光陰矢の如し春の足音♫

2019年01月31日

押し付けにならない、気持ち

児童虐待のニュースを見ると心が痛む。
子供は親を選べない

持続可能な社会を築くため、大人に何ができるのか。
世の中の子供たちに、できる限り生きる「すべ」を教えたい。
与える物資には限りがあるけど、工夫次第で伝えることのできる知識はかなり広がる、と思う。
伝える側と、受け取る側に、ビビッと電気が走る瞬間、
鍵と鍵穴がピタッとかみ合った瞬間、
人生を変えるほどの衝撃を生み出す事がある。

森のクリニックに図書館作りたいな。
森の図書館。。。

近くの子供たちが、自由に出入りして好きなだけ本を読む。
討論会して、自分と同じ「自我」を持った人間の集まりが、「社会」だと感じる瞬間に人の痛みが理解できる人になる。

なんとなく惰性で行動するのではなく、自分のアタマで考えることの重要性。

学ぶことは義務ではなく、権利であるということ。
学びは時として自分の武器になるという素晴らしい事実。

何か、自分にもできる小さな社会貢献をゆっくりと探してみようと思います

hana3349 at 11:38│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
光陰矢の如し春の足音♫