千葉寺Beach88

千葉市で活動する、フラ&タヒチアンダンス「花」のブログです。

東金市

東金deマシュマロ(^-^)





 
超オシャレに変身した千葉ペリエの、

chiba koto labo というお店に、




fullsizeoutput_2f71




fullsizeoutput_2f72




期間限定で「ふさのえきマルシェ」が入っていました。



モノレールからJRへの通路の右側です。








そこでね、

東金市で作っているマシュマロを見つけました!





fullsizeoutput_2f76



こんなに入って350円(^▽^)



へえ〜〜、知らなかったよ〜




ゆず、コーヒー、ヨーグルトの味がありましたが、


東金市といえば「ゆず」でしょ







fullsizeoutput_2f74




と思ったら、高知県産の柚子でしたΣ('◇'*)エェッ!?


東金は柚子の木が減っちゃったのかしら???









fullsizeoutput_2f73




高知県産の柚子の方が香りが強いとか??


知りたい〜、高知県産を選んだ理由を知りたい〜









fullsizeoutput_2f92




結局、コーヒーとヨーグルトも買っちゃいました(^^;)





どの味もとっても香りが芳醇で美味しい!!!




へえ〜〜、東金市でこんな素敵なの作ってるのね〜


なんだか嬉しい.。゚+.(・∀・)゚+.゚







作っているのは、中村化成産業株式会社さんです。
http://nakamura-kasei.co.jp













八鶴館








fullsizeoutput_2bef









東金市の桜の名所、八鶴湖のほとりにたつ八鶴館(現在は「八鶴亭」)。


創業明治18年です。





 
fullsizeoutput_2bf0

 


私には「八鶴館」という名前の方がしっくりきます。







 
fullsizeoutput_2bf2






昔むかし、


叔母(父の妹)の結婚式と披露宴がこちらで行われ、私も参列させていただきました。

祖父祖母と父母も一緒だったのか?



一緒に決まってますよね。でも記憶にないなあ。


妹はまだ小さくて?お留守番だったような。

私だけ行っていいの?と思ったんじゃなかったかしら。







私は7才くらいだったかなあ。



結婚に先立って、叔母の結婚相手が挨拶に来てくれた時のこと。




イチゴと生クリームの大きなホールケーキを手土産に持って来てくれて、


それまでホールのケーキをいただいたことがなかったので、




こんなすごいものを買って持ってこられるなんて、なんて立派な人なんだろうって感動してジ〜ッと見た記憶があります。




その時のことを叔母の結婚相手は、私が「睨んでいた」と思っていたそうですが(笑)







さて結婚式当日は、一緒に連れて行ってもらえるとは思っていませんでしたが、

洋裁店をやっていた父の姉が見たこともないような素敵なワンピースを用意してくれていて、「これを着ていくのよ」と。

白いタイツも履いて、髪を結んでもらって、初めての結婚式に臨んだのでした。





その日の様子は、誰かが8ミリフィルムで撮影していて、


後日何度も観せてもらったけなあ。


あれ、どこかに残っていないかなあ。





そうそう、

紋付袴に着替えた新郎が、丸首の白肌着を脱ぐのを忘れたと言って必死に着物の中に押し込んでいたのがとても印象的だったんですよね。


こんなハレの日に、そんな失敗しちゃうなんてって、子供ながらに心配してました(笑)

私の心配性は子供の頃から変わってないな。




でも新郎も新婦も笑っていて、

幸せな時間でしたよ。幸せな思い出。









fullsizeoutput_2bf3



fullsizeoutput_2bf4



fullsizeoutput_2bf5




ここ!


この部屋で結婚披露宴は行われたんですよ!(たぶん










現在は料亭となっていると聞いて、ずっと行ってみたいと思っていました。





fullsizeoutput_2bf6



fullsizeoutput_2bf7


松花堂弁当 2000円(税込)








はみ出てる!


fullsizeoutput_2bf8



fullsizeoutput_2bf9


ハミ出てる〜〜!!!






アナゴ重 2000円(税込)


fullsizeoutput_2bfa




どちらもと〜〜〜っても美味しいです!





