2007年07月11日

お知らせ

 (男)

 本日を持ちまして、当ブログは閉鎖させていただきます。

 懇意にして頂いた方々には突然のことで大変申し訳ないと
 思っております。

 いままでたくさんのご訪問ならびにコメントなど、
 ふたりにお付き合い頂き誠にありがとうございました。

 2007年7月11日 hana_busa♂

hana_busa at 23:44|この記事のURLComments(4) 

2007年06月14日

自分のこと

(女)

運転のコツもつかんできて、もうすぐ仮免検定です。
技能教習でも上手と言われることが多くなってきました。
褒められてのびる子なのです。

はじめて3回くらいまでは、全部「もう少し」で
もしかして免許とれないんじゃと思ったのですが、
運転できるようになってよかったです。
やっぱり免許は誰でもとれるものなんですね。ホッ。

うちの蚊取りブタは2匹になりました。
網戸は今年も買えそうにないので、蚊取りブタをガンガン炊いて
不眠の夏から乗り切ろうと思います。

ぶた

hana_busa at 16:09|この記事のURLComments(4) 

2007年06月06日

優先道路に悩む彼女

 (男)

 彼女は車の免許(AT限定)取得のため、教習所に通っている。

 この前の休日、彼女の運転ぷりを見るため一緒にいった。

 練習コースが一望できる屋上からボーっと眺めた。

 運転は性格を現す、というのが正しければ彼女の運転は
 「おっとりマイペース」といったところ。

 運転している彼女の表情は見えないが、車そのものが何かを
 物語っているように感じた。カーズみたいに。

途中で寝てしまった映画

 彼女の四苦八苦している姿が微笑ましいなと思いながら眺めていると、
 ふと自分が幼少のころに通ったプール教室を思い出した。

 その教室は地元の体育館で毎週日曜の午前中に開催されていたのだが、
 当時は泳ぎが苦手だった私は半ば泣きながら、そして溺れながら必死に
 泳いでいた。

 その姿を自転車で見送りしてくれていた母が2階のガラス張りになった
 休憩室から微笑ましく、そして心配そうに眺めていた。

 あのときの母の心境が今になってわかったような気がする。

hana_busa at 00:01|この記事のURLComments(0) 

2007年06月05日

ノンフィクション

 (男)

 先日、ちょっと小難しいセミナーに参加した。

 そのセミナーではパネルディスカッションとして、
 参加者が講師へ質問するコーナーが設けられていた。

 さまざまな意見が交わされる中、ある参加者がこんな質問を
 講師へ投げかけた。

 「具体的に金銭を要求はしてこないのだが、誠意を見せろの
 一点張りで言いがかり的なクレームをしてくる客の対応方法は?」

 ちょっと困ったような表情をした講師は少し黙ったあと、「参考に
 なるかどうかは判りませんが・・・」と優しい口調で自分自身の
 体験談を語りだした。

 * * *

 初老になろうかと思われる風貌の講師は、物腰がとても柔らかく、
 終始微笑んでいて一見女性的な印象を受けるが、話の節々に
 幹が太く何者にも屈しない力強さが現れており、経験値の高さが
 伺えた。

 その講師が対応した客(以下A氏と略)も最初は「誠意を見せろ」
 の一点張りで、会社の責任範囲のなかで出来ることを案内するも聞く
 耳を持たず、平行線をたどったまま電話での言い合いが2、3回
 交わされた。

 A氏は埒が明かないと思ったのか、講師がいるお客様相談室以外の
 ところ(例えば社長室や総務部など)に電話をかけてくるように
 なった。

 しかし、会社全体で「A氏からの電話は講師へ繋ぐ」といった徹底
 した体勢を整えていたため、受付嬢も「社長でございますね、少々
 お待ち下さい」と言いながらも「はい、○○です」と講師が出るため
 A氏は苛立って電話を切り、そんなことが何度か続いた結果、A氏からの
 電話が減っていった。

 A氏から音信不通になって一週間くらいたったころ、今度はA氏が
 何を思ったのか講師を名指しで連絡してきた。

 講師はとても珍しい名前の方、という前提を元に読み進めて頂きたい。

 「なぁ、○○さんよ、あんた△△区に奥さんと娘さんの三人で
 住んでいるだよな?奥さん、ちょうどこの時間は家にいるよなぁ。
 あんた、珍しい名前だからなぁ。心配だよなぁ。」

