ウマズラカワハギの肝って食べられるそうだ
それもなかなか珍味らしい  お刺身でも食べられるらしい
知らないからウコッケイの餌にしてしまったわ、もったいないことした
鳥たち争って食べてた

以下コピペ

カワハギの肝グラタン 材料(4〜6人分)

カワハギ(中・小型)人数分、タマネギ、エリンギ、ブロッコリ、ホワイトソース缶、溶けるチーズ、マカロニ、
バター、塩、コショウ、サラダ油

カワハギを三枚に下ろし、塩コショウで下味をつけておきます。
キモは丁寧に血や筋を取り除き、包丁で良く叩いて滑らかにしておきます。丁寧に仕上げるには裏ごしすると完璧でしょう。

マカロニ、ブロッコリは茹でておきます。ブロッコリは茎の部分もつかえますので食べやすい大きさに切りそろえておくとよいでしょう。
タマネギは薄切りにし、エリンギは一口サイズに切りそろえます。
下ごしらえができたところで、フライパンにサラダ油をひきカワハギの身をソテーします。この時7分目ほど火を通せば良く
、崩さないように気をつけましょう。カワハギは別皿に取り出しておきます。

次に同じフライパンでタマネギを良くいためます。途中からエリンギ、バターを加え火を通します。
次にマカロニ、ホワイトソース(水を少し足す)を混ぜ全体が良くなじんだらキモを加え良く混ぜ合わせます。
このときにキモを加えてから長時間火にかけないほうが良いでしょう。この段階で塩、コショウを加え味を調えておきます。
市販のホワイトソース缶は塩が入っていますので注意してください。
オーブンに火を入れ温めている間に盛り付けを行います。オーブン皿に炒めた具を入れブロッコリを散らして差し込みます。
カワハギを上に置き、その上からチーズをたっぷりと乗せます。

後は220度で8分間オーブンに入れます。焦げ目がつき、グツグツ音がしてきますので完成です。
濃厚で深みのあるソースが大変美味です。

P.S 上記の様な洋風以外に、豆腐(絹ごし)、長ネギのザク切りを使って同じ肝入りホワイトソースで作るとこれまた美味ですよ。