2007年08月

夏休みには毎年裏山の木にやぐらを作ってよく遊んだりした。
4本の木材を4本の木の高い所へ荒縄で固定してその上に板を敷き詰めて
その場所でわるがきどもとよく遊んだものだ。
ある日突然土台を止めてある荒縄が切れて数人の友達ともども転落した。
高さ数メートル、下は急勾配の坂、友達は途中の草にしがみついたり
木の根元にひっかかったりしたが、運悪く俺は下まで転がり落ちてしまった。
落ちた所が丁度鳥小屋の屋根の上であった。
昔の鳥小屋のこと屋根は確か杉皮を貼ってあるだけだと記憶している。
簡単に突き破って鳥の住家にどぼん・・
右腕を少し怪我をし程度で済んだが、今でも傷跡が残っている。
それにしても子供ってたいした怪我もしないもんだ。
今の俺なら死んでいる。

夏休みの思い出は沢山ありますね・・・
夏休みの自主工作??で鉄砲を作ったことがあったなあ。
今時こんなことしたら大変な騒ぎになってしまうことだろう。
まず銃座からの作成からだった。何の木を使ったか忘れたが夏休みの
大半を使って自分の体に合うようにそれは丁寧に仕上げたものだった。
銃座も銃身も銃口も引き金も散弾も火薬もすべて手作りであったがここから先、
銃の作り方はヤバイので書かないことにする。
完成した銃に火薬をつめていて竹の棒で火薬を押し込んでいたら爆発したこともあった。
弾をつめる前であったのでたいした怪我はしなかったが、右手に擦過傷をおって
手の甲が真っ黒になってしまった。
試し撃ちもしたが、威力は凄く、神社の戸板をぶち抜くほどの凄さがあった。
悪がきの夏休みの思い出である。

高校野球も終わりヒグラシがせわしく鳴き出す今の時期は、何かこの夏に
遣り残したことはないかとせっつかれるようで、あまり好きではありません。
勉強嫌いであったこの俺が、子供時代が遊びほうけてしまった夏休みに、
あの夏休み帳を折り目もつけずに二学期に学校に提出したことがあった。
当然怒られるの覚悟であったが、何故か先生は大爆笑した後に「よしよしと」言って何も言わずに許してくれたことがあった。いい時代でした。。。
動画の添付テストです。

昨夜から千葉県東部では地震が頻発している。
何か不気味な地震である。
このくそ暑い数日の中でも昨夜は更なる暑さの中で、あの明け方の震度4は
人を目覚めさせるには十分な強さであった。
再び睡眠をとるには短すぎる上にあの寝苦しさでは耐え切れずに起き出してしまった。
その後も余震だろうか、立て続けに地震が頻発している。
ネットで検索すると、一昨日あたりから千葉県東峰沖では小さな地震が起きているらしい。
関東大震災も大変な暑さの後に起こったそうだ。
そしてお天気の崩れる前に大地震は起きるとか言われている。
北からはじわじわと秋風を伴った前線も南下中、南に目を向けると超特大の台風がある。
なむさん・・何事も起こらなければいいのだが。。。

20a960b4.JPG

昨日はうなぎを食べに行ってみた
http://hanachan62jp.photo-web.cc/0708unagi/01.htm

 

市立船橋がやはり甲子園で一回戦敗退した。
やはりってか、予想通りってか、そんな気がしていたよね。
だって何か野球と市立船橋ってしっくりしないから。
サッカーは強いイメージがあるが野球はそんなに強いチームには感じない。
大体あの胸の 「市立船橋」 の文字見ただけで弱そうだよ。
新聞のかな釘流文字みたいな、あれは笑える・・中国チームみたいだ。
千葉の野球は銚商、千葉商、市立習志野、我が母校成東、成田、なんて所が
出てきたほうが勝ち進むような気がするし気合も上がる。

8月は俺の誕生月で今年は免許証の書き換えだ。
昭和15歳の俺も、精神年齢と生体年齢には、かなりすぎるギャップがある。
免許の更新で最重要なのは目であるが、そいつがここ数年かなら悪い。
この前の免許更新も幕張免許センターまで行ってかろうじてパスした。
今の俺には運転免許証の返納なんて、命を持ってゆかれるようなものだ。
今年は更新前に目医者に行って相談してくることにした。

アメリカミネアポリスで橋が崩壊した。
築後40年だそうで、寿命にしては短すぎる。
まあ原因等は専門家にお任せするとしても、最近のアメリカは少し変だよ。
最近のNY株価の暴落や、少し前にはニューヨークで繁華街から突然蒸気が噴出したり
何処かで大きな歯車が狂いだしたように思える。
9.14テロでもビルがあんなにもろくも崩れてしまって、何かを象徴しているみたいだ。
今回もミニテロ・・んなことはないだろうなあ・・

いよいよ8月、と共にガソリンがまた値上げだ。150円超・・凄いですねえ〜〜
ここまでくると皆さん何処まで耐えられるのか気になる所だ。
昨日は皆さん、はかない抵抗でどのセルフSSも満員であった。
何処の元売も史上最大の利益を上げているのに値上げする理由は一体何処にあるのだろうか。
理由はいろいろ挙げてはいるが、儲かっているのは事実。
いちばん苦しむのは石油販売業者と消費者。
何故国はこのこと無関心でいるのか、石油販売業者も消費者も何故怒らないのか不思議だ。

↑このページのトップヘ