 講師はA氏の話にギョッとした。電話を切ってすぐ自宅にいる奥さんへ
 連絡した。

 「いますぐ警察へ行け!いますぐだ!!」

 奥さんはあまり事情も飲み込めぬまま警察へ行き、保護された。

 その日以降、講師は警察に改めて相談したところ、パトカーが自宅
 周辺を回ってもらうようになった。

 講師はA氏がまだ名前を名乗ってクレームをしてきたときの記録を
 警察に提示することで、偽名かも知れないがA氏の身元を調べて
 教えてほしいと懇願した。

 だが、警察の情報というのは簡単に教えることが出来ない、規則
 ですからと取り合ってくれなかった。たしかに自宅周辺を警備は
 してもらっているが、どうも不安が拭いきれない。警察の受付
 カウンターに何度も行ってお願いするもやはり「規則」とのこと。

 ある日、そんなやり取りを見ていたベテラン刑事らしき男が講師に
 声をかけてきた。

 「力になれないかも知れないけど、相談なら乗ってやるぞ」

 私は一瞬にしてそのベテラン刑事について想像した。一年中日焼け
 しているような浅黒い肌に、ヘタっとなったスーツ、顔には年齢以上
 の深い皺が刻まれていて、湾岸署のワクさんのような人情派の刑事。
 人情派は藤田まこと・・・か。

 取調室で今までの経緯を静かに、深く頷きながら聞くベテラン刑事。

 「妻も私もいつ何があるか不安なんです。どんなヤツなんですか、
 このA氏という男は?」と、普段は冷静な講師もこのときは本当に
 泣いてすがるように訴えた。

 そうするとベテラン刑事は突然に席を立った。取調室から出て行った。

 「・・・?」疑問に思うも、トイレかなんかだろうと思って講師は
 一人取調室でベテラン刑事を待った。

 5分が経ち、10分、15分・・・。一向に戻ってこない。

 シビレを切らした講師は席を立ち、取調室から出ようかと思ったその時、
 部屋の角にある机の上に置いてあった手帳に目が留まった。

 なんだろうと覗き込むと、そこにはなんとA氏に関する情報が
 書かれてあった。

 「これは!?」と思い、手帳を手にとりよく読んでみると、A氏には
 いわゆる「前」があった。そうこうしているうちに、ベテラン刑事が
 取調室に戻ってきた。

 そしてベテラン刑事は言った。

 「これは独り言なんだけどな、俺が目つけてる男は別の容疑で挙げる
 つもりでな。そしたらしばらくは出てこられないからよ。
 だいじょうぶだよ、安心しなよ、○○さん。俺が引っ張るからさ。」

 講師は深々と頭を下げ、取調室を後にした。

 * * *

 講師は終始、淡々とした口調で語り終えた。

 そのとき会場はほんの一瞬、まったくの無音となった。
 感動の前にくる無音―。素晴らしく綺麗な景色を見て「うわぁ」と
 感嘆の声を上げる前の、一呼吸するときの無音―。

 ワァーーーーーーーァァァ!!!

 拍手の嵐。テレビドラマのような話に、ただひたすらに感動した。

 セミナーそのものの内容は難しすぎてあまり判らなかったが、
 会場にいたみんなが共有したあの感動は忘れないだろう。
 
青島ぁ

hana_busa at 20:48|この記事のURLComments(2) 

2007年06月03日

P.M.6:30

 (男)

 磯野家×i pods.



hana_busa at 13:13|この記事のURLComments(0) 

2007年05月30日

これが本物の汽笛!

(女)

お聞き下さい。



この唸るような声!シビれちゃいます


SLに乗ると大人も子供も、機関車を眺めるために
みんな窓から身を乗り出してしまいます。
そして、知らない人同士がバイバーイと笑顔で手を振ります。
日本人に擦りこまれたSLへの憧れって偉大だなと思いました。


hana_busa at 02:04|この記事のURLComments(0) 

2007年05月29日

SL列車が到着します!

