5月なのに暑さが続く予報が出ています。
10日ほど前から現れたこの高気圧、今は太平洋の真ん中にあるブロッキング高気圧が原因です。
普通は今の季節は西から東へ移り変わる天気変化なのですが、低気圧や高気圧の東への定期的移動の変化を止めてしまっています。

大陸から日本付近に現れた移動性高気圧も、九州の南で動きを止めてしまっています。
普通ならば偏西風に押し流されて、次の低気圧と交代するはずなのですが、停滞した高気圧はまだ海水温の低い海上で発達してゆきます。

この高気圧の西の淵から北東方向に這い上がる空気は、大陸南部の砂漠地帯の乾いた熱風です。
乾いた熱風は、朝鮮半島付近から、北海道方面を直撃してきています。
数日はこの形が続くものと思えるので、北日本の高温が予想されます。

この高気圧は発達しながらも、ゆっくりと関東の南海上から、南東海上へと移動してゆきます。
それに従って南からの暖気は、沖縄付近の海上からの空気と入れ替わってきます。

来週の始めには、東日本には湿った空気の暑い空気が侵入して来ると思われます。
いずれにせよ、天気変化がゆっくりなので、暫くは暑い空気で日本列島が覆われると思います。
00
01
03
04