来ると思い出す。

あの日、居ても立っても居られなく、仕事ほっぽって、天台球場へ駆けつけたっけ・・・
エースの押尾君が、我が家の前を黙々と毎朝走って登校した姿を思い出す。