悔いのない1日を!

2019年08月20日

勿体無い薬をなくす努力

実に勿体ない。
処方された薬を捨てるなんて。
あなたが捨てるその薬を、欲しいと思っている人が世界にどれだけいるか

安いから捨てる、高くすれば薬を捨てる人は減る。
医療の自己負担額を増やして高額にすることで、ある程度のドクターショッピングや家庭での薬の廃棄量は減るだろうとは思う。

でも、根っこは違うんじゃないかな。
日本人は自分の意見を相手にはっきり言うの、苦手だからね〜。
鼻息が荒い?医者を目の前にして、
「先生、この薬は飲みたくない。」
そうはっきり言うことができる患者さんが果たしてどのくらいいるか、な。

そう、ここはおもてなしの国、日本
得意の察知能力をフルパワーに駆動してみよう。
その薬を患者さんが内服しているのか、否か。
薬を拒否する理由は何か、わかる努力をしてみようと思います。

そして、薬に対する不安が原因ならば、薬剤師と協力して不安解消に努める。
飲みにくいなら、剤形変更。カプセル→錠剤、錠剤→細粒とか。
1日2食なら、毎食後の薬の意味を説明して、起床時+食後2回の合計3回だよ〜とか。
副作用のため拒否感が強ければ、一旦中止するという選択肢もありかな。

さあ、今日も私にできる全てのことを!






hana3349 at 06:43│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
悔いのない1日を!