(※ プロローグより;旧記事)

今日の夕陽はとても不思議だった
パラダイスビーチから帰ろうとした時
赤い輝きをみた
空は梅雨空で真っ暗だ
雨だって降っている

だが、明らかに西が紅い

空のたった5%だろうか、オレンジ色で
突然その中に明るい陽が出た

大雨の今日、暗い空にオレンジの帯
こんなの初めて見た・・・
数人で口々につぶやいた

『カメラを持っていない時、
いい景色をみるんだよね』私は嘆いた・・・

まるで大自然に、ファインダーからのぞいて
終わりにしないで『目に焼き付けなさい』
とでも言われているようだ

サンフランシスコの友人を思い出した
こちらがHomeWorkで悲鳴をあげていても
必ず「夕陽を見に行く」と言う
毎日、その時間だけは海が
見えるところに居るそうだ
二日で40のデザインを提出しなければだった
私には、全く不可能と感じた事だった
いつもパーティにNo, Thank youと
いう私は、友達にとても申し訳なく
思っていた・・・

・・・数年が経って、今一番贅沢な事は
朝に夕に陽が登り、沈む姿を見る事
かもしれないと思い始めている・・・

それ以外の時間はどんなに忙しくてもいい
眉間にしわを寄せてウェブを作ろうと、
ボールを必死に追っても追いつかなくても、
渋滞でもまれても、友人と一緒に泣いても、
どんな一日だったとしても、
ビルの谷間でもいい
太陽の顔を見る・・・
サンセット後の 青空の画家の絵を見る・・・

陽はまた昇る・・・ 
ちっぽけな自分に何があっても
陽はまた昇る・・・
そんな自然にありがたさを感じる
 

    ~6. 3, 2005