(女)

長瀞から熊谷までSLに乗って帰りました。
生まれて初めてのSL。
目の前にするまでは、なんとなく乗ってみるか的な気分でしたが、
SLが到着してその黒光りする車体を見た瞬間、シビれました〜!!
かっこい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

映像は、お待ちかねの到着シーンです。




山積の石炭。
楽しそうに入念な点検をする機関士さん達。
頑丈さと精密さを併せ持った車輪。
私達を乗せて走り出した時のグングン力強く引っ張られている感覚。

走っていても道行くみんなが笑顔で手を振り、駅に到着すると
子供たちが走って出迎えます。
みんながSLが大好きなわけが理解できました。

SLの魅力は今日から数回にわたってお届けします。

hana_busa at 23:42|この記事のURLComments(0) 

2007年05月28日

長瀞ライン下り

(女)

最上川のライン下りはエンジンつきの舟でしたが、長瀞のライン下りは
2人でちゃぁんと漕いでるのに感心しました。
YAZAWA風のえらく男前な船頭さんが多かったです。





hana_busa at 22:41|この記事のURLComments(3) 

2007年05月26日

大人になると、いろいろなことは滅多にないということ。

(女)

彼のターバン野口は、財布を取り出す度に転がり落ちます。
何かにつけて会計の度に床にたたきつけられ、
気付かなかったら1000円損するじゃない!と、私に叱られています。

先日突然、自動車免許をとろうと思いたち、今日教習所に申し込みました。
そのまま適正検査と学科の1限です。

適正検査ではインクの染みが何に見えるかというのをやりました。
だいたい、何にも見えなかったのですが、
『怪獣』とか『飛び降りる忍者』とかを選ぶと危険人物と判断されると思い、
とりあえず『街路樹』とか『踊る女の子』とかを選んでみました。

学科の1限は、運転にあたっての心構え的なことをやります。
酒気帯び運転には気をつけようと思いました。
シートベルトは病気の人や妊婦さんなどは着用免除されるらしいです。
あと、著しく座高が高い人も免除されると書いてありました。
急いで彼に知らせてあげました。
『じゃぁ、俺は免除されるんだね』と少し喜んでいました。

ブイーン

夕方から新宿三丁目の日本再生酒場で立ち飲みしてました。
マルチャンは美味かった。

酔っ払うとガツンとお腹にたまるものを食べたくなります。
ちょうど花園神社例大祭だったので、屋台で牛スジ葱焼きを食べました。
ボリューミーで美味しかった!こんなに美味しい屋台ものを食べたのは
久しぶりでした。

花園神社は祭で屋台が出るときに限って、歩くと
えらく境内が広く入り組んでいるような気がしてきませんか?
ミラクルです。

お腹もいっぱいになったので、高島屋やルミネで買い物をしました。
彼を先に帰して10時まで買い物してました。

なんだか今日はいろんなことがあった1日でした。
大人になるといろんなことがあることって滅多にない気がします。
これからはもっと、いろんなことがある日をたくさんにしようと思いました。

明日は、ハイキングに行こうと話したので
さっき私が勝手に長瀞に行くことに決定しました。
彼はすでに寝ているので知りません。
明日は、6時に起こすことにします。


hana_busa at 23:50|この記事のURLComments(0) 

2007年05月24日

行き過ぎ!?マスコット

 (男)

 今さっき、なんとなく暇だったのでこんなものを作ってみた。

ナマステ

 ターバン野口。

 新千円札の折り紙。

 「もっとゴージャスなものはないの?」というセレブな方には
 こちらがオススメ。

 アパッチ諭吉と花嫁一葉。是非やってTRY!

 ただし、一葉の「マリッジブルー」的な表情を見て感傷的に
 ならないよう注意してほしい。 

ユキチヒグチ


 紙幣の折り紙なんかでは満足できずに「もっとリアルなものはないの?」
 というシティー派な方にはこちらがオススメ。

 ピカチュウの剥製。渋谷センター街を賑わす野ラットを捕獲し、剥製に
 してからカラーリング。ポケモンショックの再来か。 

ピカァ〜♪

 「渋谷とか雑踏にまみれるのはイヤッ!もっとローカルな感じはないの?」
 というマイノリティー派な方にはこちらがオススメ。

 京都・御薗橋801商店街のイメージキャラクター、やおいちゃん。
 あくまでも「野菜」をモチーフ。商店街の長さが800mで、プラス
 未来の発展を意味して1を加えて「やおいちゃん」。
 腐女子、貴腐人にも大人気。

BLではない

 紹介した以外に、最近気になるマスコットがいたらご一報を。

時効グッズ

hana_busa at 00:31|この記事のURLComments(2)