必要はない。

3. ゆっくりと上体をもとのまっすぐの姿勢にもどす。呼吸は止めずにゆっくり行う。

これかなりハードです。

これ150回もするんです、森光子さん

ばけものです



まず私はウオーキングから始めました

ミズノがシニア層に知kらを入れた商品を開発しました

「シニア層は白や明るい色の靴に抵抗感がある人もいる」(ミズノ)ことから、黒、茶、焦げ茶の3色を用意。ウオーキングで会社に通う人にも気軽に使ってもらえるようにしている。



40%OFF 特価品!!売切れ御免速いもの勝ち!!【快適・健康ウォーキングシューズ】ミズノMIZUNO...


元気足進

ウオーキング、立ち仕事の長い人のために、自然に足裏のつぼをもみほぐして、体重分散。第2の心臓足裏には健康の、それこそつぼがあります。
私には、ウオーキングになくてはならない友達です。元気足進