アナゴの柔らかさと旨味、煮物のお出汁の味、

焼き物・揚げ物・お刺身も素材を活かしています。





接客もちょうど良い感じ。


そしてとても懐かしい。





fullsizeoutput_2bfb




ご馳走様でした。




八鶴亭
http://hakkaku-tei.com









fullsizeoutput_2bfc



fullsizeoutput_2bfd

 


「福俵」って、とっても良い地名ですよね。


ふくたわら、東金線の東金駅と大網駅の間の駅です。






歴史的建造物の今後






サントスCafe で懐かし〜〜い気分になったので、

ちょっと周囲を歩いてみることに。





東金駅前から歩きましょう。



BlogPaint








右奥に見えるのはマンションでしょうか。

こんなの建ったんだ〜



fullsizeoutput_2aab






左側、

黄色のシャッターに目を惹かれます。



fullsizeoutput_2ac2




CIMG7118


娯楽の殿堂! 「パチンコの百万弗」

昭和だなあ。





右側。

秋葉旅館の看板。



CIMG7121



CIMG7122


ちょっと百万弗を振り返ってみます。






左側。


CIMG7123



空き地になってしまったところもありますね。


同級生のうちがこの辺りで時計屋さんをやってたよなあ〜・・







fullsizeoutput_2ac1



BlogPaint



素敵なこれは蔵?だったのでしょうか、車庫として使われています。








右側、

サガワ理容店は営業中。


CIMG7128






旧道を右折、


サントスCafe の手前の路地の奥に赤い屋根の古い建物が見えます。



fullsizeoutput_2a85





BlogPaint




fullsizeoutput_2a98



fullsizeoutput_2a99



現在、国指定の登録有形文化財となっているこの建物は、

明治末期に建てられたという旧東金税務署の建物です。


税務署が移転したあとは、多田屋本社屋として使われていたそうですよ。




スペースの貸し出しがされているようです。

↓ ↓ ↓

https://www.bunka-ke.com/町並み活用センター/建物内スペース貸出し/



サントスCafe もそうですが、どんどん活用しようというのは素晴らしいですね。

眠らせておいては勿体ない。






サントスCafe 、多田屋を通り過ぎて、東金駅入口のバス停。

高校時代、いつもここからバスに乗っていました。

なんだか綺麗になっちゃったなあ。




CIMG7156








バス停から道路を渡って多田屋を振り返ります。



FASHION TADAYA??

多田屋さんって洋服も扱ってたんだったっけ??・・・




CIMG7154



fullsizeoutput_2ac4




確か、手前の酒屋さんか奥の精肉店の場所に「甘太郎」っていう味噌おでんや素朴なパフェが食べられるお店があったはず・・・40年前の話ね(^^;)







fullsizeoutput_2a9c



湖月堂の建物もレトロで素敵。

古くて美しい建物がたくさんあるんですね。



今まで全然気がつかなかったなあ。





もしかしたら、旧道沿いが寂れたことによって、この建物たちは残ることができたのでしょうかね。




もし昔どおりに栄えていたら、新しい建物に建て替えられて、今風の会社やショップになってしまっていたかもしれませんよね。



残っていてくれたことに感謝だなあ。





時間も限られていましたし、個人的に懐かしい場所を歩いただけなので、

もっとたくさん、面白そうな場所がありそう。



神社仏閣も多いですしね。




 
 

岩崎商店街のお客様駐車場





サントスCafe に行く際、車を停められるところが無いと思い、

市役所に停めたまま歩いて行きました。




あとでお店の方にきいたところ、


近くにこのあたりの商店街の無料駐車場があるそうなんです。

お店の方も最近知ったんですけど〜とおっしゃってました(^^)






CIMG7159






サントスCafe を出たら右方向に直進、

東金駅から考えると、旧道まで出たら、突き当たりの石井センイを左折です。







CIMG7129








通り(旧道)の右側に東金幼稚園の看板があります。

ここを右折して入って行きます。


fullsizeoutput_2a9d








この位置で左を見ると、ゆず羊羹の「湖月堂」、その先にお茶と海苔「西川園」が見えますが、




fullsizeoutput_2a9e




「湖月堂」は最近この場所での営業は終了されたとかで、


サントスCafe のお姉さんは、「看板を下ろすところを見てがっかりしてしまった。」とおっしゃっていました。






話は戻りまして、

東金幼稚園の看板から右折して直進(坂を上る)すると、



やや左正面に両総土地改良区の建物、



fullsizeoutput_2aa5








右手に「岩崎商店街お客様専用駐車場」があります。



東金幼稚園はこのもっと奥になるようです。




fullsizeoutput_2aa4


 

fullsizeoutput_2a9f
 


こんな看板が立てられていますが、つる草で見え辛くなっており、

この駐車場のことを知る人は少ないとか(^^;)





