こんにちは、半笑いです。
このたび、8冊目(共著含めると9冊目)の著作が刊行されます。

題して、
「金になる“ハイレベル馬"で儲ける単純な方法 ー馬柱だけで価値あるラップタイムは見抜けるー 」
(2019年3月18日(月)発売・ガイドワークス刊)
51BCEfxfO+L._SX354_BO1,204,203,200_
…長いですね…略して「単純な方法」とでも呼んでください。

内容としては、
「新聞の馬柱の『走破タイム』と『上がりタイム』だけを見て、価値あるレース・素質を持った馬を見抜く」ための手法を掲載しています。
レースの中盤からラストにかけて長くいい脚を使う能力(従来の著作では「持続力」と呼んでいた資質、本書では『例の力』と呼んでいます)を、いかに簡単に見抜くかに特化した一冊です。

私の初期の「ラップタイム分析」を用いた著作や予想は、
「世間は上がりタイムに注目しがちだけど、上がりは遅くても価値あるラップを踏んだ馬の素質を見抜いて穴を取りましょう」というアプローチの比重が大きかったのですが、近年の競馬の変貌を見ると、特に芝のレースに関してはこれだけでは正当に評価し切れない部分が大きくなっています。
これをカバーすべく、逆のアプローチ、上がりが一定以上に速いレース・競走馬のなかで、特に価値がある内容を選別する、という手法をなるべく簡略化してみました。

お察しの通り、この看破法は万能ではありません。
一般的な上がりの瞬発力だけを見る手法でも、また従来私がこだわっていた中盤の底力に特化した方法でも、辿り着けない部分に光をあてるものだと自負はしておりますが、そのぶん他のアプローチならば評価できる馬を見過ごしてしまうという可能性ももちろんあります。
どのアプローチでも、獲りやすい馬券・ほぼ獲れない馬券というのは必ず存在するので、そのなかの一つだとお考えください。もちろん現代の競馬に於いてはかなり有効な「一つ」だと信じているのは、前述通り事実ですが。

ちなみにこの内容だと、差し・追い込み馬ばかりを評価する手法のように思えるかもしれませんが、例えばエイシンヒカリの未勝利勝ちが『例の力』発揮の該当レースに含まれていたりと、幅広い資質を抽出することができています。そういう意味でも、競馬の多彩な捉え方・考え方を補完する一助となればと思っています。

さて、この本の刊行に際しまして、
「Amazon予約キャンペーン」を行います。

3月15日(金)昼12時〜16日(土)昼12時
Amazonにてご予約頂き、
キャンペーン参加メールを送って頂いた方には、

「3/24(日)G1高松宮記念の予想」
「本書の方法を用いて抽出した『例の力』該当馬のなかから3/23(土)・24(日)に出走する注目の厳選推奨馬」

以上2点を、特典として配信致します。
何卒、ご参加頂ければと思います。

なお、現時点(3/5)で既に予約してしまったという方で、キャンペーン参加希望の方がいらっしゃいましたら、この告知が遅れたせいですので、キャンペーン参加メールをお送りくだされば同様の特典を配信させて頂きます。

キャンペーン参加メール宛先:cp@hanwarai.net
件名「半笑いキャンペーン」
特典の配信を希望するメールアドレスから
メールにAmazonの予約画面のスクショ(スクリーンショット)画像を添付して
送付してください。
 ※スクショできない場合は「注文番号」を明記してください
キャンペーン参加希望メール締切:3/18(月)24時

何卒よろしくお願い致します。