🏠 有坂さんにとっての「断捨離」、「モノの整理のやり方」を教えて下さい 
 というご質問がたまたま重なりましたので、ノートします*
 ご参考になると良いのですが…
 
 著名人の方の「断捨離」のハウツーも数年前に触れて、「なるほど」と
思うことが多いですが、私なりのやり方に変換しました(事情が人それぞれ違うように☺️)
 以前、南日本新聞でエッセイの連載をしていた時に、
「マイアンティークのすすめ」というものを書いた時も、ご感想を多く頂いて嬉しかったです✨
二十代からはモノをとても大事にするようになりました。
それは子供の頃 親に「物持ちが悪い」と言われて反省したからだと思うのですが、
例えば、小学生の頃ゲットした白くて素敵なブレスレットはまだ持っています
   (親元から上京し、現在までに 二十回は引越しています 爆)
 …
 数年前、たまたま一度にものを失う事件がございました… 本当に予期せず。
保険もカバーできないような内容で… 😢 
 当方は、六年以上就業した後にまた学業へ戻る、海外での語学、2つ目の大学編入、
就職〜そして転職、リゾートの本場でアロマ修行、
海外での介護、そして地元へ戻るなど "リセット" と "スタートオーバー"が
続きましたので海を越える引越しの度に、かなりのものを泣く泣く
手放してきました(輸送費削減のため)
 それでも、手放しても外国でまた同じものを買い直すくらいなら、矛盾すると思い、
自分と共に海を渡らせたいというモノも多くあり、実際に愛用の衣類、友人からのギフトと、
大きなものでは九十年代半ばに購入の電子ピアノとコンピュータ等とは十回以上移動しました
 それほど、荷物のシェイプアップをしてきても、増えて、手放せないのは仕事関係である
統合医療やセラピスト、メディカルアロマの専門誌、海外で
仕入れたパワーストーンやハーブ、サプリメントの安全な使い方の最新情報の辞典類
ニュートンやナショナルジオグラフィックス、デザイン書、画集等の保存版は手放せません。

 衣類も、二十代の頃に購入して一生大事に着よう(流行に関係無いような
トラッド、ビジネスウエア)と持ってきたものも、手放すとかえって苦痛ですので
管理をきちんとして持っています。

衣類=ワードローブは結局の所、収納が増やせない環境のため、
かなりシンプルにしました  

 私にとっては、ハードな「断捨離」というより、”すっきり整理整頓” でしょうか🌴
 下記がポイントかなと思います🍀
 
 *自分が使わないけれど、人が利用したそうなものは、その方へ引き継ぐ
 
 *上と同じで宝の持ち腐れになっているモノで人が使えそうなものは、人に活かしてもらう

 *どうしても手放したくないものは、お金をかけてでも手入れして管理する

 *長年使ったものを手放す時は、リサイクルショップに新しい使い手さんを探してもらう
  それができない場合は、感謝の気持ちを言葉に何度も出して、手放す

 *ワードローブは紺、白、黒 をベースにして色別整理、差し色はビビッドな色を使う

 *持っているもののシェイプアップができたら自分にごほうび の何かを手にする

 *大事なものを手放した後は、すぐに同じものを買わない(買わないつもりで手放す)

 *インテリアは、グリーン(観葉植物🌿)に合うような、木目や白を基調にする
  (みなさんが好んで下さる、はーもてぃの雰囲気は、いらした方が
   地中海や琉球(南日本)のリゾート気分になれるような工夫をしています)

 *衣替えの度に、整理整頓を見直す "持っているもの"を認識し、"手放すもの"も検討をする
家具入れ前2013 HAMOTIの初期 懐かしいですねー
     いかがでしたでしょうか あとりえ*はーもてぃへ香りに
     出会いにいらっしゃりながら
     あなた様のアイデアをお聞かせいただければ幸いです…🍀
有坂静香 アロマセラピスト AEAJ レイキマスター
#断捨離 #整理整頓 #有坂流 #ものに感謝 #リユース #リサイクル #マイアンティーク