11/3,4は演奏会でした。お疲れさまでした、はなです。
演奏会でちょっと失敗しちゃって、若干凹んでおります
おかげさまでCDデビュー日を華麗にスルーさせていただきましが、
おめでとうって思ってましたよ、舞台裏で(笑)



ラジオで言ってましたが、
ポプコンツアー、5、6曲振り付けしたって!!

ソロとシングル抜かしたらほとんどやないかー!!!

しかも、振り付けが思いつかないからローラースケートで100周して
振り付け思いつかなかったけどローラースケートうまくなっちゃったとか、
どんだけ妖精さんなの!?
愛しい!愛しすぎる!

智くんのソロの振り付けはまだなのか。そっか。

「踊るか踊らないかはこれから考えます」

全智担の気持ちをゆさぶらせようって魂胆か。この天然小悪魔さんが。
でも誰も揺さぶらせられてなかったけど。
智くんがソロで踊らないなんて、誰も思わないんだよ。残念ながら。
ほとんどの曲が智くん振り付け・・・・(/////////▽////////)
私がアラフェスで言ってた「場数踏んで欲しい」が早くもかないそうです。ああ、神様・・・!!




早くしやがれの感想を書きなさいよって思われてるんでしょうが(笑)
どうしてもどうしても言いたいことがあるの!
ちょっとマニアックな話になってるかも知れないけど、共感してもらえないかもだけど
とりあえずこれだけ書かせてください。
(これ今書かないと次の週ガイドが来ちゃうし




週ガイド、智くんのtwoについてのコメント。



「聴いてくれる人の心に届くといいな、と思いながら歌ったんだ。」



届くっていうか、すっかり心奪われてリピが止まらないんですけど。




このたった一言、このちっちゃい記事のちっちゃい文字で書かれた
智くんからのメッセージに、いまノックアウトされてます、私。




ダンスのいつしかのコメント

「見てる人たちが飽きずに「もっと見たい、ずっと見ていたい」と思うような踊りがしたい。」

のときも思ったんだけど、
智くんて、「受け手」のことをちゃんと考えてくれてるというか、
常に「届けたい」「届きますように」っていう気持ちが発信するものに乗っかってるの。




音楽とかってもちろん技術とか才能とかに感動するところもあると思うんだけど、
感動を引き起こす決定打って発してる本人の想いだと思ってて、
それが純粋で綺麗で情熱的なほど、発するものはより美しく輝きを放って、受け手は感動すると思ってる。

だから、「伝えたい」ではなくて「届くといいな」って
常に受け取る側を意識して寄り添ってくれてる大野智って、
私にとっての究極の歌い手であり、踊り手なんだよね。




もちろん、美しいダンス、美声がなければ、最初から届きようもないんだけど。
でもどんなに美しいダンスで美声であっても、発してる人から何も感じられなければ感動はできない。
そして、発してる人の気持ちが、心意気が、綺麗であればあるほど、
さらにそのダンスとか歌声が輝きを増すの。




だからこの一言を見て、すごく納得したっていうか。
何でこんなにこの人の歌やダンスに心震わせられるだろう。
何で泣けちゃうんだろう、不思議だなあって思ってたんだけど、
大野智がダンスや歌の一つ一つに魂を込めようとしてくれて、
その想いが私に届いてるからなんだね。
ただ純粋にひたすら届けようっていう気持ちが私に届いてるからなんだ。




国立で真っ暗な中、たった一人踊る智くんがキラキラ輝いて見えるのも、
智くんの歌声ばっかりが私の耳に聴こえるもの、
智くんが届けたい想いを私がちゃんと受け取れているからなんだなと思うと、本当に嬉しい。




智くんのダンスを見て、歌声を聴いて涙が出てしまうのは不可抗力っていうか。
当たり前でしょうがないことなんだって改めて思った。
そりゃ他の人がかなわないわけだ。




しかもさあ、「聴いてくれる人」だって。
「くれる」ってところが智くんらしくて好き。
こっちは聴きたくって聴きたくってしょうがないのに(笑)




だからこの文章読んだとき、
智くんに「届いてる!届いてるよ!!智くん!」
叫びたくなった。書店でだけど(笑)←買いなさいよ




「早くみんなの感想が聞きたいな。」




みんなあなたの歌声に感動してるんだよ。
早く聞かせてあげたいな。