かなり読み辛いですが、

「この駐車場は岩崎商店街のお買物客のための無料駐車場です。」と書いてあるのは読み取れます。



皆さま、ぜひご利用くださいませ!!!




この看板の奥に立派な銅像が建っていました。






CIMG7170

 

fullsizeoutput_2ab3




能勢剛先生は明治29年(1896)6月、東金市の老舗多田屋一門能勢鉄三郎翁の長男として生まれ、
その業を嗣ぐ。竹舟と号し書を能くし資性温順、人に接して高風駘蕩、一面卓然として振う気骨を蔵し、
夙に東金町長として二回の町村合併を断行、昭和29年市制施行に際し、初代市長に就任。以来再度に亘り地方自治振興に尽瘁。一方四市四郡に及ぶ両総沃野の農業安定の為、水利改良事業計画せらるゝや草創より参画昭和25年戦後多難の時両総土地改良区理事長に任じ45年迄20年の長きに亘り、東奔西走し本邦有数一世の大事業はこゝに完成の実を挙げたのである。又他方若干より推されて地域職域における諸団体運営に精魂を傾く。実にわが郷土の行政・産業・教育・経済・文化等多岐に亘る向上発展に貢献された事績は洵に大であり、郷党等しく敬慕する処東金市は昭和47年名誉市民第一号を以って遇された。
先生は本年喜寿を迎えらる。我等相計り、有志各位、又欣然賛同、ここに寿像建設。以って先生の高徳を顕彰し、その偉績を後代に傳えんとする次第である。

昭和48年11月1日



日本語って難しいですね(汗)

字、あってます???

久しぶりに漢和辞典を引きました。







fullsizeoutput_2aa3


 

本当に無知を恥ずかしく思いますが、

郷里の東金市初代市長であり、名誉市民第一号の能勢剛さんの胸像なんですね。




両総用水事業の完成に尽瘁されたお方であるとの記載も胸像の下にありました。





両総用水*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



東金市の稲作地帯で生まれ育ちましたので、

両総用水の水の流れの強さ速さは身に染み込んでいます。



親から、決して両総用水の流れに触れようとしてはいけない、

水の流れを甘くみると持っていかれるよ(そのまま流されてしまう)、

と言い聞かされていました。




実際にその流れをのぞき込んだときの、たっぷりとした水量を思い出します。


豊かな水量が運ばれてきているのですよね。






その両総用水が完成するまでの歴史をこちらで知ることができました。

龍神を作った男たち〜両総用水・その歴史的意義と資産性
http://suido-ishizue.jp/nihon/ryoso/01.html

 






ここに書かれていることは何も知らずに、

私はただ両総用水の豊かな恵みだけを、享受させてもらっていたのですね・・・





上記のページの最終章「銘板に託された想い」を読まれましたか。


両総用水を通すに当たって設けられた何十箇所ものトンネルやサイホンの入り口と出口のほとんどに、

揮毫(銘盤)が刻まれている、との記載が。



この事業に関わったたくさんの方々が記された銘文だそうです。



どうですか、この美しい言葉の数々。





これらが記された時の喜び、喜びと一言で言う事は出来ないこの土地の人々の気持ちが心に突き刺さってきます。





これから、両親から受け継いだ農地をどうしていくのか考えなければなりませんが、


今、この土地の歴史を知ることができて良かったと思っています。






 
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

         *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜






今日は千葉市障害者福祉センターの講座です。


女性のためのハワイアンフラの第3回


今日も楽しく踊りましょう〜(^-^)





 

