花想い(花日記&Wordでお絵描き)

花日記 Wordでお絵描き 日々の雑記

紅葉

深まる秋
自然界は、お化粧


P1560794

森を楽しみながら歩く少女
絵になるわ
(誰が少女なの・・・ふ・ふ・ふ)

落ち葉 (2)

銀杏の絨毯に一筋の光が滝のように流れていた

落ち葉

落ち葉の絨毯を歩く
かかとからそっとこっそり忍び足で
ガサガサ可愛い音がする

小菊

秋が深まり
庭の小菊が咲き始めた
ローズ色と黄色だ


トレニア

晩夏から楽しませてくれた愛らしいトレニア
開花時期が終わり全体が紫蘇のような色に変化しちゃった

芋堀 (2)

芋堀

農家は、大忙し~ 芋掘りだ 
霜が降る前に
農機具で芋を掘り起こし手作業でコンテナに詰める
大変な重労働だ


P1560732

高齢化で耕作地が荒れ地に・・・・年々、目立つようになった

ツワブキ

11月スタート 今年もカレンダー2枚となりました
庭のツワブキが鮮やかに咲く

昨日31日は、夫の抗がん剤治療日 
無事、治療終了
待ち時間、気候がいいので病院周辺を運動を兼ねお散歩
窓から院内隣接している看護学校の学生さんの笑い声が聞こえ
楽しそう~。。。。☆
一瞬たわいない事でも笑ったあの頃に戻っていた


牡蠣ご飯

電気圧力鍋で=椎茸&牡蠣&大根ご飯を炊く
大根飯と言えば ☆おしん☆ 愛らしい姿が浮かんできた
中々いい味~♪
牡蠣は、早朝スーパーで半額でゲット(笑)
賞味期限内だしまだまだ十分、食べられるわ
早朝の買い物は、お得商品がいっぱい


落花生

落花生をオープンで
焼く時間が難しい~
250度で15分・・・・焦がれる
200度で15分・・・・少し半焼け
250度で10分 200度で5分・・・食べごろみたい
落花生を焼く たったこれだけ
実験必要よ(笑)

サツマイモのゆでもち

畑から収穫されたさつま芋を餡にして
ゆで餅を作る
レシピーは?
聞かれても・・・適当なんだ(笑)
材料は、小麦粉 サツマイモ 砂糖 バター 卵 
生地に豆腐を混ぜれば蛋白質が摂れて良かったのかも


落花生

落花生が収穫され天日干し
素朴な味で深みがあって旨いんだ

生姜のガリ

生姜ガリを作ってみました 至って簡単
生の生姜1Kをスライス 2分沸騰 冷まして絞る
酢600CC 砂糖100g 塩小さじ3・・・沸騰させ冷まして
漬けこむ


肉じゃが&アジの煮物

電気圧力鍋で肉じゃがとアジの煮物を作る
肉じゃがの加圧時間は、レシピ1分でしたが2分にセットしてみた
ホクホクして柔らかい
アジの煮物の加圧時間は、レシピ通りに10分
その後、5分ほど煮込みタイマーをセット
骨まで食べられ味が沁み込み美味しい
歳を取ると歯が悪くなるからね
電気圧力鍋は、煮込みや保温機能搭載(タイマー)
スイッチポンこれは便利~
手放せないわ
ただし何度も実験料理(材料や加圧時間)必要かも(笑)
夫、無理やり食べさせられ迷惑かしら(笑)

電気圧力鍋

スーパーでお買い物しシール(1000円に1枚)を20枚、集めて
D&Sマイコン電気圧力鍋が7500円(消費税抜き)ゲット
調べると13000円以上 5000円のお得だ~♪

早速、使ってみた


電気圧力鍋1

☆豚ヒレの角煮☆
付属のレシピは、加圧時間15分と載っていましたが少し固い
肉の大きさで加圧時間が妙に違ってくるんだわ

煮汁が残ったので
☆南瓜と玉葱の煮物☆
レシピは加圧時間1分
半煮え!! 更に1分再加圧してみた
すると煮崩れちゃった!!

麦入りご飯を2合、炊いてみた
加圧時間5分
もち米のようにもっちり
卵かけご飯が凄く美味しかった

☆感想☆
食材を入れボタンを押すだけであっという間に本格料理・・・と記載
ちょと違うね
加熱時間5分~15分+加圧時間+冷却時間15分 
ご飯2合だったら40分近くかかり時短ではないがスイッチオンでOK
他の家事が出来るね
煮物は、鍋を焦がす心配ないし(笑)
材料と加圧時間、コツを掴む課題ね

観葉植物
10年ぐらい前? もっと前かなぁ
100均で5cm位のミニ観葉植物を買い出窓にインテリアとして飾る
少し大きくなり窮屈そうなので息子が母の日にプレゼントしてくれた籠へ植え替え
あまり手入れせず思い出したように水だけ与えほぼ放置状態
それが今では、60cmに成長
なんて強いんだろう
枝と形が面白く見飽きないね

17日は、夫の抗がん剤治療日
今回も無事終了
待ち時間、気候が良くなったので病院周辺の住宅街を散策
運動になるし
野山の暮らしなので日頃と違った環境に身を置くのは、脳に良い刺激になりそうで
中々、楽しい

朝顔

秋が深まり庭の朝顔さん
花数が少なくなった
その代わり濃くなったね
四季折々、色んなお顔で楽しめるんだ


苗

10月になって苗作り
スイトピー・パンジー・ビオラ
可愛い赤ちゃんだ



↑このページのトップヘ