綺麗

お久しぶりです、花です。
今年みたいな夏はもう本当に二度と来ないなと思い、
ちょっと泥臭いくらい満喫していました。


案の定、新しい出会いと 見つけた宝物たちは、
この夏の終わりに不思議な匂いを放って寄り添ってくれています。




自信と確信はまったく別物で、頼りない自分の心もまた少し愛おしく手放せません。
 迷いや不安がなくなってしまったら、きっと今の愛も見捨ててしまうだろうと怖くもなります。


大体みんな誇りとかプライドを持って生きているから、
好きなもの嫌いなものに対して執拗になるのもわかります。 

そんなこと関係ないよ、ってわたし、口では言うけれど
自分が一番 短気で意地っ張りだから

それがすごく嫌で




ふと、洗脳させてくれるほどの神様が欲しくなって

んんん
出家?





・・・とは。



みたいな期間を経て今は
うん、ラコタ族を見習おう

と思うくらいの心の穏やかさにはなりました。

見えないものは何一つなく聞こえないものは何一つないのです。
きっとそうね




話は変わって
(隠れ)ジュエリー好きのわたしが一番大切にしているティファニーの指輪を 先日なくしてしまってからというもの、口内炎が出来たり膀胱炎になったり捻挫したり曲が書けなくなったりと散々だったのですが、見つかった瞬間全部治りました。

これこそ守護神なのかも。


普段布切れみたいな格好ばかりしていますが綺麗なものはとても好きです。



綺麗になりたいし、綺麗な音を産みたいです。









 

2016.6.2

大好きな仲間たちと、最高のお客様たちと、忘れられない誕生日を迎えました。

ほんとうにほんとうに ありがとうで一杯です。


大好きな音楽を始めて、かけがえのないみんなと出会って
自分をはじめ、みんながとっても素敵な笑顔になってくれたことが本当に嬉しい


こんな事普段は照れちゃって言えないけど
音楽のそばにいられる場所に生まれてこれて、本当に本当に幸せだなって思いました。
そのために ママとパパが私を産んでくれたって思います。

そして今のパパとママが育ててくれた。


まだ20年しか生きていないけれど、出会ってくれたすべての人達が私に素晴らしい世界を教えてくれました。

全員にありがとうって伝えることは、多分すごく時間がかかると思う


焦ったり、生き急いだり、悲しくなることももちろんあって
それは私だけじゃ絶対になくて

それでも私は 私に生まれてこれて本当によかった



素晴らしいバンドメンバーに出会って
大好きな家族と一緒にいれて


しつこいかもしれないけど、
本当に幸せです。




愛を教えてくれた全ての方達にありがとう



これからも、信じられるものを100%でやっていきます。




どうか、わたしが大好きな人たちがこれかも幸福で溢れますように。




ずっとずっと



image
image
image
image
image
image
image
image
image

2016.3.29

ハッピーか、ハッピーじゃないかについて考える。


わたしが何かを決めるときに大事な、一つの大きな指針です。




わたしにとっての幸福が、誰にとっての負担か?誰にとっての不幸か?
はたまた、このわたしの悲しみは 誰にとっての幸せか?


そしてそれらを考えると、とても難しいことのように思えて 息がし辛くなります。

なんともないことかもしれない
ぜーんぜん、社会に、世界に、なかったことになってゆくようなことかもしれない
また 何れわたしも 忘れてしまうことかもしれない。




きちんと決まった時間で働き、欠けてしまってはいけない仕事をしている人に、若いから大丈夫 と言われたことがあります。
わたしは自分の 震えるほどやりたいことを、とても我が儘に、そして自由にやっています。

見方はそれぞれあると思う。
し、わたしみたいな生活を 侮辱し卑下し、否定することって さんさら間違いでないし、その言葉の意味も、わからないでしょうって言われるかもしれないけどわかる。





たとえばね、
中学生の時に学校に宇宙飛行士の方がきて話をしてくれた日

今はどうかわからないけど、宇宙飛行士の条件として160cm無いとだめって話がありました。

たとえばだよ!
わたしがもし宇宙飛行士になりたくても、なれないんだなぁって思った。


友人は、お家の都合で医者になるのを諦めた。

ある時、自分はプロのサッカー選手にはなれない、と悟った友達がいた。






悲劇でもなんでもない、けれど、とっても とってもとっても大きな 決断があらゆる場所で起こってる。


仕方のないことでも、自分で決めたことだとしても、とてつもないパワーが生まれる瞬間だと思います。




きれいごと、なんて言われるかも知れないけれど、
破れたんだ、傷ついて、ばかみたいに泣いて、どうしようもなくなって

そのどれもを 綺麗だった!という事の、何が悪い、とわたしは思います。


その後のハッピーをつくれるかつくれないか、だけがすべてで





今自分がどんなことをして、どんな風に悩んで、どんな道を選んだとしても
幸せになることを辞めるわけじゃない




誰かのことを妬んだり、疎ましく思ったりすることは 自分にとってのハッピーじゃないからしたくない
夢を見ることを、歳のせいにするのはハッピーじゃないからしたくない

もしわたしが音楽ができなくなっても、いま周りにいるあらゆる人たちを否定するのはハッピーじゃないからしたくない




全部自分の心の話です。







誰だってきっとそうだよ
優しくしたいし、幸せになりたい

そしてもしそれが自分だけじゃなかったら、きっともっともっと すごく楽しい。



やり方は何億通りだってあります。
いつだって選んでいいし、いつだって変えていい。






クアトロワンマンを終えて、渦巻く沢山の想いは どれもこれから先の標識になります。


だって、なにやってるんだろう?
なんて一瞬でも思いたくない!
自分で決めて、それが誰かのハッピーになっている今、
あらゆるパワーを使って全うすることが、必ず反応を起こすという確信と希望があるから。



一瞬一瞬が愛おしいけれど、今が全てじゃなくて。
それはわたしが、生きているからです。




明日のハッピーをつくるために、出し尽くしていたい
そして、明日の幸せを描きながら死んでいきたいと

あのステージで心から思いました。
















居てくださった全ての皆様へ

本当にありがとうございました。








タグチハナ
ギャラリー
  • 2016.6.2
  • 2016.6.2
  • 2016.6.2
  • 2016.6.2
  • 2016.6.2
  • 2016.6.2
  • 2016.6.2
  • 2016.6.2
  • 2016.6.2