お彼岸も来てないのに、庭の彼岸花が咲きました
s-DSC_0003










夕焼けに追いたてられたのか朱の曼珠沙華
夏が逝き秋が訪れるその野辺に
焔のごとく咲く花は去り行く君の残り火か
赤く色づき思いを静かに語る

誰もが君を遠くから見ている
誰からも君は美しいと賞賛され
誰もが君に触れようとしない
なぜか不運な気がするから

だから田んぼの畦に咲くこの花は
今日も黙って風に吹かれている
季節の狭間の彼岸花
別れるのが辛いなら
出逢いさえ悲しいよ
(by apache)