生まれ変わった喫茶店





先日、東金市役所に行った際に、 

「街波通信」というフリーペーパーを読んでいたら、


多田屋の隣(直結してましたよね)にあった喫茶店だった場所に、新しくカフェができるという記事が載っていました。






fullsizeoutput_2ab2




市役所の受付のお姉さんに、オープンしているかどうか調べていただいて、


早速出かけてみました。 



受付のお姉さん、とても親切でした。

ありがとうございます。




市役所からは、東金線の線路を挟んで反対側です。






陸橋を渡って線路を越え、

駅から旧道(119号)までまっすぐ伸びる道の突き当たりは・・・



CIMG7120







「石井センイ」さん。



CIMG7129



駅のこちら側はシャッターが降りているお店がほとんどです。






CIMG7124



CIMG7125







このT字路の左側は「岸本薬局」。

岸本薬局さんは営業されていました!


CIMG7130







石井センイから右手の並び4軒目に、本と文具を扱っていた「多田屋」さんがありました。



石井センイの隣は衣料品店の「シノヤ」だったか・・・



CIMG7131



fullsizeoutput_2ab1



多田屋さんにはよく行きました。

本や文具を買うとしたら、ここしか無かったですから。







その一つ手前の建物に赤いひさしが見えますね、ここです。


CIMG7159



名前は当時と同じ「サントス」にしたそうです。


喫茶店の名前までは覚えていませんでした。


私にとっては、ちょっと敷居が高い、ちょっとオシャレな大人が入るお店というふうに思っていましたが、皆さんはどうだったでしょうか。



コーヒーは大人の飲み物ですもの。




実際に入ったことがあったのか、なかったのか、その辺も定かではありませんが、


本屋さんの奥にある神秘的な場所として、自分の中では記憶されています。







fullsizeoutput_2a87


サントスCafe は国登録有形文化財の建物です。
外房おうえんサポーターズ運営代行委員会が企画提案し、地元商店街の有志の協力を得て古い店内を改装しました。この建築物は大正後期の面影を残す貴重な文化財です。階層にあたり当時の建築法や建材を残す為、専門家である松本屋工務店の野口社長の技術をお借りしました。代行委員会メンバーの深夜に及ぶ作業によって、サントスが生まれ変わりました。








fullsizeoutput_2a88




fullsizeoutput_2a8e


女性が一人で切り盛りされています。







fullsizeoutput_2a8a



CIMG7143



fullsizeoutput_2a8d



fullsizeoutput_2a91



とても美味しいパスタと珈琲でした。

コーヒーはマシンで淹れているそうですが、とても美味しい。


一人でやっているので、ハンドドリップで淹れたいけれども今は忙しくて難しいとおっしゃってました。









fullsizeoutput_2a8f



シャンデリアは、以前使われていたものをそのまま活かしているそうです。







fullsizeoutput_2a93






今の所、お客様は昔を懐かしむオジさんオバさんばっかり(笑)なので、


高校生にも気軽に寄って欲しいということで、

こんなメニューも考案されたそうです。




CIMG7133






こちらは、近所の方に気軽に朝食を食べに来ていただけるようにモーニングセットです。



CIMG7134



CIMG7135



スタッフの方がお一人なので、

今は時間を短縮して営業されているそう。


7:00〜14:00と休憩を挟んで15:30〜17:00

月曜日がお休みです。




サントスCafe
http://santos.sotobou-ouen.com





懐かしさもあり、また来たいなあと思いました。





西城秀樹さんがお亡くなりになりましたね。

寂しい。

歌も好きだったけれど、「寺内貫太郎一家」が大好きでした。




ヒデキが大活躍していた頃、1970〜80年代のこのあたりはいきいきと生きていたんですよ。

まぶたを閉じれば当時の風景が浮かんできます。





若い頃のことですから、苦しかったこともあるはずですが、もうどうでもよくなっちゃいました。

今はただひたすら懐かしいです。








ギャラリー
  • 12/12 ラ ルーチェ ボディスタジオ
  • 12/12 ラ ルーチェ ボディスタジオ
  • 12/12 ラ ルーチェ ボディスタジオ
  • 12/12 ラ ルーチェ ボディスタジオ
  • 12/12 ラ ルーチェ ボディスタジオ
  • 12/12 ラ ルーチェ ボディスタジオ
  • のらねこ軍団
  • のらねこ軍団
  • のらねこ軍団